BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのメリット・デメリット!1年以上利用している筆者が解説

BIGLOBEモバイルは動画が見放題になる「エンタメフリー・オプション」で人気を集めています。

スマホで動画をたくさん見る、という人はまず検討しておきたい格安SIMですね。

今回はそんなBIGLOBEモバイルを1年以上利用している筆者が、BIGLOBEモバイルのメリットとデメリットを徹底解説します。

BIGLOBEモバイルへの乗り換えを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

BIGLOBEモバイルのメリット

BIGLOBEモバイルのメリット

まずはBIGLOBEモバイルのメリット9個を見ていきましょう。

  • シンプルかつ安い料金プラン
  • エンタメフリー・オプションで動画が見放題
  • 光回線とのセット割で最大500円安くなる
  • 6GB以上のプランではBIGLOBE Wi-Fiが無料
  • 通話オプションが豊富に用意されている
  • シェアSIMが安い
  • ドコモとauの2つの回線に対応
  • 公式アプリが便利
  • Gポイントを月額料金支払いに充てられる

シンプルかつ安い料金プラン

BIGLOBEモバイルの料金プランはシンプルかつ安いです。

料金プランを一覧表にまとめました。

通信量 音声通話SIM SMS付きデータSIM データSIM
1GB 1,540円(税込)
3GB 1,600円 1,020円 900円
6GB 2,365円(税込) 1,727円(税込) 1,450円
12GB 3,740円(税込) 2,820円 2,700円
20GB 5,720円(税込) 4,620円 4,500円
30GB 8,195円(税込) 6,870円 6,750円

料金プランは1GB~30GBまでの6種類です。

1ヶ月に利用できるデータ通信量とSIMカードタイプで料金が決まっており、シンプルで分かりやすいです。

料金自体も、大手キャリアと比べてかなり安く設定されています。

とくに1~6GBの低容量プランを利用する人なら、大手キャリアの半額以下で利用可能です。

例として、以下の条件の人が大手キャリアとBIGLOBEモバイルを利用した場合の月額料金を比較してみました。

  • 一人暮らし(家族割はなし)
  • 毎月のデータ通信量は3~4GB
  • 電話のかけ放題はなし
プラン 月額料金
BIGLOBEモバイル 3GBプラン 1,600円
ドコモ ギガライト(~3GB) 4,378円(税込)
au 新auピタットプランN(~4GB) 4,928円(税込)
ソフトバンク ミニモンスター(~3GB) 7,480円

ほぼ同じデータ通信量にも関わらず、BIGLOBEモバイルは大手キャリアの半分以下の料金で利用できています。

実際はオプションや端末代などによって異なりますが、大手キャリアより2~3,000円以上は確実に安くなります。

ちなみに、BIGLOBEモバイルを6GBにしても月額料金は2,365円(税込)です。

大手キャリアより2~3GB容量を多くしても、料金はほぼ半額になります。

スマホ代を安くしたいなら、BIGLOBEモバイルはおすすめですよ。

エンタメフリー・オプションで動画が見放題

BIGLOBEモバイル最大のメリットが「エンタメフリー・オプション」です。

通常、データ通信を使うごとに通信残量が減っていき、プランごとに決められたデータ通信量を使い切ると速度制限にかかります。

エンタメフリー・オプションを利用すると、動画や音楽といった対象のサービスはどれだけ使ってもデータ通信量を消費しません。

また、他の用途でデータ通信量を使い切っても、エンタメフリー・オプション対象サービスは速度を制限されずに利用可能です。

つまり、エンタメフリー・オプション対象のサービスはデータ通信量を気にせず使い放題になります。

エンタメフリー・オプションの対象サービスは以下の通りです。

動画
  • YouTube
  • AbemaTV
  • U-NEXT
  • YouTube Kids
音楽
  • Google Play Music
  • YouTube Music
  • Apple Music
  • Spotify
  • AWA
  • Amazon Music
  • LINE MUSIC
  • dヒッツ
  • RecMusic
  • 楽天ミュージック
ラジオ
  • radiko
  • らじる★らじる
電子書籍
  • dマガジン
  • dブック
  • 楽天マガジン
  • 楽天kobo
その他
  • Facebook Messenger

