光回線

光回線を契約するならどこがいい?光回線の選び方やおすすめ5社を紹介!

光回線どこにするか決めた?
それがどれを選べばいいか今だに迷ってるんだよね…
光回線の選び方を知っておけば自分に合ったサービスが選べるよ。
最初に基準を決めておくのが重要なんだね。
まずは光回線の選び方を理解して候補を絞ってから加入するサービスを決めてみよう。

光回線はスマホとセットで考えるのが最重要!

光回線を選ぶ上でポイントになる要素はたくさんあると思います。

月額料金や初期費用、キャンペーン、オプションなど、さまざまな項目が挙げられますが、光回線を1つずつ調べて比較していくのは大変ですよね。

そこで、まず最初に最も重要なポイントを押さえておきましょう。

それが「スマホセット割」です。

スマホセット割は光回線とスマホのセット加入で受けられるサービスのことだよ。

さまざまな比較ポイントはありますが、スマホセット割が最もお得度を決めるといってもいいでしょう。

利用しているスマホと光回線を揃えることで、毎月の通信費を安く抑えることができます。

光回線でお悩みの方は「利用しているスマホのセット割が使えるサービスを選ぶ」というシンプルな決め方がおすすめです。

光回線を選ぶポイント

ただ、スマホセット割以外にも光回線を選ぶポイントはいくつかあります。

光回線のコスト面やサービス面などを総合的に比較して、自分に合った光回線を選ぶようにしてください。

今回ご紹介するポイントは以下の4つです。

  • キャンペーンの充実度
  • 工事費の有無
  • 通信速度
  • 提供エリア

では、それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

キャンペーンの充実度

光回線を選ぶときは「実施されているキャンペーン」に注目してみましょう。

キャンペーンには「キャッシュバック」や「工事費無料」「月額料金割引」「オプション無料」など、さまざまな種類があります。

特に、キャッシュバックが充実している光回線だと、トータルでのコストを大きく引き下げることが可能です。

工事費が無料になっていれば初期費用の負担が大きく抑えられます。

このように光回線によって実施されているキャンペーンを1つ1つ確認しながら、どの光回線がお得なのかを把握してみてください。

工事費の有無

光回線を導入するには開通工事を行わなければなりません。

工事を行うには基本的に費用がかかるのですが、光回線によってはこの工事費が無料になるケースがあります。

例えば、先ほど紹介したキャンペーンによる工事費無料もこれに含まれるでしょう。

それ以外にも、フレッツ光から光コラボに乗り換える「転用」や、光コラボから他社の光コラボに乗り換える「事業者変更」といった加入パターンだと、工事が不要になるため費用も当然かかりません。

光回線の工事費は通常16,500円(税込)〜33,000円(税込)程度と大きな負担になってしまいます。

この工事費が無料になるかどうかで、コスト的に大きく変わってくるので工事費の有無を必ずチェックしておきましょう。

通信速度

光回線に加入する理由の1つに「通信速度に優れているから」というのが挙げられるでしょう。

ほとんどの光回線では公式サイトなどに「最大1Gbps」といった記載がなされており、高速なネット回線だと期待してしまうかもしれません。

しかし、これらで記載されている通信速度は「ベストエフォート値」と呼ばれるもので、理論上可能な最大速度を示しているに過ぎません。

スポンサーリンク

そのため、実際に利用している際に発揮される通信速度は、平均すると150〜250Mbps程度になります。

このように利用時に出る通信速度のことを「実測値」と呼びますが、光回線の通信速度を比較するときは、この実測値を重視してください。

実測値については「みんなのネット回線速度」など、通信速度を計測できるサイトに各社の平均値が記載されているので、こちらを参考にしてみるといいでしょう。

提供エリア

光回線を選ぶ際は事前に「提供エリア」をチェックするようにしてください。

フレッツ光や光コラボ系の光回線であれば、全国的に展開しているのでそこまで心配は必要ありませんが、サービスによっては提供エリアが限定的なことがあります。

提供エリア外に住んでいた場合、いかにその光回線が魅力的であっても加入することはできません。

なので、まず最初に光回線の公式サイトを通じて、自分が住んでいるエリアが光回線の提供エリアに含まれているかを確認しましょう。

おすすめの光回線を5つ紹介!

