ハウツー

「復元できなかった!」とならないために。iPhoneのバックアップ確認方法

今や便利ツールとしてだけでなく、生活に欠かせないものとなってしまったiPhone。

プライベートはもちろんのこと、オフィシャルな場においても使っている人は多いはずです。

だけどもし紛失したり、或いはズボンのポケットに入れていてトイレで落としてしまったり、手から滑って落として破損したり。

そういうアクシデントは誰の身にも起こり得ます。

「大丈夫!ちゃんとバックアップとってあるから!」と復元してみたはいいものの、それが最新のデータでない場合にはかなりショックですよね。

そうならないためにも、「バックアップが出来ているか」は確認する癖をつけておくとよいでしょう。

バックアップ保存方法

確認方法をお伝えする前に、まずはバックアップを習慣化していない方のために「バックアップの方法」について簡単に説明します。

バックアップを取る方法には主に「パソコンを使う」「iCloudを使う」「外付けメモリを使う」の3通りがあります。

それぞれ特徴が異なりますので、ご自身にあったバックアップ方法をお選びください。

iCloudで保存

Apple社が提供するクラウドサービスです。

これはiPhoneを使って出来るので、一番お手軽かもしれません。

ただし、このバックアップ方法にはWi-Fiに接続できる環境が必要です。

また送信データが多いため、出来るだけ接続状況が安定しているところで行いましょう。

  • STEP1
    設定をタップ
  • STEP2
    設定画面の一番上に表示されている名前をタップして、次の画面から「iCloud」をタップ
  • STEP3
    下の方にある「iCloudバックアップ」タップし、次の画面で表示される「今すぐバックアップを作成」をタップすれば、バックアップが出来ます。

iCloudで保存する際の注意点

「iCloudバックアップ」をONにしておくことで、Wi-Fiに接続されている時に自動で保存がされます。

ただしここをONにしておくと、パソコンを使って自動的に同期をしていた場合にはそれが出来なくなりますので、ご注意ください。

滅多にパソコンと接続しない場合にはiCloudのバックアップを常時ONにしておき、パソコンと接続した時だけ手動で同期するという方法もあります。

尚、iCloudは5GBまで無料ですが、それ以上は有料となります。

とはいえ50GBまでは月額130円、200GBまででしたら400円、2TBまでですと月額1,300円となりますが、個人使用であれば200GBまででも充分といえるでしょう。

パソコンで保存

この場合はパソコンとつなぐUSBケーブル(購入時に同梱されています)とApple社が提供しているiTunesソフトをパソコンにダウンロードしておく必要があります(ソフトのダウンロードはAppleのホームページから出来ます)。

そのソフトを使って、データをバックアップします。

バックアップの方法自体は簡単で、

  • STEP1
    iTunesソフト画面、左上にある「携帯マーク」をクリック
  • STEP2
    「バックアップ」の中の「今すぐバックアップ」を選択

これで完了です。

外付けメモリで保存

iPhoneに接続できるLightning端子のついたメモリでデータを保存することも出来ます。

パソコンのデータをUSBメモリで保存するのと同じような感覚で、データを保存できます。

ただし、この場合には写真や動画、アドレスといったデータのみが保存されるので、課金ゲームアプリの情報や認証コードは保存されません。

スポンサーリンク

バックアップが保存されているかを確認する方法

それぞれ保存した媒体ごとに確認します。

ここでは「iCloudに保存したバックアップ」と「パソコンに保存したバックアップ」についてあげます。

iPhoneで確認する

iCloudのバックアップを確認するには、iPhoneでするのが一番お手軽です。

まずは設定アプリをタップし、名前をタップします。

Apple IDの情報表示の下に、iCloudがあるのでそこをタップすると、iCloudのバックアップゲージに下に「ストレージを管理」とありますので、そこをタップします。

次の画面で「バックアップ」とありますのでそこをタップすると、バックアップの項目にiPhoneの表示が出ます。

そこをさらにタップすると、「前回のバックアップ」がいつ行われたかが表示されますので、最新データの保存日を確認できます。

パソコンで確認する

iTunesで保存をしている場合の確認方法です。

これも非常に簡単で、iTunesソフトを起動した後、携帯マークをクリックします。

次の画面で「バックアップ」の項目がありますので、その中の「最新のバックアップ」を確認します。

iCloudでバックアップをしている場合はその最新の日付、パソコンで保存している場合にはその最新の日付がそれぞれ表示されています。

iCloudをパソコンで確認する

iCloudの更新データをパソコンで確認することも出来ます。

その場合、Windowsでしたらソフト「iCloud for Windows」にて行います。

Macの場合ですと「システム環境設定」の中にiCloudが入っています。

  • STEP1
    iCloudをクリック
  • STEP2
    「保存容量」をクリック
  • STEP3
    「バックアップ」の項目があるのでそこをクリックすると、最新保存データの日付が表示されます。

バックアップの確認は、いざという時のための必須事項!

バックアップを確認する方法はとても簡単です。

確認方法はパソコンでの保存やiCloudでの保存などそれぞれケースによって異なりますが、iPhoneを復元しなければならない時に慌てず済むよう、出来るだけこまめに確認しておくことをお薦めします。

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事