b-mobile

【2021年最新版】b-mobileでMNP弾を作る方法とは?費用や注意点を徹底解説

iPhone 13をお得にゲットしよう!

iPhone 13/mini/Pro/Pro Maxをお得に手に入れるなら、「ソフトバンク」が断然おすすめ!

トクするサポート+を利用すれば、なんと約半額で購入することが可能です。

最新のiPhone 13シリーズをお得にゲットしちゃいましょう☆

現在携帯電話業界は、大手キャリア3社と格安SIMで競争が激しく、また通常通り新規で購入するよりも、他社から電話番号をそのまま移せるMNPをしたほうが、コスト的に安くなると言われています。

その格安SIMの一つ「b-mobile」は、日本通信株式会社が運営する格安SIMで、コストが安めであることから最近話題になっています。

人気のあるソフトバンク回線も使えたり、契約期間や解約金もないため、ほかの格安SIMに比べるとb-mobileはMNP弾を作るのに適していると言われています。

MNP弾とは?

MNP弾とは、お得に他社へ乗り換えるために、一時的に回線を新規で契約することを言います。

一度格安の回線を新規契約した後に、自分の欲しいスマホが見つかったときや、キャッシュバックキャンペーンなどの割引を目がけて、違うキャリアへ乗り換えをするというものです。

いつでもMNPが出来るように乗り換え用の回線をストックしておくことを「MNP弾」と言います。

MNP弾の基本的な手順

まず、MNP弾を作成します。

これは、乗り換え用の安い回線を契約することを意味します。

そこで、MNPをするタイミングを待ちます。

これは、自分の好きなスマホが見つかったり、キャッシュバックのような割引や特典が現われるまで待ちます。

そして、そのタイミングが来たときに、乗り換え用の新規で契約した回線を解約し、その番号を引き継ぎながらMNPをするということになります。

MNPをする良いタイミングとは?

MNPをする良いタイミングは、キャッシュバックキャンペーンなどの特典や割引キャンペーンが期間限定で発生したときです。

また、新しい機種の発売などもMNPをする良いタイミングと言えるでしょう。

今まで欲しかったけど、高額すぎててなかなか購入できなかったスマホがMNP弾を使って安めに購入できるので、大変お得です。

MNP弾の作り方のポイント

MNP弾のために新規契約をする回線は、格安SIMが便利とされています。

なぜならば、格安SIMは料金が安いことが一番にあげられます。

そして、大手キャリアに比べてブラックリストの基準がないと言われているので、簡単にMNP弾を作ることが出来るのです。

ブラックリストに入ってしまうと、しばらくの間MNPや新規契約が出来なくなってしまうので、その点は要注意です。

MNP弾のメリット

MNP弾の最大のメリットは、最終的に安価で欲しかったスマホを手に入れることが出来ることです。

現在スマホ本体の値段が昔と比べると高騰しています。

一度安く新規回線を用意するという手間がかかりますが、MNP弾を作ってから自分の欲しいスマホを購入したり、キャッシュバックなどの特典を得ることが出来るので、MNP弾を作ることは大きなメリットがあると言えるでしょう。

MNP弾のデメリット

MNP弾のデメリットは、なんといってもブラックリストの存在です。

ブラックリストに名前が入ってしまうということは、携帯電話回線を契約から解約までのその期間が短すぎたということです。

ブラックリスト入りすると、一定期間再契約が出来なくなってしまうので、MNP弾のために回線を契約したら、だいたい90日ほどは解約をしないほうが良いと言われています。

b-mobileを検証!

b-mobileは日本通信株式会社が運営を行っている格安SIM会社です。

スポンサーリンク

b-mobileは格安SIMの中でも非常に安いこともあり、現在注目を集めています。

b-mobileでかかる解約金や契約期間は?

現在b-mobileでは契約期間や解約金がありません。

ですので、大手キャリアのように2年間は契約しないと解約金がかかってしまうというようなことはないようです。

これは、MNP弾を作るには最適だと言えるのではないでしょうか。

b-mobileで人気の料金プラン「990 JUST FIT SIM」とは?

b-mobileの人気の一つとしてあげられるのが、分かりやすいシンプルな料金プランがあげられます。

特に人気があるのは「990 JUST FIT SIM」です。

この料金プランは、NTTドコモ回線とソフトバンク回線を使うことができ、エリア状態も非常に安定していると言えます。

また、たったの月額1,089円(税込)で1GBまでデータ通信が行えるのも魅力的です。

使用したデータ通信が1GBを超えてしまった場合は、20GBまでは追加料金で使用することが出来ますが、20GBを超えた後は低速通信に自動的に切り替わり、データ通信が出来なくなるということはありません。

b-mobileのメリットやデメリット

b-mobileのメリットは、料金プランが分かりやすかったり、データ通信の上限設定が出来ること、またNTTドコモ回線とソフトバンク回線に対応しているプランもあり、エリアが安定していることがあげられます。

