ドコモ

ドコモオンラインショップからMNPで届くまでの流れを紹介!事務手数料や頭金はいるの?

他社からドコモへの乗り換えを検討しているけど、MNPをするためにはドコモショップへ行かなければならないと考えている人は多いです。

もちろんその考え方自体は間違っていませんが、ドコモショップだけではなくドコモオンラインショップでもMNPの手続きはできます。

MNPをするためにはどうすれば良いのか、そもそもMNPとは何か、実際に手続きをして端末が届くまでなど気になる情報を紹介していきます。

MNPとは何か

MNPとは「Mobile Number Portability」を略した言葉で、携帯電話番号ポータビリティとも言われています。

通常、携帯電話番号はそれぞれの通信事業者が割り振るものです。

そのため解約をして他社と契約をする際は、電話番号が変わります。

MNPを活用すれば、もともと自分が使っていた電話番号はそのままで他社へ乗り換えられるのです。

携帯電話番号がそのまま使えるなら、連絡先の変更にかかる手間も最小限で済みます。

MNPを活用するためにはクリアしなければならない条件もありますが、電話番号を変えたいと思っているような事情がなければ活用したいサービスです。

MNPをするときの流れ

MNPの手順は、大きく分けて2つあります。

移行前の会社での手続きと、移行先の会社での手続きです。

2つの会社をまたいで手続きをする必要があるので混乱する場合もありますが、実際の手続きは難しいものではないので大丈夫です。

最初に移行前の会社で手続きをして、MNP予約番号を取得します。

そしてその予約番号を使って移行先の会社で手続きをするだけです。

この予約番号発行は専用の電話窓口で対応してくれるので、わざわざ各キャリアのショップまで足を運ぶ必要はありません。

MNPをするときの注意点

ahamo

MNPを利用するときには、気をつけたいポイントがいくつかあります。

実際に手続きをするときに分かることですが、事前に知っておくことで混乱することもなくなります。

それぞれの通信事業者によって違いがあるところにも注意しましょう。

乗り換えにはお金がかかる

MNPでの乗り換えをするときには、手数料が必要です。

それぞれ「MNP転出手数料」と「MNP転入手数料」という名前です。

MNP転出料は3,300円(税込)となっているところが多く、ドコモのMNP転入手数料は2,200円(税込)です。

MNP予約番号は有効期限がある

移行前の通信事業者で発行してもらったMNP予約番号は、発行日から15日間使えるものです。

その有効期限を過ぎても使わずにいた場合、予約番号は無効になり再度発行してもらう必要があるのです。

番号の発行自体はすぐにしてもらえるので、移行先の通信事業者(ドコモ)で手続きをする直前に発行してもらえば失効することはありません。

MNP予約番号を使わず失効してしまっても、費用はかかりません。

スポンサーリンク

契約解除料はドコモ側での手続きをする際に請求されるからです。

それでも再度連絡して番号を発行してもらうのは面倒なので、MNP予約番号を発行してもらったらすぐ使うようにしましょう。

MNPで引き留められることがある

移行前の通信事業者にMNP予約番号の発行をお願いするときには、引き留めが発生することもあります。

契約者を減らしたくないと考えているのだから当然ですが、そこで機種変更に使えるポイントをもらえることがあるのです。

スマホを使えない期間はあるのか

MNPをする人の中には気になる人もいるポイントですが、MNPをするからと言ってスマホが使えなくなる空白期間は発生しません。

移行前の通信事業者とドコモとの間ではスムーズに手続きが進められるので、その間は電話も使えなくなるということもないのです。

現在使っている端末を下取りに出す場合も、事前に送る必要はありません。

ドコモ側で手続きを終えて新しい端末が使えるようになってから、古い端末を送ります。

下取りを利用せず、何かあったときのために持っておく方法もあります。

モバイル通信は使えなくても、Wi-Fiでなら使えるからです。

キャリア発行のメールアドレスは使えない

通信事業者が発行する、いわゆるキャリアメールはMNP対象外です。

そもそもMNPは電話番号が対象になり、メールアドレスなど@の後ろは各通信事業者独自のものなので、移行できない仕組みになります。

解約をするのにメールアドレスだけ使わせてくれるものではないからです。

もともとキャリアメールを使っていない人なら気にならないことですが、本人確認用のメール受け取り先としてキャリアメールを登録している人もいます。

自分が利用しているサービスで、キャリアメールを使っているのかどうかは確認しておくと良いでしょう。

ドコモオンラインショップでMNPをする

MNPについての注意点がわかったら、あとはそのことに注意してドコモオンラインショップでの手続きをしていきます。

実際に端末を購入するところから始めて、どれだけの期間でできるのかも含めて紹介していきます。

MNPをするために必要なもの

ドコモオンラインショップで手続きをするためには、本人確認書類が必要です。

運転免許証や健康保険証があれば問題ありません。

オンラインショップなのに本人確認書類はどうやって使うのかと疑問に思う人もいますが、ドコモオンラインショップのサイト上で本人確認書類の画像を添付する方法になります。

