ハウツー

iPhoneユーザーにとって脅威のリンゴループが直らない場合どう対処すべき?

iPhoneユーザーの中には、リンゴループという言葉を知らないという人も多いかもしれません。

iPhone起動時にリンゴのマークが出てくるのはご存知でしょう。

しかしこのマークが出てきて、ホーム画面まで行かない現象をさします。

リンゴループになって直らないときの対処法についてまとめました。

リンゴループの発生する要因

なぜリンゴループが起きてしまうか、これはまだはっきりしたことはわかっていません。

しかし統計学的に見て、多く見られる発生要因がいくつかあります。

その原因について以下で紹介します。

iOSアップデートの失敗

iPhoneはiOSのアップデートが定期的に行われます。

これがうまくいかないとリンゴループに陥りやすいです。

具体的には、Wi-Fiに接続してアップデートしている最中に切れてしまった、別のところに移動した、iTunesにつないでいたけれどもふとしたはずみで切れてしまった時などに起こるので注意しましょう。

このアップデートの失敗でリンゴループに陥ったという報告はしばしば見られるので特に注意しましょう。

度重なる強制終了

iPhoneの不具合が起きた場合に、最終手段として強制終了するケースもあるでしょう。

1度や2度の強制終了ならいいですが、繰り返し行うとiOSに大きな負担がかかります。

その結果異常が発生して、リンゴループに陥ってしまう事例もしばしば見られます。

物理的要因

iPhoneに大きな衝撃を与えると不具合が発生しやすくなります。

例えばiPhoneを地面に落としてしまった、水没させてしまったことで中のパーツが壊れてしまってリンゴループになってしまうパターンもしばしば見られます。

iPhoneの取り扱いには特に注意する必要があります。

Face IDの故障

iPhone X/XS/XS Max/XRといった比較的新しいモデルの場合、Face IDの故障に伴いリンゴループに陥る事例も報告されています。

この場合、パーツの故障に伴う現象が疑われます。

iTunesやセーフモードにしても直らない可能性が極めて高いです。

下手に素人がいじると症状を悪化させてしまう危険性があります。

店舗に持ち込んで適切な修理をお願いしたほうが賢明です。

リンゴループの自力での直し方

リンゴループに陥るとどうすればいいかわからなくなるかもしれません。

しかし自力で直せる可能性もあります。その直し方について以下で解説します。

SIMカードを抜いてみる

iPhoneの、というよりも各スマホにはSIMカードが取り付けられています。

スポンサーリンク

このSIMカードを引き抜いて、空の状態でiPhoneを起動させてみましょう。

軽度のリンゴループであれば、これだけでも元通りに戻る可能性は高いです。

もしスムーズに起動できれば、再度SIMカードを挿入して再起動を行ってみましょう。

セーフモードによる起動

iPhoneにはセーフモードがあります。

診断用モードともいわれ、通常の起動時に働く機能やアプリが向こうになり、本当に必要なものだけが立ち上がります。

リンゴループの原因の中には、一部のアプリが干渉することで不具合を起こすパターンも見受けられます。

アプリが原因であれば、セーフモードでその干渉が除去され、元通りになる可能性もあります。

セーフモードで起動すると、iPhoneに必要な機能やアプリだけが存在する状態になります。

AppStoreなどでダウンロードしたアプリが失われる可能性があるので、バックアップデータを取ったうえでセーフモード起動するのがおすすめです。

セーフモードの起動方法

セーフモードを起動させるためには、いったんiPhoneの電源を落としましょう。

続いてスリープボタンとボリュームダウンボタンを同時に長押しします。

すると画面にリンゴマークが出てくるので、この時にスリープボタンから手を放しましょう。

そうすれば、セーフモードが起動します。

リンゴループに陥る直前にアプリをダウンロードした場合、それが原因の可能性は高いです。

そのアプリを削除しておくと、復帰できる可能性も出てきます。

iTunesとの同期

セーフモードにしてみたけれども復帰しない、でもiTunesがiPhoneを認識しているのであれば、同期させてみましょう。

すると起動するケースもありますので、リンゴループに陥っているのであれば、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

