ハウツー

iPhoneの電源が入らないときの対処法と強制再起動・リカバリーモードのやり方

iPhoneの電源が入らない、というのはかなり深刻なトラブルです。

バッテリーがなくなっているだけ、というのであれば充電で解消しますが、場合によっては強制再起動や初期化をして復元する必要があります。

こうなると、iPhoneに保存されているデータが消えてしまうこともあるので、普段からデータはバックアップを取り、初期化の方法などは知っておくようにしましょう。

いざ電源が入らなくなると、スマホでその方法を調べることもできなくなってしまいます。

iPhoneの電源が入らない!そんなときはどうする?

いつも使っているiPhoneの電源が入らない、となると困ってしまいます。

仕事やプライベートの連絡、ネットを使った調べもの、趣味のゲームなどをすべてiPhoneで行っているという人も少なくないでしょう。

電源が入らないことで、こういったときにどうすればよいかを調べることもままならない、という事態になりますから、普段からトラブルの際の対応については知っておく必要があります。

基本的には自分で起動させる方法ですが、本体が熱いなど、異常がある場合はそのままアップルストアに相談に行くようにしましょう。

充電に問題はないか?

iPhoneの電源が入らない場合にまず考えるのは、充電がなくなったという可能性です。

iPhoneはバッテリーに充電をして動くのですから、当然使っているうち充電がなくなると電源が切れてしまいます。

使っていない状態でも、待ち受けをしているだけでバッテリーは消耗しますし、バックグラウンドで動くアプリをいくつも使っているという人は、知らない間に予想以上のバッテリーを消耗していることもあるのです。

もちろんこうした充電切れで電源が入らない場合は、充電すれば使えるようになるので問題ありませんが、充電機能にトラブルを起こしている場合などは、充電ができずに電源が入らない状態を回復できないというケースもあり得ます。

充電ケーブルが壊れていることも

充電を差しても反応がない場合は、充電機能が壊れていたり、そもそも充電ケーブルに問題があることもあります。

iPhoneの充電ケーブルは、使っているうちに中で断線を起こすなどして壊れてしまうことも珍しくありません。

特に、純正品でないケーブルを使っている場合は、壊れて買い替えた経験があるという人も多いでしょう。

iPhoneの電源が入らず、充電できない場合は、予備のケーブルなどを使って充電ができないかどうかを確認することをおすすめします。

しばらく充電して様子を見る

iPhone本体や、充電器などに問題がなくても、バッテリーが完全になくなってしまっていると、充電ケーブルを差してすぐに反応が見られないケースがあります。

その場合は、差した状態で数分から1時間程度放置しておくと、充電開始のマークが現れたり、通常通り使えるようになることが多いです。

ケーブルを差してすぐに反応が見られなくても、しばらくそのままにして様子を見るようにしてください。

iPhoneを強制再起動する

スマホやパソコンなどの電子機器は、トラブルを起こしたり動きが悪いとなると再起動を行うのが一般的です。

iPhoneの電源が入らない時もとりあえず再起動をしたいとところですが、再起動はそもそも電源が入っている状態で行う操作なので、電源が入らない状態では強制再起動を行うことになります。

その名の通り、強制的に再起動をさせる方法なので、通常時には行わないほうが良いのですが、電源が入らない場合はまずこの方法を試してみることが必要です。

強制再起動のやり方

強制再起動のやり方は、iPhoneの機種によって異なります。

自分の機種の場合、どのようにして強制再起動を行うのかは、事前に調べて覚えておくとよいでしょう。

iPhone 7/iPhone 7 Plusより前の機種の場合は、側面にある電源ボタンと、正面のホームボタンを同時に10秒ほど長押しすることで強制再起動ができます。

スポンサーリンク

iPhone 8以降の機種では、側面の電源ボタンと音量ボタンを使って強制先堂を行います。

まず音量ボタンを上・下の順番で押し、そのあと電源ボタンの長押しをすることで強制再起動となります。

こうして強制再起動を行って、普通どおりに起動すればそれで問題はありません。

iPhoneを初期化して復元する

強制再起動でも電源が入らない・反応がないという場合は、リカバリーモードを使うことになります。

iPhoneはケーブルでパソコンにつなぐことで、パソコン上のiTunesと連携して動かすことができますが、iPhoneの電源が入らないとケーブルをつないでもiTunesはiPhoneを認識することができません。

そのため、iTunesを使ったリカバリーモードが搭載されており、それを利用することで強制的にiPhoneを認識させるのです。

リカバリモードでの復元(初期化)方法

リカバリーモードのやり方も、iPhoneの機種によってことなりますが、まずはiTunesの入ったパソコンにケーブルで接続します。

この時に、iTunesのバージョンが最新であることも確認しておきましょう。

こうして接続した状態で、それぞれの機種の強制再起動の操作を行うと、リカバリーモードに移行します。

最後の長押しは、リカバリーモードになったという表示が現れるまで離さずに押し続けるようにしてください。

バックアップを取っておこう

リカバリーモードではボタンなどのハード面が壊れていない限りほぼ確実に起動できますが、バックアップを取っていない限りすべてのデータが消えて、工場出荷時に戻ってしまいます。

これまでに撮った写真も、保存してあった連絡先もすべて消えてしまうので、最後の手段ともいうべき方法です。

あらかじめiTunesにバックアップを取っていれば、リカバリーモードで起動する際にバックアップを取った状態に戻すことができますので、定期的にバックアップを取ることをおすすめします。

電源が入らなくなってからではバックアップを取ることはできません。

iPhoneを修理に出す

リカバリーモードを試しても電源が入らない場合や、パソコンがなくてリカバリーモードが使えない場合などは、アップルストアに相談するしかありません。

iPhoneは基本的にドコモなどのキャリアで購入しても、修理などはキャリアでは受け付けておらず、アップルストアでの対応になります。

アップルストアには修理などの受付を行う窓口があるので、そこに行って相談しましょう。

アップルストアは全国にありますが、それほど多くないことなどもあって、混雑していたり待ち時間が長いことが多いです。

事前にウェブサイトから予約も可能ですので、できるだけ予約して行くことをおすすめします。

近くにアップルストアがない場合は?

近くにアップルストアがない場合などは、郵送による修理も依頼できます。

専用webサイトの配送修理のところに進み、フォーマットに記入するだけで、希望の時間に集荷に来てくれるので便利です。

ただし、数週間程度は預けることになるのでその点は覚悟しておきましょう。

修理代金はどの程度必要か

修理に出すとなると気になるのが修理代金ですが、iPhoneの修理は機種と修理の内容によって修理代金が異なります。

修理の内容にもよりますが、数万円の修理代がかかることも珍しくないので、依頼前に公式ホームペームの修理のページで修理代金の相場を見ておくことをおすすめします。

ただし、保証期間内やアップルケアに加入している場合は、修理代金が無償となるので安心して依頼するとよいでしょう。

スポンサーリンク

何をしても直らない場合は買い替えも視野に入れよう

高額なiPhoneですから、できれば強制的に起動させたり修理をしたりして再び使えるようにしたいところですが、それでも無理な場合は買い替えも視野に入れましょう。

特に修理は補償期間を過ぎていると、かなり高額になるケースもあります。

毎年のように新作が発表されるiPhoneですから、常に最新の機種を使う必要はありませんが、OSのサポートが数年で終わってしまうことを考えると、数万円の修理代を払って古い機種を使い続けるのが得かどうかは難しいところです。

サポート修了の時期は、事前にわかっていますから、自分のiPhoneのサポートがいつまであるのかを考慮して買い替えも視野に入れておきましょう。

関連記事