Wi-Fi

外出先でWi-Fiを使うにはどうしたらいい?外出先でのWi-Fiの使い方

外出先でもノートパソコンやタブレット、スマートフォンをインターネットに接続できたら便利なのに…とお考えでしょうか。

仕事のときもプライベートでの外出でも、出先でWi-Fiをつなぐことで、快適にインターネットライフを楽しみたいという人は多いことでしょう。

外出先でWi-Fiを使うには、以下の方法で接続することが可能です。

外出先でWi-Fiを使うには

次の3つの方法が考えられます。

Wi-Fiスポットの利用

最近は、都市部を中心に、公共エリアやショッピングモールなど、有料もしくは無料でWi-Fiを提供している会社やエリアが拡大しています。

こうした「Wi-Fiスポット」や「公衆無線LAN」が街中に多く見られるようになり、ますます自宅や会社以外の場所でのWi-Fi利用が便利になってきました。

こうしたサービスの多くは、各携帯電話事業者や大手プロバイダー、商業施設などによって提供されています。

携帯電話事業者が提供する無料Wi-Fiサービスは、「Wi-Fiつかえます」などのステッカーが貼られており、通常は有料のところ、その携帯キャリアの定額制のサービスに加入していれば無料で利用できます。

駅や空港など観光客なども多く集まる公共エリアの無料Wi-Fiスポットも増えてきていますが、こうしたエリアでのWi-Fiを使うには、Wi-Fiはメールアドレスさえ登録すれば、簡単に利用できるようになってきています。

こうしたサービスの他にも、メールアドレスの登録を必要としないフリーWi-Fiスポットもあります。

しかし、フリーWi-Fiスポットの中には、アクセスしてきた人の通信記録や個人的な情報を盗み見ることを目的とした悪質なものも存在しています。

そのため、一見便利なサービスに思えるフリーを謳うサービスには、十分気をつけるようにしましょう。

スマートフォンのデザリング機能の使用

スマートフォンなどのテザリング機能を使えば、自宅以外の場所にいるときでも、Wi-Fiを利用してインターネットに繋ぐことができます。

外出先でのデザリングを利用したWi-Fi接続は、スマートフォンをアクセスポイントとして、タブレットやノートパソコンなどの機器にインターネットを繋ぐ方法です。

この方法を使えば、Wi-Fiルーターと同じで、複数のデバイスを同時にネット接続することが可能です。

デザリングにはいくつかの種類があり、Wi-Fiを利用する以外にも、USBケーブルを使った接続、Bluetoothを使った接続も一般的です。

それぞれの方法にメリット・デメリットがありますので、デザリングを使用する目的や接続環境などに合わせて、適切な方法を選ぶようにしましょう。

モバイルルーターの携帯

モバイルルーターを利用して接続する方法もあります。

モバイルルーターは小型で持ち運びしやすいデザインになっているので、外出時に携帯することで、インターネット接続の心配を減らすことができます。

モバイルルーターの使い方は簡単で、SIMカードを入れてスイッチを入れるだけで、数秒後には複数のデバイスで同時にインターネットを楽しむことができます。

ただし、電池が切れてしまっては使い物になりません。

モバイルルーターは使用前に充電しておくことを忘れないようにしましょう。

外出先でWi-Fiを使うための準備

外出先でWi-Fiを使用する際には、特別な機器や端末を準備する必要はありません。

ただし、Wi-Fiネットワークを提供している会社の中には、事前登録やアプリをダウンロードするなどのステップが求められることがあります。

ドコモの場合

携帯電話キャリアが提供するWi-Fiサービスを例にとって考えてみましょう。

スポンサーリンク

ドコモは「docomo Wi-Fi」というサービスを提供しています。

このサービスは、docomoの回線を契約している人でSIM認証の設定さえしていれば、他に特別な設定をしなくても利用できますが、もしSIM認証の設定をしていない場合には、ユーザーIDとパスワードを入力することで接続が可能です。

認証情報はdメニューから確認してください。

ソフトバンクやauの場合

同じように、ソフトバンクを利用している人は、「ソフトバンクWi-Fiスポット」というソフトバンク利用者専用のWi-Fiスポットが用意されていますし、au回線を契約している人は「au Wi-Fi」を利用することができます。

インターネットブラウザーから「auお客様サポート」にアクセスし、au Wi-Fiプロファイルを設定することで、「au Wi-Fi」を利用することができます。

スターバックスの場合

スターバックスでは、「at_STARBUCKS_Wi2」というフリーWi-Fiを用意しています。

全国900以上の店舗で提供しているサービスですので、Wi-Fiに困ったら、とりあえずスタバを探す、という人もいるほどです。

利用したい店舗でWi-Fiスポットが使えるかは、店頭のステッカーで確認することができます。

ただし、スターバックスのフリーWi-Fiは事前登録が必要ですので、Wi-Fi利用の予定があることが分かっている場合には来店前に登録しておくことで、店舗でのWi-Fiへの接続がスムーズに進みます。

外出先でもWi-Fi接続で安心

現代人はタブレットやノートパソコンでウェブを閲覧したり、動画をストリーミングしたり、スマートフォンでリンクを共有したり、友人とチャットしたりと、多くの時間をオンラインで過ごしています。

そのため、自宅のWi-Fi接続から離れている環境のときでも、常にインターネットに接続された状態を保つのは現代人にとって優先事項となっています。

上記に挙げた方法を活用して、外出先でもサクッとWi-Fiにつないでみましょう。

関連記事