IIJmio

IIJmioで機種変更はできるって本当?詳しい手順や注意すべきポイントを検証!

品質の良さで格安SIM業界に旋風を巻き起こしているのが「IIJmio」です。

通話および通信のクオリティーに加えて、料金プランが豊富であることも多くのユーザーから評価されています。

では、IIJmioのユーザーが機種変更をしたいと思う場合、どうすれば良いのでしょうか。

機種変更手続きに関する詳細と、作業をする際にユーザーが注意すべきポイントなども合わせて検証していきましょう。

IIJmioでは機種変更ができる

IIJmio(みおふぉん)

IIJmioは機種変更に関して自由度が高いという特徴があります。

主な機種変更の方法は以下の2つです。

ユーザー自身で端末を準備する

iPhoneやアンドロイド端末を自分で購入して、これまで使用していた端末からSIMを差し替えることで機種変更ができます。

この場合、IIJmioに「機種変更をしました」といった報告をする必要はありません。

ただし、白ロムの端末を購入する場合には、NTTドコモ回線に対応しているものか、それともau回線に対応しているものかを事前に確認しておく必要があるでしょう。

このチェックを怠ると、せっかくお気に入りの端末を手に入れたとしても、SIMを読み込むことができず使えないというトラブルが発生するリスクがあります。

SIMフリーの端末であればこの点を心配する必要はありません。

IIJmioの公式サイトで機種変更用の端末を購入する

IIJmioの公式サイトでは、新規ユーザー向けだけでなく、機種変更希望者向けの端末販売も行っています。

機種のラインナップは新規とほぼ変わりません。

欲しい機種を選択して購入手続きを行うだけで完了します。

この場合、送られてくる新しい端末と合わせて、設定の変更方法やバックアップの保存方法などに関する解説も送付されてくるので大いに活用しましょう。

IIJmioのサイトから新しい端末を購入する場合には、これまでの料金プランの変更についても確認されます。

とはいえ、端末だけを変更したいのであれば、このチェックに関しては特に気にする必要はありません。

Android端末で機種変更をする場合の手順

Android端末を用意して機種変更の手続きをしたいと考えているユーザーは、以下に示す手順に従って作業を進めてください。

SIMを新しい端末へ挿入する

古い端末の電源を切ったら、SIMカードを取り出します。

新しい端末の電源が切れていることを確認したら、SIMカードを挿入しましょう。

確実にSIMカードが挿入されたことを確認したら、電源をONにして端末を起動します。

通話の表示をチェックしてSIMが認識されていることを確認出来たら完了です。

ネットワークの設定を行う

インターネットへ接続するためにはAPNの設定を行う必要があります。

「設定」のアイコンをタップしてメニュー画面を開き、「ネットワークの設定」もしくは「モバイルネットワーク設定」へ移行しましょう。

メニューリストの中に「APNの設定」があるので、その項目を開いて「IIJmio」を選択します。

スポンサーリンク

IIJmioという項目が表示されないときは、ユーザー名やパスワードなどをユーザー自身が入力しなければなりません。

ただし、これらのデータはいずれもIIJmioの公式サイトで公開されていて非常に簡単なので心配は不要です。

iPhoneへ機種変更をする場合の手順

機種変更の端末としてiPhoneを考えている人は、IIJmioの専用アプリを活用してスピーディーに切り替えを進めていきましょう。

SIMの差し替えを行う

古い端末の電源をOFFにしてSIMカードを取り出します。

新しい端末も電源をOFFにしてからSIMカードを挿入しましょう。

iPhoneの電源をONにしてSIMカードが認識されていることが確認出来れば完了です。

アプリを介してネットワークの設定を行う

Wi-Fiへ接続して、App StoreからIIJmioのアプリをダウンロードし、インストールします。

インストール完了後、アプリを起動して「ヘルプ」の項目を開きましょう。

メニュー一覧の中に「構成プロファイル」があるので、そこをタップしてインストールを行います。

パスコードの入力をしたら、自動的にAPNの設定が完了しているはずです。

できるだけアプリをインストールしたくないという人は、ホーム画面から「設定」のアイコンをタップして、「ネットワークの設定」からIIJmioが提供するAPNの各データを手入力していけば問題ありません。

また、Googleアカウントを介して設定することも可能です。

機種変更作業をする際の注意点

IIJmioのSIMを利用しているユーザーが機種変更を行う場合、大手キャリアとはかなりの相違があることを覚えておきましょう。

特に注意すべきポイントは以下の7つです。

店頭でのサポートなし

IIJmioではコストを抑えて格安でサービスを提供するため、実店舗による店頭窓口サポートを実施していません。

また、カスタマーサポートの電話番号も公式サイトには記載されていないので、機種変更に際して端末の機能やプランの変更に関する担当者への相談は受け付けていないということが分かります。

