ハウツー

モバイルSuicaを利用しているiPhoneが故障した…この場合の対処策について紹介

電車利用時にSuicaを使っている方も多いでしょう。

近年ではモバイルSuicaといってスマホに登録しておくと、端末を改札でかざすだけで通過できます。

モバイルSuicaを使っている方がお手持ちのiPhoneが故障すると困るでしょう。

iPhoneが故障した場合の対処法について、以下にまとめました。

iPhoneが修理できる場合

iPhoneが故障・破損した場合、修理できるかどうか専門のお店で相談しましょう。

ここでは修理できる場合の対処法について紹介します。

基本的に修理が完了すれば、何もしなくても引き続きモバイルSuicaは利用可能です。

Suicaをいったん削除するのがおすすめ

iPhoneの修理を依頼する場合、業者に預け数日間手放さないといけません。

この時まず考えにくいですが、スマホの中に入っているモバイルSuicaを悪用される恐れもゼロではないです。

そこで念のため、皆さんのモバイルSuicaを利用されないために、いったん削除するといいでしょう。

Walletアプリにアクセスすると、メニューに「カードを削除」という項目があります。

こちらで手続きを進めましょう。

モバイルSuicaを一時的に削除しても、残高などに影響は出ません。

修理完了し端末が戻ってきたら、再度Suicaを登録すれば引き続き使用できます。

Suicaを利用不可の状態にする

Suicaを一時的に削除して、再登録する場合手続きが面倒と感じる人もいるかもしれません。

その場合、Suicaを一時的に利用できなくする方法も可能です。

ロック解除パスワードとTouch IDもしくはFace IDを設定します。

その上で、Touch IDもしくはFace IDとエキスプレスカード設定をオフにすれば、他人が皆さんのモバイルSuicaを勝手に利用しにくくなります。

iPhoneが修理できない場合

iPhoneの破損状況によっては、修理できない場合も出てきます。

この場合、端末そのものを交換しなければなりません。

するとモバイルSuicaの移動をしないと交換した端末で使用できなくなります。

交換する場合、壊れたiPhoneで操作できる場合とできない場合で対処が変わってきます。

以下にまとめましたので参考にしてみてください。

iPhoneの操作ができる場合

もし故障していてもiPhoneの操作ができる場合、WalletアプリからSuicaを削除します。

そして新しく来た端末の方に再登録をすれば、モバイルSuicaは利用可能です。

スポンサーリンク

Walletアプリを開いて、Suicaを選択します。

そしてカード詳細画面を開きます。

その中で「カードを削除」を選択し、確認画面になりますから「OK」をタップすれば完了です。

iPhoneの操作ができない場合

iPhoneを交換しなければならない状態だと、本体の操作が出来ないケースが多いでしょう。

この場合、iCloudもしくはモバイルSuicaのサイトのいずれかで削除手続きを行います。

iCloudから削除する場合、Applepayに登録されているカードをすべて削除します。

もしモバイルSuicaのほかにもクレジットカードやプリペイドカードを登録している場合、すべての情報がなくなります。

モバイルSuicaのサイトから手続きする場合、これはSuicaの退会手続きになるので理解しておきましょう。

残っているチャージの払い戻しをして、新しいiPhoneに新規Suicaの発行手続きをしなければなりません。

iCloudから削除する場合の注意点

iCloudにサインインする場合、2ファクタ認証手続きが必要です。

この時SMS認証コードが端末に送信されるのですが、故障していると見られないでしょう。

そこで2ファクタ認証画面の下に「Applepay」ボタンがあるはずですから、ここをクリックします。

するとiCloudの設定画面になるはずです。

マイデバイスの中に「すべてを削除」という項目が現れます。

Applepayの右下に位置しています。

ここをクリックするとモバイルSuicaをはじめとして登録されているカード情報はすべて削除されます。

iPhoneの使用をやめる場合

iPhoneが修理できない場合、本体を交換しなければなりません。

しかしAppleCare+に加入していないと、けっこうな費用が掛かります。

そうなると交換せずにiPhoneの使用をやめるという選択肢も出てくるでしょう。

もし使用をやめるのなら、モバイルSuicaは退会しなければなりません。

モバイルSuicaのサイトにアクセスし、退会手続きを進めましょう。

この時、Suica残高については払い戻されます。

まずは修理できるかどうかの確認を

iPhoneが壊れてしまった場合、モバイルSuicaの取り扱いはどうなるのか、通勤や通学で使用している人は特に気がかりでしょう。

この場合、壊れた本体が修理できるかどうかで対処も変わってきます。

修理できる場合、修理期間だけ一時的に使用できない設定にすれば問題ないです。

スポンサーリンク

一方修理できない場合、モバイルSuicaの削除をしなければなりません。

手続きは面倒かもしれませんが、チャージも払い戻されるので忘れずに削除しましょう。

オリジナルグッズを作るなら「グッズラボ」

グッズラボはオリジナルグッズを1個から作成できるサイトです。
WEB上で簡単にデザインが作れるので、初めての方でも大丈夫です。
しかもどれも激安価格だからコスパ抜群◎

オリジナルグッズを作るならグッズラボが断然おすすめ!

関連記事