ドコモ

auからドコモに乗り換えるのは難しい?MNP転出手続きの流れを紹介

現在auのスマホを使っているけれどもNTTドコモに乗り換えたいと思っていませんか?

この時現在使っている電話番号を引き続き使いたければ、MNP転出手続きをとる必要があります。

その際の手続きの流れや必要なものについて、以下にまとめました。

auからドコモに乗り換えるには?

auからドコモに乗り換えるための手続き方法や必要なものにはどのようなものがあるのでしょうか。

必要なものについて

auからNTTドコモに乗り換える際、今の電話番号を引き継ぎたければMNP予約番号を発行しなければなりません。

その際に必要なものとして、本人確認書類とクレジットカードもしくはキャッシュカードがあります。

手続きを進める前に、この2点をあらかじめ準備しておくといいでしょう。

MNP予約番号の発行

電話番号を変えずにauからドコモに乗り換えたければ、auでMNP予約番号を発行してもらいます。

MNP予約番号の入手方法は、店頭や電話、Webがあります。

この中でもおすすめは電話による発行です。

時間もかかりません。

077-75470に電話をかけます。

受付時間が9~20時になっているので、その時間帯で連絡しましょう。

MNP予約番号を発行するにあたって料金はかかりません。

しかし有効期限があって、発行から15日以内に手続きをする必要があります。

MNP予約番号の申し込みをしたら、速やかにドコモで契約手続きを進めたほうが良いです。

ドコモでの乗り換え手続き

MNP予約番号を入手出来たら、ドコモで乗り換え手続きを進めます。

ドコモショップでも手続き可能ですが、混んで時間がかかるかもしれません。

ドコモオンラインショップで手続きできるので、こちらの利用がおすすめです。

人によって若干違いますが、大体5分もあれば手続き完了できます。

「お手続き方法」の中で「のりかえ(MNP)」を選択しましょう。

あとは住所や氏名、料金プランなど案内の通りに選択していくだけです。

初期設定を行う

本体が到着したら、初期設定を行います。

この時大事なのは回線の切り替え手続きを忘れずに行う点です。

切り替え手続きはドコモインフォメーションセンターに連絡する、もしくはドコモオンラインショップが対応しています。

スポンサーリンク

ドコモインフォメーションセンターは9~20時、ドコモオンラインショップは9~21時までの受付なので注意しましょう。

回線切り替え手続きが完了すれば、NTTドコモのスマホが利用できます。

ちなみにこのタイミングで、auは自動解約扱いになります。

auからNTTドコモに乗り換え時の注意点

auからドコモへの乗り換えはそれほど難しくはありません。

いくつか気をつけておきたい点もありますので、事前に把握しておきましょう。

乗り換え費用について

auからドコモに乗り換える際には、初期費用が発生するので理解しておきましょう。

まずauでのMNP手数料として3,300円(税込)かかります。

さらにNTTドコモで新規手続きをする際に手数料として3,300円(税込)が必要です。

つまり初期費用として6,600円(税込)出費しなければなりません。

MNP手数料は予約番号を発行したときではなく、ドコモでの手続きが完了した段階で請求されます。

期限切れになった場合、予約番号を再発行する必要があります。

ただし再発行時にさらに料金を請求されることはないです。

更新月を意識する

auでは携帯の契約は2年間とするのが一般的です。

この場合、契約してから24ヶ月目と25ヶ月目が更新月になります。

このタイミングでドコモに乗り換えると解約手数料はかかりません。

しかしそれ以外の時期に乗り換えてしまうと中途解約扱いになります。

この場合、解約手数料として11,286円(税込)支払わないといけません。

もし更新月が迫っているのであれば、そのタイミングで乗り換え手続きをするのがおすすめです。

月末で乗り換えを

乗り換え手続きをするなら、月末に行ったほうが良いです。

auは月の途中で解約してもその月の携帯料金が丸々請求されます。

日割り計算が適用されないので、できるだけ月の終わりに手続きしたほうがいいわけです。

一歩ドコモでは契約した月の料金は日割り計算になります。

月末に近ければ近いほど、携帯料金の二重払いを回避できるわけです。

分割払いの際の処置

auで契約した際、端末代金を分割払いにしている人も多いでしょう。

auの場合、アップグレードプログラムEXというサービスが用意されています。

スポンサーリンク

こちらで端末を購入して、残債がまだ残っている場合解約した段階で残債分が一括請求されます。

またこちらのプログラムの場合、一定条件を満たすとポイントが与えられます。

このポイントも戻ってこないので注意しましょう。

また端末を返却する際に故障していると、回収段階で2万円請求されることも考えられます。

契約名義について

現在のauのスマホを持っている人の中には、家族名義になっているケースもあるでしょう。

この場合、そのままではMNP予約番号が発行されないので注意です。

MNP予約番号を発行してもらうには、乗り換え元と乗り換え先の名義が同じという条件があるからです。

もし自分名義になっていなければ、MNP転出手続きをする前に名義変更を行いましょう。

割引も検討する

