格安スマホ/SIM

格安SIMでもiPhone 12は使える!乗り換え手順と注意点まとめ

最新のiPhoneである「iPhone 12シリーズ」は格安SIMでも問題なく使えます。

AppleストアならSIMフリー版が購入でき、格安SIMのSIMカードを挿すだけで利用可能です。

大手キャリアのiPhoneも、SIMロック解除すれば格安SIMで使えます。

最新のiPhoneを安く運用したいなら、格安SIMで利用するのがおすすめです。

本記事ではiPhone 12を格安SIMで利用する方法と、乗り換える際の注意点について解説します。

iPhone 12を格安SIMで利用するための手順

iPhone 12を格安SIMで利用するための手順は以下の通りです。

  1. iPhone 12の動作確認状況をチェックする
  2. AppleストアでiPhone 12を購入する
  3. 大手キャリアからMNP予約番号を取得する
  4. 申し込みに必要な物を準備する
  5. 格安SIMを申し込む
  6. 初期設定をする

各手順について、丁寧に解説していきますね。

iPhone 12の動作確認状況をチェックする

まずは利用したい格安SIMにおけるiPhone 12の動作確認状況をチェックしてください。

iPhone 12は大手キャリア3社すべての回線に対応しています。

そのため、基本的にはどの格安SIMでも利用可能です。

しかし、動作確認されていない格安SIMで利用する場合は自己責任となります。

動作確認されていない端末を利用する場合、サポートを受けられません。

格安SIMは独自に動作確認を行い、その結果を公式サイトで確認することが可能です。

必ず、iPhone 12を購入する前に自分が利用する格安SIMでiPhone 12の動作確認がされていることをチェックしましょう。

AppleストアでiPhone 12を購入する

格安SIMでiPhone 12を利用できることを確認したら、AppleストアでiPhone 12を購入します。

iPhone 12をセット購入できるのは大手キャリアのみです。

格安SIMでも古いiPhoneの取り扱いはありますが、最新シリーズであるiPhone 12のセット購入はできません。

AppleストアでiPhone 12を単体購入し、格安SIMはSIMカードのみ契約しましょう。

どのiPhone 12を買うべきか迷っている人は、こちらの記事も参考にしてください。

iPhone 12シリーズ徹底比較!買うならどのモデルがおすすめ?2020年に発売された「iPhone 12シリーズ」は全部で4つの種類があります。 スペックを見ると共通している部...

大手キャリアからMNP予約番号を取得する

次に大手キャリアからMNP予約番号を取得してください。

現在利用している電話番号を他のキャリアへ引き継ぐことを「MNP」といいます。

大手キャリアの電話番号をそのまま格安SIMでも使いたい場合は、MNPで乗り換えてください。

そのMNPを利用するために必要なのが「MNP予約番号」です。

事前に、大手キャリアから取得してください。

取得方法は主に電話、オンライン、ショップの3つです。

どの方法でも良いですが、自宅から手軽に取得できる電話かオンラインがおすすめです。

スポンサーリンク

電話の場合は各キャリアのサポートに電話し、MNP予約番号を取得したいことを伝えてください。

キャリア 電話番号 受付時間
ドコモ ドコモ携帯:151
一般電話:0120-800-000
午前9時~午後8時
au 0077-75470
ソフトバンク ソフトバンク携帯:*5533
一般電話:0800-100-5533

