光回線

光回線が繋がらない原因は何?確認すべきポイントと対処方法を解説!

高速インターネットが利用できる「光回線」。

YouTubeやインスタ投稿を見たり、テレワークで活躍したりと、日常の様々なシーンで使われてます。

そんな光回線ですが、「突然繋がらなくなってしまった​」というトラブル(通信障害)が発生することもあります。

そこでこの記事では、光回線が繋がらなくなる原因や、繋がらなくなってしまった時の対処法を紹介していきます。

目次

光回線が繋がらないとき考えられる原因

何が原因かわからず光回線が繋がらないトラブルに困った経験がある人は意外と少なくありません。

光回線が繋がらなくなる問題の原因は様々で、自分で解決するには専門的な知識が必要となってくることもしばしばです。

時にはサポート機関に連絡しなければならないこともありますが、まずは繋がらなくなってしまう問題を引き起こす原因として考えられる例について知ることも大切ですので、どういった理由があるのかを知っておきましょう。

光回線はパソコンやスマホをルーター等の機器に有線または無線で接続し光ファイバーケーブルを使ってデータ送信する仕組みになっているため、繋がらない原因というのも一つでは無く様々なことが考えられます。

ネットワーク機器に問題があるパターン

光回線においてデバイスから光信号でデータ伝送をするためにはWi-FiルーターやONUなどのネットワーク機器を経由しますが、こういった機器のネットワーク設定が誤っていたり故障していたりすると当然接続もできません。

機器同士をつなぐLANケーブルや光ファイバーケーブルが断線していれば、当然接続はできないのでこれらの機器に問題が無いかを確認することも大切です。

端末に問題があることも多い

光回線はパソコンやタブレット、スマホなどの端末を有線または無線LANで接続するため、接続するデバイスのソフトまたはハードに不具合が起き回線に接続できないといったパターンもしばしばあります。

ネットワークの設定の不備、セキュリティソフトの働きによって接続がブロックされてしまうという単純なエラーは意外と多く、こういった場合には設定をやり直したりセキュリティソフトを解除、設定を変更することで対処できます。

回線に問題があるケース

ソフトやハード、デバイスやネットワーク機器に問題が無くても、光回線に何らかの問題があり接続できないというケースも多々あります。

一時的な回線障害の発生から料金の未納まであらゆるケースが考えられるため、こういった事例に当てはまらないかも一度確認が必要です。

専用回線でない場合、時間帯によって接続が不安定になるといったことも多々あり、また電化製品が発する電磁波の電波干渉によって無線LAN接続が確立できないケースもあるので、当てはまらないか確認してみてください。

光回線が繋がらない原因をチェックする方法

光回線が繋がらない場合、まずやるべきことは何が原因かの特定です。

接続するデバイスを変えてみる、ネットワーク機器のチェックなど、考えうる原因を一つ一つ確認し何が問題なのかを特定していきましょう。

他の端末で繋がるかを確認

光回線が繋がらない場合、使用している端末とネットワーク側どちらに問題があるのかを確認するため、一度他の端末で光回線に接続してみましょう。

他のパソコンやスマホで接続ができるというのであれば、繋がらなかった端末側に原因があることが考えられます。

有線LANで繋いだパソコンは接続できないものの、無線LANでタブレットやスマホに繋がるというのであればパソコンもしくはLANケーブルに原因があることが考えられます。

