光回線

光回線とは?メリット・デメリット、種類や選び方のポイントをわかりやすく解説!

今や生活に欠かせない「光回線(インターネット回線)」。

普段当たり前のように使われている光回線ですが、詳しくは知らないという方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、光回線とは何なのか、また知っておきたいメリットやデメリット、どんな人におすすめなのかを解説していきます。

光回線ってどんなもの

光回線は光ファイバーを利用してデータの送受信を行う通信回線のことです。

光を通す繊維を利用した光ファイバーはガラスやプラスチック製の透明な線をしており、イルミネーションなど身近なところにも利用されています。

光回線は電磁波の影響を受けない

光回線の特徴は通信速度が速いことに加え、電磁波の影響を受けないというメリットがあります。

安定した通信を確保でき、ネットが突然繋がりにくくなったり、動作が急に鈍くなるといったことを防ぎインターネットを利用できます。

より容量の大きい通信を行う際は光回線を利用した方が便利で、オンラインゲームや在宅勤務でのビデオ会議などを行う場合には特に欠かせないサービスです。

光回線のメリット

光回線は、通信速度が速い、回線が安定している、光電話が利用できる、アンテナが無くてもテレビ放送が見られるといったメリットがあります。

特に安定した回線と速度には定評があるため、現在利用している通信回線に不便を感じる人はぜひメリットをチェックしていきましょう。

通信速度が速い

通信速度の速さは光回線の最大のメリットと言えます。

通信回線として従来広く使われてきたADSLは早くとも最大50Mbpsほどでしたが、光回線は最大1Gbps、ADSLの20倍の速度で通信できます。

動画やオンラインゲームなど大容量のデータのやりとりをする際は通信速度が決め手となるので、オンラインゲームやより快適な動画視聴を望むあれば光回線は欠かせないサービスとも言えます。

通信速度が速いほどインターネットのストレスは減りますから、光回線にすることでより快適なインターネットを送ることができるでしょう。

またオンライン会議やビデオ通話を行う場合も大容量のデータをやりとりすることになるため、在宅勤務やクラウドソーシングを行っている人にも光回線は非常に助かるでしょう。

これまでのオンライン上でのやりとりがよりスムーズなものとなり、仕事の効率も格段に上がります。

安定した回線でストレスフリーなネットライフ

速度の速さに加えて回線がとても安定しているのも光回線の魅力です。

ADSLの場合電気信号によってノイズの影響を受けやすいことから通信が不安定になってしまいがちですが、光回線は通信の電気信号の影響を受けにくいため通信が非常に安定しています。

基地局からの距離に関係なく安定したデータ送受信ができ、回線が不安定になることもありません。

動画視聴やゲームなどはもちろん、オンライン会議やオンライン面接などで途中で声や映像が途切れてしまうというようなことも無く快適です。

肝心なところで音声や映像が途切れてしまえば状況が掴めず効率や印象が悪くなってしまいますから、オンライン上で仕事をする人にとって光回線は強い味方となってくれるでしょう。

無線接続でも通信速度が速い

インターネットを利用する場合Wi-Fiルーターを利用した無線接続が当たり前になっていますが、光回線の場合はWi-Fiルーターを利用した場合でも通信速度が格段に速いというメリットがあります。

一昔前であればノートパソコンは有線LANポートが当然だったものの、今ではWi-Fiを利用して家中どこででもスマホやノートパソコンを利用してインターネットができるのが当たり前です。

ADSLの場合Wi-Fiルーターでインターネットに接続となるとどうしても不便に感じることが多いですが、光回線ならばそういった不安も無く快適に無線接続でインターネットを利用できるでしょう。

無線でインターネットに安定した接続ができるということは、作業に集中できる場所でより快適で、効率よく仕事や作業に取り組めるということでもあります。

スポンサーリンク

通信速度が安定しない、遅くなってしまうからといった理由でリビングなどで我慢してパソコンを開かなければならないというようなことも無くなり、自室にこもっての集中作業も叶います。

