au

auオンラインショップではスマホの下取りもできる?店頭での下取りとどっちがお得なの?

auでは、機種変更などによって使わなくなったスマホの下取りも行っています。

auの下取りは、店頭でも行っていますしauオンラインショップでも行っていますが、どちらの方が高価買取をしてくれるのでしょうか?

ここでは、auの下取りについて、おすすめの方法と具体的な方法をご紹介しましょう。

目次

auはスマホの下取りをしている!

auでは、使わなくなったスマホの下取りをしています。

下取りは、店頭でもauオンラインショップでも可能です。

auオンラインショップの下取りプログラム

auオンラインショップには、下取りプログラムというサービスがあります。

機種変更の際に利用することができるとても便利なサービスで、使わなくなった携帯電話やスマホをauに下取りに出すと、auウォレットポイントをゲットできるというサービスです。

買取価格は端末機種による

auでは、スマホや携帯の端末機種やモデルごとに、買取価格が設定されています。

店頭での買取でもauオンラインショップの買取でも、下取りの際にはこの買取価格一覧表によって決まります。

そのため、店頭で下取りに出しても、オンラインショップで下取りに出しても、買取価格は同じです。

現金で買い取ってもらうことはできないの?

auオンラインショップの下取りプログラムでは、現金の買取は行っていません。

下取りした代金については、auオンラインショップで利用できるauウォレットポイントでの還元となっています。

機種変更の購入代金にできる

auウォレットポイントは、auオンラインショップを利用する際に利用できるポイントです。

端末を購入する代金として使えますし、端末以外にも、バッテリーなどのアクセサリーを購入する際に使ってもOKです。

au下取りサービスの方法

auの下取りサービスは、具体的にどこに端末を返却するかによって、店頭での下取りか、郵送での下取りかを選択できます。

auオンラインショップで機種変更の手続きをすると、下取りをするかどうかについてもユーザーが選べる画面が表示されます。

auオンラインショップ利用なら郵送が便利

auオンラインショップで下取りサービスを利用すると、auから自宅に端末返送のためのキットが送られてくるので、古い端末をそこに入れてauへ返送するという方法となります。

ちなみに、機種変更の際に下取りサービスを利用するという人は、新しい端末と一緒に下取り用のキットが送られてきます。

店頭に持ち込んでもOK

auオンラインショップで機種変更をしたけれど、下取りサービスの手続きをするのを忘れたという人や、機種変更の作業が終わってから下取りサービスを利用したくなったという人は、新しい端末が到着してから10日以内なら、店頭に端末を持ち込んで下取りしてもらうことも可能です。

下取りキットは郵送で届く

auオンラインショップから下取りサービスを利用すると、auから下取りキットが送られてきます。

どんな風に受け取って、どんな風に利用できるのでしょうか?

受け取りには身分証明書が必要

下取りキットは、分厚い封筒に入っていますが、このキットは郵便ポストに投函されるわけではありません。

受け取りには、身分証明書を提示して本人への手渡しが必須となっているので注意してください。

自宅を留守にすることが多い人だと、受け取りは難しいかもしれません。

自宅での受け取りが難しい人は、職場の住所を指定してもOKです。

スポンサーリンク

下取りキットの内容

分厚い封筒に入っているauの下取りキットは、使わなくなった端末を安全にauまで返送するために必要なアイテムが入っています。

郵送下取り申込書

郵送でau端末を下取りに出す際には、同封されている下取り申込書に必要事項を全て記入した上で、端末と一緒に返送しましょう。

説明書

下取りキットに入っている説明書は、具体的に申込書の書き方や、下取りをする際の手順、端末の梱包方法や何を入れたら良いのか、という点まで、詳しく説明がされています。

しっかり熟読した上で、下取りの準備を進めてください。

梱包材

下取りキットには、端末を梱包するためのエアークッションや段ボールなどの梱包材が同封されています。

スマホはとてもデリケートな精密機器ですし、auへ返送する際にはスマホケースなどはすべて取り外した状態で送るため、しっかりと梱包することで、返送中の故障やダメージを防ぐことができます。

