ハウツー

リンゴループになったらどうする?リカバリーモードを試す前にできること

iPhoneの起動時に画面に出てくるリンゴマークが消えない現象のことを「リンゴループ」と言います。

リンゴマークだけがずっと消えないパターンや、一瞬消えたかと思うとまたリンゴマークが出てくるパターンなど、いろいろなパターンが見られるものです。

iPhoneユーザーにとっては絶対に出会いたくない「起動不可」現象となっています。

リンゴループになる原因

リンゴループになる原因は複数あります。

なぜリングループが起きてしまったのが、原因を知っておくだけでも対処がしやすくなるでしょう。

自分のiPhoneがなぜリンゴループになってしまったか、原因から考えてください。

アップデートで失敗した

一番多いのがこのタイプです。

iPhoneのアップデート中に電池が切れてしまい、システムエラーとなり起動ができずにリンゴループのまま画面が固まってしまうことがあります。

また充電だけではなく、wi-fiのエリア外に行ってしまったときにもシステムエラーとなってリンゴループになってしまうこともあるのです。

iOSのアップデート中にリンゴループになってしまったときには、これらが原因かもしれません。

iPhone本体の基盤が故障している

iPhoneの本体が故障している場合でも、リンゴループになる可能性は高くなります。

リンゴループが起きる前に、水没をさせたり落として衝撃を与えてしまったという心当たりがある方は、見た目には問題なくてももしかしたらiPhone本体の基盤が故障しているのかもしれません。

基盤が故障していると起動ができなくて、リンゴループになることがあります。

アプリが原因で起動できない

脱獄アプリなど、iPhoneに悪さをするアプリが原因で起動ができなくてリンゴループが起きることもあります。

最近新しいアプリを入れたという方は、もしかしたらそのアプリが何か悪さをして起動ができない状態ということが考えられるでしょう。

バッテリーの劣化で電池が不足している

iPhoneのバッテリーは使っているうちに消耗して、だんだん使用時間が短くなってしまうものです。

最近フルで充電してもすぐに電池がなくなってしまう、充電器で充電しながらでないと使えないという場合は、バッテリーの劣化が原因となっている可能性が高くなります。

起動のために必要な電池が足りずにリンゴループになっているというわけです。

カメラや画面などが破損している

iPhoneの基盤だけではなく、外から見えるカメラや画面に破損がある場合もリンゴループの原因になることがあります。

画面が割れたりカメラが破損していても、今まで問題なく使えていたのにと思う方もいるでしょう。

しかしその破損が原因で、システムがエラーを起こして起動できなくなるというのは突然訪れるものです。

もしiPhoneに見てわかる破損がある場合は、それがリンゴループの原因となっている可能性もあります。

リンゴループを直す方法

リンゴループになったらあきらめなくてはいけないか、というと違います。

誰でも今すぐ自分でできる対処方法もありますし、修理で直ることもあるのです。

絶対に直るという保証はありませんが、まずは試してみましょう。

スポンサーリンク

iPhoneを再起動してみる

再起動してみると、リンゴループが直っていつもどおり使えるようになることがあります。

再起動のやり方は、iPhone 6sならばスリープボタンとホームボタンを長押し、iPhone 7ならスリープボタンとボリュームの下ボタンを長押しで矯正再起動が可能です。

リンゴループの原因が軽いシステムエラーならば、再起動で直る可能性があるのでやってみましょう。

SIMカードを入れなおしてみる

SIMカードを抜いて起動できるか試してみましょう。

もしSIMカードの異常が原因の場合や、他のシステムなどの軽いエラーの場合はこれでリンゴループから脱出できることがあります。

もしSIMカードを抜いて起動ができた場合は、SIMカードを入れてまた起動させてみてください。

SIMカードを入れてまたリンゴループになってしまった場合は、SIMカードの破損やエラーが原因ということです。

破損や故障部品を交換する

カメラや画面が見てわかるほど故障している場合は、部品を交換してみましょう。

今まで問題なく使えていても、これらの部品の故障で起動ができない場合があります。

部品の交換はApple Storeや正規の修理店以外でも、修理を請け負っているお店でやってもらえるので、相談してみましょう。

どうしてもダメならリカバリーモードを試す

いろいろ試してみたけれど、リンゴループが消えないという場合は最後の手段です。

最後の手段とは「リカバリーモード」のことを言います。

できれば使いたくはないけれど、iPhoneが使えないのは困るでしょうから、いろいろ試してみたけれどやっぱりダメだったという場合は、リカバリーモードでリンゴループ脱出を目指してください。

リカバリーモードとは

リカバリーモードとは、iPhoneを初期化して復元することです。

もし部品を交換したり再起動を試してみたり、いろいろやったけれどリンゴループが消えないしiPhoneは起動しないままというときの最後の手段となります。

難しいことはなく自分でできるものです。

必要なものは充電ケーブルとiTunesが入っているパソコンだけなので、やってみましょう。

リカバリーモードのやり方

iPhoneの電源が入っていない状態で、iPhoneと充電ケーブルを接続してください。

リカバリーモードのやり方は機種によって違うので、確認してから行いましょう。

iPhone 6s以前の機種ならば接続時にホームボタンを長押しすれば大丈夫です。

iPhone 7以降ならばボリュームの下ボタンを長押しします。

これでリカバリーモードが起動するのでiTunesを開いてください。

「更新」を選んでリンゴループが消えてiPhoneが起動すれば大丈夫です。

絶対に最初は「復元」ではなく「更新」を選んでください。

更新がダメなら復元を試す

リカバリーモードで「更新」を押しても起動しない場合は「復元」を試してください。

スポンサーリンク

「復元」は最後の手段であるリカバリーモードの中でも、さらに最後の手段です。

「復元」を選ぶとiPhoneは工場出荷前状態になるので、中のデータは真っ白に消えてしまいます。

iTunesやiCloudにバックアップが残っていればそこから復元はできますが、やっていない場合は何もなくなってしまうので注意しましょう。

復元後リンゴループが直って、通常通りに使えることもあります。

不測の事態に備えて日ごろからバックアップを取ろう

iPhoneユーザーにとって、リンゴループは他人事ではありません。

落としたこともないし水没もさせていない、バッテリーも大丈夫なはず、という場合でもある日突然やってくるものです。

再起動やSIMカードを抜いたり部品の交換で直ればいいですが、直らない場合もあります。

そうなると最後の手段であるリカバリーモードを試すことになってしまうのです。

最悪の場合、大切な画像や音楽などのデータファイル、大切な人の連絡先まで全て消えてしまいます。

備えあれば患いなしといいますが、その通りです。

いつ起こるかわからないリンゴループに備えて、日ごろからこまめにバックアップを取っておきましょう。

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事