主要な動画・音楽サービスは一通り網羅していますね。

とくに動画が見放題になるのは大きいです。

スポンサーリンク

エンタメフリー・オプションの月額料金は音声通話SIMなら480円、データSIMなら980円です。

プラス480円で動画が見放題になる、と考えるとかなり安いです。

例として、毎月動画だけで15GB、その他の用途で5GB、合計で20GBのデータ通信量を使う人の料金をシミュレーションしてみました。

  • 他の格安SIM:4,500円前後(20GBプランを契約)
  • BIGLOBEモバイル:月額2,893円(税込)(6GBプラン+エンタメフリー・オプション)

他社の場合、最低でも20GBのプランを契約する必要があります。

20GBプランの月額料金は4,500円前後が相場です。

一方、BIGLOBEモバイルならエンタメフリー・オプションを契約すると動画で消費する15GBは0になります。

消費するのは残りの5GBだけになるため、6GBプランでカバー可能ですね。

6GBプランなら、エンタメフリー・オプションを合わせても月額2,893円(税込)で済みます。

同じ使い方でも、BIGLOBEモバイルなら他社で契約する場合の半額です。

動画をたくさん見る人は、BIGLOBEモバイルにすると他の格安SIMより大幅に安くなりますよ。

光回線とのセット割で最大500円安くなる

BIGLOBEモバイルはBIGLOBEの光回線とセットで利用すると「光☆SIMセット割」というセット割が適用されます。

割引額は光回線がBIGLOBE光なら300円、BIGLOBEのフレッツ光なら100円です。

BIGLOBEモバイルはタイプDかつ6GB以上のプランを利用していることが条件です。

セット割に期限はなく、条件を満たしている限りはずっと割引が適用されます。

BIGLOBEモバイルの月額料金にはBIGLOBEの接続コースである「ベーシックコース」の月額料金200円が含まれています。

BIGLOBEの光回線を利用している人はそちらでベーシックコース料金を支っているので、BIGLOBEモバイルでは支払う必要がありません。

つまり、光回線とのセット割が適用されるとBIGLOBEモバイルの月額料金が最大500円引きされます。

自宅の光回線がBIGLOBEの場合は、スマホもBIGLOBEモバイルにするとよりお得です。

なお、セット割を適用するためには別途申込が必要です。

条件を満たしたら、セット割の申し込みを忘れずにしてください。

6GB以上のプランではBIGLOBE Wi-Fiが無料

BIGLOBE Wi-FiはBIGLOBEが提供している公衆無線LANサービスです。

対応エリアが非常に多く、カフェやコンビニなど全国約85,000ヶ所以上で利用できます。

通常、BIGLOBE Wi-Fiを利用する際は1ライセンスにつき250円の月額料金がかかります。

しかし、BIGLOBEモバイルの6GB以上のプランを契約している場合は1ライセンスが無料です。

公衆無線LANサービスがある格安SIMは多いですが、無料で利用できる格安SIMは珍しいです。

スポンサーリンク

BIGLOBE Wi-Fiを利用すればデータ通信量を節約できますし、混雑時でも快適にネットができます。

通話オプションが豊富に用意されている

BIGLOBEモバイルは音声通話用のオプションが4種類も用意されています。

  • 10分かけ放題:月額830円
  • 3分かけ放題:月額600円
  • 通話パック90:月額830円
  • 通話パック60:月額600円

かけ放題は決められた時間内の電話は何度でも無料になるオプションです。

10分かけ放題は1回10分まで、3分かけ放題は1回3分までの通話が何度でも無料になります。

通話パックは毎月決められた時間まで無料で通話できるオプションです。

通話パック90は毎月90分まで、通話パック60は毎月60分まで無料になります。

短い通話を何度もするなら10分かけ放題、毎月だいたい90分くらい電話をする人は通話パック90、といったように通話スタイルに合わせて選べます。

しかも、BIGLOBEモバイルの音声通話オプションは月の途中から加入した場合も、申し込んだ月の1日までさかのぼって適用されます。

例えば普段はかけ放題を外しておき、電話をし過ぎたらかけ放題に加入する、といったことが可能です。

ほとんどの格安SIMでは申し込んだ翌日からかけ放題が適用されます。

申し込んだ月の1日までさかのぼって適用されるのも、BIGLOBEモバイルのかけ放題のメリットです。

シェアSIMが安い

BIGLOBEモバイルは最大5枚の複数のSIMカードで容量をシェアできます。