iOSのアップデート

iTunesと同期してみたところ復帰しない、しかしこの状況でもiTunesを介してiOSのアップデートのできる場合があります。

アップデートを行っているときにWi-Fiが届かない場所に出てしまった、接続を切ってしまった場合、アップデートが不完全な状態になりがちです。

この場合、アップデートを引き続き行って完了させれば復帰できるかもしれません。

リカバリーモードの起動

iTunesがiPhoneを認識してくれない場合もあるでしょう。

その場合リカバリーモードにすると認識してくれる可能性もあります。

リカバリーモードにするには、iPhoneの電源を落とします。

その状態でケーブルとiPhoneを接続します。

ボリュームダウンボタンを長押しすると、リカバリーモードが立ち上がります。

スポンサーリンク

iPhone 6s/6s Plus以前のモデルであれば、ホームボタンを長押しするとリカバリーモードが起動します。

この時注意しなければならないのは、復元を選択しないことです。

もし復元を選んでしまうとデータが初期化してしまうからです。

アップデートを選択するように心がけましょう。

パソコンの変更

アップデート中にエラーが出ている場合には、接続しているパソコンを変更してみるのも一考です。

この時WindowsであればMacに、Macの場合にはWindowsにOSを変えてアップデートしてみるのがおすすめです。

特にWindowsからMacに変更すると復活する事例が多いです。

MacとiPhoneは同じApple社ということで、親和性が高いからでしょう。

修理業者に持っていく

自力でいろいろと試してみたけれども、リンゴループの状態から復帰できない場合も十分あります。

このような場合には修理業者に持っていくと問題解決できるかもしれません。

電話連絡が最初

お店に持ち込んでみて、「修理できません」となると徒労に終わってしまいます。

そこでまずは電話で問い合わせてみましょう。

そして「リンゴループになっているけれども復旧できますか?」「リンゴループの修理実績はありますか?」のように質問しましょう。

そして「対応していますよ」といわれたら、お店にiPhoneを持ち込んでみましょう。

いろいろな方法で対応

修理業者に持っていくと、いろいろな方法で復帰を試してくれます。

例えばバッテリーのコネクタを外して、改めてアップデートしてくれます。

コネクタを外して15分も経過すれば十分放電できます。

またパソコンのOSを変えることで復帰できますが、複数のパソコンを持っていない人も多いでしょう。

お店に持ち込めば、Macのパソコンを持っているのでそこで復帰できる場合もあります。

絶対にリンゴループが直る保証はないですが、専門家に相談してみる価値は十分あります。

パソコンと接続しても復帰できない場合には申告

パソコンと接続しても復帰しない、さらにパソコンがiPhoneを認識しないケースもあります。

このようなリンゴループに陥ると事態は深刻です。

この場合、自力で直すのはほぼ不可能と思ってください。

すぐに修理業者に持ち込んで修繕を依頼しましょう。

バッテリーを交換することで復帰できる場合もあります。

スポンサーリンク

ライトニングコネクタ部分が損傷していて、iPhoneをパソコンが認識しない場合も結構見られます。

逆に言えば、ライトコネクタ部分を修理すると認識してくれて、復帰できるかもしれません。

修理できない場合も

iPhoneのリンゴループの修理経験のあるお店でも、直せない場合もありますのであらかじめ理解しておきましょう。

iPhoneのリンゴループはFace IDが壊れたことが原因である場合も少なからず見られます。

このようにiOSが問題ではないケースもあり、その見分け方がかなり難しいです。

もしかしたらプロにお願いしても復帰できないかもしれないという認識を持って問い合わせることです。

最終手段はiPhoneを復元しよう

どのような方法を講じてもリンゴループから抜け出せない場合には、復元を行いましょう。

復元をするとデータの復旧は不可能になるのでその点もあらかじめ理解しておきましょう。

復元の流れ

iPhoneを復元する場合には、まずiPhoneの電源を切ります。

続いてパソコンにてiTunesを起動させましょう。

今度はiPhoneとパソコンをケーブルなどで接続します。