ネットワーク機器に問題は無いか

データ伝送経路を選択・制御するルーターや電気信号を光信号に変換するONUに問題がある場合も、正常な光通信は行えません。

こういった機器には正常に機器が働いているかを示すステータスランプが備わっており、正常なら緑色、問題がある時は赤色に点灯するといった仕様であることが一般的です。

ステータスランプで問題が確認できるのであれば必要な対処の仕方もわかるので、光回線に接続できない場合には一度チェックしてみましょう。

特定の端末だけが繋がらない

特定の端末のみ光回線に繋がらないという場合は、端末側に原因があると考えられます。

原因の確認方法はいくつかあるので、それぞれチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

スイッチ類を確認しよう

キーボード周辺や本体側面などにある端末の無線LANスイッチを入れて通信できるかをまず確認してみてください。

無線LAN接続の場合は画面上でWi-Fi接続の確認ができます。

パソコンによっては無線LANの接続スイッチが手動ということもあるので注意してください。

スイッチが入っておらず光回線に接続できなかっただけという単純なミスは意外と少なくありません。

スマホの場合は機内モードとなっていたため通信できなかったというようなこともありますから、設定を確認してみましょう。

セキュリティソフトを切断してみる

安全にインターネットを利用するためにはアンチウイルスソフトなどをはじめとしたセキュリティソフトが欠かせません。

しかしこのセキュリティソフトには疑わしい通信をブロックしてしまう機能が備わっているため、その影響で光回線に接続できなくなってしまう可能性も考えられます。

セキュリティソフトがインストールされている場合、特に新しくソフトをインストールした場合は設定の内容によって今まで接続できていた回線に繋がらないというようなことも出てくるので覚えておきましょう。

一時的にセキュリティソフトの機能を停止させ、再度接続にチャレンジしてみてください。

また複数のセキュリティソフトをインストールしていると、ソフト同士が競合を起こし通信に影響を及ぼすこともあります。

通信が不安定、繋がらないといった場合にはどちらかのソフトをアンインストールすることも検討していく必要があります。

再起動をかけてみる

パソコンやタブレットなどの端末側に問題がある場合、再起動で問題が解消することも多いです。

ネットワーク接続には様々なハードウェア、ソフトウェアが関わっていることから、起動中の一時的不具合によって通信できないことも多々あります。

ソフトウェアにフリーズ、クラッシュが原因である場合、端末を再起動することですんなり問題が解決するので、一度試してみてください。

すべての端末に繋がらない場合はどうすべき?

複数の端末で接続にチャレンジしてみたものの全てで接続できなかったとなれば、原因は端末側では無く接続ケーブルやルーター、ONUにある可能性が高いです。

ケーブル、ルーターなどの機器で試せる改善方法を実践してみてください。

ルーターと端末を再起動してみよう

ネットワーク機器側に通信できない原因がある可能性も十分考えられます。

ルーターやONUなどの端末もソフトウェアを搭載しており、クラッシュやフリーズによって接続エラーが起きているかもしれませんから、これらを再起動してみることも必要です。

ルーター、ONUの順に電源を切ってコードを抜き、ONU、ルーターの順に再起動してみましょう。

ただ再起動の手順は機器によって異なりますから、電源コードを抜く前に一度マニュアルを確認することも大切です。

ケーブルを確認してみよう

光回線を引っ張ってある壁面コネクタからルーター・ONU、パソコンまでは光ファイバーケーブルを使い接続しています。

このケーブルが断線していれば当然通信ができませんから、ケーブルに問題が無いかを一度確認してみましょう。

ケーブルが劣化していれば当然断線、接続は切れてしまいます。

ネットワーク機器のステータスランプに異常が無いかを確認した上で劣化や断線の疑いがあればケーブルを新しく交換してください。

ケーブルの確認については、LANポートを替えて接続したり、Wi-Fiに接続を切り替えたりしてチェックする方法もあります。

スポンサーリンク

端末にもルーターにも問題が無い時はどうしたらいい?

端末、ルーター、ONU、ケーブルすべてをチェックしても繋がらない原因が特定できないという場合も当然あります。

機器類に問題がないのであれば光回線側に問題があるか契約の状況に不備があるといったことも考えられるので、これらについても確認してみましょう。

接続について何度も問題が発生するような場合にはプロバイダの乗り換えも検討してください。

料金を払い忘れていないか

単純なミスですが、月額料金の支払い忘れで回線が利用できなくなっているという例も意外と少なくありません。

こういった場合は契約状況を確認して、未納金がある場合にはすみやかに料金を支払うことで解決できます。

料金未納による回線の利用不可といった場合、ネットワーク機器のステータスランプで通信状況を確認できることもありますから、緑色など機器の正常な状態を示す色に変わったことを確認して再度接続してみてください。

