格安スマホ/SIM

ドコモユーザーが電話代を安くしたいならドコモ回線の格安SIM業者から選ぼう

今や欠かすことができなくなったスマホですが、毎月の料金が家計の負担になっている人はたくさんいます。

データ通信量を節約するために工夫している人もいますが、その問題を解決するなら格安SIMの活用がおすすめです。

ここでは格安SIMについてだけではなく、その中でも評価が高いドコモ回線を使った格安SIMサービスについて紹介していきます。

これから格安SIMの導入を検討している人は、是非参考にしてみてください。

目次

格安SIMとは

スマホやタブレットの料金を安くできる格安SIMですが、その利用に当たって注意しておきたいことはいくつもあります。

ただ安く使えるからという理由だけで飛びつくと、思ってもみなかった部分でトラブルが起きてしまうこともあるので注意してください。

トラブルと言っても、格安SIMとはどういうものなのかを知っておけば回避できるものなので、まずはしっかりと勉強しておきましょう。

格安SIMはなぜ安いのか

格安SIMは大手キャリアのサービスに比べても、かなり料金が安くなっています。

この安さを実現できている秘密は、サービスを限定してコストダウンをしているからです。

回線設備自体は大手キャリアの通信帯域を借りており、大手キャリアと同じサービスエリアでサービスを提供できています。

さらにキャリアショップのような実際の店舗を持たないことによって、格安SIM業者はコストカットをしています。

他にも様々な部分でコストカットを徹底することで、格安料金を実現しているのです。

格安SIMなら自分に合ったサービス選択ができる

格安SIMが好まれる最大の理由は、料金が安いからです。

それと同時に、自分にとって必要なサービスだけを選んで契約できるところにメリットを感じている人もいます。

例えば通話に関してですが、IP電話サービスやSNSを使っての無料通話サービスを利用するくらいなので、データ通信のみで十分だと考えている人もいます。

シンプルな契約にすればそれだけコストダウンができます。

余計なサービスをどんどんつけられて毎月の支払料金が高くなるのが嫌な人にとって、このシンプルさも格安SIMが人気の理由です。

格安SIMのデメリットは?

