光回線

アパートで光回線を導入するためには?入居前にチェックしておきたいポイントを紹介

アパートに住んでいる人や、これからアパートへ転居しようと考えている場合には、以前と同じような環境で生活できるのかは大きなポイントです。

その中でも重要な要素のひとつとして、光回線は同じように使えるのかを事前にチェックする必要があります。

固定回線なら光回線は当たり前と言えるくらい普及しましたが、アパートによっては契約できない場合もあるので注意しましょう。

アパートで光回線を導入するパターン

光回線にも色々な種類があります。

一戸建てのような建物なら迷うことはありませんが、その建物の構造によってすぐに契約できる場合もあれば、改めて光回線を引いてもらう必要もあるのです。

まずは、自分が住んでいる・住もうと考えているアパートの光回線状況についてチェックしていきましょう。

光回線が導入されていないパターン

固定回線を利用するなら光回線がベストな状況ですが、それでも多くの人がそれを必要としているわけではありません。

すでに光回線を導入しているアパートもあれば、全く手つかずの状態もあるのです。

その環境で光回線の契約をするためには、大家さんか管理会社の許可を得る必要があります。

光回線を通すためには工事が必要です。

アパートの構造そのものに手を加えることになるので、住人が勝手に依頼することはできません。

まずは光回線の導入を提案し、そこから工事が始まって契約できるようになるまで、かなりの時間がかかることもあるので注意してください。

場合によっては数か月待つことにもなるので、できるだけ早く動くようにしましょう。

各部屋までは光回線が導入されていないパターン

アパートによっては、光回線の導入だけはされている場合があります。

これは共有部分まで光回線が通っている状態で、そこから各部屋までは導入されていない状態です。

この状態であれば、大家さんや管理会社へ許可を求める必要はありません。

すでに配線ができている状態なら、後は回線業者側で手配して工事をしてもらえます。

この工事自体もそれほど時間がかかるものではないので、申し込みをしてから比較的早い段階で光回線を導入可能です。

工事の際には立ち会いが必要なので、その点は注意してください。

すでに各部屋まで光回線が導入されているパターン

アパート側で光回線が利用できるように準備してくれているなら、契約さえすればすぐにでも光回線を使えるようになります。

室内の配線に関しては自分でする必要はありますが、その設定自体も特に難しいものではありません。

回線業者によってはサポートサービスも提供しているので、自信が無い人はそういうサポートを利用するのもひとつの方法です。

アパートに導入されている光回線の種類を調べる

光回線が導入されているのかどうかは、大家さんか管理会社へ確認すればすぐに分かります。

自分が契約したい光回線業者のサイトから調べることもできるので、そこで調べてもらう方法なら効率的です。

実際のところ、大家さんは光回線が導入されていることまでは把握していても、それ以上の情報について把握していないケースもあるので注意しましょう。

スポンサーリンク

自分が契約したい種類の光回線が導入されているのか確認

光回線にも、いくつかの種類があります。

その中でどの光回線が導入されているのかによって、自分がするべき契約の種類も変わってくるのです。

これは大きく3つに分かれるので、それぞれの回線業者のサイトから調べると良いでしょう。

代表的な光回線としては、NTT系列のフレッツ光があります。

国内でもトップシェアの実績があり、アパート側で導入している光回線としても代表的です。

次にあるのが、NTT系列では無い独自の光回線です。

auひかり、NURO光などが代表的で、NTT以外だとしたらまずこの種類の光回線になります。

最後に電力会社系の光回線です。

こちらはケースとして少ないものの、可能性としてはあるのでチェック対象として忘れないようにしましょう。

導入されている光回線とは別の業者と契約したい場合

すでに光回線が導入されているとしても、それが自分の希望する光回線業者では無い場合があります。

例えば、料金面では問題なかったとしても、その光回線業者では速度があまり出ない場合です。

そういうときは、改めて戸建て用の光回線契約をする方法が使えます。

アパートに導入されている光回線として代表的なのは、マンションタイプと呼ばれるものです。

これはその建物に導入されている光回線を各住人で分けて使うもので、料金面では戸建ての光回線よりも安くなります。

その反面、住人がどれだけインターネット回線を使うのかによって、回線速度が変わってくる点に注意してください。

アパートのような集合住宅で光回線を使う場合、回線のキャパシティが不足していると速度が全然出ないこともあります。

せっかく光回線の契約をしたのに、数Mbpsしか出ないなんてことになったら料金がもったいないです。

戸建てプランの光回線を導入するために必要なこと

自分が契約したい光回線が無いので戸建てプランをアパートで利用したい時には、大家さんや管理会社と交渉する必要があります。

これは「光回線が導入されていないパターン」と同じで、改めて工事をして光回線を引くことになるので、その許可を得る必要があるからです。

これはアパートによって異なるので、事前に調べておくと良いでしょう。

例えばこれからアパートへ転居する予定がある場合、事前確認として光回線の有無、そして戸建てプランを引いても良いのかです。

こういう確認を事前にできているのかどうかで、トラブルが起きる可能性は低くなります。

そのアパートで光回線がどれだけ使われているのかは、実際に自分が使ってみなければ分かりません。

住人一人一人に聞いて回るわけにもいかないからです。

時間帯や休日によって変わることもあるので、しっかりチェックしていく必要があります。

スポンサーリンク

戸建てプランの光回線は料金が高くなるので注意

戸建てプランの光回線は、マンションタイプよりも値段が少し高くなります。

それほど大きな負担にはなりませんが、速度が安定しているなら安いマンションタイプでいた方が経済的なのです。

しっかりと速度が出てくれないと困るという人なら最初から戸建てタイプの契約を前提に考えても良いですが、使い方次第なのでよく考えて決めるようにしてください。

Webサイトを見るだけならほとんど困ることは無くても、動画サイトで待たされることが多いのは嫌な人だと不便に感じられます。

オンラインゲームをしていて、ラグが出にくい状態で通信したい人にとっては死活問題です。

ヘビーな使い方になるとサーバーを立てるというものもありますが、そうなるとマンションタイプではパワー不足になることが多いので注意しましょう。

光回線も立派なライフライン

今やインターネットはライフラインのひとつです。

スマホやモバイルルーターを使うだけで十分な人もいますが、それだけでは物足りないなら光回線の導入は必須事項と言えます。

しかし、その光回線の導入でもポイントを押さえなければ、残念な結果に終わってしまうこともあるので注意してください。

アパートで光回線を導入する場合には、色々と制限がつくこともあります。

すでにそのアパートに住んでいて光回線の導入を検討しているなら、様々な方面での確認が必要です。

納得のできるインターネット環境のためにも、これらのポイントをしっかりチェックしておきましょう。

関連記事