ハウツー

iPhoneのリンゴマークがついたり消えたりする!リンゴループって何?対策はある?

iPhoneを長く使っている人は、iPhoneを起動したときに現れるリンゴマークがついたり消えたりするというリンゴループを経験したことがあるかもしれません。

このリンゴループが起こると、iOSが起動しないのでiPhoneを使うことができません。

そのため、まずはこのリンゴループを解消することが最優先となります。

リンゴループが起こる原因

iPhoneのリンゴループが起こる原因については、詳細にはっきりとしたことは分かっていません。

しかし、これまでリンゴループを経験したユーザーによると、起こる原因はいくつかあることが分かっています。

どんな原因でリンゴループが起こる可能性が高くなるのか、いくつかご紹介しましょう。

アップデートが終了していない

iPhoneのアップデートを行う際には、十分なバッテリー残量が必要となります。

バッテリーの残量が不足していると、アップデートを始めても最後まで終了できないことはあります。

例えば、夜寝る前にアップデートをスタートしたけれど、途中で一定レベル以下のバッテリー残量になってしまったとか、途中でケーブルが外れてしまってアップデートが途中までしかできなかったという場合には、リンゴループが現れることがあります。

さらに、iPhoneのアップデートではネットワーク接続が必要です。

アップデート中にWi-Fiが切断されてしまうと、アップデートが終了できないために、リンゴループが出てしまうかもしれません。

バッテリーの不具合

iPhoneの本体を起動するためには、一定の電力が必要となります。

もしもバッテリーがほとんどゼロに近い状態で起動しようとした場合、起動できないこともあれば、リンゴループが現れることもあります。

また、iPhoneの故障やバッテリーの経年劣化などによっても、リンゴループが出ることがあります。

この場合には、電力が不安定になることが原因です。

本体へのダメージ

iPhoneが故障すると、正常に起動できなくなってしまいます。

すると、起動させようとしたときにリンゴループが現れることがあります。

故障の原因にはいろいろなものがありますが、ウッカリ落として衝撃によって故障したり、水没するなどが主に考えられる原因ではないでしょうか。

リンゴループを解消する方法

リンゴループが起こる原因にはいくつかあり、その中には自分自身で解消できるものもあれば、業者に修理や復元の依頼が必要となるケースもあります。

ここでは、どんな解消法があるのかをご紹介しましょう。

ただし、もしも原因がはっきりと分かっていて自分自身での修理が難しい時には、無理をせずにiPhone修理ができる業者やApple店舗、もしくは携帯のキャリアに修理を依頼することをおすすめします。

SIMカードを入れ直す

まず最初にやっていることは、iPhoneのSIMカードを抜き、もう一度入れ直すという方法です。

それほど深刻ではない異常なら、この方法でiPhoneがリンゴループから抜け出せて正常に起動することがあります。

もしこの方法で正常に起動できた場合でも、頻繁にリンゴループに陥ってしまう時には、何かしらの原因によって引き起こされているということなので、専門業者への修理を依頼しましょう。

セーフモードで起動してみる

iPhoneには、セーフモードが存在します。

スポンサーリンク

セーフモードというのは、iOSに問題がある時に使うモードで、Appleから提供されている最低機能だけでiPhoneを起動するというモードとなります。

普段はあまり使うことはありませんが、リンゴループに陥ってしまった時には、試してみると良いでしょう。

セーフモードでの起動方法は簡単です。

iPhoneのボリュームボタンのプラスのボタンのみをずっと押し続けていると、セーフモードで起動することができます。

もしもこの方法で正常に起動できたら、リンゴループになる直前にダウンロードしたアプリが原因と考えられます。

アプリを削除した上で、通常モードで起動してみてください。

システムの更新と復元

iPhoneは、パソコンのiTunesを使うことによって、システムの更新や復元などがパソコン側から操作可能となります。

もしもiTunesが使える環境にあれば、iTunesからiOSのアップデートをしてみてください。復元できる可能性があります。

特に、アップデートが途中終了した時には、この方法で復元できることは多いです。

バッテリーとコネクタは大丈夫?

iPhoneのリンゴループには、バッテリーやコネクタが原因となっていることもあります。

そのため、バッテリーを交換することでループから抜け出すことができたり、コネクタを変えることでループから抜け出せるということもあります。

それでも無理なら修理業者へ

リンゴループが出る原因には、iPhoneの故障など、自分自身ではどうすることもできない原因もたくさんあります。

そのため、もしも自分でいくつかの方法を試してみたけれど直らないという時には、無理をせずに業者への修理を依頼するようにしてください。

もしも自分で試行錯誤している間に、iPhoneをさらに壊してしまったのでは大変です。

バックアップをしてから修理依頼

iPhoneを修理業者に出す際には、まずはバックアップを取ってデータを保存することをおすすめします。

iPhoneはリンゴループが出ているため、何も作業をする事はできませんが、パソコンのiTunesを利用すれば、バックアップを取ることができます。

まずはバックアップをした上で、業者に修理を依頼すると良いでしょう。

修理に出すとデータは消える?

業者に修理に出した場合、物理的な故障に対する修理をする事はできても、iPhoneの初期化というところまでは対応してくれる業者は少ないものです。

多くの場合、修理に出す際には「データが消える可能性があります」と言われるので、理解しておいた方が良いでしょう。

もしも業者がiPhoneの初期化にも対応してくれていて、それでも直せなかった場合には、残念ながらiPhone本体の買い替えが必要となります。

iPhoneを初期化してみる

もしも業者の側でiPhoneの初期化をしていなかった場合には、自分自身で初期化してみるという方法があります。

これは最終的な方法で、これでもリンゴループから抜け出せなければ、iPhone本体の買い替えが必要です。

リンゴループに陥っているiPhoneの初期化は、パソコンのiTunesを使って行います。

まずiPhoneの電源を切ったうえでiTunesを起動し、iPhoneとパソコンをケーブルで接続します。

その後、iPhoneのホームボタンと電源ボタンを押し続けるとリンゴマークが表示されるため、電源ボタンから指を話してホームボタンのみを押し続けてください。

スポンサーリンク

これで、iPhoneを初期化することができます。

リンゴループは珍しいトラブルではない

それまでは普通に使えていたiPhoneが、急にリンゴマークがついたり消えたりするリンゴループになると、誰でも不安になるものです。

しかし、これはそれほど珍しい症状ではないため、いくつかの段階を踏みながらしっかりと対応することで、解決策を見いだすことができます。

もしも不安なら、Apple店舗や携帯のキャリアに持って行けば、その場でできる解決策をいくつかトライしてもらうことも可能です。

関連記事