良いところばかりが目立つ格安SIMですが、もちろんデメリットもあります。

固定電話などに電話をかける人にとって、通話料金は割高に感じられます。

ネットワークはあくまでも借りているものなので、時間帯によっては混雑して速度が低下してしまうのです。

他にもキャリアメールが提供されていないことや、サポートは最低限なので自分でなんとかしなければならない場面もたくさんあります。

このようなデメリット部分を割り切って考えて、自分にとってメリットの方が大きいのかどうかを考えてから格安SIMを選ぶようにしましょう。

ドコモ回線の格安SIM

格安SIMは、それぞれ元になる回線を提供しているキャリアによって分類されています。

ドコモ、au、ソフトバンクの3社です。

それぞれのキャリアが持つ回線を借りることで、格安SIMサービスが成り立っています。

スポンサーリンク

その中でもドコモ回線の格安SIMについて紹介していきます。

どんな特徴があるのか、そしてどういう格安SIM業者があるのかなど、知っておきたい情報をまとめていくので参考にしてみてください。

ドコモの格安SIM業者は種類が多い

サービスについて詳しく紹介する前に、ドコモ回線の格安SIMについて簡単に紹介していきます。

各キャリアが回線を貸すことで成立する格安SIM業者ですが、ドコモ回線を使っている業者の数が一番多いのです。

これはドコモから回線を借りる場合のレンタル料金が一番安いからで、格安SIMサービスを提供する上で大きなコストダウンに繋がります。

電波が届く範囲も広く、人が住んでいない山間部でも他キャリアに比べて繋がりやすいこともあるので、利用者もドコモ回線の格安SIMを選ぶ人が多いのです。

ドコモ端末がSIMロック解除なしで使える

ドコモ回線の格安SIMは、その回線の性質上、ドコモ端末がそのまま使えます。

他の通信業者へ乗り換える際に元の端末を使い続ける場合は、SIMロック解除が必要です。

格安SIMを使う場合も本来はそうなのですが、同系列の回線を使うならSIMロック解除なしで利用できます。

あわせてSIMロック解除について簡単に紹介していくので、チェックしてみてください。

SIMロックとは

SIMロックの「SIM」とは、電話番号など利用者を識別するための情報が保存されています。

このカードがあるから、どの回線を使えてどのプランで通信をするのかが判別できるのです。

この仕組みを使って通信会社では端末に対してロックをかけ、特定のSIMでしか使えないようにしています。

SIMロック解除とSIMフリー端末

SIMロックがかけられている端末は、他社への乗り換え時にその回線業者の回線で使える端末を購入する必要があります。

これにより余計な出費がかさんでしまうのですが、SIMロック解除をすることでSIMを問わずどの回線でも利用できる端末にできるのです。

SIMロック解除にはいくつかの条件があるので、それをクリアしなければなりません。

スマホやタブレットなどの端末の中には、SIMロックが行われていないSIMフリー端末もあります。

最初からSIMロックが行われていませんが、購入に当たって割引されるサービスもないため、キャリア契約で購入するよりも値段が高いのです。

SIMロック解除なしで使えるメリット

SIMロック解除自体は、条件さえ満たしていれば難しいものではありませんが、一手間かかる面倒な作業ではあります。

ドコモ回線を使った格安SIMなら、ドコモからの乗り換えでSIMロック解除をすることなく同じ端末を使えるのです。

どれだけのメリットが感じられるのかはその人次第ですが、条件さえ満たしていれば作業がひとつ省けて楽になるものだと考えてください。

ドコモの電波網を使っているから繋がりやすい

ドコモ回線を使った格安SIMサービスでは、ドコモの電波網を使えることそのものがメリットになります。

三大キャリアと言われている各社の電波と比較しても、ドコモ回線だから良いと言えるメリットにはどのようなものがあるのか紹介していきます。

ドコモの電波はなぜ繋がりやすいのか

スマホで使われている電波は、それぞれの通信業者によって使える周波数が異なっています。

総務省から使用できる周波数帯を割り当てられる仕組みなので、それぞれの会社が自社に割り当てられている周波数帯の電波を活用しているからです。

スポンサーリンク

共通で使用している周波数もありますが、それに加えてどれだけ良い周波数を使えるのかがポイントになるのです。

ドコモに割り当てられている電波は、スマホなどで使用する電波の中でも特に適している周波数帯が多数あります。

他キャリアと比べても良質な周波数を多数持っているからこそ、ドコモの電波は繋がりやすいのです。

各端末がどの通信バンドに対応しているのかに注意

各通信会社に割り当てられている周波数帯は、バンドと呼ばれています。

ドコモであれば、バンド1と3,それと19と21と28と42が対応しているわけです。

各キャリアが販売している端末では、そのキャリアが使用できるバンドに合わせたカスタマイズが行われており、これがSIMロック解除時に大きな影響を受けるポイントになります。