発送用レターパック

下取りキットには、auの住所などがすべて記載されている発送用のレターパックも入っています。

自分で封筒や段ボールなどを入手する必要はありません。

郵送での下取りにかかる費用

郵送でauに端末を下取りしてもらう際には、郵送にかかる費用は0円です。

また、梱包材など必要なアイテムはすべて下取りキットに入っているので、下取りのためにかかる実質的な費用は無料です。

au端末の下取りのやり方

auの機種変更などで使わなくなった端末は、auに返却して下取りしてもらうのがおすすめです。

方法は簡単ですし、初めての人でも分からないということはありません。

ここでは、郵送での下取りについて、具体的なやり方をご紹介しましょう。

Step1.auオンラインショップで下取りキットを依頼

auで機種変更をすると、下取りするかどうかをユーザーが選択できます。

下取りすると希望すれば、auから下取りキットを郵送で送ってもらえます。

送ってもらう際にかかる費用は無料なので安心してください。

Step2.キットの受け取り

下取りキットは、新しい端末と一緒に届くことが多く、機種変更の手続きをしてからわずか数日で自宅まで届けられます。

受け取りの際には、身分証明書を提示しての受け取りになるので注意してください。

Step3.さっそく梱包しよう

下取りキットには、端末をauへ返送するために必要な梱包材がすべて入っています。

スマホの電源を切り、説明書で指示されている方法で、端末を梱包し、郵送下取り申込書と一緒にキットに同封されていた段ボールで挟んでください。

その上で、レターパックで返送します。

この時、スマホのケースやメモリーカードなどのアクセサリーは、すべて取り外しておきましょう。

うっかりauへ返送すると、すべて破棄されてしまいます。

Step4.レターパックはポストへ投函

au下取りキットのレターパックは、端末や申込書など必要なものを入れてしっかりと封をしたら、ポストに投函すればOKです。

宅配業者まで持参する必要はありません。

スポンサーリンク

Step5.不備がなければauウォレットポイントが付与

auが端末を受け取ったら、中身を確認した上で、不備がなければauウォレットポイントがauオンラインショップのアカウントに付与されます。

店頭で下取りしてもらうことは可能?

auの下取りプログラムでは、郵送で下取りする方法以外に、店頭に端末を持ち込んで下取りしてもらうという方法も可能です。

店頭での下取りに必要なもの

店頭で端末の下取りをする際には、下取りしてもらう端末と身分証明書を持参すればOKです。

申込書などは店頭で記入できるので、事前に準備する必要はありません。

下取りキットが自宅にある場合でもOK?

すでに郵送で下取りキットを送ってもらった自宅に持っている場合でも、店頭での下取りが可能です。

郵送で手続きを始めたからといって、店頭に行ったのに追い返されるということはありません。

端末を返送しないとどうなる?

auオンラインショップで下取りキットの郵送を依頼しても、実際に端末を返送するまではauウォレットポイントをゲットすることはできません。

また、下取りキットを受け取っても返送しないからと言って、料金が課せられることはないので安心してください。

下取りプログラムは有効期限がある

auの下取りプログラムでは、店頭で下取りする場合でも郵送で行う場合でも、新しい端末を受け取ってから10日以内という有効期限が設けられています。

この期間を過ぎてしまうと、下取りプログラムを利用できなくなってしまうので注意してください。

郵送VS店頭、どちらがおすすめ?

auの下取りプログラムは、郵送と店頭、どちらでも対応してもらうことができます。

どちらがお得なのでしょうか?

郵送のメリット

郵送で端末を下取りするメリットは、混雑しているショップに足を運ぶ必要がないという時間的なメリットが期待できます。

また、送られてきた下取りキットに必要な端末や申込書を入れたら、ポストに投函するだけでOKなので、24時間いつでも下取りの手続きができるというメリットもあります。

郵送のデメリット

郵送で下取りする際には、郵送されてきた下取りキットを受け取らなければいけません。

ポストに投函してくれるだけというわけではなく、身分証明書を提示して本人確認が必要となるため、在宅での受け取りが必須です。

なかなか自宅にいない人にとっては、これは大きな負担かもしれません。

また、郵送ではauに返送された端末を確認した上でのauウォレットポイント付与となります。

そのため、ポイント付与までに数日間という時間がかかってしまう点もまた、デメリットと言えるでしょう。

店頭でのメリット

店頭で下取りするメリットは、なんといってもその場でサッと対応してもらえるという点があります。

下取りキットを受け取るために在宅でひたすら待つ必要もなければ、端末を手放してポイント付与されるまで数日間待つ必要もありません。

店頭でのデメリット

店頭で下取りするデメリットは、店舗が混雑していると対応に時間がかかってしまう可能性があるという点が挙げられます。

auの店舗はどこでも混雑していることが多いため、場合によっては下取りの手続きだけで半日がつぶれてしまう、なんてことがあるかもしれません。

忙しい人にとっては、店頭よりも郵送の方がおすすめです。

auの下取りプログラムは誰が利用出来る?