シェアSIMの月額料金は以下の通りです。

  • 音声通話SIM:900円
  • SMS付きデータSIM:320円
  • データSIM:200円

シェアSIMは格安SIMを複数利用したい時に便利です。

例えばそれぞれが3GBのデータ通信を利用する夫婦がいるとします。

この場合、3GBプランを個別に契約してもいいですが、6GBプランを契約してシェアSIMを利用したほうが安く済みます。

  • 3GBプランを個別契約:1,600円×2=3,200円
  • 6GBプラン+シェアSIM:2,365円(税込)+900円=3,050円

家族で格安SIMを安く利用したい場合や、1人で複数のデバイス(スマホとタブレットなど)を利用する際はシェアSIMを検討しましょう。

ドコモとauの2つの回線に対応

BIGLOBEモバイルはドコモ回線とau回線の2つのプランが用意されています。

2つの回線に対応していることで、以下のようなメリットが生まれています。

  • ドコモとauのスマホがそのまま使える
  • 回線状況や対応エリアに合わせて選べる

例えば大手キャリアのスマホをBIGLOBEモバイルで使う場合、ドコモの人はドコモ回線、auの人はau回線を選べばそのまま利用することができます。

また、地方や山間部だと回線によっては入りにくいことがあります。

BIGLOBEモバイルならドコモが入りやすいならドコモ回線、auが入りやすいならau回線、といったように回線の対応状況に応じて選ぶことも可能です。

公式アプリが便利

BIGLOBEモバイルではスマホ向けの公式アプリ「My BIGLOBE」が用意されています。

My BIGLOBEを使うとBIGLOBEモバイルに関する各種手続きをスマホから簡単に行えます。

  • データ通信量チェック
  • 契約内容確認
  • プラン変更
  • エンタメフリー・オプションの申込

格安SIMを使う上で公式アプリは必須というわけではありません。

スポンサーリンク

ただ、公式アプリがないとわざわざブラウザを起動してログインをしないといけないので手間がかかります。

BIGLOBEモバイルならその手間が省けて楽です。

Gポイントを月額料金支払いに充てられる

GポイントはBIGLOBEの子会社が運営するポイントサイトです。

貯まったGポイントは他のポイントや商品と交換できるほか、1ポイント=1円としてBIGLOBEモバイルの支払いに充てることもできます。

Gポイントをコツコツ貯めれば、月額料金を0円にすることも可能です。

Gポイントはアンケートやクレジットカードの作成といった案件をこなすことで貯まる他、BIGLOBEモバイルのキャンペーンでもらえることもあります。

BIGLOBEモバイルのデメリット

BIGLOBEモバイルのデメリット

続いて、BIGLOBEモバイルの6個のデメリットについて解説していきます。

  • 混雑時の通信速度が遅い
  • キャリアメールが使えない
  • 速度切り替え不可
  • LINEのID検索ができない
  • エンタメフリー・オプション利用時は高画質な動画が視聴できない
  • 専門ショップがない

混雑時の通信速度が遅い

BIGLOBEモバイルは回線が混雑する時間帯になると通信速度が遅くなります。

とくに平日お昼は昼休みの学生やサラリーマンが一斉にスマホを使うため、通信速度がかなり遅いです。

場所によっては通勤ラッシュ時の朝や帰宅ラッシュ時の夕方にも速度が遅くなることがあります。

上記の時間帯にスマホをよく使う人はストレスを感じるかもしれません。

逆に早朝や深夜は回線が空いているため、BIGLOBEモバイルでも快適ですよ。

BIGLOBEモバイルの通信速度については別記事にまとめているので、参考にしてください。

BIGLOBEモバイルの通信速度は遅い?実際に速度を計測してみたBIGLOBEモバイルを利用する際に気になるのが通信速度です。 どれだけ月額料金が安くても、遅すぎて使い物にならないようでは意味があり...

キャリアメールが使えない

BIGLOBEモバイルではキャリアメールが使えません。

キャリアメールは大手キャリアが提供しているメールサービスです。

例えばドコモでは@docomo.ne.jpというメールアドレスが使えましたね。

大手キャリアではないBIGLOBEモバイルでは、キャリアメール相当のサービスは用意されていません。

BIGLOBEモバイルでも、無料で使える「フリーメール」を使えばメールが使えます。

大手キャリアから乗り換える前にGmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスを取得しておきましょう。

