ソフトバンク

HISモバイルからソフトバンクへ乗り換えをするなら?MNPの手順をチェック!

大手旅行代理店のHISが運営するHISモバイルは、国内だけではなく海外でスマホを使う人にとって、とても役立つ格安SIMサービスです。

逆に海外での利用をする機会が少ない場合は、ほかの通信会社へ乗り換えたいと思えてきます。

本記事ではHISモバイルからソフトバンクへ乗り換える流れ、その中でもソフトバンクオンラインショップを使ってのMNP転出についてまとめます。

どのような手順で乗り換えれば良いのか気になる人は、是非参考にしてください。

HISモバイルの解約をするために

HIS Mobile

HISモバイルからソフトバンクへ乗り換える際には、HISモバイルの解約が必要になります。

ポイントになるのは、自分がHISモバイルとどのような契約をしていて利用状況がどのようになっているのかです。

解約手続きが必要なのかどうか

HISモバイルでは2つの契約形態があります。

月額で利用するSIMと、買い切りで使えるSIMです。

特に後者の「変なSIM」はHISモバイルで一番の特徴とも言える製品なので、利用している人は多くいます。

月額制のプランを利用している場合は解約が必要になり、買い切りのSIMを使っている場合は解約手続きが不要です。

利用日数分をアプリで購入するタイプは、いつでも使うことをやめられるので、これも魅力のひとつです。

必要に応じて再開もできるので、気軽にソフトバンクへ乗り換えられます。

HISモバイルの解約方法

HISモバイルの解約をする方法は、HISモバイルのサイトから開ける「My HISモバイル」から手続きをするだけです。

手続き自体は必ずWebサイト上から行う必要があるので注意してください。

通信会社によっては電話のみでの解約となっているところもありますが、HISモバイルはWebからのみとなっており、書面や電話での解約ができません。

HISモバイルを解約する際の解約手数料

HIS Mobile

HISモバイルに限った話ではありませんが、通信会社との契約を解約する際には手数料が発生するケースが多いです。

条件次第では手数料が発生しないこともあるので、自分の場合はどちらになるのかしっかり確認しておきましょう。

解約金が発生しないパターン

データ通信専用プランで契約している場合は、一部のプランで解約に関する制限が存在しません。

「データ定額プラン」と「データ通信専用ネットピタッとプラン」が該当します。

この2つのプラン以外でも、契約から5か月以上が経過していれば、解約金は不要なのです。

海外用の「変なSIM」を利用している場合は、そもそも解約作業が発生しないため、ソフトバンクなどへ乗り換える際も特に解約手数料は請求されません。

解約金が発生するパターン

音声通話付きプランや一部のデータ通信専用プランでは、契約日から5か月未満の状況で解約すると解約金が発生します。

料金は一律で8,800円(税込)となっているので注意してください。

長期に渡って契約をしている人なら気にする必要はありません。

格安SIMの場合は実際に使ってみると思っていたよりも使い勝手が悪いと感じる場合もあり、そのことが原因で早期に解約をしようとする人もいるので、解約金について特に注意してください。

スポンサーリンク

MNP転出をする際には特に注意

HISモバイルで使っていた電話番号を引き継ぐMNP転出をする場合は、さらに注意が必要です。

MNP予約番号の発行には3,300円(税込)が必要で、解約金8,800円(税込)が発生する場合でもそのまま上乗せされます。

契約状況によっては、HISモバイルを解約するために12,100円(税込)を払うケースもあるのです。

格安SIMだからそれほどお金がかからないと思い込んでいる人もいますが、それにより予想外の出費に感じられるケースもあるので注意しましょう。

MNP転出のために必要な作業

HIS Mobile

HISモバイルで契約していたときに使っていた電話番号を引き継ぐ場合には、MNPを活用する必要があります。

新たに電話番号を取得するなら利用する必要はありませんが、連絡先の再登録や通知の手間を考えるなら、基本的にはMNP転出を利用するケースがほとんどです。

My HISモバイルからMNP予約番号を発行

HISモバイルに関する手続きは、基本的に「My HISモバイル」から行います。

MNP予約番号の発行についても同様で、Webサイト上から簡単に発行できるのです。

My HISモバイルへのアクセスは、HISモバイルヘ登録しているメールアドレスとパスワードが必要です。

契約時に設定したものですが、しばらく使っていなかった人は忘れていることも多いので注意してください。

解約作業とあわせて必要になるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

MNP予約番号について注意したいポイント

HISモバイルの予約番号は、My HISモバイルから手続きをして3日ほどでメールアドレスに送られてきます。

この番号は有効期間が設定されていて、15日以内に使用する必要があるのです。

MNP予約番号の有効期間を過ぎてしまったら、当然使うことはできません。

再発行するとまたお金がかかるので、特に注意してください。

有効期間が残り少ないと転出先での手続きが間に合わないため断られるケースもあるので、可能な限り余裕を持って発行すると良いでしょう。

HISモバイルからソフトバンクに乗り換える手順

ソフトバンクと契約する方法も複数ありますが、ソフトバンクオンラインショップを利用すれば自宅にいながら契約できるのでとても便利です。

HISモバイルの解約も含めてすべてネットで済ませられます。

ソフトバンクオンラインショップで契約する

ソフトバンクのWebサイトから「スマートフォン・携帯電話」を選択すれば、そのままソフトバンクオンラインショップが利用できます。

「製品情報」からどの端末を購入するのかを選び、購入手続きへと進みます。

契約の際に必要な情報を入力して進めていくだけなので、ソフトバンクオンラインショップの利用は難しくありません。

契約時の注意点などは自分で確認する必要があるので、しっかりと読むようにしましょう。

本人確認書類、支払用クレジットカード、MNP予約番号は手元に用意しておきましょう。

MNP予約番号も契約時に入力を求められます。

商品の到着と初期設定

ソフトバンクオンラインショップで契約を進め、審査に通れば商品が発送されます。

スポンサーリンク

実際に端末が手元に届いたら、後は初期設定を進めるだけです。

開通作業は電話とWebの両方が使えるので、難しいところはありません。

MNP転出をする場合、ソフトバンクの開通作業が終われば自動的にHISモバイルが解約されます。

すべて自動的に行われるので、とても楽です。

契約状態で作業は大きく変わる乗り換え手順

HISモバイルからソフトバンクへ乗り換える手順は、HISモバイルとどのように契約しているのかで大きく変わってきます。

海外用SIMを使っている場合は解約という概念がないので、単純に新規契約をするだけです。

月額制商品を利用している場合は、MNP転出が必要なのかどうかでも手順が変わってきます。

乗り換え自体はポイントを押さえていれば、それほど難しい作業ではありません。

Webサイトを使っての手続きに慣れている人なら、大まかな進め方が解っていれば困る要素がない作業です。

HISモバイルの解約はわかりにくいところもありますが、その問題さえクリアできていれば心配することもないので、事前確認はとても重要です。

【公式】ソフトバンクオンラインショップ

【公式】HISモバイル

関連記事