次にボリュームダウンボタンと電源ボタンを長押ししましょう。

ただしiPhone 7/7 Plusよりも前のモデルであれば、電源ボタンとホームボタンを長押しします。

しばらくするとリンゴマークが出てくるので、この段階で電源ボタンから手を放します。

もう一つのボタンについては、そのまま押し続けます。

リカバリーモードとの違いを理解

この復元するためのモードのことをDFUといいます。DFUモードとリカバリーモードはやり方がほとんど一緒です。

このため、リカバリーモードに入ってしまう可能性もあります。

両者の違いですが、画面の状態です。

リカバリーモードの場合、iTunesのロゴが中央部に現れます。

一方DFUモードの場合、画面は暗い状態のままです。

もしiTunesマークが出ている場合にはリカバリーモードになっているので、最初からやり直します。

そもそもDFUモードとは?

DFUモードとは何ぞやと思っている人もいるでしょう。

DFUモードとは一言で言ってしまうと、強制的に初期化するためのモードです。

初期化したうえで、iOSの最新バージョンにアップデートするためのモードです。

DFUモードに突入すると、iTunesに表示される手順に従って進めるだけですから、それほど難しくないです。

スポンサーリンク

しかしもしDFUモードを始めると、iPhoneのデータが失われてしまうのでその部分はあらかじめ理解しておきましょう。

最終的には本体の交換

リンゴループから復帰する方法はいろいろとありますが、いずれをやっても無理な場合、もはやiPhoneが復帰する可能性はほぼゼロと思ったほうがいいです。

この場合にはAppleもしくはキャリアの方で手配して本体そのものを交換しましょう。

本体ごと交換するので、元のiPhoneに入っていたデータはすべて失われてしまいます。

修理料金もそれなりにかかります。

SIMカードは生きている可能性

リンゴループに陥っているのは、端末の不具合や故障によるものが多いです。

つまりSIMカードについてはまだ生きている可能性が高いです。

このため、リンゴループをきっかけにして格安SIMに乗り換えるのも一つの方法です。

格安SIMの場合、大手キャリアと比較すると携帯料金を半額以下に抑えることも十分可能です。

特に普段データ通信の見つかっていて、スマホで音声通話をほとんどしなければ、格安SIMに乗り換えることによる恩恵を受けやすいです。

バックアップは取っておくべし

リンゴループから復帰する方法はいろいろとあり、中にはループに陥る前の状態に完ぺきに復帰できる場合もあります。

しかしやり方によっては、中で保存されているデータの失われる可能性もあります。

いざという時のために、常にicloudやiTunesなどにバックアップを取っておくのがおすすめです。

復元して端末の中のデータが失われても、また取り出せるからです。

ある日急に発症することもありうるので、平時から備えておくことが大事です。

もし自分で無理そうなら修理業者に相談

iPhoneのリンゴループが起きると、どうなっているかびっくりしてしまうかもしれません。

自分で試せる方法もあるにはありますが、素人が無理にいじくるとかえって状況の悪化する可能性もあります。

もし自分で直すのが不安というのであれば、修理業者に相談するのが賢明です。

まずは修理できそうか症状を説明して、大丈夫そうなら持ち込んでみるといいでしょう。

オリジナルグッズを作るなら「グッズラボ」

グッズラボはオリジナルグッズを1個から作成できるサイトです。
WEB上で簡単にデザインが作れるので、初めての方でも大丈夫です。
しかもどれも激安価格だからコスパ抜群◎

オリジナルグッズを作るならグッズラボが断然おすすめ!

関連記事
ハウツー

老舗も新参も事前の持ち物確認が大切!サークル参加で持っていけばよかったと悔やむ前にチェックしておこう

2020年5月8日
オリラボマガジン
コミケは1日限りの戦場。 一人でも多くの一般参加者に頒布したいという気持ちをもってサークル参加をする人ばかりです。 この何時間かの出来事 …
ハウツー

こだわりが詰まった同人ペーパーでサークル活動をアピール!詳しい作り方と大事なポイントを紹介

2020年4月18日
オリラボマガジン
サークル活動を始めることになったけれど、同人ペーパーには何を書けば良いの?同人ペーパーを作ってみたけれど、イベントであまり受け取ってもらえず …