auにはスマートバリューや家族割など、いろいろな割引サービスを提供しています。

もしドコモに乗り換えるとこのauの割引が解除されるかもしれません。

その結果、ドコモに乗り替えた結果、携帯料金が高くなることも考えられます。

またau利用者には携帯料金などに対してauポイントが付与されるはずです。

解約すればこのポイントも失効してしまいます。

乗り換える前にポイントはできるだけ消化しておきましょう。

バックアップを取る

スマホの機種変更も行うのであれば、今使っている端末に入っているデータのバックアップを取っておくと安心です。

写真や動画、音楽、連絡先などが該当します。

もしLINEやゲームアプリを利用している場合、引き続きプレイするためにはアカウントの引き継ぎも行っておきましょう。

お得にドコモに乗り換えるためのコツ

NTTドコモでは乗り換え時にさまざまなキャンペーンを実施しています。

このキャンペーンをうまく活用すれば、初期費用が数万円単位で差が生じます。

乗り換えキャンペーンをいくつかピックアップしました。

ギガホ割

ギガホはNTTドコモが展開している新料金プランです。

コマーシャルでも積極的に宣伝しているので、名前だけなら聞いたことがある人も多いでしょう。

ギガホで契約した場合、最大6か月間月々の携帯料金が1,100円(税込)割引になります。

ギガホは月々7,678円(税込)ですから、6,578円(税込)になります。

ギガホは月間30GBまで高速通信できるコースです。

スポンサーリンク

ゲームや動画サービスをよく利用する人は、速度制限の心配なく使用できるでしょう。

スマホのりかえサポート

NTTドコモではスマホのりかえサポートと呼ばれるキャンペーンを実施しています。

こちらはドコモ光もしくはdカードGOLDに入会している人が対象です。

条件を満たし、auの解約証明書を提出すれば11,286円(税込)に相当するdポイントがプレゼントされます。

auで中途解約した場合、解約手数料として11,286円(税込)かかります。

このキャンペーンを利用すれば、違約金を事実上帳消しにできるわけです。

更新月に乗り換えられれば、1万円以上ボーナスで実質もらえる計算になります。

下取りプログラム

乗り換え時に今までauで使っていた端末を処分したいと思っているのなら、下取りプログラムを利用するのがおすすめです。

不要になった端末を出すと、その買取価格分が今度購入する端末代金から差し引かれます。

最大70,800円(税込)の下取り価格の出ることもあるので、少しでも端末費用を安く抑えたければ活用したいところです。

画面割れしているなど問題のある端末でも査定は受けられるので、ダメもとで下取りに出してみるといいでしょう。

スマホおかえしプログラム

NTTドコモではスマホおかえしプログラムというキャンペーンを実施しています。

これは36回の分割払いで対象の機種を購入した人向けです。

もし該当する機種を将来的に返却すると、その翌々月以降の支払いが免除されます。

このキャンペーンを利用すれば、36回払いで購入できるはずの機種を実質24回払いで購入できる形です。

はじめてスマホ割

auのガラケーからドコモのスマホに乗り換えする場合には、はじめてスマホ割が利用できます。

最大12ヶ月間、月額料金が1,100円(税込)割引になるというものです。

これからスマホデビューしようと思っている人の中には、携帯料金がぐんと上がるのではないかと不安に感じている方もいるでしょう。

ギガホやギガライトで契約した場合の方が対象です。

ギガライトで最も安ければ月額2,178円(税込)です。

ということはこちらのキャンペーンを利用すると1,078円(税込)でスマホが利用できる計算になります。

本当にお得になるの?auとドコモの料金を比較してみた

auからドコモに乗り換えるにあたって、本当に携帯料金が安くなるか気になることでしょう。

いくつかのパターンで、どちらがお得なのか検証すると、購入する際に非常に役に立ちます。

新auピタットプランとギガライトプランで比較

NTTドコモでは新料金プランとしてギガホとギガライトをラインナップしました。

一般的な使い方をするなら、ギガライトが適しています。

スポンサーリンク

auでは新auピタットプランがギガライトに近いです。

容量別でいくつかのコースがありますが、料金的にはあまり大きな違いはありません。

しかし新auピタットプランの場合、1GM未満と4GB、7GBの3種類であるのに対し、ドコモのギガライトは1GM未満、3GB、5GB、7GBの4種類がラインナップされています。

細かく設定したいと思っているなら、ギガライトの方がおすすめです。

ギガホとauプランの比較

大容量プランを検討しているなら、ギガホで契約するといいでしょう。

auの大容量プランとして、auフラットプラン25 NetflixパックかauデータMAXプランになるでしょう。

ドコモのギガホは30GBまで利用でき7,678円(税込)です。

auフラットプラン25 Netflixパックは25GBまで利用でき7,865円(税込)です。

auデータMAXプランは無制限で月額9,878円(税込)になります。

もし月々平均して20~30GBデータ通信するようなヘビーユーザーであれば、ギガホに乗り換えたほうがお得です。

家族で乗り換えるのはお得?

