au

auからソフトバンクへの乗り換え(MNP)全手順!メリット・デメリットや注意点、超お得に乗り換える方法を徹底解説

MNPによって今使っている電話番号を変えることなく、他社に乗り換えられます。

auユーザーの中でソフトバンクへの乗り換えを検討している人はいませんか?

ここでは乗り換え手続きの流れやお特にソフトバンクに移行する方法についてまとめました。

auからソフトバンクへの乗り換え手続きの流れ

auからソフトバンクに乗り換えるためには、いくつかのステップを踏む必要があります。

契約をする際はどのような流れで進行していくのでしょうか。

予め確認しておけば、スムーズに対応できるでしょう。

MNP予約番号の発行

今使っている電話番号を引き続きソフトバンクでも使用したければ、MNP予約番号を発行してもらいます。

auで手続きをしますが、電話とauショップで発行する方法の2種類です。

auショップの場合、店員の指示に従って手続きするわけですが、混雑する恐れがあります。

長時間待たされる恐れもあるので、スムーズに手続きしたければ電話がおすすめです。

077-75470に連絡して「MNP予約番号の発行をお願いしたい」旨を伝えるだけです。

MNP予約受付窓口は年中無休ですが、9~20時の対応ですからこの時間内に電話しましょう。

予約番号はSMSにて通知してもらえます。

auのガラケーからソフトバンクのスマホに乗り換える場合、EZWebからの発行も可能です。

予約番号の注意点

MNP予約番号発行の手続きはさほど難しくはありません。

しかしもしauショップで手続きする場合には、運転免許証やパスポートなどの身分証明書が必要です。

忘れずに持参しましょう。

またMNP予約番号はずっと有効ではありません。

発行した日を含め15日間経過すると失効します。

予約番号が発行してもらえれば、速やかにソフトバンクで契約手続きを進めましょう。

ソフトバンクで契約

MNP予約番号が発行されれば、ソフトバンクで契約手続きを進めます。

契約する際にはMNP予約番号のほかにも運転免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要です。

携帯料金の支払いにはクレジット決済と口座引き落としのいずれかから選択します。

このため、クレジットカードもしくはキャッシュカードを持参しましょう。

ソフトバンクでの契約手続きが完了すると、auとの契約は自動解約の扱いになります。

スポンサーリンク

auに戻ってまた解約手続きをする必要はありません。

ソフトバンクの契約方法

ソフトバンクに乗り換えるには最終的に、お店で契約手続きをする必要があります。

ソフトバンクの場合、店舗とソフトバンクオンラインショップの2種類の方法が考えられます。

どちらで契約したほうがいいのでしょうか。

店舗で契約

日本全国にソフトバンクショップを展開しているので、こちらで契約する方法があります。

また家電量販店や携帯ショップでも受け付けているところが見られるのでこちらで手続きも可能です。

お店の場合、店員と話をしながら手続きを進められるのがメリットです。

契約プランをどうするか相談したり、初期設定をお願いしたりできます。

ただしお店は混雑していることが多いです。

かなり自分の番が来るまで待たされる恐れもあるので、仕事などで時間に余裕のない人にはお勧めできません。

ソフトバンクオンラインショップで契約

ソフトバンクオンラインショップというネットで契約手続きを進める方法がもう一つあります。

24時間・年中無休で契約できるので、空いている時間を使って手続きが可能です。

店舗模様に混雑していて待たされる心配もありません。

在庫切れの心配もなく、欲しい機種をじっくり比較できます。

店頭購入の場合、端末を分割払いで購入する場合でも頭金として最高1万円必要なケースが多いです。

しかしソフトバンクオンラインショップであれば、頭金なしでも購入できます。

手持ちが十分でない場合におすすめです。

ただし契約プランの選択や初期設定に至るまで、すべて自分で行わなければいけません。

ショップの選び方

お店によってキャンペーンなど独自のサービスを展開している場合があります。

そこでどこで契約するか、まずは端末代金がお得になるかで比較しましょう。

分割払いの場合、端末の頭金がかからないところを選びましょう。

またキャッシュバックや割引サービスを行っているお店も見られます。

キャリア公式とショップオリジナルでトータル2万円が上限といわれています。

これに近いキャッシュバックを得られるお店かどうかチェックしましょう。

キャッシュバックを利用する際には一つ注意があります。

スポンサーリンク

還元のための条件を設けているショップがあるからです。

オプション加入を条件としている店舗も一部あるので、そのような加入義務がないか確認することです。

auからソフトバンクにお得に乗り換えるコツ

auからソフトバンクに乗り換えるにあたって、少しでもお得になりたいと思うでしょう。

いろいろなキャッシュバックなどキャンペーンが用意されているので、契約前に確認しておくことをおすすめします。

ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.com

キャッシュバックで少しでもお特にソフトバンクに乗り換えるには、ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.comの活用はおすすめです。

スピーディにキャッシュバックしてくれるのが人気の理由です。

店舗とネット両方で受け付けていますが、最短30分で手続きは完了します。

契約台数は延べ50万件を突破していて、実績もあります。

端末にこだわりのある人にもおすすめです。

最新機種もすぐにラインナップされているからです。

期間限定のキャッシュバックなども用意されているので、チェックしてみる価値のあるサイトです。

口コミでソフトバンク乗り換えキャッシュバック.comがお得と評判が高い!その理由とは?スマホ会社の乗り換えというと、大手キャリアから格安スマホへの変更が主流です。 しかし、大手キャリアの中でも乗り換えをすることによって、...