またデメリットとしてあげられることは、スマホ本体を販売していないことですが、MNP弾を作るためにb-mobileの新規契約をしたいのであれば全く問題はないでしょう。

格安SIMを使用したMNP弾の作り方

せっかくMNP弾を作るなら、あまりお金を使わず、大きな利益を得たいというのが本音ではないでしょうか。

格安SIMでMNP弾を作れば、格安で回線契約が出来るので、大きなメリットが生まれます。

特に格安SIMのb-mobileで契約をすれば、契約期間や解約金がないためMNP弾を作るのに非常に適しています。

b-mobileで回線契約を新規で行い、MNPをする良いタイミングが来たら、b-mobileの回線を解約すればよいのです。

b-mobileでMNP弾でのおすすめ料金プランは?

現在、b-mobileでMNP弾を作るときの最適な料金プランは、月額1,089円(税込)から利用できる「990 JUST FIT SIM」です。

比較的安い月額料で、また契約期間も解約金も発生しないためおすすめです。

また契約の際は、使用しない通話オプションなど申し込みしないように気を付けましょう。

この回線はあくまでもMNP弾のためのものです。

出来るだけ安く済ませることが大きなポイントになります。

b-mobile「申し込みパッケージ」とは?

まずb-mobileでMNP弾を作成するのに、「申し込みパッケージ」を購入する必要があります。

これは、b-mobile公式ホームページはもちろんのこと、Amazonや家電量販店でも販売をしています。

この「申し込みパッケージ」を購入してから手続きが始まります。

「申し込みパッケージ」の金額は、サイトやショップにより若干異なりますので、購入前にどこが一番安いかなどを確認しましょう。

b-mobileの「スタートSIM」でMNP弾を作成する費用は?

b-mobileの「スタートSIM」は契約期間も解約金も必要なく、また基本料金が安めなことからMNP弾に適していると言われています。

スポンサーリンク

具体的にMNP弾を作るのにかかる費用は、初期手数料3,300円(税込)、MNP転出料3,300円(税込)、それに月額基本料1,518円(税込)となり、合計にすると8,118円(税込)となります。

b-mobileの「990 JUST FIT SIM」でMNP弾を作成する費用は?

b-mobileの「990 JUST FIT SIM」は契約期間や解約金の不要なプランの一つです。

また月額基本料が1,089円(税込)ということもあり、非常に安いプランと言えます。

MNP弾作成のための契約であれば、このプランはお得であること間違いなしです。

MNP弾作成するときの具体的な金額は、初期手数料3,300円(税込)、MNP転出料3,300円(税込)、そして月額料の1,089円(税込)、合計で7,689円(税込)とb-mobileの中で最も安くMNP弾を作成することが出来ます。

「スマホ電話SIM」でMNP弾にかかる費用は?

b-mobileでは以前、契約期間や解約金を設けているプランがあり、そのことから、MNP弾を作成するときは、契約期間や解約金のかからないプランを選ぶ必要がありました。

そのプランが「スマホ電話SIM」というプランです。

このプランは、音声通話とデータ通信の月額基本料が分かれていて、2つを合算した金額が月額基本料となります。

現在注目を集めている「990 JUST FIT SIM」のプランより月額基本料は高めですが、契約期間がないことと解約金がかからないプランの中では、安めの支払いになります。

現在は「スマホ電話SIM」は利用開始を終了しており、新たに申し込みをすることは不可となっています。

b-mobileでの契約回線制限

b-mobileでは、5回線まで同時契約が可能です。

しかし、同時契約と言ってもそれぞれに申し込みをする必要があります。

ですので、5回線契約したら5つの料金プランを支払う必要があります。

b-mobileのMNP予約番号発行までの日数

b-mobileでMNP予約番号を発行してもらうのには最短で5日かかると言われています。

この日数は最短の場合であり、本人確認書類の審査やMNP回線開通手続き後など日数が遅れることがあります。

まずSIMカードを申し込みし、b-mobile出審査を行います。

まずそこで問題がなかった場合は1日で終了するでしょう。

そのあとは、MNP回線手続きからMNP予約番号発行まで行います。

ここでの注意点として、MNP予約番号発行前に必ず、通信や通話の履歴が必要になります。

一度でも利用をしたことが確認できなければキャンセル扱いとなってしまうようなので注意しましょう。

こうしてMNP予約番号を取得して、MNP転出が完了になります。

MNP弾を作成するときの注意点

MNP弾を作成するときにいくつかの注意点があります。

安全に正確に安くスマホを購入するためにも注意すべきことをチェックしましょう。

通話オプションは不要!

