ドコモ

IIJmioからドコモに乗り換える時の手順や、やっておかないといけない事!

IIJmioからドコモに、乗り換えようとお考えの方の為に、今回は転出先「IIJmio」から転入先「ドコモ」に乗り換える方法や、ドコモのメリットやデメリット、家のインターネットをまとめたらお得なのか、他には入ったらいい副商材はあるのかなど、そして手続き先はショップがいいのか電気屋がいいのかなど様々な疑問を解決していきます。

IIJmioからの乗り換え方法

IIJmio(みおふぉん)

IIJmioからドコモに乗り換えるには、どのような手続きをするのでしょうか。

そして乗り換え先はどこで手続きするのが1番お得になるのでしょうか。

痒いところまで手が届くようにご説明していきたいと思います。

契約期間の確認

まず、今のIIJmioの契約期間の確認を行なってください。

契約から1年経っていれば、契約解除料はかかりません。

しかし、1年経っていない方で2019年9月30日までに契約されている方は、1,100円(税込)×残月(1年まで)かかります。

2019年10月1日以降の契約であれば1,100円(税込)だけで済みますので、ご自身がいつ契約されたかは確認しておきましょう。

予約番号の取得と予約番号の有効期限

ドコモに乗り換えるにあたって、番号そのままで携帯会社を移動されるのであれば、MNPの予約番号が必要になります。

IIJmioで予約番号の取得をしましょう。

ネットからか、電話で取得できますので、忘れずに取得しましょう。

期間は取得まで4日ほどかかりますので、忘れずに手続きの4日前までには取得するようにしましょう。

予約番号は、取得してから15日間が有効期限になっていますので、取得してから2週間以内には手続きするようにしましょう。

現在の携帯のデータのバックアップやコピー

乗り換える前に、今お持ちの携帯のデータをバックアップするか、microSDカードなどにコピーして保存しておきましょう。

乗り換えた時はデータの移行は基本ご自身でしないといけないので、忘れずに保存しておきましょう。

Androidであれば、GoogleドライブとGoogleフォトを使って電話帳と写真は保存しましょう。

iPhoneであれば、iCloudを使うか、自宅のパソコンのiTunesを使ってデータを保存しておきましょう。

家族みんなでまとめる方がいいのか

家族全員が今の時代携帯は使われてると思います。

では、家族みんなでドコモに乗り換えた方がいいのか、1台だけでも問題がないのかどちらが安くなるのでしょうか。

結論から言うとまとめた方がトータルの携帯代は安くなります。

大手の携帯会社は今、ネットとのセット割引きで携帯料金を安くできる仕組みになっているので、別々に持つよりもまとめてしまう方が安くなって、しかもスッキリまとまるのでオススメです。

乗り換え後は以前のスマホをどうする

乗り換えた後、今使ってるスマホを通信端末として使うか、使い道がないので、中古携帯の買取業者に出してしまうかの2パターンになると思います。

何も使い道がなければ、フリマアプリや中古携帯取り扱い業者に売りに出せば、少しはお金になると思います。

売らずに使う使い道としては、SIMが同じSIMでいけるのであれば、故障した場合の代替え機として使えますし、ゲームなどされている方でサブアカウントを作れるゲームであれば、サブアカウントを作る端末としても使えます。

ドコモの乗り換え手順

続いては、ドコモへの乗り換え手順や、手続きする場所はどこがいいのか、ドコモに乗り換えるメリットやデメリットなど、皆様の痒いところに少しでも手が届くように細かく、1つずつご案内していきたいと思います。

スポンサーリンク

手続き方法

ドコモでの手続き方法は、先ほど初めにお話しした、予約番号と本人確認書類と支払い方法に設定される、クレジットカードや、キャッシュカードを忘れずに持って店頭に行きましょう。

そして、どこの店舗で手続きするか事前に決めて行きましょう。

次では、電気屋や、ショップでのメリットなどのお話をしていきたいと思います。

電気屋での手続き

電気屋での手続き方法は、先ほどの必要書類を持って電気屋に行って手続きをしましょう。

電気屋では、販売はできますが、それ以外の手続きはできませんので、乗り換え以外の手続きをする方は電気屋での手続きはオススメしません。

以前であれば、機種代0円などのキャーンペンを行っていましたが、今は国から上限が2万円までと決められているので、どこの店舗に行っても同じ割引しか受けられませんので、多店舗に価格調査をせず、近くの店舗で手続きする事をオススメします。

ドコモショップでの手続き

ドコモショップでの手続きは、乗り換え以外にもプランの変更や支払先の変更など大体の事はできるので、乗り換え以外に手続きをされたい方はドコモショップでの手続きをオススメします。

ただ予約無しで行くと結構待ち時間があるので、もしドコモショップでお手続きされるご予定の方は、事前に来店予約をしてから、来店される事をオススメします。

来店予約はドコモのホームページからできます。

ドコモオンラインショップでの手続き

ドコモは、オンラインショップでも手続きができます。

オンラインショップのメリットは、待ち時間がなく、買いたい機種やプランが決まっていれば、お店に出向く事なくスマホ一つで手続きが完了してしまう点が1番のメリットになります。

プランや機種などが決まっていなくて、ちゃんと説明を受けてから買いたいという人はオンラインショップのメリットはないので、ショップや電気屋さんで手続きしましょう。

全てわかっている人はオンラインショップでの手続きが1番楽かもしれません。

ただし設定はご自身での設定になるので、設定ができない人は電気屋やショップでの手続きをオススメします。

ドコモのメリット

ドコモのメリットは、大手の携帯会社になるので、格安SIMにはないサービスがある事がメリットになります。

副商材と連携があったり、ショップがあるので、何か手続きをされるのであれば、ショップに行って手続きができます。

そして最新機種が欲しい人は発売と同時に機種を買う事ができますので、その辺が大手の大きなメリットになってくると思います。

ドコモのデメリット

ドコモのデメリットとしては、大手の携帯会社なので、格安SIMに比べると料金が高くなってしまいます。

家族で乗り換えをすれば、幾分安くはなりますけど、月の値段は、格安SIMに比べると高いです。

そして、毎月の利用がそんなにない人のプランの幅が狭いので選択肢がないのがデメリットになると思います。

データの復元方法

手続きが終了したら新しい携帯にデータの復元をしないといけません。

先ほどお話ししたmicroSDカードであれば、挿入してデータを戻せば問題ないですが、それ以外であれば、サーバーから戻す必要があります。

iPhoneであれば、iCloud、Googleであれば、GoogleドライブやGoogleフォトから戻す必要があります。

新しい携帯を購入したらAndroidの端末であれば、Googleアカウントでログインすれば、データはそのまま戻ってきます。

iPhoneであればiCloudであれば、初期設定の時に復元をかければデータは戻ってきます。

スポンサーリンク

iTunesであれば、パソコンから忘れずに復元をかけましょう。

IIJmioからドコモに乗り換え完了

全て読んでもらえれば、手続き終了まで、そしてデータの復元まで完了します。

ドコモのメリットやデメリットも理解した上で、乗り換えの手続きをしていただければ、手続き後に後悔する事もないかなと思います。

そして、どこで手続きするのがいいのか、家族でまとめる方がいいのかと悩まれていた方もこの記事で解決できたかなと思いますので、手続き自体は1日あれば終わりますので、ご自身の予定の空いている所で手続きをしていただければと思います。

【公式】ドコモオンラインショップ

【公式】ahamo

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事