またWi-Fiを快適に利用できるということはLANケーブルを排除できるということでもあるため、掃除が楽になるといったメリットもあります。

家の中に長々とケーブルを引く必要や定期的にホコリを掃除しなければならないといった面倒も一切なくなり、インターネットのためのケーブル設置や掃除に悩まされていた人は大いに助かるでしょう。

インターネットの設備に場所を取られたりインテリアの邪魔となったりもしないのも嬉しい点です。

オプションで光電話が利用できる

光回線でインターネットサービスを提供している業者のほとんどは光電話のサービスも提供しています。

従来の電話の場合基本料金は2,000円弱であることがほとんどでありながら、光電話の場合は500円ほどで利用できるものが多く通信費を大幅に節約できるといったメリットがあります。

光回線に電話を移行する場合でも電話番号はそのまま引き継げ、番号の変更を各所に連絡しなければならないといった手間はかかりません。

光回線にすることで通信費が上がることをネックと感じている人も、光電話のサービスをセットにすることで料金が調節され問題が解決される可能性があるのでぜひ検討してみてください。

アンテナ無しでもテレビが見られる

光回線では一緒にテレビサービスを提供していることも多く、光電話同様にオプションサービスを申し込めばアンテナを立てなくても地上・BSのデジタル放送を見ることが可能です。

テレビを見るためにアンテナを立てるとなるとベランダを占拠されたり台風や落雷によってアンテナが損傷したりといった不便や心配があるものの、光回線を利用すればそういった問題も解消できてしまいます。

CS放送などのオプションをつければ専門チャンネルも快適に視聴でき趣味にどっぷりはまれます。

スマホのプロバイダのサービスを利用すればスマホ代もお得に

スマートフォンのプロバイダで光回線のサービスを提供していることも多いですが、契約しているプロバイダで光回線を契約、スマートフォンの契約とセットにすることで各料金を安く抑えられるといったことは珍しくありません。

家族全員が同じプロバイダでスマホを利用している場合料金が永年毎月1,000円割引になるなど、利用の仕方によっては固定費である通信費を大幅に削減していくことも可能ですから、賢く利用していきましょう。

光回線、家族全員のスマホ、光電話などを全てセットで利用していくとかなりお得です。

また各契約を一つにまとめることで問い合わせ先や引き落としを一本化できるといったメリットもあります。

光回線のデメリット

光回線のデメリットとしては、料金が高めであることや回線の引き込み工事、契約内容によっては違約金が生じるといったことが挙げられます。

どんなことにもメリット、デメリットはありますが、光回線においても同じことが言えるのでメリットと同じくらいデメリットについては理解しておくことが大切です。

ADSLと比べると料金は高め

従来のADSLと比較すると、光回線の料金はどうしても高めです。

ADSLの場合月々の料金はおおよそ3,000円で済みますが、光回線の場合はマンションなら4,000円程度、一戸建てなら5,000円程度かかってくるので月々の通信費はどうしても上がってしまうことは避けられません。

通信速度や回線の安定を考えれば相応の料金ではありますが、そのぶん固定費がかかるということはよく理解していかなければなりません。

しかし光回線の場合でも、キャッシュバックやキャンペーンなどが積極的に行われているためこういったものを上手く利用すれば料金もお得に抑えていくことは可能です。

プロバイダによっては回線の開通3年間は月額料金割引、キャッシュバックを行っているというようなところも少なく無いので契約の際には各社のキャンペーンをしっかりチェックしていってください。

賢く契約をしていけば、光回線でも月々の料金をADSL並みに抑えていくこともできるためかなりお得になります。

回線の引き込み工事が必要になることも

光回線は固定回線のため、新たに利用する場合引き込み工事が必要になります。

モバイル通信の場合は契約したその日からすぐにインターネットを利用することが可能ですが、光回線の場合申し込みを行ってから工事の日取りを決め、実際に工事が済んでからでないと使えないので日数がかかってしまうのです。

