ドコモ

ドコモオンラインショップでの下取りプログラムはお得?

ドコモで携帯電話を買い替えるときに、今まで使っていた携帯電話をどうするか検討している人も多いのではないでしょうか。

そんな時に知っておいてもらいたいのが「下取りプログラム」。

これは、ドコモで携帯電話の新規契約は機種変更をするときに、今使用している携帯電話を「下取り」に出すことで、新しい携帯電話の購入代金を割引してもらえたり、ドコモのポイントサービスdポイントにポイントを加算してもらえるというサービスです。

オンラインショップか、店頭か?2つの下取り方法を比較!

ドコモの携帯電話の下取りは、郵便で送るドコモオンラインショップでの下取りとドコモショップなどの店頭に持ち込んで行う店頭での下取りの2つの方法があります。

わざわざドコモショプまで足を運ぶことなく、郵送で済ませでしまいたいと思う反面、郵送で本当に大丈夫なのだろうかという不安などもあり、どちらの方法が良いかと悩む人もいるのではないでしょうか。

ドコモオンラインショップでの下取り(郵送で行った場合)の良い点

ドコモオンラインショップで下取りを行う場合、すべての手続きを郵送で行う郵送下取りになります。

郵送であれば、この手続きを待ち時間なくできるので、時間に追われることなく自分の都合の良い時に出来るのが利点です。

また、ドコモショップなどの店頭で新規購入や機種変更をすると、事務手数料や頭金がかかることがありますが、ドコモオンラインショップで申し込みをすると、事務手数料などが発生しないので大変お得と言えるでしょう。

ドコモショップなどの店頭での下取りの良い点

ドコモショップなどの店頭で下取りを行った場合、何よりもスピーディーに下取りから機種変更までスムーズに終わるということです。

また、携帯端末をディスプレイしているので、新しい携帯機種を実際に見て、触って確認することが出来るのもメリットです。

もし、何か分からないことがあれば、すぐにドコモショップや量販店で働いている社員の人に確認をすることができ、安心感が持てるでしょう。

店頭であれば、その場ですべて終わるので早く下取りをし、機種変更をしたい人にはおすすめです。

ドコモオンラインショップでの下取り(郵送で行った場合)の悪い点

下取りを郵送で行った場合は、自分自身でデータ移行や初期化の設定を行う必要があります。

決して難しい作業ではないのですが、このような作業があまり得意ではない人には、失敗してデータがすべて消えてしまうのではないかという不安が生まれます。

また、店頭に出向かないため、新しい携帯端末を実際に見ることが出来ず、本当にこの機種でいいのかなという心配にもつながります。

ドコモショップなどの店頭での下取りの悪い点

ドコモショップなどの店頭は、時間帯にもよりますが、常に込み合っているイメージがあります。

一人一人の手続きなどに時間をかけて対応してくれるのはうれしいのですが、長い待ち時間はストレスの原因です。

店頭に出向き、長時間待たされたなんて言う話はよくあることです。

また、携帯電話の下取りに出すときに、事務手数料などが発生する可能性がありますので、時間に余裕のない人や、余分な手数料を支払いたくない人にはおすすめ出来ません。

ドコモオンラインショップでの下取りの手順は?

データ移行や初期設定など、すべてを自分自身で行わないといけないドコモオンラインショップの手続きは、いまだに不安だと感じる人も多いのではないでしょうか。

では実際にドコモオンラインショップで下取りを行う場合には、どのような手続きが必要なのでしょうか。

「下取りプログラム」の申請

ドコモオンラインショップで下取りプログラムを申請する場合、新規購入や機種変更などの手続きと同時行うことが出来ます。

まず、ドコモオンラインショップのウエブサイトにいき、「料金/割引/キャンペーンお申込みのご確認」の下部分に「下取りを申し込む」が表示されるので、その「下取りを申し込む」をクリックします。

