ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップを利用してb-mobileから乗り換える時のMNP転出手順

月額料金が安い格安SIMとして人気の高いb-mobileですが、実際に使ってみたあとに他の携帯会社に乗り換えたくなる時もあるでしょう。

しかしb-mobileを解約する前に、事前に確認しておくべき点がいくつかあります。

損をしない手順で、解約や乗り換えの手続きを行いましょう。

b-mobileを解約する時の注意点

b-mobileを解約する時には、インターネットで解約手続きを行います。

b-mobileを契約中にも利用する「My b-mobileページ」を利用します。

解約の手続きの他に契約情報の確認やプラン、オプションの変更などに使用するページです。

契約者が亡くなったなどの特例以外の場合は、解約手続きは必ずこの「My b-mobileページ」を使用して行います。

契約時に作成したIDとパスワードが必要になるので、忘れないように注意しておきましょう。

b-mobileの解約手続きが必要な場合

b-mobileを契約したけど、使い続けているうちに解約したくなることもあるでしょう。

b-mobileを解約したい場合、「My b-mobile」から手続きを行う必要があります。

電話での解約手続きは行っていないのですが、インターネットで24時間いつでも解約手続きを行えます。

b-mobileの機種の中でも、「b-mobile S スマホ電話SIM」や「b-mobile S 990 ジャストフィットSIM」などの機種を利用している場合は解約手続きを行う必要があります。

b-mobileの解約手続きが必要ない場合

b-mobileを解約する時、状況によっては解約手続きが必要ない場合もあります。

利用しているb-mobileがプリペイド型の商品の場合、解約手続きを行う必要はありません。

解約手続きを行う必要がないb-mobileの機種の具体例を挙げると、「7GB プリペイドSIM」、「b-mobile S プリペイド」などです。

プリペイド型の場合は、前払いでサービス利用料金の支払いが完了しています。

支払ったプリペイドの有効期限が終了してしまった時点で自動的に解約されてしまうので、プリペイド型のb-mobileには解約手続きが必要ありません。

解約金が発生することがある

b-mobileを契約した時に自分がどんなプランを申し込んでいたのか思い出してみましょう。

もしも音声付きプランを申し込んでいた場合、最低使用期間を過ぎる前に解約してしまうと解約金が発生してしまいます。

月額定額プランの場合は8,800円(税込)、データオプションなしプランの場合は9,900円(税込)の解約金を支払わなければいけません。

この解約金は他社への転出を行う場合にも発生してしまいます。

解約後に利用する電話番号について

b-mobileを解約した後に他社で同じ電話番号を使用するかそうでないかによって、解約時に行うべき手続きが異なります。

他社で同じ電話番号を使わない場合は「My b-mobileページ」で解約手続きを行うだけで問題ありません。

1ヶ月単位での契約となっているので、たとえ月初に解約したとしても次の決済日の前日までは今利用している電話番号を使い続けることができます。

b-mobileを解約した後に乗り換えた先の携帯会社でも電話番号を変えずに利用する場合は、解約ではなくMNP転出手続きを行う必要があります。

スポンサーリンク

3,300円(税込)の手数料を支払い、MNP転出手続きを行います。

MNP転出手続きの手順

電話番号を変えることなく解約前とは別の携帯会社に乗り換えて利用できるサービスをMNPと呼んでいます。

MNP転出手続きを行うためには、手数料を支払う必要があります。

また手続きの際に本人確認ができる書類や支払用のクレジットカード、MNP予約番号の事前入手が必要です。

「My b-mobileページ」でMNP予約番号を発行できるので、乗り換え前に事前に取得しておきましょう。

申し込みから取得までに約4日間かかるので早めに申し込むようにしましょう。

SIMカードの返却が必要

b-mobileを解約した後には、SIMカードを返却しなければいけません。

返却期限の規定などはないのですが、解約の申し込み後SIMカードを利用できなくなったら速やかに返却するのがおすすめです。

返却は郵送で簡単に行うことができるのですが、返却の宛先が東京で送料は契約者が負担しなければいけません。

携帯会社を乗り換える時の注意点

b-mobileを解約したら別の携帯会社に乗り換えたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

携帯会社を乗り換える場合にも、解約時の注意点とは別の注意点に気を付ける必要があります。

乗り換えで発生する手数料

もしも携帯電話の番号を変えずに他社へ乗り換える場合、MNP転出のために3,300円(税込)の手数料が必要となります。

最低使用期間を過ぎていなかった場合には、8,800円(税込)もしくは9,900円(税込)の違約金に加えてMNP転出手数料を支払う必要があるのです。

ソフトバンクに乗り換える場合

b-mobileからソフトバンクに乗り換える時におすすめなのが乗り換え専門代理店の利用です。

他の携帯会社からソフトバンクに乗り換える時に乗り換え専門代理店で実施されているキャンペーンを利用すると、キャッシュバックを受けられる可能性があります。

店舗受け取りサービスを利用する場合は、ソフトバンクオンラインショップから申し込みましょう。

キャッシュバックの種類

b-mobileのような他社からソフトバンクに乗り換えた時に受けられるキャッシュバックの種類として、さまざまな種類のキャッシュバックがあります。

他の携帯会社から乗り換える人を対象にしたものや、現在使用している機種を乗り換える前に買い取ってもらえるものなどキャッシュバックの種類は豊富です。

MNP契約と一緒にソフトバンク光回線の契約をすると発生するキャッシュバック、ソフトバンクの限定機種の購入が対象となっているキャッシュバックなど、さまざまなキャッシュバックキャンペーンがあります。

キャンペーン内容によってキャッシュバックの金額が異なるので、金額とキャッシュバック対象を検討してから上手に利用しましょう。

キャッシュバックの対応店舗

ソフトバンクに乗り換えるだけでキャッシュバックを受けられるのですが、実はキャッシュバックの対応店舗は限られています。

2016年に総務省が規定したガイドラインにより、他社からの乗り換えやMNP契約の際に過度な割引が規制されています。

規制前はソフトバンクの直営店や代理店でもキャッシュバックを受け取れていたのですが、現在はソフトバンクに乗り換えた時にキャッシュバックを受け取れる店舗がかなり限られています。

おすすめのキャッシュバック対応店舗

他社からソフトバンクに乗り換えた時にキャッシュバックに対応している店舗の中でも、2つおすすめの店舗があります。

1つは「ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.com」です。

スポンサーリンク

自宅でも店舗でも、最短30分で手続きが完了します。

契約台数が50万件を突破している、非常に信頼性が高い店舗です。

もう1つのおすすめ店舗は、「スマホ乗り換え.com」です。

ソフトバンクに乗り換え手続きを行うと、その場で現金キャッシュバックを受け取れます。

ネットで申し込んだ場合でも7営業日以内に振り込まれるので、急いでまとまったお金が欲しい人におすすめです。

解約や乗り換えは手続き前の準備が重要

b-mobileの解約手続きやソフトバンクの乗り換えは、簡単な手続き1つで完了できます。

すぐに手続きができてしまうのがメリットでもありますが、簡単なので解約のタイミングに失敗してしまうこともあります。

ソフトバンクへ乗り換える時は特にタイミングに気を付け、お得なキャンペーンを活用して乗り換え手続きを行いましょう。

【公式】ソフトバンクオンラインショップ

関連記事