SIMロック解除を使えば他社のSIMが使えるようになり、それまでのキャリアとは別の電波を使えますが、その端末が使えないバンドの電波は全く掴まないのです。

前キャリア共通で使えるバンドがあるので全く繋がらないことはありませんが、特定地域や状況で利用に影響が出る可能性はあります。

同系統の回線が使えるからこその安心感

ドコモからドコモ回線を使った格安SIMへ移行する場合、SIMロック解除が必要なだけでなく、同じ電波を使えることが安心に繋がります。

SIMロック解除をしてもバンドの違いで快適さが損なわれることはありますが、同じ回線を使っているなら使用感に違いは出ないからです。

使用する地域によって影響度にも違いはありますが、意外と気になる部分なので注意しましたい問題になります。

auやソフトバンクからドコモ回線の格安SIMへ乗り換えを検討している人は、自分が使っている端末が掴める電波の種類について調べておくと良いでしょう。

ドコモ回線の格安SIMは選択肢が豊富

通信会社として提供しているサービスは別としても、NTT系列のドコモが提供する回線は信頼度が高いです。

さらにドコモ回線はレンタル料が安いため、格安SIMサービスの多くがドコモ回線を使っています。

種類が多いことは選択肢が豊富であり、格安SIMの中でも自分に合わせた選択肢がしやすくなるのです。

各社のサービスを比較して選ぼう

格安SIMのイメージとして多いのは、料金が安いことです。

MVNOよりも「格安」SIMと呼ばれていることが多く、それだけ安さを特徴として売り出しているとわかりますが、サービスの内容は各社で異なります。

単純に料金とプランが異なるところもあれば、SNSや動画サービスのパケットフリー大賞が異なる場合もあります。

もしもその会社で提供している端末を購入することになった場合も、各社によって提供する端末は異なるのです。

ドコモ回線の格安SIMは選択肢が豊富ですが、だからこそ自分に合った通信会社を選ぶようにしてください。

選択肢が多ければ、それだけ自分の使い方にあった通信会社も見つかりやすくなります。

格安SIMを使う間に知っておきたいこと

料金面だけでいえばかなりお得な格安SIMですが、料金が安いことには安いなりの理由があります。

企業努力の範囲でコストダウンをしていますが、それ以上にサービスを限定しているからこそできる料金設定なのです。

単純に安いからという理由だけで乗り換えると後悔することもあるので、格安SIMの注意点について紹介していきます。

回線速度は不安定

どの格安SIMにも言えることですが、回線をレンタルで利用している以上、大手キャリアに比べると速度は遅くなります。

スポンサーリンク

どれだけの帯域を利用できるのかが異なるため、混雑する時間帯によっては利用に支障が出ることもあるのです。

特に12時~13時など、昼休みで多くの人がスマホを使う時間帯は、制限を受けたかのような速度になります。

SNSでメッセージのやりとりをするくらいなら問題が無くても、動画や大きめの写真を開こうとすると、待たされたり開けなかったりする場合があるのです。

キャリアメールは使用できない

フリーのメールがメインの人なら問題はありませんが、格安SIMサービスではキャリアメールが提供されていない点に注意してください。

これは通信会社を乗り換えるから使えなくなるだけではなく、そもそもキャリアメールサービス自体が提供されていないからです。

メールサービスを提供するだけで、莫大なコストが発生します。

格安SIMサービスでは、キャリアメールを提供しないことで大幅なコストダウンをしているのです。

回線はドコモでも、ドコモから乗り換えたらドコモのメールは使えなくなります。

各種Webサービスで本人確認用のメールアドレスとして登録しているなら、事前に変更しておきましょう。

対応している支払い方法が少ない

大手キャリアでは様々な支払い方法に対応していますが、格安SIMでは支払い方法が限定されています。

これに対して格安SIMでは、クレジットカードでの支払いが基本的です。

口座振替などに対応している格安SIMもありますが、この条件をつけると選択肢が一気に狭まります。

申し込みの際もWebからだけではできず、郵送や店頭での申し込みが必要になる場合も多いです。

普段からクレジットカードで支払いをしている人ならともかく、それ以外の方法で支払いをしている人は格安SIM側でどの支払い方法に対応しているのか確認しておきましょう。

