格安スマホ/SIM

auのiPhoneが使えるおすすめ格安SIM6選!乗り換える際の手続きや注意点も解説

auでiPhoneを利用していて毎月の通信費に負担を感じる人は格安SIMに乗り換えるという選択肢をとるのもおすすめです。

iPhoneを快適に利用していく上では充分な通信量が必要になりますが、格安SIMを利用すれば月々の負担も大手キャリアの半分で抑えることが夢ではありません。

近年は格安SIMも身近な存在となり大手キャリアから乗り換える人も増えてきています。

乗り換えてみたいけれどどうしたら良いのかわからない、本当に快適に利用できるのか心配という人のためにauのiPhoneで格安SIMに乗り換えていく例を紹介していくのでぜひ参考にしてください。

おすすめの格安SIMや乗り換えの注意点、手続きなどについても紹介していきます。

格安SIMに乗り換える際に考えること

通信費を大幅に抑えることができる格安SIMですが、乗り換えを考える際にはどれくらい安くなるかや乗り換えのタイミングなどについてよく考えておかなければなりません。

利用の仕方によっては大手キャリアのプランを利用していた方が結果として安く済んだというようなこともおこりかねませんので、あらかじめしっかり比較を行っておく必要があります。

どれくらい安くなるか

格安SIMを選択する最大の理由は安さですから、乗り換えを考える際には乗り換えることでどれくらい安くなるかをしっかりチェックしておかなければなりません。

今利用しているプランと同じ内容で利用する場合月々の通信費はどこまでおさえられるか、同じくらいの利用ができるプランが存在するかをしっかり確認しておきましょう。

現在の契約の解約や乗り換えで初期費用がかかったとして乗り換えてからどれくらい使い続けることでプラスになるかといったことも計算しておくと良いでしょう。

格安SIMに乗り換えるのであれば月々の費用は半額近くまで抑えていきたいものですから、通信費の大幅減が叶うかどうかをよく見繕ってください。

乗り換えるタイミング

大手キャリアから格安SIMに乗り換える場合、いつ乗り換えるかというタイミングもとても重要になってきます。

二年縛りのあるプランを利用している場合、更新期間以外のタイミングで格安SIMに乗り換えると一万円近い違約金が発生するので注意が必要です。

また最新のiPhoneを利用している場合などは、端末代の割賦残高が残っているといったこともあるでしょう。

割賦代金を払い終わる前に解約をしてしまうと月々受けられるはずだった割引が無くなり高額な端末代を一括で支払わなければならなくなります。

格安SIMへの乗り換えはタイミングによって0円で済むこともあれば追加で数万円の支払いが必要になることもあるので慎重に見極めていくことが大切です。

どれくらいの経費がかかるか

格安SIMに乗り換える際にどれくらいの初期費用がかかるのかということもよく調べておきましょう。

iPhoneが使用できるかを確認しておくことも大切で、使用できない格安SIMの場合は新しいスマホをどうやって入手するかということも考えていかなければなりません。

基本的に新規契約であれば初期費用0円で乗り換えられることが多いですが、MNPを利用して乗り換える際には事務手数料などがかかるためどれくらいの金額になるかを格安SIM各社においてチェックしておくことをおすすめします。

せっかく安く利用できる格安SIMに乗り換えるのに諸経費による負担が多くなってしまうことのないようきちんと調べておくようにしてください。

au回線の格安SIMおすすめ6選

auのiPhoneを利用して格安SIMに乗り換えるのであれば、au回線を利用した格安SIMを選択するのが一番手間がありません。

他社の回線を利用した格安SIMを利用するとなった場合SIMロック解除を行わなければならないからです。

手っ取り早く乗り換えるのであればSIMロック解除なしですぐに使い始められるau回線の格安SIMを選ぶべきなので、よく覚えておきましょう。

おすすめのau回線格安SIM6社を紹介していきます。

auの系列会社が運営するUQモバイル

格安SIMの中でも有名な会社で、KDDIグループのUQコミュニケーションズが運営しています。

スポンサーリンク

格安SIMへの乗り換えを考える場合少しでも安定した会社を選択したいと考える人は少なくありませんが、その点UQモバイルはauと同系列の会社が運営しているので安心できる選択肢となってくれるでしょう。

auのスマートフォンを利用するのに適した環境が整っている格安SIMで、通信速度が安定していることでも定評があります。

3GBから無制限まで幅広いプランが揃っており、利用に合ったプランを選択しやすいのが魅力です。

またテザリング機能やSMSが無料で利用できるといったメリットもあります。

音声通話のかけ放題プラン、余ったデータの翌月繰越、かけ放題オプションにauIDを登録すると毎月最大3GBのデータ通信量加算などauユーザーには魅力的なポイントが多い格安SIMです。

