イオンモバイル

iPhoneとAndroidでちょっと違う?イオンモバイルのAPN設定方法

新しくイオンモバイルと契約すると、後日SIMカードが自宅に届きます。

SIMカードが無事届いたらその日からイオンモバイルでスマホが楽しめるのですが、実は、その前にAPN設定などのやらなければいけない設定がいくつかあるのです。

イオンモバイルに限らず、格安スマホ会社はどこも自分で設定しなければいけないことが多いため、機械に疎い方は難しそうな印象をお持ちではないでしょうか。

実際は全然そんなことなく、誰でも簡単にできますので安心してください。

SIMフリー端末で格安スマホを使うためのAPN設定

イオンモバイル

SIMフリー端末さえあれば、SIMカードが自宅に届いたらすぐにイオンモバイルを使えるようになります。

ただ、その前にAPN設定だけは済ませておかなければなりません。

そこで、やり方がよくわからないという方のために、まずAPN設定の方法を詳しくお伝えしましょう。

APN設定とは

APN設定は、SIMカードが自宅に届いたらまず最初にやるべき設定です。

ただ、「APN設定」と言われても、何のことかわからない方が大半ではないでしょうか。

au、docomo、SoftBankのキャリアのユーザーだった方だと、APN設定などという言葉すら聞いたことがなくてもおかしくありません。

なぜなら、キャリアではユーザーがスマホを手にする前にすべての設定を社内でやってくれているからです。

しかし、格安スマホ会社では、料金を格安に抑えている代わりと言ってはなんですが、このような設定をユーザー自身で行う必要があります。

ともかくこのAPNとは、英語の「Access Point Name(アクセスポイントネーム)」の頭文字であり、難しいことは抜きにすると、格安スマホ会社でインターネットや電話回線を利用するために必要な設定だと考えておけばよいでしょう。

イオンモバイルに限らず、どの格安スマホ会社でもAPN設定は必要です。

APN設定を完了しないと、いくらSIMフリー端末を用意してSIMカードを挿入したところで通信できるようにはなりません。

APN設定は簡単

そんな大切なAPN設定ですが、実際の手順はそれほど難しいものではなく、たった今「APN設定」という言葉を知った方でもすぐにできます。

必要なのはイオンモバイルから届いたSIMカードと、イオンモバイルで使うiPhoneやAndroidのSIMフリー端末、それと、インターネットにつながる環境です。

特に、iPhoneではWi-Fi環境が必須ですので、APN設定を行う前にWi-Fiが安定してつながる場所に移動しておきましょう。

SIMカードの挿入方法

イオンモバイルにはSIMカードのタイプが2種類あります。

「SIMカードタイプ1」と「SIMカードタイプ2」という名前ですが、この2つの違いは、音声通話付きのプランか音声通話のないデータ通信のみのプランかという違いです。

ちなみに、SIMカードタイプ1の方はau回線とdocomo回線の2回線が選べますが、APN設定に回線の種類は関係ないので気にしなくてかまいません。

それでは実際にAPN設定を行いましょう。

まず、イオンモバイルで使うスマホを準備してください。

最初はスマホの電源を落としておきましょう。

スマホの本体側面からピンを使ってSIMカード挿入口を引き出します。

スポンサーリンク

そこに、イオンモバイルから届いたSIMカードを台紙から取り外して挿入口のトレイに載せ、本体にしっかり挿入するだけです。

たったこれだけの簡単なことですが、カードの裏表が違うと認識してくれませんので、気を抜かずに裏表をしっかり確認して間違いなく挿入しましょう。

また、カードの裏表だけでなくSIMカード自体のサイズがスマホと合わなくても認識されません。

これは本来、契約段階で確かめておくべきことですが、もし自宅に届いたSIMカードのサイズが間違っている場合はイオンモバイルに問い合わせて対応してもらいましょう。

回線タイプとOSごとのAPN設定方法

SIMカードが挿入できたら、次にスマホの電源を入れていよいよAPN設定を行います。

先ほどもお伝えしたように、イオンモバイルではSIMカードの種類によってタイプ1とタイプ2に分かれているので、APN設定もタイプごとに手順が少々違っていることに注意してください。

