ソフトバンク

IIjmioからソフトバンクへの乗り換え手順を解説!乗り換えてお得になるの?

IIJmioからソフトバンクに、乗り換えようとお考えの方の為に、今回は転出先「IIJmio」から転入先「ソフトバンク」に乗り換える方法や、ソフトバンクのメリットや、デメリット、家のインターネットをまとめたらお得なのか、他には入ったらいい副商材はあるのかなど、分かりやすくご案内します。

IIJmioからソフトバンクに乗り換える手順

IIJmio(みおふぉん)

IIJmioからソフトバンクに乗り換えるには、まず何をすればいいのでしょうか。

ソフトバンクで手続きをする前にする事が何個かありますので、1個ずつ詳しくご説明していきます。

契約内容の確認

理由としては、契約期間を確認しておく事で乗り換えた時に、IIJmioへの、「音声通話機能解除調定金」が発生するかどうかの確認が必要になります。

2019年9月30日までにお申し込みの方であれば、利用から1年経っていれば、お金はかかりません。

1年以内の乗り換えであれば、1年までの残り月数×1,100円(税込)がかかりますので、注意してください。

2019年10月1日以降のお申し込みであれば、1年以内の乗り換えであれば、1,100円(税込)のみかかります。

いつ乗り換えるとお得なのか

乗り換えるのは、1年経った後であれば、月末頃に手続きする事をオススメいたします。

なぜかと言うと、IIJmioは乗り換えても、月の料金は満額請求されますので、月末に手続きするのがお得になります。

予約番号の取得

乗り換えるにあたっては、MNPの予約番号が必要になります。

この番号を取得しないと、乗り換え先で今使ってる番号がそのまま使えないので、必ず取得してから乗り換え先で手続きをするようにしましょう。

IIJmioでは、この予約番号取得するのに4日程度かかりますので、取らずに乗り換えの手続きに行ってしまうと手続きができずに、二度手間になりますのでお気をつけて下さい。

予約番号の有効期限や手数料

MNPの予約番号の有効期限は、取得してから15日で有効期限が切れてしまいます。

取得してから15日以内で手続きするようにしましょう。

有効期限が切れても解約にはなりませんが、IIJmioは、先程説明しましたが、取得までに4日程かかりますので、忘れずに手続きしてください。

転入後のスマホの利用の仕方

ソフトバンクに乗り換えた後、今まで使っていたスマホですが、家のwi-fiであればインターネットに接続する事は可能なので、小さいお子様がおられる家庭であれば、子供さんのゲームや動画視聴などで、使う用途で置いててもいいでしょう。

その他の使用用途としては、ゲームのサブアカウントを作って使うという利用方法もあるので、ゲームをやってる方はサブアカウント用として確保することもおすすめです。

もしそのような事も無いし、一切使う用途が無ければ、買取業者に持っていき買い取っていただくのもいいかもしれません。

ソフトバンクに乗り換える手順

今度は、ソフトバンクでの手続きで必要な物や、ソフトバンクはどのような人がメリットがあって、どのような人にデメリットがあるのでしょうか。

そして手続きはどのようにしていけばいいのでしょうか。

手続きに持参する物

手続きにあたって、何を持っていけばいいのでしょうか。

契約者になる方の本人確認書類は、必要になりますので、忘れずに持っていきましょう。

運転免許証があれば、一点で手続きできますが、免許証がない人は、保険証と3ヶ月以内に取得した、住民票を持って行きましょう。

支払い方法に設定するクレジットカードや、キャッシュカードも忘れずに持っていきましょう。

どちらも忘れると手続きできませんので、忘れずに持って行きましょう。

スポンサーリンク

ソフトバンクのメリット

メリットは、なんといってもデータ通信が大容量のプランがある事がソフトバンクの1番の売りではないでしょうか。

50Gのプランがあり、YouTubeやAbemaTVなど一部の人気サイトは、ギガフリーで利用できるので、ヘビーユーザーの方にはメリットになるでしょう。

格安SIMのキャリアでは取り扱いのない最新のiPhoneやAndroidの機種が買えるのもメリットになります。

ソフトバンクのデメリット

逆に、デメリットとしては、データもそこまで使わず、値段も安く抑えたい、機種自体もそこまでこだわらない方にとっては逆に高くなってしまうので、デメリットになる可能性はあります。

しかし、家族皆さんで乗り換え検討であれば、家族での割引があるのでIIJmioと同じぐらいの値段で最新機種で50Gのプランで持てる可能性はあります。

ショップと電気屋ソフトバンクオンラインショップの手続きの違い

どこで手続きをするのが、お得なのか、何が違うのかわからない方もおられるでしょうが、大きな違いは、ショップはどのような手続きでもできるのですが、電気屋では販売しか出来ません。

機種代金や乗り換えた時の割引やキャッシュバックなどは、今は規制により2万円以上の値引きは出来ないので、どちらで手続きしても変わりません。

他の手続きを一緒にしたいのであれば、ショップで手続きする事をオススメいたします。

他にも、電気屋の場合乗り換えでも割り引くのに、いらないオプションに加入させられる可能性はあります。

大体のオプションは1ヶ月無料なので1ヶ月以内に外せばお金はかかりませんので、外すのを忘れないようにしましょう。

ソフトバンクオンラインショップであれば、自宅に居ながら手続きができるのでおすすめです。

ソフトバンクでの手続き方法

予約番号を取って頂いたら、ソフトバンクでの手続きを行わないといけません。

先程お話しした、ショップと電気屋で手続きが変わります。

お客様がその辺を理解して、どちらで手続きされるか決めていただくとよいでしょう。

家のインターネットもまとめるとお得?

今は、大体の方は家でインターネット回線は引いていて、スマホでwi-fi接続などされているでしょうが、ソフトバンクに乗り換えると、家のインターネットも乗り換えた方がお得になります。

携帯とネットのセット割が1台で1,100円(税込)入るので、家族で乗り換えを検討中であれば、かなりお得になりますので、特別な理由がない限りは家のインターネットもソフトバンクでまとめる事をオススメします。

副商材や入るといい割引

乗り換える方の中に22歳までの方がいるのであれば、今は学割の時期なので、2020年6月1日までは、学割に入れますので、もし対象年齢の方がいればその日までに手続きをした方がお得になります。

後はソフトバンク電気なども電気代がお得になりますので、もし対象の電気プランに入られている方であれば加入された方がお得になります。

今話題のPayPayもソフトバンクのキャンペーンや、機種の下取りした金額もPayPayで帰って来るので、必ず入りましょう。

大容量ならソフトバンク

IIJmioからソフトバンクに乗り換える手順やソフトバンのメリットや、デメリットなどをお話ししましたが、IIJmioからソフトバンクへの乗り換える手順が、お分かり頂けたのではないでしょうか。

大容量のデータを使いたいならソフトバンクは50Gのプランがあるので大容量のデータを毎月使う方はいいと思います。

その他も、色々と細かい点などもありますが、その点に注意しながら手続きしていきましょう。

【公式】ソフトバンクオンラインショップ

関連記事