作る

著作権を侵害したら逮捕される?アイドルのオリジナルiPhoneケースを作る際の注意点

自分の好きなアイドルの画像を使ってオリジナルiPhoneケースを作りたい時、著作権に気をつけなければいけません。

無意識のうちに著作権侵害を犯してしまうこともある為、著作権についての知識はしっかり勉強しておく必要があります。

刑罰を科せられたり罰金が発生したりする場合もあります。

アイドルの画像を使ってオリジナルiPhoneケースを作成する時は、事前に著作権や違法に伴う罰金や刑罰について理解を深めておきましょう。

著作権について身に付けておきたい知識

写真や映画、楽曲などのように作成者の思想や感情が作品として表れているもののことを著作物と呼び、著作物の作成者本人は著作者と呼ばれます。

著作者が創作物を作成すると、完成した著作物を保護する権利として「著作権」が与えられます。

著作権は法律によって定められている為、申請が必要な特許と違って手続きを行う必要はありません。

著作物が完成した時点で、自然と著作者は著作権を手に入れます。

著作者は著作権のおかげで自分の作品を自由に使用でき、著作者以外の人物は作品を自由に使用できなくなります。

無意識のうちに起こり得る著作権侵害

もしも他者の著作物を著作者の許可なく勝手に使用した場合、無意識のうちに「著作権侵害」という法律違反を犯していることになってしまいます。

インターネットで公開されているブログの記事をスクリーンショットで撮影して勝手に画像として使用したり、他者が作成した楽曲を集めて自作のCDとして販売したりすることは、著作権侵害とみなされます。

ブランドのロゴやイメージキャラクターを無断で使用するだけでも、法律違反となってしまうのです。

著作権法違反で発生する損害賠償

著作権のある作品を使用したい場合は、著作者の許可が必要になります。

もしも著作物を無断で使用して作品を制作した場合、損害賠償を請求されることもあるのです。

著作権についての知識があまりないままオリジナルiPhoneケース作りを行うと、無意識のうちに犯罪者になってしまうこともあります。

著作者の許可なく著作物を使用してしまった場合、無意識であっても著作者から訴えがあれば捜査が行われ、法律で定められた「10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金」の刑罰を受けなければいけません。