それではまず、タイプ1のAPN設定の方法を見ていきましょう。

タイプ1のiPhoneでの設定方法

お使いのスマホがiPhoneの場合、まずはWi-Fi環境にあることを確かめてください。

SIMカードが認識されてWi-Fi回線に接続できたら、OSのバージョンに合わせて構成プロファイルのダウンロードを行います。

iOS6以前とiOS7以降でダウンロードする構成プロファイルが違っているので、イオンモバイルのホームページで確認してください。

もしお使いのiPhoneのOSのバージョンがわからない場合は、iPhoneの設定画面から「Apple ID」に進み、「このiPhone」をタップすると出てきます。

バージョンを確認したら、それに合った構成プロファイルをダウンロードしましょう。

タイプ1のAndroidでの設定方法

お使いのスマホがAndroidの場合、iPhoneのようにWi-Fi環境は必須ではありませんが、インターネットにはつながっている必要があります。

また、Androidにはいろんなメーカーの端末があるため、製品ごとに画面の構成に多少の違いがあるものです。

お使いの端末の画面に合わせて設定を進めてください。

やり方は、電源を入れて「設定」をタップ、続いて「その他」と進み、「モバイルネットワーク」をタップします。

次に出てきた画面の「データ通信を有効にする」の項目にチェックを入れると、APNを選択する画面が表れるはずです。

そこで、「新しいAPN」をタップして、APNに「i-aeonmobile.com」、ユーザー名に「user」、パスワードに「0」、認証タイプに「PAP」か「CHAP」とあるものを選択してください。

もし出てこない場合は、「+」ボタンを押して手動で上記の設定値を入力していきます。

入力できたら保存をタップして完了です。

タイプ2の設定もタイプ1とだいたい同じ

次にタイプ2の設定の方法をお伝えします。

お使いのスマホがiPhoneの場合、タイプ1とやり方は同じです。

iOSのバージョンによってダウンロードする構成プロファイルが違うので、お使いのiOSに合わせたものを選びましょう。

お使いのスマホがAndroidの場合もタイプ1と大きな違いはありません。

設定画面から「その他」に進み「モバイルネットワーク」をタップ、それから「データ通信を有効にする」をチェックしてAPNを選択します。

スポンサーリンク

APNの名前がタイプ1とは違っているので注意してください。

APNは「n-aeonmobile.com」、ユーザー名は「user@n-aeonmobile.com」です、パスワードと認証タイプは、タイプ1と同じく「0」と「PAP」もしくは「CHAP」です。

画面にこのAPNが表示されない場合は、「+」アイコンをタップして、上記の設定値を手動で入力してください。

入力して保存できたら完了です。

このように、タイプ1とタイプ2で設定の方法が違うと言っても、iPhoneはまったく同じですし、Androidでも違うのは選択するAPNとユーザー名だけです。

難しいことではないので、この通りやればどなたも問題なくAPN設定を完了できるでしょう。

スムーズな乗り換えのために気をつけたい解約のタイミング

SIMカードが届いたらすぐにAPN設定ができますが、それ以前に確認しておきたいのはSIMカードが届くまでの日数です。

イオンモバイルで使うためにSIMフリー端末を早めに用意できていたとしても、SIMカードが届かないことには通信には使えないため、乗り換え前のキャリアや格安スマホを解除するタイミングには注意してください。

