光回線

【持ち家も賃貸も】戸建てで光回線を契約するための準備・契約・工事について

戸建て住宅で光回線を契約するとき、プロバイダーと契約をして工事をしてもらえばいい、というわけではありません。

持ち家で新築の場合には特に事前に新築届を出す、住所登録を済ませるなどの事前準備が必要です。

知らずにいると、使いたい日に工事が間に合わなかったということもあります。

持ち家・賃貸問わず、戸建てで光回線を契約する場合に準備すること、工事の内容などを知っておきましょう。

光回線を戸建て住宅で使うための準備

戸建てで光回線を契約する場合、事前にいくつか準備をしておく必要があります。

準備を忘れてしまうと、最悪の場合希望日に開通工事が間に合わなかった、希望の工事日が開いていなかったということもあるので、準備はしっかりしておきましょう。

新築届の提出確認

プロバイダーと契約をする前に、新築届の提出が済んでいるか確認しておきましょう。

新築届とは、住所を決める届のことで、一般的にはハウスメーカーや工務店が工事を始める前に提出していることがほとんどです。

すでに住所がわかっている場合には、新築届は提出済なので、改めて提出する必要はありません。

NTTに住所登録をする

NTTに住所登録をします。

光回線を契約するのはプロバイダーですが、管理自体はNTTが取り仕切っているからです。

住所登録を済ませないと契約ができません。

必ずやっておきましょう。

プロバイダーと契約する

自分の好きなプロバイダーと契約をします。

今契約中のプロバイダーを引き続き使いたい場合には、新規ではなく引っ越しの手続きをしましょう。

賃貸マンションから戸建て住宅になる場合には、プランが変わるので確認して手続きを行ってください。

東日本エリアから西日本エリアへ引っ越すなど、エリアをまたいで引っ越す場合は一度解約して新規契約をする必要があるので注意しましょう。

工事日を決める

契約後、プロバイダーのスタッフが工事業者に工事依頼をします。

その場でスタッフが工事日を交渉してくれることもありますし、後で業者から連絡が来て工事日を決めることもありますが、どちらの方法でも特に問題はありません。

工事は立ち合いが必須となりますので、都合のいい日時を業者に伝えて工事日を決めてください。

電気の開通届を出す

工事は電気が使える建物でないとできません。

電気が使えないと、工事後にモデムなどの機器が問題なく使えるか、工事業者が確認できないからです。

工事日までに電気開通手続きを済ませておきましょう。

電気の開通手続きは、各電力会社のHPでもできますので、空いた時間に済ませておいてください。

工事の内容

戸建て住宅の光回線工事の内容は「屋外工事」「宅内工事」の2つです。

スポンサーリンク

工事終了後は作業員が家に入り、必要機器を設置する「設置作業」まで行います。

それぞれの工事内容や設置作業の詳しい内容を知っておくと、当日慌てずに対応できるでしょう。

屋外工事

近くの電柱からケーブルを屋内に引きこむ作業です。

ケーブルを固定するために金具で外壁に固定することもあるので、不安な場合は作業員にどのような作業をするか確認してから工事をしてもらいましょう。

宅内工事

屋外工事で引き込んだケーブルを、さらに屋内に引き込みます。

すでに工事が済んでいる電話線の配管を利用するか、エアコンダクトの穴から引き込んでくれますので、穴あけについてはあまり心配しなくても大丈夫です。

どちらもない場合は1センチ程度の穴を開けることもあります。

穴を開けたくない場合は事前に作業員に相談しましょう。

設置作業

宅内工事が済めば、光コンセントを設置し、モデムやルーターを接続して作業終了となります。

モデム・ルーターはレンタルできる場合もありますので、プロバイダーに確認しておきましょう。

設置作業が済めば工事は終了です。

パソコンやスマートフォンなどの機器への接続は自分で作業となります。

賃貸戸建ての事前準備

賃貸の戸建て物件で光回線を契約したい場合、持ち家とは少し事前準備の内容が変わります。

賃貸は「自分の家ではない」ため、光回線の契約や工事開始前に「確認」と「許可」が必須です。

管理会社や大家に許可を得る

管理会社か大家に「光回線を契約したい」意思を伝えます。

その時に「工事が必要になる」ことを必ず言いましょう。

光回線工事は、場合によっては外壁に穴を開けることもあるからです。

工事が必要ない場合でも、念のために契約をしてもいいか確認しておくとトラブル防止になります。

プロバイダーを確認する

賃貸物件の場合、すでに光回線工事が済んでおり、自分でプロバイダーと契約するだけでインターネットが使える物件もあります。

それを売りにしている賃貸物件も増えてきていますが、プロバイダーが指定されていることも多いです。

自分が使いたいプロバイダーかどうか、管理会社や大家に確認しておきましょう。

違うプロバイダーを使いたい場合には、別に個人で契約してもいいか聞いておくことも忘れないでください。

近隣住人への配慮

敷地内に同じような賃貸戸建て住宅が並んでいることもあります。

そのような場合、近隣住人へ工事の許可を得てほしいと管理会社や大家から言われることもあるのです。

通常、近隣住人への説明などは、工事する業者がしてくれます。

スポンサーリンク

自分も近隣住人へ説明に行った方がいいか、管理会社や大家の方でしてくれるのか確認しておくとご近所トラブル防止になるでしょう。

退去時に撤去が必要か聞く

賃貸物件の場合、退去時に「原状回復」を義務にしているところがほとんどです。

光回線工事をしてもいいと許可が出ても、退去時に撤去するならOKということもあります。

退去時に撤去しなければいけないのか、撤去費用は自分が払うのかなど確認しておきましょう。

入居日が決まったら早めに準備しよう

戸建てで光回線を契約する場合には、持ち家でも賃貸でも事前準備をしっかりとしておく必要があります。

不備があると、開通工事ができないことや希望日に空いてなくて待たされるということもあるからです。

入居日を決めたら、できるだけ早めに開通手続きを行いましょう。

3ヶ月待ったという方もいますので、入居後すぐにでもインターネットを使いたい方は、特に注意してください。

関連記事