格安スマホ/SIM

中学生にスマホを持たせるなら格安SIM!そのメリットとおすすめの会社も紹介!

スマホは誰でも気軽に持てるようになっているため、子どもにも持たせる親が多くなっています。

家族内での連絡手段、また防犯用にも使うことができて、とても便利だからです。

また、子どもとしても友だちに連絡をしたり、学校関連の連絡を受けたりするためにも必要を感じることがあります。

とはいえ、大人と同じようにスマホを持たせるのは難しいものですので、中学生に合ったスマホプランを見つけることが大事です。

そのためのポイントを押さえて、安心にスマホ利用ができるようにしましょう。

中学生向けのスマホ会社選びのポイントとは?

スマホ会社はたくさん存在し、それぞれに異なる特徴を持っています。

中学生向けのプランということになると、大人が考えるポイントとは違うものになります。

まずは、その注目したい点をチェックしてみましょう。

コストをできるだけ抑える

毎月のスマホ利用代金を安く済ませられるプランを探すことが大事です。

中学生とはいえ、スマホの必要性を感じることがあるのは事実です。

しかし、大人のようにいろいろなサービスを使ったり、大容量のデータ通信プランが必要だったりというわけではありません。

また、家族の中で何台もスマホを持っていると、かなりの支払い金額となってしまいます。

毎月の家計を上手にやりくりするためにも、子どものスマホ代を抑えるというのは欠かせないポイントとなります。

有害情報に接することがないような設定

子どもにスマホを持たせることの心配点としては、スマホを使って有害な情報にアクセスしてしまうのではないかというものがあります。

親の知らないところで、自分で有害サイトなどにアクセスされてしまっては、便利なスマホがかえって害をもたらすことになります。

そのため、有害サイトをブロックすることができる設定を持っている、というのは中学生向けのスマホ会社選びでは大事なポイントとなります。

もちろん、専用アプリを入れたりスマホ自体の設定で有害サイトのブロックができたりする場合もあります。

しかし、こうした設定だと、子どもが自分で設定解除ができてしまうケースも多いものです。

より安心のスマホ利用を確保するためには、スマホ会社が大元で有害サイトをブロックしてくれた方が安心なのです。

SNSの利用がお得になるサービス

格安スマホ会社の中には、SNSの利用がお得になるオプションサービスを提供しているところもあります。

LINEなどのアプリ使用に関しては、データ容量の消費をカウントしないというサービスです。

中学生だとLINEなどを使っての連絡がスマホの主な目的となることも多いものです。

最も使うサービスでデータ容量がかからないのであれば、オプション料金を払ってもトータルではスマホ代金を下げることができます。

動画サイトのカウントフリーオプション

SNS利用と同じように、YouTubeなどの動画サイトの閲覧分のカウントフリーがオプションで選べる格安スマホ会社もあります。

カウントフリーとは、指定のアプリであれば、そこで使ったデータ通信容量はカウントされないというものです。

スポンサーリンク

基本料金プランに含まれているデータ容量を消費しませんので、いくら使ってもオプション料金以上はかかりません。

中学生だとYouTubeなどの動画を見ることも多いので、こうしたオプションを設定しておくというのも一つの手です。

ただし、こうした動画アプリのカウントフリーが使えるスマホ会社はそう多くありませんので、これを条件とする場合は、自然とスマホ会社が限定されていきます。

他のポイントとのバランスを考えながら、総合的に検討することが重要です。

家族割や学生割があるスマホ会社

スマホ代金を安くするための方法としては、家族割や学生割のサービスをしているスマホ会社を選ぶのも一つの手です。

基本料金プラン自体はそれほど安くなくても、こうした割引を適用すると他の会社よりも安くなることもあります。

まずは親が現在利用しているスマホ会社に、こうした割引制度がないかどうかを確認して、どのくらいの割引となるかを計算しましょう。

その上で、他の格安スマホ会社の料金プランとどっちがお得かを比較できます。

ここでの注意点としては、家族割などの適用に制限がないかということです。

最初の1年間だけだったり、家族の中で2台目、3台目だけだったりすることもあります。

継続的に料金の割引がなされるのか、細かな条件もしっかりと確認しましょう。

安くスマホ端末を購入できるか

多くのスマホ会社では、料金プランの申し込みと同時にスマホ端末も購入できるようにしています。

子どもにスマホを新たに持たせるということになった場合、端末自体の購入も考えないといけません。

スマホは全体的に高い買い物となりますので、できるだけ安く購入できれば言うことがありません。

そこで、料金プランだけでなく、スマホ端末の販売価格もチェックしてみましょう。

新規申込者にはかなり安く販売しているところもあります。

また、人気モデルでも型落ちになっているものを特価で販売しているケースもあります。

中には、機種を限定した値引きキャンペーンを実施している会社もあり、ぐっとお得に買えるチャンスとなります。

子どもが欲しいと思っているスマホ機種という条件もありますが、コストをできるだけ抑えるためにも、こうした割引制度を持っているスマホ会社を探すのも家計を節約するために役立ちます。