例え知らなかったとしても刑罰を科せられてしまうので、著作権の取り扱いには十分な注意が必要です。

オリジナルスマホケースの著作権

著作権があるのはわかったけど、自分の好きなアイドルの画像を使ってオリジナルiPhoneケースが作りたい…。

そんな風に思う人も多くいるのではないでしょうか。

実はアイドルの画像には著作権がありますが、オリジナルiPhoneケースの用途によっては著作権侵害にならない場合があります。

作成したiPhoneケースを使用する目的が私的なものなのか、販売目的で作成したものなのかによってアイドルの画像の著作権が大きく異なるのです。

使用用途によって異なる著作権

自分の好きなアイドルの画像を使って作ったオリジナルiPhoneケースは、自分が日常的に利用したいという目的であれば著作権侵害になりません。

アイドルの画像をカラーコピーして部屋にポスターのように貼るのも問題ありません。

しかし自分の好きなアイドルの画像を利用して作成したオリジナルiPhoneケースを販売目的で作成することは、著作権法違反とみなされます。

iPhoneケースでなくても、自分の好きなアイドルの画像を利用して作成したグッズで利益を出そうとするのは著作権法違反になってしまいます。

スポンサーリンク

YouTubeやTwitterなどでも利益が発生した時点で著作権侵害になってしまうので注意しましょう。

著作権を侵害せずにオリジナルiPhoneケースを作る方法

著作権について知ってしまうと、どこまでが違反でどこからは問題ないのかわからず、著作物を取り扱うのが怖くなってしまうのではないでしょうか。

素敵な作品だと思ったイラストや自分が気に入った画像を使用したいと思っても、法律に違反して罰金を払わなければいけない可能性があると考えると少し怖いですよね。

著作権法を違反せずにオリジナルiPhoneケースを作る方法を理解して、心配することなく楽しくオリジナルグッズを制作しましょう。

利益を発生させない

オリジナルiPhoneケースを制作する目的が私的利用なのであれば、著作権侵害になりません。

販売して利益を得るような営利を目的とした制作物でないのであれば、問題なく著作物を利用できます。

これは著作権法においても認められているので、安心してオリジナルグッズ作りを楽しめます。

作成したオリジナルグッズを友人や家族など他者にプレゼントする場合でも、お金をもらったり利益を発生させたりしなければ著作権侵害にはなりません。

企業ごとにガイドラインが設定されている

基本的には利益が発生しなければ問題なく著作物を利用できるのですが、中には独自の規則やガイドラインを設定している著作者もいます。

著作権について記載されたページがある場合は確認するべきですし、しっかり確認をしてから許可された範囲内で使用するようにしましょう。

好きなアイドルの画像以外にも、アニメや漫画に出てくる自分の好きなキャラクターを使って同人誌を作成することもできます。

二次創作は著作権法としては違反になってしまうのですが、企業によっては二次創作を許可していたり規定の範囲内であれば問題ないと設定していたりする企業もあります。

著作者に許可を取る

著作者から許可を得ることができれば、利益が発生する営利目的の場合でも著作物を利用できます。

著作者の許可を得るためには、利用者と著作者で契約を結ぶ必要がある他、著作権利用の為の費用が発生する場合があります。

その為個人で著作者に許可を取るのは難しいですが、著作者が著作物の使用を許可し何らかの方法で告知している場合は、著作物を利用してオリジナルグッズを作ることができます。

著作権違法は親告罪

親告罪とは、被害者側からの訴えがあった時に初めて罪とみなされます。

著作権法に違反してしまった人がいたとしても、権利の所有者が訴えなければ罪としてみなされず、裁かれることもありません。

インターネット上やSNSに芸能人の画像が多く使用されているのは黙認されてしまっているからです。

芸能事務所側がオリジナルグッズのおかげでアイドルや芸能人が話題になり、それを不快に思っていない為訴えられる人がいないのです。

しかし黙認されているとは言っても、テレビ番組の違法アップロードや画像の転載禁止の旨を呼び掛けている企業や芸能事務所もあるので注意が必要です。

オリジナルグッズ作成の注意点

好きなアイドルのコンサートに参加する時、オリジナルTシャツを作成して着用したりオリジナルのうちわを作ったりして持っていく人も多いのではないでしょうか。

オリジナルグッズを作成してコンサートに参加する場合、著作権法に違反していないか注意する必要があります。

好きなアイドルのコンサートでオリジナルグッズを身に着ける時は、無意識のうちに著作権侵害を犯してしまっていないか注意しなければいけません。

映像や写真に残ってしまうと問題になる

私的利用目的で自分で眺める為のオリジナルグッズなのであれば問題ないのですが、コンサート会場には大勢の人が訪れます。

最悪の場合映像になって残ってしまいます。

スポンサーリンク

もしも映像に著作権法を違反したオリジナルグッズが映り込んでしまうと、映像制作会社は芸能事務所に著作権法上問題ないかと確認する手間が増えます。

同じ理由で、テレビ番組の撮影協力に参加する人に向けて「キャラクターがデザインされた洋服は着用してこないでください」と指示が出る場合もあります。

自分以外の人に見えてしまうと法律違反

オリジナルiPhoneケースに好きなアイドルの画像を使いたい場合、自分以外の人から見えない場所に使用するのがおすすめです。

他の人に見てもらえないのは寂しい気持ちになってしまうかもしれませんが、確実に著作権法に違反しないようにオリジナルiPhoneケースを制作するのであれば、不特定多数の他者から見えないように注意する必要があります。

アイドルの写真を撮影して掲載すると違法

街中の看板やコンサート会場に駐車されているトラックなどに好きなアイドルの写真が使われていた場合、撮影したくなってしまう人もいるのではないでしょうか。

基本的に看板やトラックそのものを撮影するのは問題ありません。

しかし印刷されたアイドルの写真のみを撮影してSNSに投稿したりオリジナルグッズ作成時に使用したりすると、著作物のデザインの一部を盗用したと判断されてしまいます。

これは雑誌やテレビにも同じことが言えます。

加工をしても著作権法違反である

著作物を取り扱う時にモザイクや画像の一部を隠せば著作権法に違反していないと考えている人も多くいるようですが、実は加工をしても著作権侵害を犯してしまっています。

著作者や権利の持ち主から訴えられなければ罰金や刑罰の発生は防げますが、加工をしても著作物を無断で使用してしまったことには変わりありません。

無意識のうちに肖像権や著作権を侵害してしまう可能性がある

著作権や肖像権、パブリシティ権なんて言葉を知ったうえでオリジナルグッズを作成している人は少ないのではないでしょうか。

しかし著作権に関するルールを学んでおくだけで、いざという時に自分の身を守ることができます。

意図的な著作権法違反も怖いですが、無意識のうちに罪を犯してしまうのも怖いですよね。

アイドルが好きという気持ちで作ったオリジナルグッズがきっかけで訴えられてしまうなんて悲しくなってしまいます。

アイドルのコンサートでアイドルのグッズを身に付けたい場合は、芸能事務所やアイドル側が販売しているグッズを購入して身に付けるのがおすすめです。

関連記事