MNP弾は、新規で回線を契約し、他社へ乗り換えをする良いタイミングが来るまで、ストックする回線契約のことを言います。

ですので、通話オプションなどの必要のないオプションはつけないようにしましょう。

スポンサーリンク

あくまでもストック回線ですので、出来るだけ安くMNP弾が作れるようにすることがポイントになります。

時間に余裕を持って手続きを進める

MNP弾を作成しても、MNPの予約番号はすぐに発行できるというものではありません。

各キャリアにより発行までの日数が違うので、余裕を持ってMNPの予約番号を申し込みましょう。

クレジットカードは必須!

基本的に、b-mobileなどの格安SIMを契約するときには、クレジットカードでの支払いが必須になります。

ですので、いざMNP弾を作成しようと思ったときに、クレジットカードがないからMNP弾の作成が出来ないとならないためにも、事前にクレジットカードを作成することをおすすめします。

ブラックリストに注意

b-mobileには契約期間や解約金がありませんが、何度もMNP転入と解約を繰り替えしていると通信業界にあまり良いイメージを与えず、最悪の場合はブラックリストに入ってしまうことがあります。

ブラックリストに入ってしまうと、しばらくの間、携帯電話を契約することが出来なくなってしまいます。

2014年10月より総務省では短期解約を防ぐために法律を改正しました。

このガイドラインに引っかかってしまうと、新たに携帯電話の契約ができなくなってしまう可能性があるのです。

b-mobileなどの格安SIMは、ブラックリストに対してはあまり影響はないと言われていますが、念のため解約をするのは、90日ほどは間を置いた方が良いと言われています。

ほかの格安SIMを使ったMNP弾

今話題の格安SIMでMNP弾を作成するのは、大きなメリットがあると言われています。

では、b-mobile以外の格安SIMではどのような手続きが必要なのでしょうか。

またb-mobileと比べるとどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

イオンモバイル

イオンモバイル

格安SIMの一つ「イオンモバイル」は、誰もが知ってるイオンリテール株式会社が運営を行っている格安SIMです。

イオンの店舗での購入が出来たりと意外に「イオンモバイル」は身近に感じるのと、2014年からサービスを開始している格安SIMにしては老舗と言えるでしょう。

「イオンモバイル」の運営先がしっかりしているので、新しい格安SIMではなんだか不安だなと思う人はおすすめのSIMです。

「イオンモバイル」でMNP弾を作成したい場合、新規事務手数料は3,300円(税込)とb-mobileと同じなのですが、MNP転出料が16,500円(税込)と、b-mobileのMNP転出料3,300円(税込)と比較してしまうと非常に高額に感じてしまうのは事実です。

料金プランとしては一番安い音声プランを選べばb-mobileと比べても大きな差はありません。

コスト面ではb-mobileに劣ってしまうのですが、MNP予約番号発行方法や期間が分かりやすいことなどで「イオンモバイル」でMNP弾を作成することも一つの選択肢かもしれません。

LinksMate(リンクスメイト)

リンクスメイト」の特徴は、MNP転出期間が最短だと言われていることです。

申し込みから書類審査まで短期間ででき、回線開通を行わなくてもMNP弾として転出することが出来ることも大きなポイントです。

実際MNP弾作成にかかる費用は、新規事務手数料3,300円(税込)、MNP転出料2,200円(税込)とここまでは格安と言われているb-mobileと変わりはありませんが、「リンクスメイト」では、SIMカード発行手数料440円(税込)、SIM削除手数料3,300円(税込)、ユニバーサル料2円(税込)とb-mobileにはかからなかった費用がかかってしまうため、費用の面でb-mobileと比較するとさほどのお得感は感じません。

しかし、「リンクスメイト」でのMNP弾作成のポイントは、SIMカードが手元に届かなくても、MNP転出の申し込みをした翌日から転出が出来ることです。

回線開通をする必要があるb-mobileと比べて、「リンクスメイト」はその必要がないので、最短でMNP転出をすることが出来るのは大きなポイントと言えるでしょう。

MNP弾を作成するにはb-mobileが最適!

b-mobileは格安SIMの中でも基本料などが非常に安く、また契約期間や解約金もないため、MNP弾を作成するには最高の格安SIMと言えます。

スポンサーリンク

そして、いくつかある料金プランの中から、出来るだけ安くMNP弾の作成が出来るようにすることを可能にしてくれる格安SIMです。

格安SIMは、基本的にブラックリストには入らないと言われてはいるものの、b-mobileでMNP弾を作成するときは、ブラックリストに入らないためにも、解約をするまでの期間をあけることをおすすめします。

ブラックリストに入ってしまうと、再度携帯電話を契約したいときに不可能な状態になることもあるので要注意です。

【公式】b-mobile

iPhone 13を買うなら「ソフトバンク」がおすすめ



ソフトバンクオンラインショップなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

トクするサポート+を適用すると、月々たったの2,415円。
最新のiPhoneを約半額で手に入れましょう!
さらに今ならiPhone 12を安く買えるチャンスです!

関連記事