オンラインの場合は各キャリアのマイページから手続きできます。

MNP予約番号には15日間の有効期限があります。

有効期限を過ぎるとMNP予約番号が失効し、再度取得しないといけません。

MNP予約番号を取得したら、なるべく早く乗り換えてください。

格安SIMによっては有効期限が一定日数以上ないと乗り換えられないので注意しましょう。

申し込みに必要な物を準備する

次に格安SIMの申し込みに必要な物を準備してください。

  • 本人確認書類
  • クレジットカード
  • MNP予約番号
  • 連絡が取れる電話番号・メールアドレス

本人確認書類は運転免許証やパスポート、個人番号カードなどが使えます。

具体的にどの本人確認書類が使えるかは格安SIMに問い合わせてみましょう。

格安SIMの支払いは原則クレジットカードのみです。

申し込みの際は本人名義のクレジットカードを用意してください。

格安SIMを申し込む

いよいよ格安SIMの申し込みです。

オンライン(格安SIMの公式サイト)から申し込みをしてください。

店舗で申し込める場合もありますが、オンラインの方が手軽ですしキャンペーンもお得です。

できる限り、オンラインから申し込みましょう。

格安SIMをオンラインから申し込む手順は以下の通りです。

  • STEP1
    端末セットではなく「SIMカードのみ」を選択する
  • STEP2
    SIMカードタイプで「音声通話SIM」を選ぶ
  • STEP3
    プラン・オプションを選ぶ
  • STEP4
    MNP予約番号を入力する
  • STEP5
    契約者情報(氏名や住所など)を入力する
  • STEP6
    支払い情報(クレジットカード番号)を入力する
  • STEP7
    本人確認書類をアップロードする

細かい順番や内容は格安SIMによって異なりますが、おおむね上記の通りです。

画面の指示に従っていけば、簡単に申し込めますよ。

網仕込み時に注意すべき点は以下の3つです。

  • 端末はiPhone 12を利用するので「SIMカードのみ」で申し込む
  • SIMカードタイプは音声通話SIMを選ぶ
  • MNPを利用する場合は必ずMNP予約番号を入力する

MNPを利用する場合は乗り換え方法でMNPを選択し、MNP予約番号を入力してください。

新規契約してしまうと、電話番号を引き継げません。

初期設定をする

iPhone 12と格安SIMが用意出来たら初期設定をしましょう。

初期設定では以下の2つを実施します。

  • 回線切り替え
  • APN設定

回線切り替え

MNPで乗り換えた場合は回線切り替えをします。

格安SIMが届いた段階では、まだ大手キャリアのSIMが使える状態のままです。

回線切り替えをして、回線を大手キャリアから格安SIMに切り替えてください。

スポンサーリンク

回線切り替えの方法は格安SIMによりますが、大きく以下の2パターンがあります。

  • マイページから手続き
  • 専用の電話番号に電話して手続き

回線切り替えが終わったら大手キャリアは自動解約されます。

別途、解約手続きをする必要はありません。

MNPを利用せず新規契約した場合、回線切り替えは不要です。

APN設定

最後に「APN設定」をします。

APN設定とは、格安SIMのデータ通信を使うために必要な設定です。

聞きなれないかもしれませんが、手順はそこまで難しくありません。

iPhoneでは「APN構成プロファイル」という特殊なファイルをダウンロードするだけでAPN設定ができます。

  • STEP1
    iPhone 12をWi-Fiに接続する
  • STEP2
    Safariを起動し、格安SIMのAPNダウンロードページへアクセスする
  • STEP3
    APN構成プロファイルをダウンロードする
  • STEP4
    設定アプリ
  • STEP5
    画面の指示に従ってAPN構成プロファイルをインストールする

APN設定をしてもデータ通信が使えない時は、機内モードのオン/オフを試してください。

APN設定が終わったら、格安SIMでiPhone 12を利用する準備は完了です。

格安SIMでiPhone 12を利用する際の注意点

格安SIMでiPhone 12を利用する際の注意点は以下の通りです。

  • 乗り換える際は費用がかかる
  • 大手キャリアのiPhone 12を利用する際はSIMロックに注意
  • 5G通信が利用できるのはLinksMateのみ
  • キャリアメール・キャリア決済は使えなくなる

乗り換える際は費用がかかる

大手キャリアから格安SIMに乗り換える場合は費用がかかります。

乗り換えにかかる費用は大きく「大手キャリアに支払う費用」と「格安SIMに支払う費用」の2つです。

大手キャリアに支払う費用

大手キャリアに支払う費用は以下の通りです。

項目 金額
MNP転出手数料 3,300円(税込)
(一部のドコモユーザーは2,200円(税込))
違約金 1,100円(税込)~10,450円(税込)
分割払いの端末代 端末による

