ハウツー

【位置が大事】スマホリングをiPhoneに付けるならどこが良い?おすすめの商品も紹介!

画面が大きいiPhoneは、手で持ちにくいと感じたことはありませんか。

使用感を良くするためにスマホリングを背面に貼り付けて使っている人も近年では増えています。

この記事では、スマホリングを付ける最適な位置や、基本的な貼り付け方を紹介しながら、上手な使い方も説明します。

おすすめのスマホリングも紹介するので参考にしてください。

スマホリングはどの指で扱うものなのか

スマホリングは指に通して使いますが、iPhoneをホールドさせやすい指は中指だと言われています。

人によってiPhoneの使い方は異なるため、一概にこの指が良いと言う訳ではありませんが、スマホリングを使うのが初めての場合は、中指に通すことを考えて貼り付ける位置を考えるのが良いでしょう。

中指の位置に合わせると、親指が画面に届きやすくアプリなどを使う時も使いやすさが感じられやすいです。

スマホリングを貼りつける最適な位置を考える

当然ながらスマホリングはiPhoneの背面に貼り付けて使います。

スマホケースに貼り付けて使う人も多いです。

好みのスマホリングを入手したら、いきなり貼り付けずにどの位置に配置すればiPhoneが扱いやすくなるかを考えましょう。

実際にスマホリングへ中指を通して、いろいろ試してみるのが、成功させる大きなポイントです。

利き手で使い勝手が違う

利き手が右か左かで、スマホリングの扱いやすい位置は異なります。

特に女性の場合は手のサイズが小さい人が多いので、iPhoneを手の平で持ちやすくする位置よりも、iPhoneを支えやすい位置に配置する方が使い勝手が良いです。

右利きの場合は中央寄りのやや右下、左利きの場合は中央寄りのやや左下に貼り付けると後悔が少なくなりますよ。

ただし、持ちやすいと感じた位置にそのままスマホリングを貼り付けるよりも、ベストポジションだと感じた位置よりも少しだけ上の部分に貼り付けるように調整するのがコツです。

スマホリングの粘着シートは一度貼り付けてもやり直しが効くので、納得するまで位置を調整しましょう。

見かけが良さそうだから中央に貼りつけたい

iPhoneを持った時に手のサイズへ収まると感じる人は、中央部分にスマホリングを貼り付けても親指が届きにくかったり、ホールド感がないと感じたりするケースは少ないでしょう。

