au

auの新料金プラン「povo」とは?メリット・デメリットや注意点まとめ

povo(ポヴォ)は大手キャリアのauが発表した新料金プランです。

すでにドコモは「ahamo」、ソフトバンクは「LINEMO」を発表しており、それに対抗する形での発表となりました。

ahamo、LINEMOとの違いは5分かけ放題がオプションになっていることです。

電話不要なら20GBで月額2,728円(税込)と、3キャリアの新プランで最も安く使えます。

さらにかけ放題やデータ通信量を「トッピング」という形で自由に追加・解除できるのが特徴です。

今回はそんなpovoのメリット・デメリットについて詳しく解説します。

auの新料金「povo」の基本情報

まずはpovoの基本情報をチェックしましょう。

povoの基本情報
月額料金 2,728円(税込)
データ通信量 20GB
(超過後も1Mbpsで使い放題)
かけ放題 5分かけ放題:550円(税込)
かけ放題:1,650円(税込)
5G通信 利用可能(21年夏以降)
データ通信量追加 550円(税込)/1GB
220円(税込)/24時間使い放題
契約期間 未発表
eSIM 対応

povoの料金プランは月20GBで2,728円(税込)の1つのみです。

auの従来プランと比べても、かなり安く設定されています。

プラン データ通信量 月額料金
povo 20GB 2,728円(税込)
データMAX 4G LTE 無制限 8,228円(税込)
ピタットプラン 4G LTE ~1GB 3,278円(税込)

auの低容量プラン「ピタットプラン 4G LTE」の1GBよりも安い価格で20GBのデータ通信を利用できます。

povoは当面4G通信のみですが、今夏からは5G通信にも対応予定です。

さらに、物理的なSIMカードなしで契約できる「eSIM」への対応も明言されています。

povoの特徴・メリット

現時点で判明しているpovoのメリットは以下の通りです。

  • かけ放題不要なら大手キャリアの新プランで最安
  • 「トッピング」でかけ放題やデータ通信量を自由に追加できる
  • 高品質なau回線を利用可能
  • 通信量を使い切っても1Mbpsのデータ通信が使い放題

かけ放題不要なら大手キャリアの新プランで最安

povoはかけ放題不要なら大手キャリアの新プランでもっとも安く使えます。

ahamo、LINEMOは20GBのデータ通信に5分かけ放題が付属して月額3,278円(税込)です。

一方、povoは5分かけ放題がオプションになっています。

5分かけ放題を付けない場合の月額料金は2,728円(税込)です。

電話をかけると22円(税込)/30秒の通話料がかかりますが、電話さえかけなければ月額料金は大手3キャリアの新プランの中で最安です。

もちろん、複雑な割引条件などは一切ありません。

いつ・誰が契約しても2,728円(税込)のまま使い続けられます。

5分かけ放題を利用する場合の月額料金はahamoやLINEMOと同額ですが、不要になったら外せるのもpovoの特徴です。

「トッピング」でかけ放題やデータ通信量を自由に追加できる

povo最大の特徴が「トッピング」です。

必要なサービスを、必要な時だけ追加できます。

従来のオプションのようなものだと思えばOKです。

現時点では4種類のトッピングが判明しています。

  • 5分かけ放題:月額550円(税込)
  • かけ放題:月額1,650円(税込)
  • 24時間データ通信使い放題:220円(税込)
  • データ通信量1GB:550円(税込)

