ハウツー

iPhoneにアクティベーションロックが!?迅速な解除は遠隔解除サービスで!

フリマサイト・オークションサイトが身近になった事から、iPhoneもまた個人取引の増加や格安中古市場により、安く手に入りやすくなりました。

しかしその反面、正式な専門買取スタッフならば買取後に当たり前に行う中古スマホへの処置を、詳しい仕様をよく判らない個人が一切行わずに出品できてしまう事によるトラブルもまた増加しています。

また、悪質な業者による盗難iPhoneの販売も問題になっています。

中古のiPhoneが使えない?アクティベーションロックの可能性

中古で購入したiPhoneを起動したとき、「アクティベーションロック」とApple IDとパスワードの入力画面が表示されたら、それは、アクティベーションロックをオンにしたまま出品されてしまったiPhoneである可能性が非常に高いです。

アクティベーションロック機能とは、元々の利用者本人しか知らないそれらのID・パスワードが無ければiPhoneが利用できない状態にする、盗難防止・情報保護の機能なのです。

中古購入のiPhoneで多いトラブル

大手フリマサイトであるメルカリ等、個人取引のサイトの運営機関は、こうしたアクティベーションロックの解除、SIMカードの取り外しなど、やっておくべき対処を規約や禁止物の項目に明記しています。

悪質な出品には出品取り下げ措置、強制退会を含む利用禁止措置など手を尽くしていますが、未だに中古購入のiPhoneで多く起きている問題です。

メルカリでの取引だった場合は、商品を受け取り後に出品者への評価をしていなければ、違反出品物として着払いで返品、出品を取り下げてもらうかメルカリ事務局への連絡で出品禁止措置が取られることがあります。

中古販売されていたのが盗難iPhoneだった可能性も

業者の中には盗難品を含むiPhoneを低価格で仕入れ、アクティベーションロックがかかっていようと関係なく販売している場合もあります。

これは勿論違法行為ですが、そうした盗難iPhoneにかかったアクティベーションロックを解除する事もまた、犯罪に加担する行為である為、遠隔解除サービスでも受理される事はありません。

アクティベーションロックの遠隔解除サービス

しかし、このアクティベーションロックの解除が必要になるのは、取引した中古スマホだけではありません。

自分のスマホであっても、場合によっては自力でアクティベーションロックの解除が出来ず、遠隔で解除をしてくれるサービスに依頼しなければ解決しない事もあります。

iPhoneの復旧をしたいのに、Apple IDとパスを忘れてしまった

機械に不慣れでiPhone購入時の設定を他人にやってもらった人が、その後トラブルが起きてiPhoneの復旧をする際に、IDとパスワードを控えていないとアクティベーションロックの解除を業者に依頼する事もあります。

これはAppleのサポートセンターに電話で問い合わせ、Apple ID設定時に決めた秘密の質問に答えられれば解除する事も出来ます。

しかし、サポートセンター自体に繋がりにくい事や受理されても解除まで数日かかります。

また、他人に設定してもらった人ほど、この秘密の質問について心当たりが無いケースがあります。

Apple IDの2段階認証に使っていた電話番号を解約した

2段階認証は安全性が高く、推奨されている認証機能ですが、これに利用している電話回線・メールアドレスを解約してしまうと、アクティベーションロックは解除できなくなります。

こちらも同様に、Appleのサポートセンターと連絡が取れたならば対処して貰える問題ですが、待ち時間の長さから遠隔解除サービスを選ぶ人も少なくありません。

1~5日営業日という納期の速さ!小龍茶館の遠隔解除サービス

早くアクティベーションロックを解除したい人におススメなのが、遠隔解除サービスを行っている小龍茶館です。

正しい情報を入力し、申し込むことで、早ければ1日でアンロック処置が完了し、通常通りiPhoneの利用を再開する事が出来ます。

店舗現地に端末を送らなくても解除できる

遠隔解除という名前の通り、このサービスには端末を梱包・現地に配送するといった手間はかかりません。

手元の端末に記載されているIMEI(端末識別番号)を送る事で、リモート操作でアクティベーションロックを行ってくれます。

申込みにはメールを利用するので、電話のように営業時間内に送らなければならない、といった制限もありません。

IMEI(端末識別番号)が無くても利用可能

iPod Touch、Wi-Fi版iPadといったIMEIが存在していない端末でも、小龍茶館はアンロック対応しています。

代わりに、設定メニュー内などにある端末のシリアル番号が必要になります。

スポンサーリンク

シリアル番号は端末内では、設定→一般→情報から確認できます。

又は購入時に入っていた外箱の裏面にもシリアル番号は記載されています。

iOS 7以上であれば、どんな機種でもロック解除可能

小龍茶館でのアンロック対象端末は、端末における解除制限がありません。

どんな機種であってもiOS 7以上であれば、iPhone、iPadのいずれも対応しています。

ただし、前提としてホワイトリストのもの、という条件があります。

紛失・盗難によってブラックリスト入りしている端末に対しては、アンロック処置の解除対象外としています。

小龍茶館を利用する時の注意点

急ぎ、アクティベーションロックを解除したい時に心強いのが遠隔解除サービスです。

しかし便利さもある反面、利用の前に数点、踏まえておきたい注意点も存在しています。

機種によっては高額な解除料金設定

アンロックにかかる料金設定は、最新機種であるほど高く、古い機種であっても18,800円からの解除料金がかかります。

iPhone 11の32,780円(税込)を最高額にiPhone XSでは28,800円、iPhone Xでは23,800と大きく下がり、そこから世代が下がるごとにおよそ1,000円ずつ価格が下がっていきます。

iPadの価格設定もまた17,800円~23,800円と高額です。

先述の通り、Appleサポートセンターと連絡がつき、設定した質問の答えが判っていれば、こうした出費なく解除する事が可能です。

無料で行うか、有料でも速さを取るかの選択が求められます。

記入ミスといった顧客都合のキャンセル・返金対応不可

小龍茶館のアクティベーションロック解除の申し込み時に気を付けたいのが、このサービスにおいては顧客都合のキャンセル・返金に対応していない事です。

顧客都合とはIMEIの記入ミス、シリアル番号の記入ミスといった、顧客側のミスによって解除が出来なかったケースを指します。

アクティベーションロックはその特性から盗難品・紛失品の依頼を持ち込まれる事があり、これはそうした犯罪幇助の依頼を受けない為の自衛措置とされています。

しかし、自分のミスであっても、解除できず高額な料金も戻ってこないのはまさに泣きっ面に蜂です。

記入ミスが絶対に無いように慎重に記入とチェックをしておきましょう。

もしもの時に覚えておきたい、遠隔解除サービスの存在

料金の点でのハードルはありますが、抱える顧客の多さから連絡のつきにくいAppleサポートとの電話やり取りにかかる時間や、解除にかかる日数を考えると、遠隔解除サービスには速度において優秀です。

いち早いiPhone復帰を目指すならば、選択肢として覚えておきたいサービスです。

関連記事