auには下取りプログラムがありますが、誰でも自由に利用できるというわけではありません。

スポンサーリンク

機種変更のみが対象

auの下取りプログラムは、機種変更を行うユーザーのみが対象となっています。

他のキャリアから持ち込んだスマホを買い取ってもらいたいとか、auを契約していない人がスマホの買取だけを利用するということはできません。

機種変更から10日以内だけ

auの下取りプログラムは、機種変更をして新しい端末を受け取ってから10日間だけが有効です。

他の条件を満たしていても、新しい端末を受け取ってから10日以上が過ぎてしまうと、有効期限切れとなって下取りを受け付けてもらえなくなってしまいますので注意しましょう。

データのバックアップはどうなる?

auの下取りプログラムを利用すると、機種変更する前の端末をauが回収するため、その後はデータのバックアップを取ることができません。

回収前のバックアップはどうなるのでしょうか?

店頭下取りでは事前のバックアップが必要

もしも店頭に端末を持ち込んで下取りを依頼する際には、査定基準を満たせばその場でauが端末を回収します。

その際には、バックアップを取るといったサービスは行っていないので注意してください。

機種変更と同じタイミングで下取りをするなら、店頭でデータ移行もしてもらうことをおすすめします。

マイペースで下取りするなら郵送が便利

郵送での下取りでは、ユーザーが自分でデータのバックアップを取ったうえで、名ペースで端末をauに返送することができます。

新しい端末に必要なデータを全て移行したことを確認してから返送できるので、慌てて端末を手放して大切なデータを移行し忘れたというリスクを抑えることができます。

下取りしたらオプションを勧められることはある?

auの店頭では、端末を購入する時だけオプションを勧められるわけではありません。

店舗では常に売り上げや点数を稼がなければいけないため、来店するユーザーや顧客に対して、オプションやおすすめのプランを勧めてきます。

それは、端末の下取りのために店頭に足を運んだ場合も同じです。

NOと言えない人にとっては、下取りだけをするはずが、不要なオプションを追加する羽目になってしまうことがあるかもしれません。

もしもNOと言えない人なら、店頭ではなくてauオンラインショップから郵送で下取りをするのが良いでしょう。

下取りプログラムの対象となる端末

auの下取りプログラムでは、幅広い端末を下取りしています。

ただし、auが取り扱う全機種が対象というわけではないので、下取りの対象となっているかどうかについては、auの公式ホームページで確認してください。

SIMフリーのスマホでも下取りOK?

auの下取りプログラムは、auユーザーが機種変更をした時のみ利用できます。

この時、端末はauで購入したものだけでなく、SIMフリーで使っていたスマホでもOKですし、NTTドコモやソフトバンクで購入し、SIMフリーにしてauに持ち込んで使っていたスマホでも、下取りに出すことができます。

最低3か月以上使っていることが条件

auの下取りプログラムでは、購入したばかりのスマホは対象外となってしまいます。

最低でも3か月以上使っていることが条件なので、機種変更をしたけれど端末が手に馴染まずにすぐまた機種変更したくなったという場合でも、最低3か月間は使ってください。

買取価格は頻繁に変わる

下取りの価格は、auの公式ホームページでもザックリとした価格が表記されていますが、買取価格は頻繁に変わるため、持っている端末の下取り価格をチェックした上で、auに買い取ってもらうかどうかを決めましょう。