子ども向けのサービスを提供している

子どもの保護などを目的とした、子ども向けのサービスを提供しているスマホ会社もあります。

具体的には、GPSを使ってスマホがある場所をすぐに特定できる機能です。

また、連絡を気軽に取れるアプリや、スケジュール共有アプリなどを提供している会社もあります。

特に子ども向けとしてサービスを開発していますので、使いやすく親子双方が気軽に利用できるという特徴を持っています。

子どもを守ったり、親子の連絡をより簡単に取ったりできるように、こうした便利アプリやサービスが使える会社を見つけましょう。

中学生が使うなら格安スマホ会社がおすすめの理由

スマホ会社はたくさんあり、どこを選んだらいいのか分からないという疑問を持つこともあります。

スポンサーリンク

まず大まかな選択肢として、格安スマホ会社を検討してみることができます。

そのメリットを知って、会社選びの参考にしてみてください。

圧倒的なスマホ利用代金の安さ

ドコモ、ソフトバンク、auという大手キャリアを使う場合と、格安スマホ会社を使った場合では、毎月数千円もの差が出てきます。

中学生のスマホであれば、それほど多くのデータ容量は必要ないとはいえ、同じ程度の基本料金プランを比較すると、その差は歴然です。

大手キャリアで6,000円程度のプランだとすると、格安スマホ会社では2,000円台で収まることがほとんどです。

どんな料金プランにするかによりますが、毎月少なくとも2,000円、最大で5,000円程度のコスト減となることが多いのです。

それを1年、3年と続けていくと十万円オーバーの差となって出てくることもありえます。

これだけのコストを削減できるのであれば、家計もぐっと助かります。

申し込みなどの手続きが簡単

今まで使ったことがない人だと、格安スマホ会社にするのは面倒と思うこともあるかもしれません。

しかし、実際には申し込み手続きなどはとても簡単で、すぐにできます。

どの格安スマホ会社も、ホームページでの申し込みができるようになっていて、簡単な情報を入力すればすぐにスマホを始められます。

しかも、申し込みから3日程度で新しいスマホが自宅に届いて、すぐにサービスを受けられるところもあります。

実店舗に行かなくても、ネットでの手続きだけですべての作業が終了しますので、楽に申し込みができるというのもうれしいところです。

特に面倒な手続きはありませんので、不安感を持つことなくスマホを持たせることができるでしょう。

子ども名義で契約ができる

すべての格安スマホ会社でできるというわけではありませんが、子ども名義でスマホ利用を契約できるところもあります。

子ども名義の契約というのは必須条件ではないかもしれませんが、スマホ利用代金の計算をするのに役立ちます。

また、子どものお小遣いの中でスマホを持たせたいという考えの場合、より意識が高まりますのでおすすめです。

大手キャリアを含めて子ども名義での契約が難しい会社が多いので、会社を絞り込む際の一つのポイントとなります。

型落ちスマホ機種が格安で販売されていることもある

格安スマホ会社の料金が安いのは、プラン料金だけではありません。

スマホ端末も安く販売していることが多いのです。

もちろん最新機種や高スペックの機種は、そう安くはなっていません。

しかし、人気モデルでも型落ちのものは格安価格で販売されていることもあります。

一般の家電量販店などで買うよりもずっとお得に機種変更ができますので、新規申し込みと同時にスマホを購入するのも賢い方法です。

プランの縛り期間がなくて気軽に契約できる

料金プランに最低利用期間が設けられていないことが多いのも、格安スマホ会社のメリットです。

いわゆる「縛り」と呼ばれるもので、1年もしくは2年続けて利用しないといけないという条件が課されることがないのです。

スポンサーリンク

最低利用期間が設けられていると、その間に解約した場合、違約金が発生することになります。

もちろん、ずっと長く同じスマホ会社を利用するということであれば問題ではありません。

しかし、より安いプランが他の会社で見つけられたら乗り換える、何らかの事情でスマホを止めるということが生じた場合、違約金を支払う羽目になります。

多くの格安スマホ会社では、こうした違約金の心配をしなくて済みますので、より気軽に申し込めるというメリットがあります。

中学生が使う格安スマホ会社の選び方

上記のように、格安スマホにはたくさんのメリットがあります。

それぞれの会社の特徴をよくチェックして、家庭に合ったところを選ぶことで、よりお得に、かつ快適に利用できるようになります。

会社選びのポイントを知り、安心できる使い方をしましょう。

基本料金プランの料金と内容

スマホ会社選びの基本とも言える点ですが、利用状況に見合った最もお得な料金プランを探すことが大事です。