回線障害が起きていないか

光回線は突発的な回線障害によって一時的に繋がらないことも珍しくありません。

プロバイダ側でメンテナンスを行っている場合も同様で、こういった場合は自力ではどう対処することもできません。

スマホなど別回線があるのであれば通信回線事業者やプロバイダの公式サイトにアクセスし、回線障害やメンテナンスが行われていないか確認してみましょう。

状況によってはプロバイダの乗り換えも検討して

契約状況などに不備が見当たらない無いにも関わらず接続が頻繁に遅くなったり途切れてしまうといったケースが続く場合、利用している光回線サービスそのものが住環境に合っていないことも考えられます。

光回線の魅力はやはり速度と接続の安定性ですから、この部分に不便が出てくるのであれば一度契約を見直す必要が出てきます。

サービスプランの変更はもちろんプロバイダを乗り換えた方が良い場合も出てきますから、より快適に光回線を利用できる選択肢を模索してください。

光回線を快適に利用するためのプロバイダ選び

光回線は利用するプロバイダによって速度や安定性にも違いが出てくるため、遅くなることはもちろん繋がらないなどの不便を被ることの無いよう快適に利用できるプロバイダを選択していくことも大切です。

プロバイダを乗り換えたらこれまで光回線を使った通信で起きていたトラブルが解消されたということはよくありますから、より良い利用ができるプロバイダの選び方についても学んでおきましょう。

使用用途で選ぼう

光回線のプロバイダを選ぶ際には、どのような用途でインターネットを利用するかといった点が重要になってきます。

通信速度はもちろん同時接続数に余裕があるかといったことも重要で、同時接続数に余裕が無い場合、家族がそれぞれの端末で光回線に接続することで速度が遅くなったり通信が不安定になったりすることもあるので気を付けましょう。

ビジネスに利用する場合セキュリティの高さなども重要になってくるため、将来的に事業の拡大を視野に入れているならばより拡張性の高いサービスであるかといったこともチェックしてプロバイダを選んでいく必要があります。

公称値の通信速度と実際の口コミを比較しよう

プロバイダが発表している最高通信速度が早かったとしても、住環境やエリアによっては接続が不安定になり通信速度が想定より遅くなることも多々あります。

インターネットの接続はプロバイダ管理のサーバーを中継する仕組みとなっていることから、同じ光回線でもプロバイダによって通信速度は異なります。

そのためプロバイダを選ぶ際には、実際に自分が利用することになるエリア、近い住環境でそのプロバイダの光回線を利用している人の口コミを参考にすることも大切です。

マンションでは快適だけれど一戸建てでは思わしくないなど、検索をすれば色々な意見を簡単にチェックできるので、あらかじめリサーチしておくことは大切です。

固定IPアドレスに対応しているか

インターネットを利用する場合端末にはネットワーク上の住所のようなものであるIPアドレスが付与されますが、もしビジネスで回線を利用、自社サイトやサーバーを運用したいのであれば接続のたびにIPアドレスが変わる動的IPアドレスではなく固定IPアドレスが必要になります。

固定IPアドレスはより高いセキュリティを構築していくためにも利用できるため、もし趣味ばかりでは無くビジネスでも同じ回線を利用していくのであれば固定IPアドレス対応のサービスを提供しているプロバイダを選んでいきましょう。

ルーターの性能もチェックしよう

光回線の速度や安定性はルーターの性能にも大きく左右されます。

そのため光回線を利用するプロバイダを選ぶ際には、性能の良いルーターを取り扱っているか、利用できるか、現在快適に利用しているルーターがあるのであればそれを流用できるかといったこともチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

プロバイダのサービスによっては特定のルーターをレンタルしなければならないということもあります。

ルーターは最高通信速度やVPNに対応しているかなどが製品ごとに異なるため、ルーターについても見極めてプロバイダ選びを行うことも大切なのです。

通信プロトコルを合わせてVPN対応ルーターを選択する必要も出てくるので、希望するネットワーク構成に合ったルーターを利用できるかといったことも検討していく必要があります。

サポート内容もよくチェック

光回線を利用していく上でトラブルが起きた場合、やはりサポートセンターの協力は欠かすことができません。

誰もがインターネットの接続や機器に詳しいというわけではありませんし、やはりトラブルの際は専門的な知識を持ってサポートしてくれる存在は必要ですので、プロバイダ選びを行う際ももしもの時にサポートセンターのアシストを万全に受けられるかをよく確認しておきましょう。

トラブルに関する全面的なサポートはもちろん、どこの窓口に相談したらよいのか悩まなくて良いよう一つの窓口でトータルにサポートしてくれるプロバイダであるかといったことも重要です。

いざという時にどこに連絡をしたらいいのかわからない、窓口をたらいまわしにされてしまうことのないよう、サポートを見極めていきましょう。

毎日特定の時間帯だけ繋がらないのはどういうこと?