LINEユーザーにおすすめのLINEモバイル

auはもちろんドコモ、ソフトバンクの3社から好きな回線を選ぶことができるのが魅力です。

LINEの通信料が無料になるフリープランやTwitterやインスタグラム、フェイスブックなどのSNSがデータフリーで利用できるなどSNSをメインにスマホを利用する人にとって嬉しいプランが充実しています。

データSIMなら月額500円から利用が可能なため、最小限の費用負担でスマホを持ちたいという人にもおすすめです。

格安SIMの料金はクレジットカード払いが基本ですがLINEPayを利用を選択することもできます。

また格安SIMは年齢認証ができないことからLINEのID検索ができませんが、LINEモバイルであれば格安SIMで唯一ID検索を行うことが可能です。

LINEユーザーに魅力的なサービスが充実している格安SIMと言えます。

顧客満足度が高いmineo

数ある格安SIMの中でもサービスの提供歴が長く顧客満足度が高いのが魅力です。

mineo同士のユーザーで質問をしあえる、余った通信量を分け合えるなど独自のサービスが特徴で、他の格安SIMとは少し違った利用ができます。

音声通話オプションを利用する際の最低利用期間が設けられておらず解約金を心配せずにいつでも気軽に使い始められるのも魅力です。

コミュニティサイトに登録、連携をするとデータを1GB追加で貰えたり複数回線割や家族割などのサービスも充実していてとてもお得に利用できます。

指定のIP電話アプリを基本料無料で利用できるなど様々なサービスが充実しています。

老舗プロバイダとしてブランド力も高いBIGLOBEモバイル

老舗のインターネットプロバイダとして知名度の高いBIGLOBEが運営する格安SIMです。

6GBや12GBといった特定のプランにおいて他社より割安で利用することが可能なため、自らの利用にマッチする場合とてもお得な選択肢となってくれます。

SNSやyoutubeといった動画視聴にかかる通信がフリーになるプランがあり、動画の視聴利用がメインという人はとてもお得に利用することが可能です。

余った通信量を翌月に繰り越せる、全国8万カ所以上のWi-Fiスポットが使える他、マカフィーのモバイルセキュリティが1年無料になるなどプロバイダならではのサービスが揃っているのも大きな魅力です。

通信の品質にこだわるならIIJmio

業界シェアNo2の通信技術に長けている点が魅力の格安SIMです。

通信の高速、低速を手動で切り替えられることからデータの使用量を自分でコントロールして節約することができます。

通信速度や品質に定評があることからより快適に格安SIMを利用したいという人におすすめです。

選べるプランは3つとシンプルで解りやすいため格安SIM初心者にもおすすめです。

6GBプランではSIMカードを2枚持つことができるなど複数の端末でデータを利用したいという場合にとても重宝します。

スポンサーリンク

楽天会員にメリットの多い楽天モバイル

ネットショッピングで知られる楽天が提供する格安SIMで、月々の支払いで楽天ポイントを貯めることができます。

使わなかったデータを翌月に繰り越せる、容量無制限の使い放題プランが選べるなどライトユーザーにもヘビーユーザーにも嬉しいプランが揃っています。

格安SIMは店舗を持たない運営が基本ですが、楽天モバイルでは大手キャリアのように実店舗を設けているため解らないことやトラブルについて窓口で相談することが可能です。

相談できる人がいないと不安というような人にとっては非常に助かります。

5分のかけ放題オプションを利用することもできるため通話料の節約に役立ちます。

格安SIMに乗り換えるための手続き

大手キャリア間での乗り換えにおいてはショップにてスタッフに全ての手続きを行ってもらえますが、格安SIMへの乗り換えにおいては全て自分でおこなうことが基本です。

どういう手順でどのような手続きを行っていったらよいのかよく確認しておきましょう。

電話番号をそのまま引き継ぐか決める

キャリアから格安SIMへ乗り換える場合でも電話番号の引き継ぎは可能です。

格安SIMに乗り換える際にMNPを利用して電話番号を引き継ぐかはよく検討しておきましょう。

もし電話番号を引き継ぐのであればキャリアにおいてMNPの予約番号を発行してもらうことになります。

予約番号の発行についてはショップはもちろんカスタマーサポートに電話して口頭で発行してもらうこともできるので必ずしもショップに足を運ばなければならないということはありません。