キャリアごとの支払いが使えなくなる

大手キャリアでは、各種サービスでの支払いを代行してくれて、月々の料金と合わせて支払いができるサービスがあります。

有料アプリを購入する時や、ゲームなどで課金する時にも使うことができ、支払いを一括できるので便利なサービスです。

格安SIMでは、この支払いサービス自体がありません。

クレジットカードを使うか、それぞれのサービスに合わせたプリペイドカードでの支払いが必要になります。

アカウント情報さえあればサービス自体は引き続き利用できますが、各種サービスの支払いをキャリアサービスで行っていた人は注意してください。

ドコモ回線の格安SIMサービスを選ぶ時のポイント

ドコモ回線の格安SIMはたくさんの種類があるので、その中からどれを選べば良いのか迷ってしまいます。

ひとつひとつをしっかりチェックしていく方法も効果的ですが、自分の中で比較する際の基準を作るようにしてください。

その中でも重要なのは、使いやすいプランがあるのかと通信速度が出るのかです。

どんな目的で使うのかによってベストなプランは変わる

格安SIMの種類によって、提供されている料金プランにも違いがあります。

ただしドコモ回線を使っている業者に限定した場合、それぞれ同じ回線を使っているのですから料金は似たような状態です。

そこでポイントになるのが、どれだけの容量を自分が使って、それに対して一番お得なプランは何かで探すことです。

スポンサーリンク

自宅でWi-Fiを使っている人なら、外での通信に使う容量は3GBもあれば十分です。

それに対して大容量であればあるほどお得なプランを契約しても、宝の持ち腐れになってしまいます。

データフリープランで選ぶ

格安SIMのプランには、特定のサービスを使う時だけデータフリーになるものがあります。

これはどのサービスと提携するのかによって変わるところもありますが、動画サイトに強いところもあればSNSに強いところもあるなど、細かな違いがあるのです。

自分が一番使うサービスがデータフリーで使えるなら、通信料金をかなり節約できます。

気になる人は、自分のスマホの設定からどのアプリが通信しているのかをチェックしてみてください。

その中で上位のサービスがデータフリーで使えるプランがあるなら、選択肢に入れて損はありません。

通信速度がしっかりと出るのか

いくら料金が安くても、通信速度が遅かったら意味はありません。

文字ベースでのやりとりが多いなら速度はあまり気になりませんが、Webサイトを見る時の読み込み速度が遅いとストレスになります。

特に広告が多いサイトになると、なかなか表示されずタイムアウトになってしまうこともあるのです。

同じ回線を利用しているからと言っても、各サービスで同じ速度が出るわけではありません。

各業者が割り当てられた帯域をそれぞれのユーザーが共用しているため、利用者が多くなると速度の低下が起きてしまうのです。

格安SIM業者の回線速度は実測値でチェック

その業者がしっかりと速度を出せるのかをチェックするなら、格安SIM業者が公表している最大速度は目安で考えてください。

そこに表示されているのは「最大速度」であり、実際にその速度が出るとは限らないからです。

例えばBIGLOBEモバイルは受信時最大1288Mbpsとなっています。

光回線よりも速く、格安SIMとは思えないくらいの数字ですが、実測値は10Mbps以下がほとんどです。

最大速度は、その格安SIM業者が用意している設備の最大値であり、混雑具合や電波状況によってどんどん低下していきます。

最大値が高ければそれだけ設備に力を入れているので目安になりますが、目安はあくまでも目安なのです。

各種格安SIMの速度を比較しているサイトを参考にする

格安SIMの速度を比較しているサイトなどでは、時間帯による違いや場所による違いも含めて、かなり細かい情報をまとめてくれています。

100%自分の利用する地域と合致するとは限りませんが、同じ条件で比較してその差を確認できるのでとても参考になります。

できるだけ新しく、多くの情報を有しているサイトは参考になりますが、特定の格安SIM業者がどれだけ速度を出せるのかをチェックするなら個人サイトやSNSでも十分です。

ドコモ回線を使っている格安SIMサービスを紹介

格安SIM業者は多数あり、その中でドコモ回線を使っているところに絞り込んでも、かなりの数があります。

その中でも注目度の高い業者の情報を紹介します。

どんな業者があるのか知りたい人は、是非参考にしてください。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

幅広いデータプランが用意されており、特に20GBで月額5,720円(税込)のプランはコストパフォーマンスが高いです。

スポンサーリンク

複数端末でシェアできるシェアSIMがあるので、家族で活用できます。

格安SIMの中では珍しい、データ繰り越しに対応しているのも注目ポイントです。

LINEモバイル

LINEMO

LINEアプリやTwitterにFaceBookにインスタグラムなど、SNSのデータフリーが魅力的です。

10GBの音声通話SIMは月額3,872円(税込)とバランスが良く、1GBなら月額550円(税込)となっています。

ラインをフル活用している人におすすめです。

楽天モバイル

基本的な価格は少し高めですが、楽天会員なら割引サービスが適用されます。

高速通信が使える容量を超過した後でも、最大1Mbpsで使えるのも注目したいポイントです。

楽天会員なら、検討してみて損はありません。

IIJmio

IIJmio(みおふぉん)

通信プランは3GBからとなっていますが、家族でのシェアに強い格安SIMです。

12GBプランでは、最大10枚のSIMカードが使えます。

契約期間による拘束がゆるめで、1年利用すれば乗り換えができるところもチェックしておきたいポイントです。

mineo

mineo(マイネオ)

細かく刻まれた幅広いデータプランがあるので、毎月の使用料に合わせて選択肢が豊富にあります。

試しに使ってみたい人のために、330円(税込)で利用できるSIMカード(容量は200MB)が用意されているので、格安SIMに興味があるので試してみたい人にお勧めです。

nuroモバイル

最大容量は12GBとなっていますが、必要に応じてデータ通信量を追加購入できるので、柔軟な対応ができます。

さらにデータの繰り越しにも対応しているので、無駄なく利用できるところもポイントです。

330円(税込)のお試しプランもあります。

OCNモバイル

OCNモバイルONE

20GBの音声プランが4,983円(税込)とお手頃価格で提供されています。

コース変更は毎月可能なので、自分の使い方に合わせて事前にプラン変更ができます。

通話が多い人のために10分かけ放題プランも用意されているので、バランスよく使える格安SIMです。

b-mobile

ドコモ回線とソフトバンク回線を選択できる格安SIM業者で、利用料に応じて月額料金が変わる料金プランになっています。

もちろん上限容量を決められるので、使いすぎが心配な人でも安心です。

制限は6GBからで、他に10GBと15GBが選択できます。

U-mobile

25GBで月額3,168円(税込)という激安プランが魅力的な格安SIMです。

専用アプリの「U-CALL」を使えば通話料が半額になるなど、通話利用が多い人にとってもうれしいサービスとなっています。

電話機能を重視する人におすすめです。

スポンサーリンク

自分に合っているのかどうかで格安SIMを選ぼう

ドコモ回線の格安SIMを選ぶ時は、自分の使い方に合っているのかどうかがポイントです。

いくらお得なサービスがあっても、自分の使わないサービスなら魅力は半減します。

どのタイミングで乗り換えるのがベストなのか、そして乗り換え先はこれまで通りの使い心地を維持できるのかで考えるようにしましょう。

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事