家族向けのサービスとして、auでは家族割プラス、NTTドコモにはみんなドコモ割があります。

この内容を見てみると、両方とも2回線契約では1回線当たり550円(税込)引きです。

3回線になると1回線当たり1,100円(税込)引きになります。

乗り換えたとしても、家族の割引料金には違いはありません。

機種代金の比較

スマホを乗り換える際に携帯料金のほかに、端末の代金も意識しなければなりません。

スマホ本体のサービスもauとドコモ、両方で提供しています。

auの場合「アップグレードプログラムEX」、NTTドコモでは「スマホおかえしプログラム」があります。

アップグレードプログラムEXの場合48回払いでスマホおかえしプログラムだと36回払いに設定して、25ヶ月目で端末を返却した場合残債は免除されます。

両者とも12か月分の支払いが免除される計算です。

負担免除の内容は一緒ですが、auの場合、プログラム料として月額429円(税込)かかります。

この部分を考えると、ドコモの方が長期的スパンで見ればお得と言えるでしょう。

ドコモで乗り換えするにはオンラインショップがおすすめ

ドコモで新規契約をするには店舗とオンラインショップのいずれかになります。

両者を比較した場合、ドコモオンラインショップを利用したほうが良いでしょう。

それでは、なぜオンラインショップがおすすめと言えるのでしょうか。

その場で手続きができる

ドコモオンラインショップがおすすめな最大の理由として、どこでも手続きできる点です。

スポンサーリンク

店舗の場合、営業時間内に行って手続きする必要があります。

仕事で忙しい人だと、なかなか時間が取れないという方も多いでしょう。

オンラインショップの場合、基本24時間いつでも手続き可能です。

なかなかお店に行っている時間がない、近くに店舗のない人にはおすすめです。

すぐに手続きできる

キャリアのショップに行ったことのある人はお分かりでしょうが、けっこう混んでいることが多いです。

30分や1時間待たされることはざらです。

休日は特に混み合い、場合によっては数時間待たされる可能性も大いにあります。

しかしドコモオンラインショップであれば、待ち時間は一切かかりません。

このため、限られた時間で効率的に手続きができます。

オンラインショップ限定の特典も

オンラインショップで購入したいと受けられないようなキャンペーンがしばしば行われているのも、ドコモオンラインショップを利用するメリットです。

常に行っているもののほかにも、期間限定のキャンペーンもあります。

ドコモオンラインショップのサイトで最新情報が掲載されています。

気になる人はキャンペーン内容をチェックしてみるといいでしょう。

ストックが豊富

ドコモショップでスマホ端末を購入する場合、在庫の関係から機種は限定されます。

また人気の機種はどんどん出るので、自分が購入したいと思っても在庫切れを起こしている可能性は十分考えられます。

一方ドコモオンラインショップの場合、NTTドコモが直で運営しています。

抱えている在庫は多く、しかも多種多様な機種を準備しています。

ですから自分が欲しいと思っている端末がきっと見つかるでしょう。

スマホはいったん契約すると1~2年と長期的に使用する方が多いはずです。

そうなると妥協せずに自分の気に入ったものを使用したいでしょう。

そう考えると、選択肢の広いドコモオンラインショップで購入するのがおすすめです。

タイミングを確認して乗り換えよう

auからNTTドコモに乗り換えることで、携帯料金がお得になる人もたくさんいます。

ただし更新月や月のどのタイミングで乗り換えるかでお得になるかどうか違ってきますから注意しましょう。

そのためには、いったん自分がどのような契約プランに加入しているのか、契約期間がどうなっているか確認したほうが良いです。

違約金など、できるだけ余計な費用の掛からないタイミングで乗り換えるのがおすすめです。

スポンサーリンク

また店舗でも手続きできますが、乗り換えはドコモオンラインショップで行ったほうがいつでもスムーズに行えます。

できるだけお得に乗り換えられる方法で手続きを進めましょう。

【公式】auオンラインショップ

【公式】ドコモオンラインショップ

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事
ドコモ

ドコモからマイネオに乗り換える方法とは?MNPの全手順を詳しく解説!お得なタイミングや乗り換え時の注意点、メリット・デメリットも紹介!

2020年5月21日
オリラボ通信
より安い料金でスマートフォンを利用したい。 そんな理由でキャリアから格安SIMに乗り換えるスマホユーザーが急増しています。 キャリアから …