光回線が繋がらず困ってしまう場合、毎日同じ時間帯だけ繋がらなくなるというような例もあります。

日中は快適に利用できるのに夜になるといつも繋がらなくなるといったケースの場合はどういった可能性が考えられるかも知っておきましょう。

回線が混雑することで繋がりにくくなる

特定の時間帯になるといつも光回線が繋がらなくなるという場合、回線が混雑していることで繋がらなくなってしまうといったことが考えられます。

住んでいる地域で同じプロバイダや光回線を利用している人が多すぎる場合、みんなが一斉に回線を利用すると、混雑が起きてしまうのです。

特に夜寝る前の時間帯、21時以降などはどうしても多くの人がインターネットを利用し始める時間帯のため光回線も混雑しやすく、繋がりにくくなることも珍しくありません。

マンションや集合住宅エリアなどは特に人口が密集、光回線も混雑しやすいため、夜になるといつも繋がりにくくなる、また回線が遅くなるというようなことは起こりがちです。

回線の混雑によってインターネットに繋がらなくなってしまうといった問題については、プロバイダ側でも解決の方法がありません。

プロバイダではベストエフォートを謳い光回線の快適な利用について最大限の努力をしているものの、個々人の通信速度の品質保証はできないため、回線の混雑による繋がりにくさ、速度の低下についてはどうしようもありません。

あまりにも不便という場合には、プロバイダを変えるなどの解決策をとっていく他ありません。

住んでいるマンションで決まっているプロバイダしか利用できないというのであれば光回線では無くモバイルWi-Fiなどを利用していかなければならないというようなことにもなってきますから、もし絶対に光回線を利用したいというのであれば引っ越しの際に光回線の利用で不便することは無いかといったことも考慮しながら物件選びを行っていかなければなりません。

物件探しの際に光回線を利用できるか、混雑で繋がりにくいなどの苦情は無いかといったことをしっかり質問してストレスのない物件を選んでいけるようにしてください。

光回線が繋がらないとひかり電話も繋がらないので注意して

光回線が繋がらない場合、不便をするのはインターネットばかりでなくひかり電話にも影響が出るので注意しましょう。

光回線はオプション契約で様々なサービスを一本にまとめられとても便利ですが、回線が繋がらないとなると利用しているすべてのサービスが遮断されてしまうリスクも持ち合わせています。

もしものために連絡先は2つ用意しておこう

光回線が繋がらない場合、光回線を利用してサービスを利用している光電話も繋がらなくなってしまいます。

回線が繋がらないことで電話が使えないとなると、光電話を緊急連絡先などに指定している場合必要な連絡をいざというとき受けられないリスクも出てきますから、気を付けなければなりません。

特に普段から回線の混雑で光回線が繋がらなくなることが多いといった場合は注意が必要です。

必要な連絡先については光回線の電話番号と共に携帯番号も知らせておくように心がけ、万が一の場合に連絡がつかないといったことの無いよう備えていってください。

同じくテレビも見られなくなるので注意!

アンテナを立てず光回線を利用してテレビを観ている場合も、光回線が繋がらないと光電話同様テレビが観られなくなってしまいます。

スポンサーリンク

そのためテレビも光回線にまとめるという場合には、一度インターネットの契約だけを結び、しばらく生活してみて繋がらないなどのトラブルが無いか確認してから追ってオプション契約を結ぶのがおすすめです。

最初から回線の混雑による繋がらないトラブルが起きる心配が無いとわかっているのであれば問題ありませんが、何の確認も無しにいきなりすべてのサービスを契約してしまうと、いざ使い始めたら速度が遅く繋がりにくく、インターネットも電話もテレビでもすべてで不便をしてしまうといったことも起こりかねません。