これは大手キャリアとの大きな違いということができるでしょう。

もちろん、公式サイトには「よくあるご質問」というコーナーが設置されており、機種変更の各ステップに関する分かりやすい説明がありますから、思うように作業が進まないというときにはこのコーナーをチェックしてみることをおすすめします。

データ移行はユーザー各自が実施

機種変更用の端末をどのような方法で用意するかに関わりなく、古い端末から新しい端末へのデータ移行はすべてユーザーが実施する必要があります。

先述の通り、IIJmioでは大手キャリアのように窓口担当者やデータ移行専用のカスタマー用マシンなどは用意されていません。

ですから、古い端末にあるデータをクラウドサービスあるいはMicroSDなどにバックアップとしてコピーしておき、それを新しい端末へ移すという作業は各自が担わなければならないのです。

iPhoneであればiTunesあるいはiCloudを利用することで、比較的スピーディーにバックアップとコピーが完了することでしょう。

キャンペーンによる限定割引あり

機種変更する端末をIIJmioの公式サイトで購入すると、キャンペーン価格が適用されることがあります。

機種によっては3割から4割ほど値引きされた特別価格が設定されることもあるので大変お得です。

IIJmioの端末ラインナップは非常に豊富で在庫に関してもリアルタイムで更新されていて分かりやすくなっています。

スポンサーリンク

ですから、リーズナブルな価格で機種変更をしたいというユーザーには大変おすすめです。

期間限定のキャンペーンは定期的に実施されているので、それほど急いで機種変更をしなくても大丈夫という人は次のキャンペーン開催まで待ってみるのもよいでしょう。

SIMの大きさはスマホによって異なる

SIMカードのサイズには「標準タイプ」の他に「micro」と「nano」の2種類があります。

機種変更の際には、古い端末と新しい端末でSIMのサイズが変更になるかどうかを確認することが非常に大切です。

対応しているサイズが異なる端末に無理やりSIMを押し込んでも機能することはありません。

IIJmioで機種変更を行う場合には、手続きの中でサイズの変更について質問してくれるので安心です。

一方、自分で端末を用意する場合には、IIJmioへ申請をして新しいSIMを送付してもらう必要があります。

この切り替えを行う期間中はスマホが使えなくなる可能性があるということを覚えておきましょう。

動作確認がされている端末をチェック

IIJmioの公式サイトでは、各メーカーから販売されているスマホ端末の対応表が公開されています。

このリストに含まれている端末であれば、契約しているプランの内容に関わりなく機能するはずです。

一方、対応表に掲載されていない端末の場合、機能するか機能しないかはSIMを挿してみるまで分かりません。

国内では販売されていない端末を海外から取り寄せてSIMを挿してみたものの、まったく反応しなかったというケースも見られています。

ですから、機種変更のために自分で端末を準備するという人は、購入後のトラブルを回避するためにもこの対応表を事前にチェックしておきましょう。

国内大手3社の端末であっても速度に違いがある

IIJmioのSIMは国内の大手キャリアが販売している端末であれば基本的に対応できるとはいえ、一部端末ではネットワークの通信速度が遅いなどの不具合が観察されています。

これは対応周波数の違いに起因するものであり、一部のAndroid端末において観察されている症状です。

まったくネットへつながらないというわけではないものの、iPhoneなどと比較すると速度にかなりの差が生じているということを念頭に置いておきましょう。

iPhoneはSIMロック解除が必要なケースあり

国内キャリアで販売されているiPhone端末を利用して機種変更をする場合、iPhone7以前のモデルに関してはSIMロック解除の手続きが前もって必要になることを覚えておきましょう。

iPhone8以降のモデルおよびSIMフリー端末に関しては問題ありません。

もちろん、IIJmioで販売されているiPhone端末に関してもSIMロック解除は不要です。

IIJmioはユーザー自身が機種変更を担当するシステム

IIJmio(みおふぉん)

IIJmioは機種変更および端末の準備に関して大手キャリアのように厳しい制約を設けておらず、作業そのものも非常にシンプルなのでスムーズに進められるはずです。

ただし、実店舗の窓口は用意されていないので、幅広いサポートを受けることは難しいということを理解しておきましょう。

また、データ移行などもすべてユーザー個人の責任で行うことを事前に理解しておくなら、ストレスを感じることなく作業ができるはずです。

【公式】IIJmio

関連記事