スマホで写真撮影したものやスキャナーでスキャンしたものがあれば大丈夫です。

もうひとつ、ドコモオンラインショップを利用するためには「dアカウント」が必要になります。

これはあらかじめ作ることもできますが、手続きを進める中で作成を求められるので、好きなタイミングで用意すると良いでしょう。

ドコモで使う機種を選ぶ

MNPの手続きをする前に、まずは契約後に使う端末を選びます。

ドコモオンラインショップの「機種を探す」から進み、自分がほしい端末を選びましょう。

スポンサーリンク

そこで注意したいのが「お手続き情報」のところで「のりかえ(MNP)」を選ぶことです。

ここを選ぶことで、通常の新規契約ではなくMNPでの手続きフォームへ進めます。

MNP予約番号を入力する

ショッピングカートへ入れた端末で問題なければ「購入手続きに進む」を選んで先へ進みます。

次に開いたページでは、MNP予約番号に関する情報を入力します。

予約番号、転入予定の携帯電話番号、予約番号の3つが必要なので注意してください。

予約番号だけ用意していれば良いと考えている人もいますが、申し込むフォームでは複数の情報で確認をとるようになっています。

ここでの情報に誤りがあれば先へ進めず、正しい手続きを取ることができないのです。

また申込時点でドコモが展開しているキャンペーンが適用される場合は、それを使うのかどうかも選択できます。

必要事項を入力して本人確認書類をアップロード

MNP予約番号を入力してそのまま進んでいくと、名前や生年月日に性別、ほかには住所などの必要項目を入力していきます。

そして本人確認書類をアップロードするフォームが出てくるので、種類を選択して画像をアップロードします。

その後は料金プランや支払い方法を選択することになるので、自分の使い方に合わせたものを選びます。

これらの情報は契約後も変更できるものなので、実際に使ってみてほかの方法が良いと思ったら、サイト上で変更しましょう。

商品受取方法と各種オプションの選択

ページを進んでいくと「商品受取方法」を選択することになります。

ここでは「宅配(自宅)」と「ドコモショップ受取」が選択できるので、希望する方法を選びましょう。

ドコモショップが近くにあって、一人暮らしをしていて家にいる時間が限られている人なら、ドコモショップ受取にすると好きなタイミングで受け取れます。

ドコモでは様々な有料オプションを用意しているので、必要なものがあれば選びます。

キャンペーン適用でお得になるものもありますし、この時点では申し込まなくても後から申し込んだり解約できたりするので安心してください。

商品購入代金の支払い方法を選んで完了

最後に「商品購入代金のお支払い方法」を選択します。

通常利用するときの料金支払い方法とは別に、本体料金をどのような方法で支払うのかです。

支払用のクレジットカードを使う方法、別のクレジットカードを使用、代引き払いから選択できます。

これでドコモオンラインショップからMNPするときの手続は完了します。

あとは実際に商品が発送されて、到着するのを待つだけです。

契約に必要な情報を入力するだけなので、ほとんど迷うことはありません。

プランや支払い方法は、事前に決めておくとスムーズに進められます。

ドコモオンラインショップでのMNP手続から到着まで

ホームページを見ると、ドコモオンラインショップでMNP手続をする際には、約10日間かかると書いてあります。

スポンサーリンク

新規契約をする場合は3~4日でできることを考えると少し待たされる印象ですが、これはかなり余裕を持って日数を提示しているのです。

商品がすぐに出荷できるのかによって期間も変わってきますが、MNPでも4日ほどで端末は到着します。

在庫の有無やお届け先によって変わるので確実に4日とは言えませんが、10日かかることはまれです。

ドコモオンラインショップでMNP手続をするなら知っておきたいこと

実際にドコモオンラインショップを使ってMNPをする流れを見ていきましたが、ドコモショップでも良いのではと考えている人もいます。

そこでドコモオンラインショップを利用することでどんなメリットがあるのか、注意しなければならない点はあるのかを紹介していきます。

ドコモショップを利用するべきか、ドコモオンラインショップにするべきかで迷っているなら是非参考にしてください。

キャンペーンを使ってお得にMNP

ドコモオンラインショップでは、頻繁にキャンペーンを行っています。

いつもチャンスがあるとは限りませんが、タイミングが合えばdポイントを大量に獲得できるなど、様々な得点を得られるチャンスです。

今すぐMNPしたいなら待つ必要はありませんが、キャンペーン期間内にどうするべきか迷っているなら、チャンスは積極的に活用したいものです。

頭金や事務手数料がかからない

ドコモオンラインショップを使ってMNPすると、ドコモショップを利用するよりもお得なところがあります。

