ハウツー

iPhoneが操作中に突如フリーズしてしまったら?電源の強制的な切り方をモデルごとにチェック

iOSは動作が非常に動作が安定しているOSとして高い評価を獲得しています。

とはいえ、エラーが皆無というわけではありません。

特に、iPhoneを操作中に突然フリーズしてしまい、何も反応しなくなったというケースが少なからず見られています。

では、こうしたエラーが発生した場合の主な対処法をチェックしてみましょう。

シャットダウンと再起動で大抵は復旧する

iPhoneの動作不良に関しては、軽微なトラブルであれば、いったん電源を切ってメモリを解放し、その後再び電源を入れるという作業で解消されることがほとんどです。

ですから画面がフリーズしていても、電源ボタンはきちんと反応することが多いので、慌てずに必要なプロセスを実施しましょう。

ただし、iPhoneはモデルによってシャットダウンの方法が以下のように異なります。

iPhone 8以前のモデル

端末の右側面もしくは上部に電源ボタンがあるので、これを長押しします。

そうすると、画面にシャットダウンのスライドが表示されるはずです。

このボタンをスライドさせてシャットダウンを行います。

画面の電源が完全に切れたのを確認した後で、同じ電源ボタンを長押しするとロゴが表示されるはずです。

時計とウォールペーパーが表示されたら無事に再起動完了となります。

iPhone X以降のモデル

端末の右側面にある電源ボタン、および左側面に2つあるボリューム調整ボタンのうちの1つを同時に長押しします。

「電源ボタンの長押しではシャットダウンできない仕様になっている」という大きな変更点を銘記しておきましょう。

しばらくすると、画面にシャットダウンの表示が出てくるので、表示されたボタンを横にスライドさせればシャットダウンは完了です。

少し時間を置いてから、電源ボタンを長押ししてAppleのロゴが表示されるまで待ちます。

無事にロゴが表示されたら再起動も終了となるので、アプリの動作などを早速確認してみましょう。

強制再起動も選択肢の1つ

電源ボタンがまったく反応せず、上記のシャットダウンができないというときのために、iPhoneには「強制再起動」というモードが用意されています。

ただし、このプロセスはスマホへかかる負担がかなり大きいので、時間に余裕があるのであればバッテリー切れまで待ち、電源に接続して再起動を行うという方法がよりおすすめです。

強制再起動の方法もiPhoneのモデルによって以下のような違いがあります。

iPhone 6s/iPhone 6s Plus/iPhone SE以前のモデル

本体の右側面もしくは上部にあるスリープボタンと、画面下にあるホームボタンを同時に長押しします。

Appleのロゴが表示されたのを確認したら、強制再起動が完了したことの合図となるので、それぞれのボタンから手を放しても大丈夫です。

iPhone 7/iPhone 7 Plus

右側面にあるスリープボタンおよびボリューム調整ボタンの「下げる」の方を同時に長押しします。

しばらくするとディスプレイにAppleのロゴが表示され、強制再起動が無事に実行されたことを知らせてくれるはずです。

iPhone 8/iPhone 8 Plus

左側面に配置されたボリューム調整ボタンのうち「上げる」の方を1回プッシュします。

スポンサーリンク

続いて「下げる」の方も同じように1回プッシュしたら、最後に右側面の電源ボタンを長押ししましょう。

しばらくすると画面にAppleのロゴが表示され、強制再起動が完了となります。

iPhone X以降のモデル

本体の左側面にある音量ボタンの「上げる」を1回押します。

次に「下げる」の方も同じように1回押し、最後に右側面のサイドボタンを長押しすれば完了です。

Appleのロゴが表示されない場合は、もう1度音量ボタンを押すプロセスから始めましょう。

シャットダウンおよび強制再起動のいずれも不可の場合

画面はアクティブになっているにも関わらず、フリーズして強制再起動すら受け付けないというケースでは、本体内部の深刻な故障が考えられます。

こうしたケースでは、できるだけ早くカスタマーサポートへ修理を依頼するとよいでしょう。

突如電源が落ちてしまい、それから再起動ができないという場合は、ケーブルやケーブル接続部が故障しているために充電が行われていない可能性があります。

他のケーブルで充電を試してみたり、接続部をエアダスターで清掃したりするなどして動作が改善しないかどうかを確認してみましょう。

再起動をして動作確認をしてから最終判断をしよう

iPhoneが突然フリーズしても慌てる必要はありません。

シャットダウンもしくは強制再起動をして、立ち上がりを確認しましょう。

インストールしているアプリが原因でフリーズした場合には、このプロセスをすることで不具合はほぼ解消されるはずです。

その後、設定画面からストレージが寡占状態になっていないか、OSのアップデートがかかっていないかなどを確認しましょう。

こうした点に何ら不具合が見つからない場合は、キャリアなどで端末のメンテナンスを依頼するのがベストです。

関連記事