スポンサーリンク

特に近年はテレワーク推進の背景から光回線の利用が急激に増加していることもあり、導入工事に来てもらうのに時間がかかるといったことも増えてきています。

契約の切り替え時期によってはインターネットが使えない期間ができてしまう場合もあるので気を付けなければなりません。

住環境によっては工事が要らないといったこともあるため、この点についてはまずは受付窓口で相談が必要です。

工事自体は1~2時間といった短い簡単なものですから、いつ工事をしてもらえるかをよく確認していきましょう。

また工事を行ってもらえるとなった場合でも、土日の日程となると追加料金が発生するのがほとんどなのでこういった点についても確認が必要です。

契約内容やプロバイダによっては工事費が無料になることもありますから、少しでもコストを抑えて工事をしてもらえるよう努めていくことが欠かせません。

短期間で解約すると高額な違約金が生じることも

光回線の契約は、期間によっては違約金が発生することがほとんどです。

特にその期間が短期間となる場合高額な違約金を支払わなければならないケースが多いですから、この点については十分注意しましょう。

思わぬ転勤や結婚による引っ越しでやむなく解約をしなければならないとなった場合、高い違約金を払わなければならないとなると当然がっかりしてしまいます。

違約金が発生しない最低限の期間、引っ越しの可能性を心配しなくても済むかといったことを念頭において契約を考えていくことも大切になりますから、この点についてはよく覚えておきましょう。

ただ、新しい引っ越し先が光回線の提供エリアである場合、解約をせず回線も一緒に引っ越すという形で契約を継続できることも多いです。

契約時の特典もそのまま引き継げ新たな住まいで契約を一からし直さなければならないというようなことが無くなりますから、こういった手続きが可能であるかも契約時に確認しておきましょう。

契約プランによっては移転工事費が無料となったり、契約期間を選べるなどライフプランに応じた自由度の高い選択肢が用意されているケースもあります。

違約金の問題については契約の内容などをきちんと確認、計画的に契約を行っていけば不要となることも多いです。

ただあらかじめきちんと検討をしておかないといざ解約となった場合に高額な違約金を請求されることになるので見落としてしまうことの無いよう気をつけなければなりません。

住環境や使用機器によって速度が変わることも

光回線の実際の速度は、パンフレット等に記載されている速度よりも遅くなることが珍しくありません。

光回線の速度は住んでいる家の環境、使用している機器に左右されるため、正確な速度については実際に使ってみないとわからないのです。

光回線に切り替えたのに以前より遅くなったという声も珍しくないので、この可能性についてはあらかじめ理解しておかなければなりません。

ケーブルなどの機器や設定を変えることで速度が改善されることもあるため、もし実際に使い始めて遅いと感じた場合にはサポートセンターに問い合わせが必要です。

代理店の勧誘からの契約に注意

光回線の契約は代理店からの電話勧誘、訪問勧誘が非常に多いですが、代理店を通しての勧誘から契約を結ぶ場合悪質なケースも少なく無いため注意が必要です。

光回線に切り替えることで安くなる、インターネットの速度が速くなるなどの魅力的な言葉で勧誘しながら、実際に契約をしたら速度が遅い、長期間利用しないと高額な違約金が発生する契約を結ばされた、見合わない高額なプランで契約をさせられたというようなトラブルに巻き込まれたケースは多々あります。

特にインターネットや光回線に詳しくない人が騙されて契約を結んでしまうケースが多いため、もし今後光回線への切り替えを検討する場合には気を付けましょう。

代理店を利用して契約をすると何かあった場合の問い合わせ先やサポートに困ることも多いためこの点にも注意が必要です。

契約を結ぶ際はプロバイダから直接申し込むのが一番確かかつトラブルが少ないので、聞こえの良い勧誘に安易に乗ってしまうことのないようにしてください。

代理店がプロバイダの名前を名乗る場合でも、プロバイダとは別物と考えた方が賢明です。

スポンサーリンク

基本的に大手のプロバイダが勧誘の電話をかけてくるようなことはありませんので勘違いの無いようにしましょう。

家でしか使えない

光回線は固定回線のため、当然インターネットの利用は自宅のみに限られます。

モバイルWi-Fiなどを利用する場合は自宅で利用しつつ外出時には外に一緒に持ち出せるといったメリットがありますが、光回線は完全に自宅限定となるため、外出時もインターネットをしたいのであれば独立したモバイル端末の契約が別途必要になります。