イオンモバイルがスマホデビューという方も、スムーズに利用開始したいのであれば、イオンの店舗で行って即日開通できる方法で契約することをお勧めします。

iPhoneとAndroidでのアカウント設定方法

イオンモバイル

APN設定が終わったらお使いのスマホでイオンモバイルが使えるようになりますが、使いやすいようにあらかじめ各種アカウントの設定も済ませておいた方がよいでしょう。

iPhoneの設定方法

お使いのスマホがiPhoneならApple IDでログインしておく必要がありますが、その前にiOSのバージョンが最新かどうかを確認しておきましょう。

設定から「一般」、「ソフトウェアアップデート」と進むとバージョン名がわかります。

最新バージョンでない場合はインストールを促されるので、それに従って最新バージョンをダウンロード、インストールしてください。

iOSが最新バージョンになったらApple IDでログインします。

まず「設定」をタップしてください。

次に「デバイスにサインイン」と進み、確認コードを入力します。

ログインできたら、iCloudやiTunes、Apple StoreなどAppleの提供するサービスへのログインも同時に完了するので便利です。

なお、iTunes Storeなどで音楽や映画を購入する場合は、支払い方法をまず設定しておかなければなりません。

ストアからアカウント画面を開き、Apple IDをタップするとAppleの公式サイトがSafariで開かれるはずです。

そこでログインして、トップページの「お支払いとお届け先」から決済用のクレジットカードを登録しておきましょう。

Androidの設定方法

お使いのスマホがAndroidの場合は、Googleアカウントに登録しておくと便利です。

これまでGoogleアカウントをお使いであれば新しいスマホでもすぐにアカウントを引き継げますし、Googleアカウントを持っていないのであれば、ここで新規登録しておくことをおすすめします。

Androidでもストアでアプリなどを購入する際は、前もって支払い方法を設定しておく必要があります。

Google Playを開いて、ご自分のアカウントから「お支払い方法を追加」を開き、そこから「カードを追加」を選んで決済用のクレジットカードの情報を入力しておきましょう。

格安スマホに乗り換える前に知っておきたいLINEの引き継ぎ方法

APN設定とアカウントの設定が終わったら自由にイオンモバイルでスマホが使えるようになりますが、最後に、多くの人がコミュニケーションツールとして日常的に使っているLINEのデータの引き継ぎに関しても確認しておきましょう。

スポンサーリンク

古い端末で引き継ぎ設定を有効にしておくこと

他社からイオンモバイルに乗り換える場合でも、以前から使っていったスマホをそのまま継続して使うのなら、SIMカードを差し替えるだけなのでLINEの設定は変更する必要ありません。

これまで通り問題なく使えます。

問題は端末を新しくする場合です。

LINEのデータを引き継ぎたい場合は、旧端末であらかじめメールアドレスでの登録かFacebook連携を済ませておきましょう。

その際にアカウント引き継ぎ設定を有効にしておき、保存したいトークルームがあるのなら、それのバックアップも取っておきます。

新しい端末では、LINEを開いて以前に登録しておいたメルアドとパスワードでログインします。

電話番号を入力すると4桁の認証番号がSMSで届くので、それをLINEの画面で入力すれば完了です。

なお、ログイン画面で誤って隣にある「新規登録」ボタンをタップしてしまうと、引き継ぎが行われる前に古いデータが消えてしまいます。

ログイン画面では注意してください。

iPhoneからAndroidやAndroidからiPhoneへの機種変では引き継げないデータがある

LINEでは乗り換え前と乗り換え後で異なるOSの端末を使用する場合、引き継ぎできないデータが出てきてしまいます。

トーク履歴とコイン残高はiPhoneからAndroidへ、またはAndroidからiPhoneへと機種変更する際に引き継げないので注意してください。

メッセージは保存する方法がいくつかありますが、コイン残高に関しては引き継ぎの前にすべて使い切っておきましょう。

初心者でも簡単なイオンモバイルなどの格安スマホのAPN設定

イオンモバイル

イオンモバイルだけでなく、格安スマホ会社と契約したら、最初のAPN設定はユーザー自身が行わなければなりません。

APN設定と聞くと何やら難しそうな印象を受けますが、上で説明してきた通り、誰でもすぐにできる簡単なものです。

スマホがまったく初めてという方でも、画面を見ながらタップしていくだけで問題なく完了します。

LINEの引き継ぎも簡単ですので、格安スマホはハードルが高いと敬遠していた方も思い切ってチャレンジしてみましょう。

【公式】イオンモバイル

関連記事