とくに注目すべきが「24時間データ通信が使い放題」を220円(税込)で利用できるトッピングです。

スポンサーリンク

旅行や出張の間だけ使う、光回線の工事が終わるまで固定回線代わりに使う、といった使い方ができます。

月末にデータ通信量を使い切ってしまった場合にも便利です。

電話のかけ放題もトッピングで用意されています。

無制限かけ放題もあるので、電話をたくさんかける人も安心です。

トッピングは今後もさまざまな物が追加される予定です。

高品質なau回線を利用可能

povoは高品質なau回線を利用します。

あくまでもauの料金プランの1つです。

回線もauそのものなので、通信速度が速く安定しています。

格安SIMのように混雑時に通信速度が低下する心配はありません。

20GBのデータ通信を思う存分使えますよ。

通信量を使い切っても1Mbpsのデータ通信が使い放題

povoはドコモのahamo同様、通信量を使い切って速度制限にかかっても1Mbpsの速度でデータ通信を使えます。

1Gbpsの速度が出れば以下のような用途は快適です。

  • LINE・メール
  • SNS
  • 動画視聴(標準画質以下)
  • 音楽ストリーミング
  • 地図アプリ

auの従来プランでは速度制限にかかると、通信速度が128kbpsに制限されていました。

povoの低速通信は従来の10倍近い速度が出る計算です。

データ通信を使いすぎても、最低限の使い勝手はキープできますね。

povoの注意点・デメリット

povoの注意点・デメリットは以下の通りです。

  • 取り扱いはオンラインのみ
  • 家族割引やauスマートバリューの対象外
  • キャリアメールの提供なし
  • 端末セットの販売なし

取り扱いはオンラインのみ

povoはオンラインでのみ取り扱われます。

auショップからは申し込めません。

サポートも原則オンラインのみです。

店舗や電話でサポートを受けることもできません。

スマホに不慣れな人や、普段から店舗で対面によるサポートを受けている人は要注意です。

取り扱いがオンラインのみなのはahamo、LINEMOも共通です。

家族割引やauスマートバリューの対象外

povoはauの家族割引や光回線とのセット割「auスマートバリュー」の対象外です。

通常、auのスマホを家族で利用すると「家族割プラス」と「家族割」が適用されます。

  • 家族割プラス:グループに加入している家族の人数に応じて月額料金が割引
  • 家族割:家族間の通話料・SMS送信料が無料

povoは家族割プラスも家族割も適用されません。

家族で利用している場合はトータルの月額料金が高くなる可能性もあるので注意してください。

auスマートバリューは対象の光回線とauスマホをセットで契約すると割引が受けられるサービスです。

スポンサーリンク

povoはauスマートバリューも適用されません。

auスマートバリューのためにauスマホを利用している人は要注意です。

povoは月額料金が安いのでauスマートバリューの対象外になってもpovoの方が安いケースもあります。

キャリアメールの提供なし

povoではキャリアメールが提供されません。

キャリアメールの需要が減っていることや、コスト削減の観点からキャリアメールの廃止を決めたようです。

auの従来プランから乗り換えた場合も、キャリアメールは利用できなくなります。

現在もキャリアメールを利用している人や、キャリアメールが必要なサービスに登録している人は要注意です。

なお、povoでもGmailなどのフリーメールを利用すればメール自体は使えます。

キャリアメールへのこだわりがないなら問題ありませんね。

端末セットの販売なし

povoでは端末セットの販売はありません。

auでスマホだけを購入するか、SIMフリースマホを別途購入してください。

povoは店舗でのサポートが受けられません。

スマホの対応状況の確認や初期設定も自分でする必要があります。

スマホに詳しくない人やシニア層にとっては、少しハードルが高いでしょう。

povoがおすすめの人

現時点で判明しているメリット・デメリットを踏まえると、povoは以下のような人におすすめです。

  • 電話不要で20GBのデータ通信を安く使いたい人
  • 通信品質を重視する人
  • サポートが不要な人

電話不要で20GBのデータ通信を安く使いたい人

電話をあまりせず、10~20GBのデータ通信をなるべく安く使いたい人にはpovoがおすすめです。

ドコモのahamoやソフトバンクのLINEMOは必ず5分かけ放題がついてきます。

ある程度電話をする人にはありがたいですが、電話をしない人には無駄ですね。

povoなら5分かけ放題なしで契約できます。

その場合は月額料金が2,728円(税込)と最安です。

データ通信メインで、なるべく安く使いたい人はpovoが向いています。

通信品質を重視する人

povoは通信品質を重視する人にもおすすめです。

ただ安く使うだけであれば格安SIMという選択肢もあります。

しかし、格安SIMは回線が混雑すると通信速度が落ちてしまうのがデメリットです。

本家auの回線を利用するpovoならその心配がありません。

安いだけでなく、品質が良いのもpovoのメリットですね。

スポンサーリンク

サポートが不要な人

povoはオンラインのみの取り扱いで、店舗でのサポートは受けられません。

コストを削減することでシンプルかつ安い月額料金を実現しています。

スマホに詳しい人やもともと格安SIMを使っていた人なら、対面によるサポートは不要ですよね。

そのような人には、デメリットなしで安く利用できるpovoはかなりおすすめです。

povoがおすすめでない人

一方、次のような人にはpovoはおすすめではありません。

  • データ通信が20GBを越える、もしくは10GB未満の人
  • キャリアメールが必要な人
  • サポートを重視する人

データ通信が20GBを越える、もしくは10GB未満の人

povoで利用できるデータ通信量は20GBのみです。

それ以上のデータ通信を使う場合はauの大容量プランやUQモバイルのくりこしプランL(25GB)を検討してください。

povoでは220円(税込)で24時間データ通信が使い放題になります。

たまにデータ通信をたくさん使う、ならそれでもOKです。

定期的にたくさんのデータ通信を使う場合は、最初からauのデータMAXのような大容量プランに乗り換えたほうが安く済みます。

逆に利用するデータ通信量が10GB以下の人もpovoはおすすめではありません。

10GB以下であれば格安SIMを利用したほうが安いです。

例えばauのサブブランドであるUQモバイルなら月額1,628円(税込)で3GBのデータ通信を利用できます。

キャリアメールが必要な人

povoではキャリアメールが提供されません。

キャリアメールを利用したい人、キャリアメールが必要なサービスに登録している人には不向きと言えます。

どうしてもキャリアメールが必要な人はauの他のプランを検討してください。

また、auのサブブランドであるUQモバイルは月額220円(税込)でキャリアメールサービスが使えます。

月額料金を下げつつ、キャリアメールを利用したい人はUQモバイルを検討しましょう。

サポートを重視する人

povoは取り扱いがオンラインのみで、店舗でのサポートが受けられません。

サポートを重視する人には不向きです。

対面によるサポートを受けたい人はauの他のプランを利用してください。

もしくはサブブランドのUQモバイルもおすすめです。

UQモバイルは格安SIMながら実店舗を数多く展開しています。

まとめ

以上、auの新料金プラン「povo」のメリット・デメリットについて解説しました。

povoは月額2,728円(税込)という安さで20GBのデータ通信を使えるのが特徴です。

スポンサーリンク

5分かけ放題をオプションにしたことで、ドコモのahamoやソフトバンクのLINEMOよりも安い月額料金を実現しています。

その5分かけ放題は「トッピング」として用意されており、いつでも自由に追加可能です。

トッピングには24時間データ通信使い放題などユニークなサービスも用意されており、povoの柔軟性を高めています。

電話不要でとにかく安く使いたい人にはauのpovoがおすすめですよ。

【公式】povo

【公式】auオンラインショップ

ABOUT ME
吾妻 和希
格安SIM・スマホが好きなライター。学生時代に節約のため格安SIMを使い始めました。格安SIM歴は6年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動中。
関連記事