ハウツー

iPhoneの液晶漏れを放置するとどうなる?早めに修理に出すのがいい理由!

iPhoneの液晶漏れをしても、それほど状態がひどくなければしばらく被害なく使い続けられます。

しかし、使えるからと言って安心していると、気づけばiPhone自体が壊れてしまうことにも繋がります。

iPhoneの液晶漏れを放置するとどうなってしまうのか?詳しく見ていきましょう。

液晶漏れの症状

液晶漏れとは一体どういう症状のことを言うのでしょうか?

液晶漏れの症状を具体的に見ていきましょう。

この症状になったら、iPhoneの液晶が壊れているサインです。

黒い液がたれる

画面に黒い点が出てきたり、画面の端に黒いものが垂れたように出ていたりするのは、液晶漏れしている証拠です。

画面の端に少し出てくるだけならば、そこまで気にならないためそのまま使い続ける人が多いです。

黒い液垂れをしている部分は画面タッチが反応せず、操作できなくなってしまいます。

線が入ってしまう

液晶漏れをしていると、画面に線が入ってしまうこともあります。

細かい線が無数に入ることもあれば、太い線が一本入ることもあります。

線の入り方によっては、操作の邪魔にならないものもあれば、操作の邪魔になる入り方もあります。

線の入っている部分は液晶が壊れている部分なので、タッチしても反応を示しません。

真ん中に線が入るなど明らかに邪魔な線であれば修理依頼するでしょう。

しかし、入り方によっては気にならない場合もあります。

操作しても反応しない

画面をタッチしても反応しない場所は液晶漏れを起こしています。

目に見える形で出ていなくても、内部で液晶漏れが起こり始めている場合があります。

画面割れと液晶漏れはどう違う?

画面割れと液晶漏れにはどのような違いがあるのでしょうか?

画面割れ=液晶漏れが起こっているのでしょうか?

2つの違いについてご紹介します。

画面割れでも操作ができる

iPhoneは画面割れが起こりやすいです。

バキフォンという呼び方があるように、バキバキに画面が割れたiPhoneを使い続けている人もいます。

画面割れのまま普通に使っている人がたくさんいるように、画面割れでもタッチパネルには異常はきたしません。

ただ画面が見づらくなる程度です。

画面に線や違う色が出たら液晶漏れ

液晶漏れを起こしている場合は、画面など見た目に傷がついていなくても起こります。

スポンサーリンク

画面に線が出てきたり、画面の色が色あせていたりするのが液晶漏れです。

画面割れは表面のガラスが割れているのに対し、液晶漏れは中の液晶部分に傷がついているのです。

表面のガラスが正常な状態だと、異変に気づくのに遅れてしまいます。

画面割れを放置するとどうなる?

少しの画面割れくらいだと当たり前のように持っている人が多いですが、画面割れを放置するととても危険です。

水没しやすくなる

画面割れしていると、割れた隙間から雨が入ってきて水没することもあります。

防水加工されていても、画面が割れていると防水の意味をなしません。

隙間に水が入っていくのは気づきにくいので、ある日突然不具合が起きることもあります。

違うボタンにも不具合が広がる

画面割れを起こすと、そこから不具合が広がっていく可能性もあります。

ホームボタンが押しづらくなっていたり、横の電源ボタンが押しづらくなったりします。

機械ものはどこかの調子が悪くなると、連鎖してしまうのでしょう。

怪我の恐れがある

画面割れは放置していると割れ目がひどくなっていきます。

細かく蜘蛛の巣のように割れていると、細かいガラスの破片が飛び出ていることもあります。

iPhoneをいじっていたらガラスが指に刺さったということにもなりかねません。

破片がちらばることもある

画面割れがひどくなれば、破片がちらばってしまうこともあります。

それが手についたり、地面に散らばって踏んでしまったりもします。

画面割れはひどくなる前に修理するのが安全です。

画面割れが悪化すると液晶漏れすることもある

最初は画面が割れただけでも、放置していると液晶内部にも傷ができて液晶漏れの二次被害が起きることもあります。

画面割れで操作できるから大丈夫と侮っていると、気づいた時にはまともに操作できない状態になっているかもしれません。

液晶に被害が及ぶ前に対処しましょう。

液晶漏れを放置するとどうなる?

線や黒い液だれができてしまう液晶漏れですが、場所によっては放置していても操作できてしまいます。

しかし、放置し続けると大変なことになるのです。

範囲が広がっていく

液晶漏れを放置しておくと、範囲がどんどん広がっていきます。

最初は端に黒い点があるだけだったのが、気づけば黒い丸が大きくなって画面が見づらくなってしまいます。

線が増えて押せない場所が出てきたり、文字が打てなかったりと放置するとどんどん使えない部分が増えてしまいます。

誤作動を起こす

液晶漏れを放置しておくと、漏れている部分が液晶に影響を与えて勝手にアプリを開いてしまったり、勝手に画面操作してしまったりします。

スポンサーリンク

気づけばアプリが消えていたり、勝手にメッセージを送っていたりと大変です。

まともに操作できなくなる

液晶漏れを放置していると、どんどんひどくなりまともに操作できなくなってしまいます。

誤作動を起こす回数が増えていき、触っていないのに勝手に液晶をタッチして動いていきます。

自分の操作したいように操作しても、言うことを聞いてくれません。

ここまで来ると何もできなくなってしまうので、本来の役割を果たさなくなってしまいます。

ロック解除すらできなくなる

液晶漏れが本格的にひどくなると、ロック解除すらできません。

画面に線が入って操作できない場所ができることで、ロック解除の場所を妨害してしまうのです。

ロック解除できないと何も操作ができないので、バックアップもできません。

引き継ぎも何もできないまま手放すしかなくなるので、大切なデータを失ってしまいます。

いつそこまでひどくなるかわかりません。

液晶漏れに気づいたらすぐに修理するのが懸命です。

気づけば画面が真っ黒になる

液晶漏れは一部分から始まっていきますが、昨日は黒い点だったのが突然真っ黒になって何も映らなくなることもあります。

液晶漏れを何日も放置していると危険です。

液晶漏れになったら修理に出そう!

