HISモバイル

変なSIMって何?HISモバイルが提供する海外に強い・旅行に最適格安SIM

海外旅行に行く時、意外な盲点となるのが国内契約のSIMが利用不可である可能性です。

使用条件さえ合致していれば、「国際ローミング」という方法で海外でも通話・SMSが使用出来ます。

しかしデータ通信自体は使用出来ない、或いは高額になってしまいます。

海外で快適にデータ通信をするにはどうすればいいのでしょうか。

海外でデータ通信を行うには

海外現地でデータ通信を行いたい場合、大きく二通りの方法があります。

1つは現地のWi-Fiスポットで通信すること、もう一つは現地で販売されているプリペイドSIMカードを購入・使用することです。

Wi-Fiスポットを利用する

SIMと異なり、Wi-Fiは規格が全世界共通の通信です。

その為、SIMカードでの通信が利用できない場合も空港やホテル、カフェ、ファストフード店等に無料のWi-Fiスポットがそれを利用した通信が可能になります。

しかし、当然そうしたWi-Fiスポットの範囲外では通信利用が出来ない為、自由に使える回線とは言い難い方法です。

現地販売のプリペイドSIMカードを利用する

どこでもデータ通信が出来る状態にしておくならば、その旅行先の国で販売されているプリペイドのSIMカードを購入するのが簡単です。

格安スマホに多いSIMフリーの機種であること、海外対応しているスマホである事が使用条件です。

この条件を満たしたスマホであれば、日本のSIMカードを取り外し、海外現地で買えるプリペイドのSIMカードを購入して入れ替えれば、その通信機能をすぐに使う事が出来ます。

通信料を含めて買い切り形式であるプリペイドSIMカードならば、後から請求される事もありません。

プリペイドSIMカードの注意点

ただし、自分の携帯電話情報も含まれているSIMカードを交換してしまうので、今まで使っていた電話番号がそのSIMカードの電話番号になります。

電話連絡が必要な場合が想定される場合、プリペイドSIMカード購入時に判る電話番号を、現在の緊急連絡先として相手に伝えておきましょう。

国内契約のスマホで、そのまま海外で使用するには?

海外現地で急に利用できないと判った時のデータ通信の手段は上記の通りです。

しかしプリペイドSIMカードは割安であっても現地で携帯ショップを見つけねばならない事、回線の速度や制限が大きい事や、購入の際にショップ店員と外国語のやりとりも必要になるハードルもあります。

そうしたケースを想定した場合、簡単に海外でSIMカードを利用するには、国外向けの使用を想定したプランのある格安SIMを利用するのが最も堅実です。

そうした格安SIMを提供している事業者の一つがHISモバイルです。

旅行代理店グループが運営するHISモバイル

HISモバイルとは、大手の旅行代理店であるHISが運営している格安SIMです。

HISは数多くのグループ企業を経営しており、現代において旅にも欠かせないものとなったスマホ、その通信環境を手軽かつ身近に利用できる環境を整える事を目的とした通信事業です。

旅行代理店だからこそ理解している、海外通信の重要性

このHISグループ事業が提供するサービス、その一部の名称は「変なホテル」「変なカフェ」など、「変な〇〇」と法則づけて名付けられています。

その由来は「変化し続ける」という前向きな意味ながら、見た目のインパクトも大きい名称です。

当然、HISモバイルが提供する格安SIMにもこの法則があります。

それが、通常SIMカードに貼り付けるだけで海外対応SIMカードとなる、貼り付け型のSIMカード「変なSIM」です。

スポンサーリンク

名前が変なだけではない、変なSIMの特徴

一見、意味が分からない名称の「変なSIM」ですが、その性能はまさに理想的な海外SIMカードです。

主要な旅行先となる海外83ヶ国それぞれに対応したプランと、大きく地域を包括したプランがあり、1国ではなく近隣国を旅行するケースにも対応しています。

1日あたりの通信量は最大1GBで、通信料は550円(税込)~1,540円(税込)、これは国によって価格が異なります。

また、従来のSIMカードに貼り付ける事で使える「サブSIM」カードを日本で初めて導入し、その本体価格はキャンペーン価格で1,089円(税込)、通常店頭価格は2,178円(税込)です。

このサブSIMを取り付けたままでも、元々国内向けに利用出来ているSIMカードはそのまま利用できます。

他社との料金比較・海外向けレンタルSIMの場合

ある海外向けレンタルSIMでは1日当たり300MBで1,067円(税込)×6日間コース、レンタル手数料550円(税込)、海外での滞在期間が4日間だったとしてもコースで6日間と定められているので総額は6,952円(税込)、レンタルなので返却も必要となります。

SIMカードの返却については、ショップ店頭で受け付けている事もあれば、利用者が自分で梱包して返却しなければならないケースもあります。

他社との料金比較・変なSIMの場合

対して変なSIMでは、1日当たりのデータ容量は200MBで550円(税込)、500MBで880円(税込)~990円(税込)、1GBで1,320円(税込)~1,540円(税込)の中から選べます。

専用アプリで申し込む事で、使いたい日数分だけ申し込むことが出来ます。

レンタルではなく買い切りのサブSIMカードであるので、本体1,089円(税込)(通常価格2,178円(税込))を購入しておけば、何度でも同じサブSIMカードで旅行に利用する事が可能です。

当然、レンタルではないので返却する必要はありません。

総額は同じ4日間で比較すると、最も安いケースならば3,278円(税込)となります。

そして、次の旅行ではこの金額からかかった本体代も差し引かれ、通信料のみで利用する事ができます。

HISモバイルの国内向け特徴

海外利用での利点が大きく、使用感としてもユーザーに優しい変なSIMですが、その変なSIMを利用する前提条件がHISモバイルでのSIM契約です。

ドコモ回線orソフトバンク回線から選べるので、以前使っていたキャリアがそのどちらかならばSIMロック解除せずとも格安SIMが利用出来る等、国内向けにもユーザーに嬉しいサービスを提供しています。

使用状況に身近な様々なプラン

HISモバイルの大きな特徴は、1~15GB区切りで使った分の後払いでOKな「ネットピタットプラン」、音声通話5分定額コースにオプションで500MB~50GBまで上乗せ出来るプランといった、利用者のニーズに極めて身近に合わせてくれる豊富なプラン形態が特徴です。

最低利用期間なし!

また、幾つかの格安SIM、キャリアのSIMカードにも存在している最低利用期間が存在していません。

その為、仮に何らかの原因で早期に解約してしまう事になったとしても、違約金も発生する事がありません。

格安SIMサービスの競争が激しく、優良なサービスが次々出ている昨今ではこの点も魅力になります。

HISモバイルを使うべき人はこんな人

HISモバイルは特に海外旅行や海外出張によく行く人は勿論のこと、行く「可能性」がある人にもオススメです。

HISモバイルで契約しておき、必要になったならば変なSIMを購入する事でスムーズに海外適応できるスマホになります。

また、豊富なプランの中には電話機能が無い代わりにインターネット利用に特化しているといった、料金プランを自分のニーズに合わせたい人にも最適な格安SIMです。

【公式】HISモバイル

関連記事