スマホ乗り換え.com

ソフトバンク乗り換えの時にキャッシュバックの恩恵を受けたければ、スマホ乗り換え.comもおすすめといえます。

こちらも乗り換えた段階で現金キャッシュバックが発生します。

店舗の場合即日、ネットで申し込んだ場合でも7営業日以内にはキャッシュバック反映されます。

すぐにまとまった現金が欲しいと思っている人には、おすすめのサイトと言えるでしょう。

iPhoneとAndroid両方用意していて、最新モデルにも対応しています。

スマホ乗り換え.comは便利?評判や口コミからメリットとデメリットをご紹介携帯キャリアを乗り換える際に、キャッシュバックがもらえたら嬉しいものです。 ポイントや特典ではなく、実際に現金のキャッシュバックをもら...

おとくケータイ.net

おとくケータイ.netはのりかえに特化した代理店です。

8年以上の業歴を誇る、業界では老舗のお店といえます。

Web上で手続きできるので、空いている時間を使って効率的に作業できます。

申し込みが受理されると、端末が郵送されます。

そして電話すれば切り替え手続きは完了し、手軽に行えるのがおすすめポイントです。

長い歴史を誇るお店なので、iPhoneの入荷数が多いです。

新作モデルも多数用意しているので、その部分でも高い人気を誇ります。

おとくケータイ.netの口コミ評判が高いのはなぜ?そのお得さと便利さをチェック!ソフトバンクなどの大手キャリアは、そのサービスの質や通信スピードの安定性などが魅力で多くの人が利用し続けています。 しかし、格安スマホ...