子どもがどのくらいのデータ通信を必要とするかを考えて、その容量で一番安いプランをそれぞれの会社で比較していきます。

連絡用にスマホを持たせることが多いので、音声通話付きのSIMカードを選ぶことがほとんどです。

その場合は、データ容量だけではなく音声通話付きにした場合、どのくらい料金が上がるかも見る必要があります。

大事なのは、実際に使うであろうデータ容量と通話プランの内容を決めた後で、それに見合ったプランを絞り込んで、各社で比較していくことです。

あるプランが安いと思える会社でも、他のプランになると割高になってしまうケースがありますので、利用状況に見合ったプランを比較することが大事なのです。

すでに持っているスマホ端末を使えるか

子どもがすでにスマホを持っている、もしくは親のお下がりの端末をあげる場合、そのスマホが使えるかどうかも確認します。

SIMロックがかかっている場合は、SIMロック解除をすることで、ほとんどの格安スマホ会社で使えるようになります。

しかし、中には使用している周波数帯域が合わずに、SIMフリーになっていても使えないものもあるのです。

そのため、事前にそれぞれのスマホ会社のホームページで公開されている利用周波数帯域を確認した方が安心です。

カウントフリーのオプションがあるかどうか

必要に応じて、ということになりますが、カウントフリーのオプションを選べるかというのも、格安スマホ会社選びのポイントとなります。

カウントフリーとは、特定のアプリやサービスであれば、いくら使ってもその分はデータ容量消費がカウントされないというものです。

基本プランで指定されているデータ容量を使わないので、より安いプランにすることもできます。

具体的には、LINEやInstagramなどのSNSや、YouTubeなどの動画閲覧がカウントフリーになる会社があります。

カウントフリーオプションを設けている格安スマホ会社はそう多くありませんので、この条件を入れたいということであれば、一気に会社が絞り込まれます。

現在親が使っているスマホ会社

もし親がすでに格安スマホ会社を使っているのであれば、同じところを使うことで家族割などが適用されないかを調べてみましょう。

中には家族内で複数回線を契約することで、月々数百円の割引が適用されることもあります。

契約手続きも完全な新規申し込みよりも楽になりますので、気軽に始められるというのもメリットです。

スポンサーリンク

ただし、家族割が適用されたとしても、他の格安スマホ会社を使った方が安くなるケースもありますので、一度他の会社のプランと比較することも忘れないようにしましょう。

複数枚のSIMカードが発行できるかどうか

親が使っているスマホ会社で、SIMカードを複数枚発行できないか確認してみるのも良いでしょう。

契約を別にすることなく、自分の契約の中でSIMカードを増やすだけですので、より楽な手続きで始められます。

データ容量をシェアする形で子どものスマホを使うことができます。

自分の料金プランのデータ容量を少し上げる必要が出てくるかもしれませんが、別に単体の契約をするよりも安くなることがほとんどです。

しかも、データ容量の共有をすることで、無駄のない容量消費ができますので、より賢くプランを使うのにも役立ちます。

学割があるかどうか

中学生向けの契約をするということであれば、学割が適用されることがあります。

毎月の料金から数百円程度が割り引かれることがほとんどで、大人が使うよりもずっとお得に使えるのがメリットです。

こうした学割制度をしている格安スマホ会社はそれほど多くありませんので、会社を絞り込むのに役立ちます。

家族割と併用することができて、さらに安くなる可能性もありますので、コストダウンにはもってこいです。

通信環境が安定しているかどうか

格安スマホは安さが売りですが、それで通信環境の質が悪いというのではおすすめできません。

やはり、通信スピードが安定して速いかどうかというのは、子ども向けのスマホと言えども検討したい点です。

ほとんどのスマホ会社では、通常時の高速通信のスピードはそう変わりません。

ポイントは、混雑時間帯にどのくらいスピードが落ちるかということです。

お昼や夕方から夜の時間帯にかけては、多くの人がネットをするため通信が混雑してスピードが落ちがちです。

そこで、通信環境の安定性を見るためには、混雑時間帯のスピードの落ち具合を比較するのが一番です。

口コミやレビューサイトなどで、こうした通信スピードの状態を見ることができますので、チェックしてみると良いでしょう。

中学生におすすめの格安スマホ会社

今まで見てきたようなポイントを押さえつつ、実際に中学生におすすめできる格安スマホ会社を見てみましょう。