液晶漏れの症状が出てきたら、すぐに修理に出しましょう。

放置していると大事なデータを失うことになります。

画面が割れたらすぐ修理に出す

液晶漏れを防ぐためには、画面が割れたら修理に出すのが最適です。

画面割れが悪化すると液晶漏れに繋がると前述したように、画面が割れを放置するのは危険です。

画面が割れたらすぐに修理に出すようにしましょう。

画面割れだけを対応してくれる修理店はたくさんあります。

修理に出すのがもったいないからと放置していると、気づいた時には取り返しのつかないことになってしまいます。

画面に違和感を感じたら修理に出す

画面に黒い点が出てきたり、緑色の線が出始めたら液晶漏れし始めている証拠です。

突然画面が暗くなることがあったりと、使っていて違和感を抱き始めたら修理に出しましょう。

修理に出して問題なければいいですが、早期発見・早期対応するに越したことはありません。

ひどくなるのを待たずに、ひどくなる前に修理に出しましょう。

正規店で修理してもらう

画面割れ、液晶漏れの症状が出たら正規店で修理してもらいましょう。

スポンサーリンク

Apple Storeや、Apple製品修理サービスなどApple監修の元で行っている修理店です。

Appleが監修しているので信頼できます。

Apple Careに入っているとお得

Apple Storeに修理を持っていけば技術も保障されており、安心できます。

正規店であれば、Apple Careに入っていれば画面交換一律3,740円(税込)と安価で対応してくれます。

保証に入っていないと最新機種で39,380円(税込)になります。

Apple Careのサポートに入っている人は正規店にお願いするのがお得です。

正規サービスプロパイダに持っていく

正規店にはApple Storeと、正規サービスプロパイダの2種類あります。

正規サービスプロパイダは家電量販店の中にあるiPhone修理センターのことです。

ビックカメラやカメラのキタムラなどの中にあります。

Apple Storeが近くにない人でも、持ち込みで修理依頼できます。

即日対応してくれることが多いので、iPhoneを預けることなく修理してもらえます。

非正規店で修理してもらう

非正規店は、正規店よりも店舗数が多く、便利な駅チカやショッピングモールの中にあります。

画面割れや、液晶漏れだけの修理であればお店によっては正規店よりも安価です。

ただ、Appleが監修している店舗ではないため、お店選びは慎重になる必要があります。

iPhone修理ジャパン

iPhone修理ジャパン

最新機種ではiPhone XRから取り扱っており、ガラス割れの修理18,800円で行います。

液晶交換になると23,800円です。

液晶漏れにまで発展すると、これだけの金額が違ってきます。

正規店の通常価格に比べると安価です。

全国に50店舗以上あるため、店舗を探しやすいのがメリットです。

3ヶ月間の修理保証がついているので、万が一修理に問題があっても対応してくれます。

公式サイトはこちら

アイサポ

アイサポ

最新機種はiPhone XS Maxから取り扱っており、ガラス交換修理は53,800円、液晶交換修理は57,800円で行っています。

ガラス割れも、液晶漏れでも4,000円ほどの違いなのでそれほど違いがありません。

どちらも最短40分で修理できます。

全国90店舗と店舗数がかなり多く、即日修理が基本的です。

スポンサーリンク

6ヶ月の修理保証がついているので、この期間内に不具合が出てきてしまっても安心です。

飛び込みで店舗修理ができますが、ネット予約もできます。

予約すると待ち時間なくスムーズなのでおすすめです。

公式サイトはこちら

シルバーガレージ

シルバーガレージ

最新機種はiPhone XS Maxから取り扱っており、ガラス・画面割れ38,000円~対応しています。

最安保証がついており、他店よりも1円でも修理代が高い場合はスタッフにお申し付け下さいというくらい安さに自信があります。

データ保証、6ヶ月の修理保証もついているので、安いからといって技術を心配する必要はありません。

パーツも高品質なものを使っているので、修理後長持ちします。

公式サイトはこちら

画面割れ液晶漏れは悪化する前に修理に出そう!

画面割れや液晶漏れは放っておくとiPhoneそのものが壊れてしまいます。

大事なデータを残したままiPhoneが使えなくなってしまうのは不本意です。

大事なデータを守るためにも、画面に傷がついた、液晶画面がおかしいと感じたらすぐに修理に出しましょう。

関連記事
ハウツー

iPhoneやAndroidの古いスマホを子供に与える際に覚えておくべきルールとは?フィルタリングを始めとした安全機能もきっちり確認しよう

2019年11月25日
オリラボ通信
スマホの機種変更をすると、基本的に古いモデルは利用者の手元へ残ることになります。 この古いモデルを活用する方法として、子供たちに中古のスマ …