使用している携帯電話が下取りプログラムの対象外の場合には、「下取りを申し込む」を選ぶアイコンが画面にありません。

またドコモオンラインショップで申請をした場合は、郵送のみの下取りになります。

スポンサーリンク

データをバックアップ

次に新しい携帯電話端末にデータが移せるように、古い携帯端末のデータをバックアップします。

バックアップを取っておくことで、新しい端末へのデータ移行がスムーズになり、また、携帯電話を紛失してしまったときにも大変役に立ちます。

また、ドコモのスマートフォンやタブレットの場合は、「ドコモデータコピー」というアプリが大変便利です。

携帯電話に入っているデータを、microSDやデータ保管BOXへのバックアップが可能です。

データ移行と初期化

そしていよいよデータ移行です。

携帯電話を下取りに出した後は、ドコモの方で携帯電話を初期化してしまうため、このタイミングでデータ移行を忘れずにしなければなりません。

データ移行する際には、携帯端末などにインストールされているドコモデータコピーやドコモバックアップなどを利用すると簡単に出来るのでおすすめです。

やり方が分からない場合は、ドコモのサポートセンターに電話をしたり、チャットでも対応が可能なので、ドコモの社員が分かりやすく説明してくれ安心感が持てます。

そして、データを移行したら、携帯端末を初期化しましょう。

自分のプライベートなデータなので、下取りするときに初期化せずに渡してしまい、万が一データが漏洩されたなんてことにもなりかねません。

下取りされた携帯端末は、ドコモ側でもデータの初期化を行い第三者に売られていきます。

そう思うと、ドコモ側でも携帯端末が初期化されるとはいえ、自分でも行うことが必要であるということが分かります。

「送付キット」の到着

「下取りプログラム」の申請を終えたら、数日後に「送付キット」が届きます。

この送付キットには、「携帯電話機・ポイント交換申込書」や「下取りプログラム申し込み手順書」、また「返信用レターパック」や「エアクッション」が入っています。

これらには、どのように携帯端末をドコモに送るかなどの内容が記載されていて、すべての書類に漏れのないように細かくチェックする必要があります。

携帯電話端末と書類を発送

書類の記入が終了したら、送付キットに入っていたエアクッションで端末を包み、書類と一緒に送りましょう。

ここで再度、携帯端末のデータはちゃんと移行されているか、また携帯端末の初期化はされているかチェックしてください。

この送付キットは、申込月から数えて、翌月末まで有効です。

ドコモ側での検品作業

下取りされる携帯端末と書類がドコモに届いたら、だいたい10日内にはすべてが完了します。

なぜ10日間ぐらいかかってしまうかは、下取りに出した携帯端末に、dポイントが付与されるのに期間を要するためです。

そして携帯端末がきちんと下取りの対象基準に満たしているかどうかの調べるためのようです。

提出した書類と携帯端末の両方に不備がなかった場合は、検品が終了した翌日に、一括でdポイントが贈られます。

もし不備があった場合は、送付キットの送付先に返送されてしまいます。

ですので、下取りに出す前に、ドコモに送付する書類と携帯端末の再度のチェックが必要なのです。

ドコモオンラインショップでの下取り金額は?

ドコモオンラインショップの下取りプログラムでは、すべての機種がこのプログラムの対象というわけではありません。

スポンサーリンク

もちろん新しい機種ほど下取りの金額は高くなりますが、画面が割れているなどダメージがある場合は、下取り金額も下がってしまいます。

下取りプログラムでは、最大で77,999円(税込)の割引も可能なのです。

とりあえず古い機種だから下取りプログラムの対象外だと諦めずに、ドコモに問い合わせすることをおすすめします。

また下取りに出すことができる機種は、そのタイミングごとに代わり、金額も変わりますので、事前に対象機種や下取り金額を確認する必要があります。

下取り価格は2020年1月時点のもの。

ドコモが販売したiPhoneの下取り

最近とても人気のあるiPhone XS(64GB)の場合は、何もダメージがない良品であれば47,800円(税込)となかなかの高額な下取り価格になります。

しかし、画面が割れているなどのスクリーンへのダメージがあった場合は、14,300円(税込)と大幅に下がってしまいます。

そして機能に不良が見られる場合は、4,840円(税込)とさらに下取り価格は低下です。

また、古い機種では、iPhone 6(16GB)は良品であっても2,200円(税込)の下取り価格で、画面が割れている場合や機能に不良が見られる場合などは100円(税込)とさらに下取り価格は下がります。

しかし、もう使用することもない携帯端末だし、どっちみちゴミになってしまうんだと思えば、100円(税込)でも悪くはないと思う人もいるかもしれません。

auとSoftbankが販売したiPhoneの下取り

最新のiPhone XSの場合は、ドコモが発売したiPhone XSの下取り価格とあまり変わりはなく、良品であれば47,000円(税込)、画面ダメージの場合は14,100円(税込)、機能不良品は3,800円(税込)です。

また、iPhone 4とiPhone 4S(16GB/32GB/64GB)は、良品であっても999円(税込)、機能不良品であればやはり100円(税込)と低価格です。

iPadの下取り

iPadの下取り価格は、12.9インチiPad Pro(第1世代)は、良品であれば26,000円(税込)、画面割れは7,800円(税込)、機能不良の場合は、2,600円(税込)です。

iPad miniやiPad はとても古いタブレットですが、下取り価格も低くなっていて、良品でも999円(税込)、機能不良になればやはり100円(税込)です。

Androidのスマートフォン、タブレット、ドコモ ケータイの下取り

Galaxy S10+ (Olympic Games Edition) SC-05L は良品であれば57,500円(税込)とかなり高額な下取り価格になっています。

これは、どれだけ新しい携帯端末かによっても金額が違うことが分かります。

これだけ下取り価格で割引やポイントがもらえれば、新しい携帯電話を買うときに相当の割引が見込めるのはうれしいことです。

ドコモのオンラインショップでの下取り条件とは?