MNPで格安SIMに乗り換える場合は、大手キャリアにMNP転出手数料を支払わないといけません。

MNP転出手数料は2019年9月30日までに提供しているプランを契約していたドコモユーザーは2,000円、その他は3,000円です。

MNP転出手数料はMNP乗り換えが完了して初めて請求されます。
MNP予約番号を取得しただけでは請求されません。

大手キャリアの契約は基本的に2年契約です。

2年に一度の更新月以外に解約すると違約金がかかります。

2019年9月30日までに契約していた人は違約金が10,450円(税込)と高額です。

更新月が近い場合は、更新月を待ってから解約したほうがいいでしょう。

2019年10月以降に契約した場合の違約金は最大1,000円なので、そこまで気にする必要はありません。

また、大手キャリアで端末を分割払いで購入していた場合は解約後も支払いが続きます。

解約したからといって、支払い義務がなくなるわけではありません。

格安SIMに支払う費用

格安SIMに支払う費用は以下の通りです。

項目 金額
契約事務手数料 3,300円(税込)
SIMカード発行手数料 330円(税込)~440円(税込)前後

どの格安SIMでも、3,300円(税込)~3,740円(税込)前後の初期費用が掛かります。

MNPの有無は関係ありません。

格安SIMによっては契約事務手数料が無料になる「エントリーパッケージ」が用意されています。

スポンサーリンク

少しでも初期費用を節約したい人は、事前に家電量販店やネット通販でエントリーパッケージを購入しておきましょう。

大手キャリアのiPhone 12を利用する際はSIMロックに注意

格安SIMで大手キャリアのiPhone 12を利用する際はSIMロックに注意してください。

SIMフリー版だけでなく、大手キャリアのiPhoneでも格安SIMが利用できます。

すでに大手キャリアでiPhone 12を買っている場合は、SIMカードを入れ替えるだけでOKです。

ただし、大手キャリアのiPhone 12にはSIMロックがかかっています。

SIMロックがかかったiPhone 12の場合、同じ回線の格安SIMしか利用できません。

例えばドコモのSIMロックがかかったiPhone 12ではドコモ回線の格安SIMは使えますが、au回線/ソフトバンク回線の格安SIMは利用不可です。

大手キャリアのiPhone 12も「SIMロック解除」をすればSIMフリー版と同じように回線を気にせず使えます。

格安SIMで大手キャリアのiPhone 12を利用する場合は、できる限りSIMロック解除してください。

iPhone 12を一括購入した場合は即SIMロック解除ができます。
分割の場合は原則101日経過しないとSIMロック解除できません。

5G通信が利用できるのはLinksMateのみ

iPhone 12は次世代の通信規格「5G」に対応していますが、格安SIMでは基本的に5Gを利用できません。

格安SIMで5Gを利用できるのはドコモ回線のLinksMateのみです。

その他の格安SIMは5Gに対応していません。

5G対応のiPhone 12で5G通信ができないのは少し残念ですね。

とは言え、5Gの対応エリアはまだまだ狭く、ほとんどの人は4Gを利用することになります。

2020年11月時点では都市部の一部のみ利用可能です。

地方や郊外ではほぼ使えません。

大多数の人にとっては、5Gが使えないことは大きなデメリットではないでしょう。

キャリアメール・キャリア決済は使えなくなる

格安SIMに乗り換えるとキャリアメールとキャリア決済は使えなくなります。

  • キャリアメール:大手キャリアのメールサービス
  • キャリア決済:アプリ課金などの料金をスマホ代と一緒に支払う

メールについてはGmailやYahoo!メールといったフリーメールで代用できます。

回線契約に紐づいていないため、キャリアを変更しても使い続けられるのがフリーメールのメリットです。

UQモバイルなど一部の格安SIMにはキャリアメールがありますが、基本的にはフリーメールがおすすめです。

キャリア決済はUQモバイルやY!mobileなど、一部の格安SIMのみ利用できます。

その他の格安SIMでは利用できないので、クレジットカードなど別の支払い方法で代用してください。

まとめ

以上、格安SIMでiPhone 12を利用する方法と注意点について解説しました。

最新のiPhone 12でも、格安SIMの利用は可能です。

5Gが使えないというデメリットはありますが、大手キャリアで使い続けるよりも毎月のスマホ代は大幅に安くなります。

スポンサーリンク

乗り換えもオンラインから簡単に手続き可能です。

iPhone 12を安く使いたい人は、これを機に格安SIMへ乗り換えちゃいましょう。

iPhone 12シリーズを買うならオンラインショップがおすすめ!

iPhone 12/mini/Pro/Pro Maxを予約・購入するなら、店舗よりオンラインショップが断然おすすめ!
頭金なしでお得!
さらに今なら高額キャッシュバックもついてダブルでお得!
待ち時間0秒だから安心安全。

ABOUT ME
吾妻 和希
格安SIM・スマホが好きなライター。学生時代に節約のため格安SIMを使い始めました。格安SIM歴は6年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動中。
関連記事