ハウツー

iPhoneのバックアップができない!原因と対処策

大量の情報をiPhoneに集約している人にとって、バックアップは出来るだけこまめに取っておきたいですよね。

そんな中、もし突然バックアップが出来なくなったら?

iPhoneを長いこと使っている人であれば、一度はそんな体験をしたこともあると思います。

バックアップが出来なくなる原因と確認方法

バックアップできなくなる原因には以下のようなケースが考えられます。

出来なくなった際にはひとつひとつ確認して、消去法で原因を特定することが出来ます。

iTunesソフトの更新がされていないケース

iTunesソフトを使っていてバックアップが出来なくなる原因としては、iPhoneのデバイスであるiOSのヴァージョンとかみ合っていないことが考えられます。

iOSが最新の場合、iTunesソフトが更新されていないと同期ができなくなってしまうのです。

そのため、iTunesソフトはアップデート情報がでた際には必ず更新するようにしておきましょう。

基本的にはiTunes起動時に更新データがある場合「更新しますか?」という告知が出ますので、その時にアップデートをすることが出来ます。

またソフトからもiTunesソフトが最新かどうかを確認する方法があります。

iTunesソフトのアップデート確認方法

使用しているPCがMacの場合、iTunesを起動してから、メニューバーより「iTunes」を選択してください。

そこから「アップデートの確認」に行けます。

Windowsの場合であればiTunes起動後、メニューバーより「ヘルプ」を選択してください。

そこから「更新の確認」へと行けます。

最新バージョンに更新されていない場合には更新をして、再度iPhoneのバックアップが出来るかを確認してみてください。

iPhone側のiOSの更新がされていないケース

前述したiTunesソフトとは逆のケースです。

この場合も同期をすることが出来なくなります。

iOSの更新を自動的にするよう設定していない場合、こうした不具合が起こるケースが出てきます。

また、「更新を自動にする」にしていても条件として

  • Wi-Fiに接続されている
  • 電源に接続されている

この2点が揃っていない場合、自動更新は行われません。

確認方法としては、iPhone上で

  • STEP1
    設定アプリをタップ
  • STEP2
    「一般」をタップ
  • STEP3
    「ソフトウェア・アップデート」をタップすることで、最新のものかどうかが確認出来ます。

更新されていれば「お使いのソフトウェアは最新です」という表示が出ています。

そうでない場合は「インストールする」という表示が出ているので、その場合にはタップして更新することが出来ます。

iTunes上で「iPhoneがコンピュータから取り外されたためバックアップできませんでした」と表示されるケース

このように表示された場合、古いバックアップデータを削除することで改善されることがあります。

  • STEP1
    iTunesソフトを起動する
  • STEP2
    メニューバーより「編集」を選択し、「環境設定」へ
  • STEP3
    「デバイス」というマークがあるのでそこを選択
  • STEP4
    そこに表示される古いバックアップデータを削除

それから再度、バックアップを試してみてください。

スポンサーリンク

それでも出来なかった場合はパソコンや周辺機器による不具合が考えられるので、以下の項目を参照してください。

パソコンに不具合があるケース

ごくたまにですが、Windowsのアップデートを行った後にiTunesソフトが起動しなくなったり同期が出来なくなるといったケースがあります。

これはレアケースのため原因は特定されてはいませんが、考えられるケースとしてはパソコン側のCPUがWindowsの更新データに対応できない場合や、パソコン側のメモリの空き容量が少ない場合にこうした不具合が見られるようです。

問題を識別するために、パソコンの容量を確認することをお薦めします。

  • STEP1
    Windowsメニューバーにある「エクスプローラー」をクリック
  • STEP2
    「ローカルディスク」を選択して右クリックをすると、一番下に「プロパティ」が表示されるので、それをクリック
  • STEP3
    メモリの使用量が表示されるので、そこで確認出来ます。

パソコン容量不足により保存できない場合には、オンライン上にあるクラウドサービスを利用するとよいでしょう。

パソコン周辺機器に不具合があるケース

USB接続ポートやUSBケーブルの破損が原因で起こることもあります。

その場合には違うポートに接続してみたり、ケーブルを変えるなどして再度確認してみることをお薦めします。

USB接続ポートの異常やケーブルの破損で同期が出来ない場合には、そもそもパソコンとiPhoneを接続した際に認識がされません。

その状態でiTunesソフトを立ち上げても「携帯マーク」が表示されないので、そこで識別することが出来ます。

iOSもiTunesソフトも最新で、バックアップが出来ない原因がパソコンや周辺機器に限定された場合の対処策

ケーブル破損以外のUSB接続ポートやパソコンそのものの不具合が考えられた場合には、いったんパソコンやiPhoneを再起動してから再度接続してみてください。

それでも認識できない場合には、パソコンからUSB接続が出来ているかを確認することが出来ます。

Windows10の確認方法は以下の通りです。

  • STEP1
    スタートをクリック
  • STEP2
    「Windowsシステムツール」から「コントロールパネル」を選択
  • STEP3
    「ハードウェアとサウンド」内の「デバイスとプリンター」を選択
  • STEP4
    デバイスの中でUSBをダブルクリック

認識出来ている場合は「このデバイスは正常に動作しています」と表示されます。

iCloudのバックアップが出来ないケース

iCloudとはApple社が提供しているクラウドサービスのことです。

クラウドサービスは仮想化技術を利用して提供されるサービスのことを言いますが、簡単に言えば「オンライン上で保存できるデータ貯蔵庫」のようなものです。

ですのでiCloudについては「Apple社がiPhoneユーザーのために提供している、オンライン上のデータ貯蔵庫」と言えるでしょう。

iCloudはWi-Fiやネットを通じてバックアップをするため、自動でバックアップを選択していても以下の条件がそろっていないと自動バックアップがされません。

  • Wi-Fiに接続している
  • 電源に接続されている
  • iPhoneを使用していない

仮に自動バックアップが出来ていなくても手動でバックアップが出来ます。

その方法としては次の通りです。

  • STEP1
    設定アプリをタップ
  • STEP2
    名前をタップ
  • STEP3
    iCloudをタップ
  • STEP4
    下の方に「iCloudバックアップ」というところがあるので、それをタップ
  • STEP5
    今すぐバックアップを作成

この手順で行えば、その場でバックアップが出来ます。

iCloudがバックアップ出来ない原因:ストレージの容量不足

それでもバックアップ出来ない場合には、ストレージが超えていないかを確認しましょう。

ストレージ自体は、先程紹介した設定→名前→iCloudに進めば容量が確認できるゲージが表示されています。

iCloudが提供するストレージの無料範囲は5GBですが、5GBは結構すぐに使ってしまいます。

その場合にはストレージプランを変更する必要が出てきます。

有料の金額としては50GBまでが月額130円、200GBまでが月額400円、2TBまでが月額1300円と選べますが、個人の範囲であればたいてい50GBでまかなえます。

スポンサーリンク

プランの変更方法は、ストレージ容量のゲージ下にある「ストレージプランを変更」をタップするとそれぞれのプランが表示されますので、そこで容量をアップすることが出来ます。

iPhoneのバックアップが出来ない理由は、消去法で確定できる

急にバックアップが出来なくなると戸惑ってしまいがちですが、ひとつずつ原因を探っていくことで「何故、バックアップが出来なかったのか」の理由が特定出来ます。

iPhoneがこれだけ生活に密着してしまっている分、突然のデータ破損は大きな損失を招きます。出来るだけ頻回にバックアップをするように心がけることをお薦めします。

関連記事