携帯端末を下取りしてもらう場合、すべての携帯端末が対象というわけではありません。

いくつかの下取り条件があり、それをクリアする必要があります。

「契約時」に必要な下取り条件

下取りプログラム使用する条件の一つには、下取りプログラムの申し込みと同時にドコモで端末の新規購入や、ドコモ以外で購入した携帯端末をMNPで機種変更の申し込みをする必要があります。

これは、あくまで契約時や機種変更時の「同時」申し込みが必要ですので、契約した後に下取りプログラムを申請するということはできません。

そして、dポイントクラブかドコモビジネスシーンプレミアクラブのいずれかに加入していることも、下取りプログラムを利用するための条件となっています。

携帯電話端末の状態も関係してる?

携帯端末の状態によっても下取り価格は変わってくきます。

画面にひびが入ったり割れてしまっている場合は、大幅に下取り価格が下がってしまうようです。

また、大きな問題なく携帯電話が使用できるのか、初期化はちゃんとされているか、ネットワーク利用制限がかかっていないか、改造はされていないかなどが、主な下取りの条件となっています。

あなたの携帯端末は購入履歴がある?

機種変更による下取りの場合は、購入履歴のあるドコモの携帯端末が必要です。

スポンサーリンク

これは、ドコモオンラインショップだけでなく、店頭での下取りも同じことが言えます。

つまり、携帯端末を家族からもらったり、ドコモから直接買ってないような、自分がドコモで購入したという履歴がなければこの下取りプログラムの対象外となってしまいます。

ドコモオンラインショップでお得に下取りをしよう!

ドコモオンラインショップでの下取りプログラムは、今まで使用していた携帯端末をドコモ側に返すことで、新規契約や機種変更をするときの割引やdポイントが付与されるというサービスです。

そして、この下取り金額は、携帯端末の状態や時期(タイミング)によって変動します。

携帯端末を大切に、きれいに使おう!

携帯端末の下取りを考えている人は、携帯電話を落としたり傷をつけたりしないように、日ごろから気を付けましょう。

なぜならば、携帯端末が良品であればあるほど、下取り価格は上昇するからです。

携帯電話を落としてしまって、画面が割れてしまったら、下取り価格はさがってしまうのです。

出来る限り高く下取りをしてもらえるように「携帯電話を綺麗に使おう!」と頭の隅に置いておいておきましょう。

画面が割れてしまった時携帯端末の下取りは?

画面が割れてしまっている携帯端末の場合、下取り価格は通常の良品の下取り価格より大幅に下がってしまいます。

画面が割れている携帯端末を下取りに出すのは、お得感を得られるかというとそうではないようです。

画面の損傷を直してくれるお店もあり、最近ではリーズナブルな価格で直ることもあるので、画面をリペアしてから下取り出すというアイデアも悪くはないかもしれません。

総合的に考えて、画面が割れたまま下取りを出すのか、画面をリペアしてから下取りに出すのか、もしくは画面が壊れてしまっていて下取りに出してもお得感を感じないから下取りに出さないか、などどちらがいいかを判断することが大切です。

ドコモオンラインショップでの下取りプログラムはお得?

最近は、最新の機種が非常に高いため、今まで使用していた携帯端末の下取りから得る割引やポイントは重要な資源となっています。

また、ドコモオンラインショップで申請できる下取りプログラムは、店頭に出向き長い待ち時間をさけることがで、快適に下取りが出来ると言えるでしょう。

ドコモから送られてきた書類などを間違いなく記入し、今まで使用していた携帯端末をドコモに送り返すだけの簡単作業です。

ただデータ移行や初期設定など自分で行わないといけないことがあり、不安を抱える人もいると思いますが、ドコモサポートセンターに電話をすれば、親切に案内してもらえるので非常に便利です。

そしてなんといっても、店頭なら事務手数料がかかりますが、ドコモオンラインショップなら事務手数料は無料なので大変お得です。

これから機種変更などを考えていて、下取りに興味のある人は、このドコモオンラインショップで申請できる「下取りプログラム」がおすすめです。

【公式】ドコモオンラインショップ

【公式】ドコモ/ギガホ・ギガホライト

関連記事