インターネットやテレビを日々の趣味としている人の場合、光回線でサービスを利用することでより趣味を楽しむことができますが、一方で繋がりにくい、通信速度が遅いといった不便に巻き込まれてしまうと一切の娯楽をまとめて断たれてしまうことになるのでこの点については理解しておきましょう。

光回線は各種サービスを一本化できるため快適に利用できれば非常に便利ですが、その反面回線が繋がらないと全てで不便をすることになるため、こういったデメリットについてもよく理解した上で各種サービスの利用を検討していかなければなりません。

繋がらないトラブル対策のために備えておきたいこと

毎日の生活を快適で潤ったものにしてくれる反面、繋がらないトラブルに見舞われてしまうと大変な不便とストレスを感じてしまう光回線は、繋がらなくなってしまった場合どうするかについてあらかじめ対策を備えておくことも大切です。

回線が繋がらないとなれば自分で対処していかなければなりませんから、もしもの場合にはどうするかということもきちんと考え、必要な時にきちんと対策をしておけるようにしましょう。

カスタマーサポートの連絡先は日頃からチェックしておく

いざ回線が繋がらない、自分ではどうしたらいいのかわからないといった場合、やはり頼りにするのはカスタマーサポートです。

プロバイダのサポート先の窓口の電話番号などは日頃からきちんとチェックしておき、必要な時にすぐ連絡できるようメモしておきましょう。

サポート窓口の連絡先はトラブルが起きてから探すとなると意外と見つからないものです。

契約書や説明書などに記載されているものの、それらの冊子をどこにしまったか忘れてしまったりなくしてしまったりといったことも多いため、メモをとり控えておいてください。

住環境と信頼できるプロバイダを見極めて

光回線が繋がらないというトラブルを防ぐためには、トラブルの心配がない環境で光回線を利用できる選択をしていくというのも大切です。

光回線を快適に利用できるか、繋がらないトラブルに見舞われずに済むかについては住環境とプロバイダの相性も大切ですから、こういった点についてもあらかじめリサーチしておきましょう。

プロバイダはどれでも同じということはなく、やはり速度や回線の混雑に強い、弱いといった特徴があります。

特に人口の多いエリアやインターネットを積極的に利用する若い人が多いエリアに住む場合はより信頼のおけるプロバイダを見極めていくことが大切ですから、こういったことについてもきちんと頭に入れておくようにしましょう。

住む場所の特徴とプロバイダの相性が良ければ、それだけで光回線が繋がらないといった不便のリスクを避けることができます。

代替案も考えておこう

回線の混雑や機器の故障によって光回線が繋がらなくなってしまえば、当然大変な不便を被ります。

場合によっては数日、数週間解決に時間がかかるというようなことも起きてしまいますが、そうなればその間インターネットを利用できなくなってしまいとても不便です。

問題が解決するまでの間、短期間だけ契約して利用できるモバイルWi-Fiがあるかなどもチェックしておくとインターネットを利用できないといった不便は回避できますから、代替できるインターネットの選択肢についてはしっかりチェックしておきましょう。

光回線が繋がらなくなってしまった場合のチェックリストを作っておこう

突然光回線が繋がらなくなってしまえば慌ててしまうのが当然です。

繋がらない理由は機器や回線、混雑、メンテナンス、通信障害など様々な理由が考えられますが、こういった繋がらない原因についてあらかじめどういったものがあるかを理解しておくといざという時も冷静に対処できますから、もしもの場合に備えてチェックリストなどを作っておくと良いでしょう。

光回線の説明書には繋がらない場合にどうしたらよいか、原因の確認方法やチェックリストなどが記載されていることも多いため、いざという時にこれをすぐ確認できるよう用意しておくこともおすすめです。

何の備えもしていないといざ繋がらなくなってしまったという時にどうしたらいいのかわからず苦労してしまいますから、日頃から備えておくことが大切です。

もしもの時に冷静に対処していけるよう対策を整えておきましょう。

関連記事
光回線

【テレワーク編】ネット環境にはどんな種類があるの?導入方法や導入費用、メリット・デメリットを徹底解説!

2021年6月12日
オリラボ通信
テレワーク時に欠かせない「インターネット環境」。 一口にネット環境と言っても様々な種類があり、それぞれ導入方法や導入費用、メリット・デメリ …