一般的に、発売されてから期間がそれほど経っていない新機種ほど買取価格は高くなります。

故障しているスマホはNG

auが下取りしてくれるスマホは、最低限の作動ができることが条件となっています。

スポンサーリンク

そのため、電源が入らないとか、充電ランプが点灯しないような故障をしていると、残念ながら下取りしてもらうことはできなくなってしまいます。

初期化されていることが条件

auの下取りでは、端末を工場出荷直後の状態に初期化していることが条件となります。

ロック画面に暗証番号を入力しなければ利用できないという状態では、残念ながら買い取ってもらうことはできません。

水没機はNG

auの下取りでは、水濡れシールに反応がないこともまた、条件となります。

つまり、水没した過去を持つスマホは、残念ながら下取り対象外となってしまいますので注意してください。

製造番号が確認できないとNG

auの下取りプログラムでは、端末の製造番号を確認しなければいけません。

そのため、もしも何らかの理由や事情で製造番号が確認できない状態だと、残念ながらauでは下取りしてもらうことはできないので注意してください。

スマホだけでなくタブレットもOK

auでは、スマホだけでなくiPadのようなタブレットでも下取りができます。

auウォレットポイントの受け取り方

auの下取りプログラムでは、下取り代金を現金で受け取ることはできません。

還元は、auウォレットポイントのみとなっています。

ここでは、「auウォレットポイントって何?」という人のために、具体的な下取り代金の還元法をご紹介しましょう。

auウォレットポイントはauカードとリンク

auウォレットポイントを受け取るためには、受け皿となるクレジットカードが必要となります。

どんなクレジットカードでもOKというわけではなく、auウォレットポイントの利用が可能なauウォレットクレジットカードもしくはauウォレットプリペイドカードを持っていることが、ポイントを受け取るための条件です。

auオンラインショップで簡単に作れる

auウォレットカードは、auオンラインショップで簡単に作ることができます。

もしも専業主婦やフリーターなどで安定した収入がない人の場合には、クレジットカードの申し込みをしても審査に通るかどうかわからないものです。

そんな時には、プリペイドタイプのauウォレットプリペイドカードを作っておけば、問題なくauウォレットポイントを受け取れます。

auの機種変更を検討したら最初に作っておきたい

auのカードは、申込んでから実際にカードが手元に届くまでに2週間ぐらいの日数がかかります。

そのため、現在auユーザーの人は、時間に余裕をもって今のうちからauカードを作っておくと良いでしょう。

下取りの際に作ってもOK?

auクレジットカードおよびauプリペイドカードは、どちらもau下取りプログラムを利用する際に新規申し込みをしてもOKです。

ただし、クレジットカードは申し込んでも審査落ちすると作れないため、場合によっては下取りプログラムで受け取れるauウォレットポイントをゲットするまでに時間がかかってしまう可能性があります。

できるだけ、事前にカードを準備しておくのがベストです。

機種変更の購入代金に下取りポイントを使える?

スマホの機種変更では、手持ちのスマホを下取りに出して、その分を端末購入代金に回したいなという人はたくさんいます。

auの下取りでは、それは可能なのでしょうか?

今回の機種変更では無理

auオンラインショップで端末を下取りすると、auウォレットポイントを還元してもらうことができます。

このauウォレットポイントは、auオンラインショップで利用できるポイントで、端末の購入代金として使うことが可能です。

スポンサーリンク

しかし、今回の機種変更で手放す端末の下取りでゲットしたauウォレットポイントを、同じ機種変更で購入する端末の代金に充てることはできません。

次回の機種変更の時には、今回の下取りで得たポイントを端末購入代金に充てることはできます。

下取りプログラムと合わせて行う手続き

auの下取りプログラムで端末を手放したら、それに伴う各端末の保証サービスなども合わせて解約する手続きをしてください。

AppleCare+は自動解約にならない

auの機種変更でも人気のiPhoneは、購入の際にAppleの保証サービス、AppleCare+をつける人は多いのではないでしょうか。

このAppleCare+は、iPhoneを手放しても自動的にサービスが解約になったり廃止となるわけではありません。

auが代理でサービスの解約手続きをするわけでもないため、ユーザー自身で解約の手続きをしなければいけません。

保証サービスはどこで解約できる?

端末の保証サービスは、どこで申し込んだのか、どこから毎月のサービス利用料金が引き落とされているかによって、解約の申し込みをする機関が異なります。

もしも携帯キャリアを通して利用料金を支払っている人は、キャリアへ解約の申し込みをする事になります。

ただし、ドコモやソフトバンクなどキャリアからauへ乗り換える際に機種変更もするという人は、他キャリアのサービス解約と同時に保証サービスも解約となる可能性がありますので、事前に確認しておきましょう。

auの下取りプログラムは郵送がおすすめ

auの下取りプログラムを利用すると、機種変更で使わなくなった端末をauが下取りしてくれます。

現金での還元はなく、auオンラインショップで利用が可能なauウォレットポイントでの還元となるため、次回の機種変更では端末購入代金に充てる事が可能です。

ただし、下取りで得たポイントを同じタイミングでの端末購入代金に充てることはできません。

端末の下取りはauの店頭でも行っていますが、店舗はいつも混雑しているので時間がかかる可能性が高いものです。

その点、郵送なら待ち時間ゼロでスムーズに端末の下取りができるのでおすすめです。

関連記事