モバイルWi-Fiであればスマホなどのプランを一番安いプランに抑えたり、あるいは他の契約は結ばずタブレット端末と繋いで間に合わせることも可能です。

外出先でインターネットを頻繁に使用するというのであれば光回線とは別にスマホの契約プランもそれなりのものを選択しなければならず、月々の通信費も膨大なものになってきます。

外出先で利用する端末と兼ね合いを考えて利用していく必要もあるので、この点についても良く心得ておきましょう。

光回線はこんな人におすすめ

メリットとデメリット両方を兼ね備えた光回線に切り替えるかは自分にとって本当に必要なものか、メリットが大きいかをきちんと考えていく必要があります。

光回線は一体どんな人におすすめかということもよく理解し、自分に当てはまるかを検討したうえで選択していくことが大切です。

とにかく速さ重視の人にはおすすめ

日頃からオンラインゲームや動画投稿を積極的に行う人には光回線はとてもおすすめです。

特にオンラインゲームでは通信速度の速さによって手元の操作とゲーム内の動作にラグが生じてくるため、より良い成績を求めるためには光回線は不可欠と言えます。

回線速度が遅くラグが生じればゲームに支障が出てきますしゲーム自体を楽しむことも難しくなってくるでしょう。ラグを回避するためには光回線は不可欠です。

動画投稿においても同じことが言え、投稿する動画の容量によってはアップロードに大変な時間がかかります。

特定の時間に動画を投稿したいのにも関わらずアップロードに時間がかかってしまうということが起こってくるため、不便なく動画投稿をしたいのであれば光回線を選択するのが一番です。

リアルタイムで動画配信を行う場合にも回線が遅いと視聴者とのラグが生じてきますから、より快適に動画配信を行いたいという人も光回線を選択していくべきでしょう。

仕事でオンライン会議を行う人も必須

趣味を存分に楽しむのはもちろん、仕事でオンライン会議を行う人の場合も光回線はおすすめです。

クラウドソーシングや在宅勤務で仕事をする人の場合、オンライン会議も頻繁に行われますが、その際に回線が遅いとラグが生じ会話や状況の把握にも不便が生じてきます。

音声が途切れてしまったり重要な部分を聞き逃してしまったりすれば当然仕事に支障が出てきますから問題です。

光回線を利用すればそういったラグや障害に悩まされる心配も無くなります。

光回線は通信速度の速さに加えて回線が安定しているのも大きなメリットですから、仕事の効率を上げていくためにも非常におすすめです。

持ち家を所有しており数年以内の引き払いの予定がない場合も光回線がおすすめ

光回線は初期工事費や違約金がネックとなりがちですが、数年以内に引き払う予定がない持ち家に住んでいる人の場合であれば、初期工事費のキャンペーンを利用したり、2~3年がほとんどである契約期間の問題をクリアして光回線を利用できます。

安定した高速通信は快適なインターネットライフを送るために最も求められるものですから、持ち家に長く住み続ける人は光回線を利用することがおすすめですし、光回線を利用することで趣味の幅などもぐっと広がっていくでしょう。

光回線を選択することで生活はより潤ったものに

インターネットはいまや生活に欠かせないものと言えます。

動画やゲームを楽しむのはもちろん、ショッピングや情報収集、各種手続きを行うためにもインターネットは非常に便利に利用でき、より快適に利用できる環境が整っているかどうかで利便性には大きな違いが出てきます。

光回線は通信速度が高速かつ安定しているため、インターネットを利用するための選択肢としてこれ以上に便利なものは無いとも言えます。

特に動画やテレビを見るというのであれば光回線を引いてしまうことでより快適な動画視聴はもちろんテレビも見られ、アンテナの設置不要など様々なメリットも生まれてくるため、インターネットだけでなく生活全体にメリットが生まれてくるでしょう。

スポンサーリンク
関連記事
光回線

【テレワーク編】ネット環境にはどんな種類があるの?導入方法や導入費用、メリット・デメリットを徹底解説!

2021年6月12日
オリラボ通信
テレワーク時に欠かせない「インターネット環境」。 一口にネット環境と言っても様々な種類があり、それぞれ導入方法や導入費用、メリット・デメリ …