通常、ドコモショップを利用するとショップ独自の手数料になる頭金や、ドコモとしてのサービスに対する事務手数料が発生します。

ドコモオンラインショップを利用すると、これらの料金が0円なのです。

開通手続などは全部自分でする必要はありますが、これらの手数料を合わせると数千円以上になるので、節約できるなら大きなメリットになります。

新しいスマホのオプション品を買おうと思っているなら、ここで浮いた分のお金を回すのも魅力的です。

いつでも好きなときに申込みができる

ドコモショップまで遠いところに住んでいる人や、忙しくてなかなか時間がとれない人にとって、店舗まで足を運んで手続をするのは面倒です。

ドコモオンラインショップを利用するなら、ネットから簡単に手続ができます。

受付時間のことを気にする必要もないので、思い立ったらすぐに手続ができます。

もちろん待ち時間もありません。

基本的に送料無料

通販サイトを使うときに気になるポイントが、送料の問題です。

ドコモオンラインショップでも送料の設定はあるのですが、2,750円(税込)以上の購入なら送料無料になります。

そしてスマホなどの端末が2,750円(税込)より安いことはないので、実質送料無料です。

困ったことがあればチャットサポートを活用できる

ドコモショップでの手続をするなら、ショップスタッフのサポートが受けられます。

このサポートが受けられるのかどうかですが、ドコモオンラインショップではチャットサポートが用意されています。

チャットが利用できる環境なら、気になるポイントを確認しながら作業できるので、安心して作業を進められます。

到着まで時間がかかるところに注意

ドコモオンラインショップを利用してのMNPには、多くのメリットがあります。

スポンサーリンク

それとは別にデメリットになることもあります。

通販形式だから時間がかかるのです。

早ければ約3日で到着しますし、最長で10日ほどの時間がかかります。

少しでも早くMNPを活用したいと考えるならドコモショップを利用する方法が一番ですが、そこまで急いでいないならドコモオンラインショップと考えると良いです。

実機に触っての確認はできない

ドコモオンラインショップでは、ネット上ですべてのやりとりが完結します。

それはそれで良いことですが、実際に購入しようとしている端末に触って確認することはできません。

これはデメリットになりますが、スマホのモックを触るだけなら家電量販店でもできます。

また事前にタイミングが合ったときにドコモショップへ行って確認するのも良いでしょう。

ドコモショップへ行くことが面倒な人にとっては解決できないデメリットかもしれませんが、手数料の節約をメインで考えている人なら特に気になる問題ではありません。

自分の環境に合わせてどの方法にメリットがあるのかを考えてみましょう。

端末到着後は開通手続をする

ahamo

ドコモオンラインショップでMNP手続をして実際に端末が届いたら、セットアップと開通手続をします。

この作業自体も特に難しいことはありません。

セットアップはスマホを使い慣れている人なら迷うことはなく、インターネットで調べれば詳しく説明しているサイトは見つかります。

開通手続もドコモのサイトを使うか、電話をかければすぐにできます。

機種変更の手続と異なるところがあり、電話の場合はオペレーターに作業をしてもらう必要があるので、151に電話をかけてガイダンス通りに進んでいきます。

受付時間は午前9時から午後8時なので注意してください。

切り替えのタイミングに注意

MNPは2つの回線事業者をまたいでの作業になるので、タイミングに注意しましょう。

1日づけで作業をすれば良いのですが、それ以降になると元の回線事業者での料金が発生してしまいます。

さらにはMNP予約番号の有効期限もあるので、しっかりとスケジュール管理をするようにしてください。

ドコモオンラインショップを使ってお得にMNPをしよう

実際に調べてみると、ドコモオンラインショップを使ってのMNPでは、注意しなければならないポイントがいくつも見つかります。

いろいろと面倒に思えるかもしれませんが、期限とタイミングに注意して、自分で作業ができるのかを考えてベストな方法を選ぶようにしましょう。

要点さえ押さえられれば、難しい作業ではありません。

【公式】ドコモオンラインショップ

【公式】ギガホ・ギガホライト

【公式】ahamo

スポンサーリンク
iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事
ドコモ

機種変更するならドコモオンラインショップがいいって本当!?メリットとデメリットを徹底チェック

2020年1月20日
オリラボ通信
ドコモの携帯・スマホを機種変更したいと思う場合、これまではユーザーが実店舗へ行って窓口で受付をするという方法が一般的でした。 ただ最近では …