ここからはおすすめの光回線を5つ紹介していきます。

キャンペーンやスマホセット割など、おすすめできるポイントが豊富な人気の光回線をピックアップしたので、サービス選びの参考にしてみてください。

今回ご紹介するのは以下の5社です。

それでは料金やサービスの特徴を見ていきましょう。

通信速度で選ぶなら!NURO光

NURO光
月額料金 5,217円(税込)
工事費 実質無料
キャンペーン 月額料金1年間1,078円(税込)
スマホセット割 ソフトバンク※NURO光でんわとのセット利用が条件
おすすめポイント 通信速度は圧倒的
月額料金も安く、キャンペーンも魅力的
無線ルーターの無料レンタルもある

通信速度で選ぶのであれば「NURO光」が圧倒的におすすめです。

実測値でも他を大きく上回る数値を記録しており、高速回線としての評判も高いのが特徴となっています。

さらに、1年間月額料金が1,078円(税込)になる破格のキャンペーンを行なっており、無線ルーターの無料レンタルなど、コスパの高さが際立っています

ただし、提供エリアが限定的でもあり、中には加入できないケースもあるため注意してください。

【公式】NURO光

dポイントがお得に貯まる!ドコモ光

月額料金 戸建て:5,500円(税込)〜5,720円(税込)
マンション:4,400円(税込)〜4,620円(税込)
工事費 無料
キャンペーン dポイント10,000円分プレゼント
スマホセット割 ドコモ
おすすめポイント ドコモスマホとのセット割がある
dカードGOLDで支払うと10%還元
工事費無料で加入できる

ドコモ光は、ドコモスマホとセットで加入している「ドコモ光セット割」が適用されて、スマホ代が毎月最大1,100円(税込)割引されます。

加入時の工事費が無料になるキャンペーンが実施されているので、初期負担も抑えられますし、10,000円分のdポイントがもらえるなど特典も豊富です。

さらに、dカードGOLDを料金の支払いで利用すると、利用金額の10%分のdポイントが還元されるなど、お得がずっと続きます。

ドコモスマホをお使いの方には間違いなくお得な光回線ですし、これからスマホをドコモに乗り換えようかと思っている方にもおすすめです。

【公式】ドコモ光

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーなら!ソフトバンク光

月額料金 戸建て:5,720円(税込)
マンション:4,180円(税込)
工事費 無料
キャンペーン 最大30,000円のキャッシュバック
乗り換え時の違約金全額還元
スマホセット割 ソフトバンク・ワイモバイル※オプション加入の必要あり
おすすめポイント ソフトバンクスマホとのセット割
違約金を気にせずに乗り換えられる
工事費がかからない

ソフトバンク光では、ソフトバンクまたはワイモバイルのスマホとセットで加入していると「おうち割光セット」が適用されてスマホ代が毎月最大1,100円(税込)割引されます。

工事費が無料になるキャンペーンもありますし、最大の特徴としては「他社からの乗り換えで発生した違約金・撤去工事費を全額還元するキャンペーン」です。

ネット回線を乗り換える際にネックになりやすいのが「違約金」ですよね。

ソフトバンク光では最大10万円の範囲で乗り換え時の違約金などを負担してくれるので、解約のタイミングを考慮する必要がなく、好きな時に乗り換えが可能です。

スポンサーリンク

【公式】ソフトバンク光

auユーザーにおすすめ!auひかり

月額料金 戸建て:5,610円(税込)
マンション:4,455円(税込)
工事費 実質無料※auひかり電話のセット加入が必須
キャンペーン 乗り換え時の違約金最大30,000円還元
スマホセット割 au※auひかり電話とのセット加入が必須
おすすめポイント 通信速度に優れている
auスマホとのセット割がある
乗り換え時の解約金を負担してくれる

auひかりは、NURO光に次ぐ通信速度に強みを持っている光回線です。

「auひかり+auひかり電話」と「auスマホ」のセット利用で適用される「auスマートバリュー」を使えば、スマホ代が毎月最大1,100円(税込)割引されます。

さらに、他社からの乗り換えで発生した違約金についても、最大30,000円まで負担してくれるので、乗り換えのタイミングも自由にできます。

【公式】auひかり

月額料金1年間無料!楽天ひかり

月額料金 戸建て:5,280円(税込)
マンション:4,180円(税込)
工事費 戸建て:19,800円(税込)
マンション:16,500円(税込)
キャンペーン 月額料金1年間無料
スマホセット割 なし
おすすめポイント 月額料金が破格の1年間無料
楽天モバイルとのセット利用で通信費が大幅に安くなる
楽天市場での還元率+1.0%

楽天ひかりは、楽天モバイルとのセット加入で月額料金が1年間無料になるという破格のキャンペーンを実施している光回線です。

ネットもスマホも月額料金が1年間タダになるので、得した金額で考えると計り知れません。

工事費はかかってしまうものの、キャンペーン分を考えれば問題ありませんし、光コラボでもあるためフレッツ光や他社光コラボからの乗り換えであれば工事不要です。

楽天市場での還元率アップといった特典もあるので楽天経済圏に入っている人におすすめです。

【公式】楽天ひかり

まとめ

光回線を選ぶポイントおすすめのサービスについて紹介しました。

選ぶ基準を明確にした上でサービスを絞り込めば、効率よく光回線を選ぶことができるでしょう。

今回の記事を参考にして、自分に合った光回線に加入してみてください。

関連記事