しかし大手キャリアの解約はショップに足を運ばないと行えないため、解約の手続きの際に一緒に発行してもらった方が手間がかかりません。

乗り換えたい格安SIM会社を決めてキャリアの解約手続き

格安SIMへ乗り換える場合には、先に乗り換える格安SIMを決めてからキャリアの解約手続きを行うようにしてください。

格安SIMは選択肢が非常に多いため解約してから乗り換え先を決めるとなると見比べに時間がかかってしまいスマホを持っていない期間が長くなってしまうといったことがおこりがちです。

また電話番号を引き継ぐ場合はMNPの予約番号を発行してもらうことになりますが、予約番号には期限があるためスムーズに乗り換えの手続きを済ませていく必要があるのです。

キャリアを解約してから格安SIM会社を調べ始まっていたのでは発行してもらった予約番号の期限が切れて電話番号を引き継げなくなってしまうというようなことも起こりかねないため気を付けてください。

MNPの予約番号の期限は発行から15日以内なので覚えておきましょう。

また期限ぎりぎりだと手続きの関係で15日を過ぎてしまうというようなこともあるので早めに乗り換え手続きを行うことが鉄則です。

申し込みと届いたSIMの設定

キャリアの解約をしたら格安SIMへの申し込みを行います。

電話番号を引き継ぐ際は申込時に発行してもらった予約番号も入力します。

申し込み後数日で格安SIMが届いたら、格安SIMの開通センターに連絡を入れ開通作業を行って貰います。

開通手続きが終わったら手持ちのiPhoneに格安SIMを挿入、APNの初期設定を行って終了です。

iPhoneの場合は購入時に充電器やイヤホンと一緒にSIMピンがセットになっているのでこれを利用してトレイを取り出しSIMカードを挿入します。

APN設定については端末のOSや格安SIMによって方法が異なりますが、ネットで検索をすれば設定の仕方は簡単に見つかるので難しいことはありません。

設定が終わったのになかなか繋がらないという場合は端末の再起動をかけてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

乗り換えの際に気を付けたい注意点

大手キャリアから格安SIMに乗り換えるとなった場合に気を付けていきたい注意点について紹介していきます。

安さばかりに目が行って注意すべきことをおろそかにしてしまうと不便やストレスを感じてしまうことになるのであらかじめよく心得ておけるようにしてください。

デメリットなどを含めて正しく理解しておき、より有意義に格安SIMを利用していけるようにしましょう。

手続きや設定は自分で行わなければならない

格安SIMの手続きは基本的にすべてネットや電話で行われるため、大手キャリアのように面と向かって手続きを行うことができません。

特に端末の設定については自分で行わなければならないので、機械に明るく無い人の場合は苦戦を強いられることもあるでしょう。

格安SIMについてはネットで調べることで大抵の解決方法を見つけることができるものの、格安SIMが繋がらなければネットで調べることもできないといった状況におかれることもあるかもしれません。

楽天モバイルのような実店舗を持つ格安SIM出ないとトラブル相談はできませんから、自分で必要な手続きや設定を行えるか、身近に相談できる人がいるかについてはよく考えておくことが必要です。

通信速度はどうしても遅くなる

格安SIMの通信は大手キャリアの回線を間借りする形で行われるため、大手キャリアの回線を利用できるとは言ってもどうしても遅くなります。

格安SIMを選択する場合は通信の品質や安定性についてもきちんと調べておかないと、いざ繋げてみたら遅くてギャップを受けてしまうということにもなりかねませんから気をつけましょう。

プランの内容は魅力的だったけれど実際に通信をしてみたら全然思うようで無かったというようなことでは困ってしまいます。

特に回線が混雑しやすい22時以降においては通信速度の低下は顕著に感じやすくなるため、大手キャリアのようにバリバリに快適に利用できると期待をしすぎてしまうのは禁物です。

通信の質にこだわるのであれば、その分品質や安定性に定評のある格安SIMを選択していかなければなりません。

音声通話のオプションもしっかりチェック

格安SIMはデータ通信において通信料を大幅に安く抑えることができるのが魅力ですが、スマホを持つ上ではやはり音声通話は無いと不便です。

格安SIMでは音声通話はオプションで選択しないと使えないことも多いですから、プランを選択する際にしっかりチェックしておきましょう。

月額数百円で5分や10分の通話がかけ放題になるといったオプションを揃えている格安SIMも多いためこういったものを賢く選択していくことをおすすめします。

アプリを利用した通話は相手側でも同じアプリを使っていないと利用できないため、いざという時のことも考えて音声通話は必ずオプションで付けておくようにしましょう。

MNP予約番号の発行のタイミング

電話番号を引き継ぐ際はMNP制度を利用して格安SIMに引き継ぎますが、発行してもらう予約番号の有効期限は15日しかないため発行のタイミングを見誤らないよう気を付けなければなりません。