ちなみにBIGLOBEモバイルを契約すると「BIGLOBEメール」というメールサービスが使えるようになります。

BIGLOBEが提供しているメールサービスですが、キャリアメールの代わりにはなりません。

それに、BIGLOBEを解約すると使えなくなるのもデメリットです。

BIGLOBEメールにはBIGLOBEからのお知らせメールが届きます。

BIGLOBEからのお知らせ受信専用としてBIGLOBEメールを利用し、メインのアドレスはフリーメールを利用するのがおすすめです。

速度切り替え不可

BIGLOBEモバイルでは「速度切り替え」ができません。

速度切り替えは高速通信と低速通信を任意に切り替えられる機能です。

スポンサーリンク

低速通信にすると最大通信速度が200kbpsに制限されますが、データ通信量を消費しなくなります。

データ通信量の節約に役立つ機能なので、使えないのは少し残念です。

ただ、速度切り替えができないのは大手キャリアも同じですし、そもそも速度切り替えは使わないという人もいると思います。

そういった人にとってはそこまでデメリットではないでしょう。

LINEのID検索ができない

BIGLOBEモバイルではLINEのID検索ができません。

ID検索をするにはLINEの年齢認証が必要です。

しかし、年齢認証は大手キャリアのサービスを経由して行います。

そのため、格安SIMであるBIGLOBEモバイルではできません。

年齢認証ができない=ID検索もできない、というわけですね。

ID検索ができなくてもQRコードやふるふるなど他の方法で友だちを追加することはできます。

ただ、ID検索が一番楽なのも事実です。

格安SIMでID検索ができるのはLINEモバイルだけです。

どうしてもID検索を使いたい場合は、LINEモバイルを利用しましょう。

エンタメフリー・オプション利用時は高画質な動画を視聴できない

BIGLOBEモバイル最大のメリットであるエンタメフリー・オプションですが、1つだけ注意点があります。

それは高画質な動画の視聴は基本的にできない、ということです。

実はエンタメフリー・オプションでは低画質で動画を見ることを推奨しています。

例えばYouTubeの場合は標準画質の480pより1つ下の360pが推奨画質です。

エンタメフリー・オプションが適用された状態で高画質な動画を見ようとすると動画が途切れ途切れになり、まともに再生されなくなります。

画面の小さいスマホなら低画質でもそこまで気にする必要はありません。

ただ、画面の大きいタブレットやテザリングを利用してパソコンで見る場合は画質が荒く感じるでしょう。

専門ショップがない

大手キャリアには「ドコモショップ」や「auショップ」といった専門ショップが用意されていました。

BIGLOBEモバイルには大手キャリアのような専門ショップがありません。

全国の家電量販店で取り扱われていますが、できるのは契約や端末購入、簡単な相談などに限られます。

契約内容の変更や端末が故障した際の修理受付といったアフターサポートは受けられません。

BIGLOBEモバイルのサポートは基本的に電話かメールで受けることになります。

対面による手厚いサポートを受けたい人は専門ショップが多いUQモバイル楽天モバイルmineoなどを検討しましょう。

BIGLOBEモバイルのメリット・デメリットまとめ

BIGLOBEモバイル

以上、BIGLOBEモバイルのメリット・デメリットをまとめました。

最後にもう一度、BIGLOBEモバイルのメリットとデメリットおさらいしておきましょう。

スポンサーリンク

BIGLOBEモバイルのメリットは以下の9つです。

  • シンプルかつ安い料金プラン
  • エンタメフリー・オプションで動画が見放題
  • 光回線とのセット割で最大500円安くなる
  • 6GB以上のプランではBIGLOBE Wi-Fiが無料
  • 通話オプションが豊富に用意されている
  • シェアSIMが安い
  • ドコモとauの2つの回線に対応
  • 公式アプリが便利
  • Gポイントを月額料金支払いに充てられる

数あるメリットの中でもBIGLOBEモバイルならではなのが「エンタメフリー・オプション」です。

動画を見るために大容量プランを契約している、という人ならBIGLOBEモバイルにするだけで大幅にスマホ代を節約できますよ。

光回線とのセット割があったり、Gポイントで料金を支払えたりと、BIGLOBEの他のサービスとの相性も良いです。

続いてBIGLOBEモバイルのデメリットです。

  • 混雑時の通信速度が遅い
  • キャリアメールが使えない
  • 速度切り替え不可
  • LINEのID検索ができない
  • エンタメフリー・オプション利用時は高画質な動画が視聴できない
  • 専門ショップがない

こう見るとデメリットが多いように見えます。

しかし、ほとんどは格安SIMに共通のデメリットですし、あらかじめ対策をしておけば問題ありません。

BIGLOBEモバイルは大きなデメリットがなく、比較的使いやすい格安SIMと言えますね。

【公式】格安SIM・格安スマホの
BIGLOBEモバイル

ABOUT ME
吾妻 和希
格安SIM・スマホが好きなライター。学生時代に節約のため格安SIMを使い始めました。格安SIM歴は6年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動中。
関連記事