ハウツー

iPhoneの画面が乱れる不具合を解消する方法を紹介

iPhoneの画面の不具合についてはしばしば発生しています。

その中でも多いのが、iPhoneの画面のブレです。

液晶が割れていないのに、このような不具合が発生している場合、いくつかの原因が考えられます。

原因が特定できれば、正しい対処法も見えてきます。

ホーム画面のブレの種類

ホーム画面がブレるという不具合はしばしば発生するものです。

しかし同じブレるでも、いくつか代表的な症状があります。

場合によっては簡単な設定で元通りになる可能性もありますから、決して焦らないことです。

画面がゆらゆら揺れる現象

iPhoneの画面がゆらゆらと揺れているのは、視差効果によるものかもしれません。

これはiPhoneに備わっている機能のひとつです。

正面からアイコンを見てください。

しっかり定着しているはずです。

今度は斜めにしてみましょう。

するとアイコンがその角度に合わせる形で傾くのです。

こうすることで、iPhoneのユーザーとアイコンがいつでも平行な状態に保てるようにしています。

どこから見ても見やすい状態を保つために、視差効果があるわけです。

このため、iPhoneを動かしたときに立体感がブレることでゆらゆら揺れているような感じがします。

もしこれがイヤなら視差効果を減らす設定をすれば解決できます。

設定→壁紙→静止画→設定の順番でタップします。

次に一般→アクセシビリティ→視差効果を減らすとタップします。

そしてこれをオンにすれば完了です。

スクロール中のブレ

画面をスクロールしているときにぶるぶる震えた状態になるという話もしばしば聞かれます。

これはスクロールしているときに指を長時間液晶から離さなかったことが原因です。

スクロールするときには指を速やかに画面から離すようにすれば、ぶれの現象も起こりにくくできます。

システム側の問題

iPhoneの画面がブレる原因として、端末そのものではなくシステムに何らかの不具合の発生している可能性が考えられます。

もしアプリを開いているのなら、そのアプリがぶれの問題を引き起こしているかもしれません。

スポンサーリンク

ですからアプリを閉じていきます。

現在使っていなくても、バックグラウンドで動いていることもあります。

その場合には、ホームボタンを素早く2回押しましょう。

するとマルチタスク画面が開くはずです。

その画面の中で閉じたいアプリがあれば、上にスワイプします。

そうすればバックグラウンドも終了します。

どれが不具合を起こしているか特定できなければ、すべてのアプリを閉じて様子を見てみましょう。

再起動してみる

アプリを閉じても以前画面のぶれが続くようであれば、次の方法としてiPhoneの再起動があります。

スリープボタンを長押しすると、画面にバーが表示されるはずです。

これをスライドすれば、電源がオフになります。

しばらくしてスリープボタンをもう一度長押ししましょう。

Appleのロゴが出てくれば、再起動の作業は完了です。

パソコンで調子が悪かった場合再起動すると、元に戻ることがあります。

iPhoneについても同様です。

軽度の不具合であれば、再起動することで問題が修正される可能性があります。

リセットする

iPhoneを使っていると、フリーズしてしまうこともあり得ます。

画面がフリーズしてしまうと、何の操作もできません。

再起動も難しくなるでしょう。

この場合、リセットを試すことで問題解決できるかもしれません。

リセットの方法は同じiPhoneでもシリーズによって、やり方が若干異なります。

もしiPhone7以降のモデルを使っているのなら、やり方は一緒です。

ボリュームダウンのボタンとスリープボタンを同時に長押しします。

もしそれ以外のiPhoneを使っているのなら、ホームボタンとスリープボタンを同時に長押しすることでリセットできるはずです。

するとフリーズしていても自動的に再起動が行われます。

この時、もし事前に保存していなかったデータがあると失われてしまう可能性があります。

スポンサーリンク

データを失いたくなければ、こまめに保存しておくのがおすすめです。

初期化を行う

リセットまで行っても依然として画面のブレが治まらないようであれば、初期化をするのも一考です。

初期化してバックアップからデータを復元するアプローチです。

初期化の方法は、設定から一般、リセットという流れで選択します。

初期化をすると、購入したての時に戻ってしまいます。

すなわち端末の中に入っていたデータはすべて失われてしまいます。

バックアップを取っておけば、そこからまたiPhoneに取り入れることで元通りになります。

割れていない画面のブレ対策はいろいろ

iPhoneの画面がブレて気になったときにできる対策はいろいろとあります。

まずは自分でできる方法をいろいろと試しましょう。

リセットや初期化をすると、大事なデータの失われる可能性があります。

こまめにバックアップを取って対策することも大事です。

もしいろいろと試してみたけれども解決できなければ、もっと深刻な不具合の発生している可能性が考えられます。

専門の業者に修理に出すなども検討したほうがいいです。

関連記事