手のサイズが小さめの人は、中央にスマホリングがあるとiPhoneを取り扱う際にリングから中指が抜けてしまう可能性があります。

iPhoneを使うたびにリングから指が外れてしまうと何のためにスマホリングがあるのか分からないですよね。

見た目のバランスよりも自分の使い勝手を考えて、貼り付ける位置は考えた方が良いです。

使用頻度が高いアプリが使いやすい位置を考えて

スマホリングを貼り付けるだいたいの位置が決まったら、細かな修正をしましょう。

例えばSNSをよく使用する人であれば、文字を入力しやすい位置が良いと言えます。

文字の打ち込みがしやすくてiPhoneを支えるのにも問題がないスマホリングの位置は中央よりも下の部分が一般的です。

ホームボタンにも親指が届きやすく、スワイプする時も扱いやすいと言えます。

ただし、人によって使いやすさや感じ方は違うので、実際にアプリを使いながら位置を調整しましょう。

スポンサーリンク

例えば、動画を見るのが好きな人は、中央にスマホリングを貼り付ければリングがスタンド代わりにもなるので、iPhoneを立て掛けやすくなります。

カメラをよく使うならシャッターに近い場所

iPhoneで片手撮影をすると本体の重みで手元が震えてしまうケースも多いでしょう。

手を滑らせて落下させてしまうと画面が割れるトラブルにつながります。

片手撮影する時にスマホリングがあると落下防止になり、手ブレせずにカメラを扱えるので撮影するのが好きな人には便利です。

片手撮影に向いているスマホリングの貼り付け方は、シャッター側に寄せた位置に貼るのがベストポジションと言えます。

シャッター側であればリングが指から外れることなく撮影できますよ。

貼り付け方の注意点を知っておこう

スマホリングは貼り付けて使いますが、せっかく貼り付けてもすぐに剥がれてしまっては、iPhoneの落下防止にはなりませんし、使い勝手も良くはなりません。

スマホリングを貼り付ける時に注意すべき点を知っておきましょう。

皮脂や汚れがスマホリングを剥がしてしまう原因になる

スマホリングをしっかりと貼り付けるには、iPhoneの表面に付着した汚れや皮脂をクリーニングする必要があります。

貼り付ける位置が決まったら、眼鏡拭きやスマホクリーナーなどで良いので接着させる場所をきれいにしてからスマホリングを固定させてください。

指で触るだけで皮脂が付着するため、クリーニングした部分には触れないのも大切です。

強く押しつけない

しっかりとスマホリングを接着させたいために、貼り付ける際に強い力を加えるとiPhoneそのものを破壊してしまう恐れがあります。

スマホリングのシールは着脱可能な物も多く粘着力に不安があると感じる人もいるでしょうが、軽い力で押さえて貼り付ければ十分です。

剥がれが心配なら、日頃から接着の具合を時々チェックして使うと良いでしょう。

オススメのスマホリングを紹介

スマホリングを貼り付けたスマホカバーを自作したり、オーダーメイドで製作したりする人も増えています。

デザイン性豊かなスマホリングや、使い勝手が良いスマホリングなど種類は多いので、自分に適したアイテムを選びましょう。

安定感抜群のiRing

シール面のサイズが大きくて粘着力が強いため、しっかりとiPhoneやスマホケースに貼り付けることができます。

シール面は水洗いすれば何度も貼り直しできますが、製品の寿命は半年から1年ですので時期が来たら交換しましょう。

デザインが豊富で、オシャレなスマホケースを自作する人にも向いています。

IFaceのフィンガーリングホルダー

スマホリングが回転するため、使いやすい角度に調整できるアイテムです。

リングを固定する部分が円形なのが独特で、カラーリングも豊富に展開されています。

マーベルデザインなど、クールな雰囲気のアイテムもあるので、オシャレ感を出したい人にも選びやすいです。

かさばらないKYOKAのスマホリング

3mmの薄い本体とリングがフラットな状態に収納できるのが大きな特徴です。

スマホカバーやスマホリング本体を取り外さなくてもiPhoneを寝かせて置くことができます。

リングは360度動かせるので用途によって好きな角度で使えるほか、リングを立てればスマホスタンドにもなり便利です。

スポンサーリンク

iRing Linkはワイヤレス充電で邪魔にならない

接着面を剥がさなくてもリングそのものを着脱できる便利なスマホリングです。

リング部分をスライドさせると簡単に取り外せるので、iPhone8以降の機種で対応しているワイヤレス充電でも邪魔にならないのが大きなポイントです。

金属性じゃない個性的なmomostick

一見楕円の平たい物体に見えるアイテムですが、リングとして使うバンド部分がスライドすると指を通せるつくりになっています。

シリコン製のバンド部分は柔らかく、指に負担が少ないので女性や子供にもおすすめです。

カラーリングやパターンが豊富に展開されていてデザイン性も豊かなほか、ワイヤレス充電にも対応しています。

おしゃれにこだわるならLOUIS VUITTONのスマホリング

高級メゾンのLOUIS VUITTONからリリースされている、サポート・テレフォン ナノグラムホールドリングは、ゴージャスなデザインのスマホリングです。

モノグラムが刻印されているのが大きな特徴ですが、リング部分の角度を変えられたり、スタンドにできたりするので、使い勝手も良いアイテムと言えます。

自分だけのオリジナルスマホリングを作ろう

手の小さい人やiPhoneを使う用途によって、ベストなスマホリングの貼り付け位置は違います。

基本的な貼り付け方を試してから、自分に適した位置に調整すると失敗が少なくなるでしょう。

また、販売されているスマホリングではなく、自分好みのスマホリングを選択する方法もありますよ。

オリジナルラボでは、安い費用でオリジナルのスマホリングを作れます。

これからスマホリングの購入を考えるならオリジナルラボで自分だけのスマホリングを作るのがおすすめです。

関連記事