キャリアの解約後に有効期限が切れてしまえば今まで利用していた電話番号は二度と使えなくなってしまいます。

乗り換え先の格安SIMを決める、キャリアの解約をする、格安SIMに申し込むという手順で手続きを行い、できればこれらの手続きは通して一週間以内で行うことが理想です。

格安SIMの手続きで不備があり手続きが長引いてしまうと予約番号が無効になってしまうため、15日という期限に余裕を持ってしまうことなく数日以内に手続きを済ませるように心がけましょう。

保証をどうするか考える

大手キャリアでは端末に対して独自の保証を付けることができますが、格安SIMの場合は保証オプションを特別設けていないところも多いのでもしもの場合について自分でしっかり備えていかなければなりません。

端末に対する保証オプションを設けている格安SIMを選択する、別途スマホ保険に加入をするかはよく考えていきましょう。

その際に自分の所有している端末が保証の対象となるか、いざという時どのような保証が受けられるか、実費負担はどれくらいかといったことまでチェックしておくことは大切です。

スマホ保険は安い保険料で手厚い保証を受けられるようになっているので、賢く利用していけるようにしましょう。

乗り換えて後悔しないよう事前にしっかりと比較を

使い放題プランを低料金で利用できるなど魅力の多い格安SIMですが、乗り換えに関しては後悔の内容予めしっかり検討しておくことが必要です。

スポンサーリンク

乗り換えてからこんなはずじゃなかった、思っていたのと違ったと後悔をしても遅いですから、あらゆる点において事前にしっかりと調査、比較を行っておかなければなりません。

自分に合ったプランを見つけよう

格安SIMは大手キャリアとは比べものにならないほど様々なプランが用意されています。

動画見放題、SNSの通信をカウントしない、500MBからの利用可能など多種多様なプランが揃っておりほぼ必ずと言ってよいくらい自分のニーズに合ったプランを探し出すことができます。

どれも同じだろうという考えで適当なものを選んでしまうと後悔しますから、各社のプランをじっくり吟味して自分にぴったりのプランを探し出してください。

お試し利用ができる格安SIMも賢く利用してみよう

格安SIMの中には利用開始数ヶ月間料金が無料といったものもあります。

また最低利用期限を設けていないような格安SIMもあるため、キャリアを解約する前にこういったものを利用して格安SIMの使い心地を試してみるのもおすすめです。

実際に使ってみて問題が無さそうであればキャリアを解約という手段を取れば、乗り換えて後悔したというようなこともありません。

格安SIMは様々な形でお試し利用ができるようになっているため、サービスを賢く利用していってください。

口コミなど実際に乗り換えて見た人の意見や評価も参考に

格安SIMで失敗しないためには、実際の利用者の口コミを参考にしていくということもとても大切です。

SNSはもちろんブログやnoteを参考にすればガジェット通の格安SIM乗り換え体験記なども参考にできるためよく目を通しておくと良いでしょう。

メリットはもちろんデメリット、後悔した点や物足りない点など使って見た人にしかわからない細かい情報を得ることができるのでとても勉強になります。

格安SIMに対する不安なポイントなどについても情報を得られるので乗り換えを検討する際にとても役に立つでしょう。

au回線の格安SIMは選択肢が充実していてiPhoneも快適に使える

格安SIMは様々な利用に特化したユニークなプランが充実しているため、大手キャリアを利用するよりもお得かつ有意義にスマホを利用していくことができます。

スマホの中でもiPhoneにおいては快適に利用するために充分な通信量が必要になってくるため、コンテンツを存分に満喫したいという人にとって格安SIMは非常に良い選択肢となってくれます。

コストを抑えてお得に利用できる格安SIMですが、どの会社のどのプランを利用するかで料金は違ってきますし、通信の品質や安定性についても良く比較を行って選択をしていかないと失敗してしまうので注意が必要です。

手続きの順番に関してもよく理解をしておき段取りよく行っていくことが必要ですから、乗り換えの手順についてはあらかじめしっかり学んでおきましょう。

お得かつ快適に格安SIMに乗り換えていくには、事前にどれだけ格安SIMについて勉強しておけるかということがとても大切になってきます。

au回線を利用した格安SIMは選択肢も豊富なため、賢くスマホを利用していくためにもぜひ乗り換えを検討してみてください。

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事