それぞれの会社で特徴あるサービスを打ち出していますので、家庭や子どもに合ったサービスが提供されているかを確認できます。

子ども向けの専用スマホを提供するトーンモバイル

ギガ不安なし!で使える格安スマホ

トーンモバイルは、レンタルDVDなどで有名なTSUTAYAで販売、サービス提供をしているスマホです。

この会社の最大の特徴は、子ども向けのスマホ端末を提供しているという点です。

有害サイトへのブロックや、スマホ利用時間の制限など親にとって安心な機能が付いています。

また、SNSなどを使ったいじめや悪口のチェックや、個人情報の流出などのリスクを減らしてくれる機能も搭載されています。

より安全なスマホとして、子どもに持たせるのにとても安心な機能が詰まっているのがメリットです。

お得な料金プランで負担が少ない

トーンモバイルは専用端末の購入が申し込み条件となっていますが、高機能で安全の端末がとてもお得に購入できるのがメリットです。

スポンサーリンク

また、月額料金もかなり安く、全体で2,000円以下に抑えることもできます。

もちろん、中学生が使いたいと思っている機能やサービスはしっかりと入っていますので、とてもバランスが良く快適に使えるというのも特徴です。

公的機関からも推奨されていて親としての安心感がある

トーンモバイルのスマホは、東京都を含む九都県市の推奨を受けています。

また、全国子ども連合会が推奨している端末でもあります。

やはり子どもを守るためには、スマホに制限機能がしっかりと付いていることが大事です。

そして、スマホ自体の機能の高さ、デザインの良さなども、子どもにとって重要な点となります。

親自身がスマホ操作をして設定を行うのも楽なようにできていますので、とても優れた端末なのです。

安心、安全なスマホということで、公的機関からのお墨付きがありますので、間違いのない選択となります。

【公式】トーンモバイル

SNSが使い放題のLINEモバイル

LINEMO

テレビCMでも宣伝しているため、知名度が高く信頼できる格安スマホという印象を持っている人が多いLINEモバイルもおすすめです。

この会社の最大の特徴は、InstagramなどのSNS、そしてLINEがカウントフリーになるということです。

中学生だとLINEやSNSは必須と言えるくらいで、その使用頻度も高いです。

こうしたアプリが使い放題になるということは、トータルでのスマホ利用代金を下げることにつながります。

親との連絡もLINEを使えば簡単にできますので、コミュニケーション用としてスマホを与えるのにも適しています。

質の高いフィルタリング機能が搭載されている

LINEモバイルでは「iフィルター」というフィルタリング機能を使うことができます。

有害サイトなどを遮断するフィルタリング機能は、それぞれのサービスでレベルが異なります。

この「iフィルター」は最高品質のレベルとなっていますので、子どもを守るために安心の機能が備わっていると言えるでしょう。

【公式】LINEモバイル

BIGLOBEモバイルでYouTubeが観放題

【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中(~3/31)

BIGLOBEモバイルがおすすめの理由は、YouTubeが使い放題ということです。

YouTubeを見たいという子どもは多いので、このサービスがカウントフリーになると、かなりお得です。

オプションでの追加ということになりますが、使う量を考えるとトータルではスマホ代を下げることができます。

他にも音楽配信サービスや、動画サービスの「U-NEXT」などがカウントフリーになるオプションもありますので、それぞれの必要に応じて追加できます。

基本料金プラン自体も安めの設定となっていますので、あまり子どものスマホ代を大きくしたくないという人にぴったりです。

子ども名義で契約できる

子ども名義で契約できる少ない格安スマホ会社の一つです。

子どものお小遣いでスマホを持たせたい時などにとても便利です。

スポンサーリンク

もちろん、親の名義で契約して子どもに持たせることも可能で、それぞれにとって都合の良い仕方で申し込みができるのがうれしいところです。

【公式】BIGLOBEモバイル

中学生の子どもも満足できる安心できてお得な格安スマホを選ぼう!

スマホを使った犯罪が起こっているため、中学生にスマホを持たせる場合、安全性を確保できる機能を持っているというのは大事な点です。

同時に、家計を圧迫することがないように、お得な料金設定がされているというのも考えたいポイントです。

その上で、子ども自身が満足できるようなサービスを使えるという点も考えましょう。

格安スマホ会社は、それぞれに特徴あるサービスを打ち出していますので、じっくりと比較して家庭に合ったものを選びましょう。

関連記事