MNP転出の際にかかる費用について

MNP転出を利用する際には、いろいろな費用が発生します。

いったいどれくらいのコストがかかるのでしょうか。

スポンサーリンク

MNP転出手数料

まず絶対に必要なのが、MNP転出手数料です。

auでMNP予約番号を発行してもらって、ソフトバンクで契約が完了した段階で発生します。

MNP予約番号を発行する際に支払わないといけないと思っている人も多いようです。

しかしソフトバンクとの契約が終わった段階で発生するので勘違いのないように注意しましょう。

ちなみにMNP転出手数料は、3,300円(税込)です。

契約事務手数料

契約事務手数料は、ソフトバンクで契約する際に発生するコストです。

これはMNPをするだけでなく、新規契約や機種変更をした際にも発生します。

ソフトバンクでは契約事務手数料として、3,300円(税込)かかります。

これは契約した段階で支払うのではなく、最初の月の携帯料金の中に含まれます。

MNP転出する際の注意点

auからソフトバンクに乗り換える際にいくつか注意すべきポイントがあります。

手続きをする前に注意しておきたい点を確認しておいた方がいいでしょう。

契約期間について

auで契約している人はほとんどが2年契約を交わしているはずです。

2年契約が満期になると、自動更新になります。

契約期間満了以外のタイミングで乗り換えした場合、契約解除料が発生します。

もし契約満了が近づいているのであれば、そのタイミングまで待ってから乗り換えたほうがお得です。

契約解除料は、いつ契約したかによって変わってきます。

2019年10月以降の契約であれば1,100円(税込)です。

しかし2019年9月以前の場合、10,450円(税込)もかかってしまいます。

更新月について

契約満了以外で解約した場合、解約手数料がかかります。

解約手数料のかからない期間が更新月です。

auの場合、契約満了月とその翌月、翌々月が更新月に該当します。

この3か月間に乗り換えるように心がけましょう。

ちなみにソフトバンクでは2019年9月13日以降の契約については、いわゆる2年縛りがないです。

つまりどのタイミングで乗り換えた場合でも契約解除料は発生しません。

プランの選び方

ソフトバンクで契約するにあたって困るのが、どの契約プランにすればいいかです。

スポンサーリンク

ソフトバンクオンラインショップなどネットで手続きをする場合、自分ですべて決めないといけません。

その場合、過去auでどの程度通話やデータ通信を行ったか確認しましょう。

そうすれば、おおよそ毎月どのくらい利用しているかわかるからです。

My auというマイページでチェックできます。

おおよそ直近の3か月間の利用実績を見れば、皆さんにマッチするプランが絞り込めるでしょう。

My auのほかにも電話でも確認可能です。

auのスマホであれば157で連絡できます。

電話の場合9~20時が受付時間となるので、この間に連絡しましょう。

オプションサービスの解約

auショップで契約した人は注意が必要なのですが、店舗で独自のキャンペーンを行っている場合があります。

この時キャリア公式以外のオプションサービスをつけている場合も考えられます。

この場合、ソフトバンクに乗り換えると、引き継げない可能性が高いです。

オプションサービスの解約も進めておきましょう。

もし解約手続きをしていないと利用していないにもかかわらず、利用料金だけ毎月発生する形になってしまいます。

アプリのバックアップ

LINEやゲームアプリを利用している場合、乗り換えることでアカウントが使えなくなることがあります。

この場合、引継ぎのための事前準備が必要です。

まずデータのバックアップを取って、引き継ぎ設定を進めます。

引継ぎ用のメールアドレスがキャリアメールの場合、乗り換え後は使用不可になります。

Yahoo!メールに代表されるようなフリーメールを準備しておくといいです。

ゲーム内のアイテムなど一部情報は乗り換え時に引き継げない場合もあります。

もし心配であれば、各アプリの公式サイトにて確認しておきましょう。

SIMロック解除をする

auで使っていた端末を引き続き使用したければ、SIMロック解除手続きが必要かもしれません。

auの場合、今使っている機種を101日以上利用していれば、SIMロック解除手続きに対応しています。

SIMロック解除の手続きはauショップとオンラインで行っています。

ショップの場合手数料として3,300円(税込)、オンラインの場合無料です。

自分で行わないといけませんが、お得に解除したければMy auを利用しましょう。

スポンサーリンク

ポイントを消費しておく

auからソフトバンクに乗り換えた段階で、auのIDも消滅扱いです。

つまりそれまで稼いできたauポイントは失効します。

もし今手元にポイントを抱えているようであれば、できる限りどんどん消化したほうがいいでしょう。

分割払いが終了していない場合

auでスマホ端末を購入した際、分割払いを選択している人もいるはずです。

もしまだ分割払いが完了していないのであれば、残債を支払わないといけません。

auでは端末のいろいろな割引サービスの適用されている場合も多いです。

しかし解約した段階でこの割引が適用外になります。

ということは最終的に支払う端末代金はトータルで高くなりかねません。

もしもう少しで分割払いが終了するのであれば、完済した後でソフトバンクに乗り換えたほうがいいでしょう。

auからソフトバンクに乗り換えたら本当にお得になる?

auからソフトバンクへの乗り換えを検討している人で、本当にお得になるのかどうか不安と思っていませんか?

あまりスマホを利用しない人と良く利用する人との間では、携帯料金がいくらになるのか、契約前にチェックしておきましょう。

ライトユーザーの場合

普段あまりスマホを使っていない人の場合、auではスーパーカケホ+データ定額1のプランが主流です。

1回5分以内の国内通話が何度でも無料で、データ通信量は1GBのコースです。

この場合月々の料金は5,390円(税込)になります。

ソフトバンクの場合、これに似たものがスマ放題ライトとデータ定額ミニの組み合わせです。

こちらの月額料金は5,390円(税込)で変わりません。

ヘビーユーザーの場合

動画視聴やゲームをよくやる人は、大容量プランが必要です。

auの場合、auデータMAXプランProを利用している方が多いのではありませんか?

こちらはデータ容量無制限で9,878円(税込)かかります。

ソフトバンクではデータ容量無制限のプランはラインナップされていません。

しかしウルトラギガモンスター+という月間50GBまで使用できるプランがあります。

50GBもあれば、頻繁に動画視聴やゲームをする人でもまず速度制限に引っかかる心配はないでしょう。

ウルトラギガモンスター+の月額料金を見ると、8,228円(税込)です。

こうしてみるとヘビーユーザーの場合、auからソフトバンクに乗り換えることによって、携帯料金の安くなる可能性が高いです。

音声通話ユーザーにもおすすめ

スマホで通話をしばしば行う人もいるでしょう。

スポンサーリンク

ソフトバンクでは「24時間通話定額オプション」を用意しています。

24時間電話かけ放題なので、長電話する人にとっては魅力的です。

こちらに「データ定額ミニ」という1GBのプランをつけると月々6,490円(税込)です。

24時間かけ放題のプランで月額料金5,000円台というのは、auを含めてほかの主要キャリアでもなかなか見られません。

ヘビーユーザーや音声通話ユーザー向け

普段データ通信を大量に消費する、もしくは電話をかけることが多い人ならauからソフトバンクに乗り換えることで携帯料金がお得になるかもしれません。

料金プランをチェックして、お得になるかどうか慎重に検討しましょう。

またLINEやゲームアプリをしている人の場合、引っ越し手続きをしておかないとデータが失われる恐れもあります。

事前準備をしっかり行ったうえで、ソフトバンクの新規契約手続きを進めましょう。

【公式】ソフトバンクオンラインショップ

関連記事