ハウツー

自力で直せる?iPhoneの液晶画面に線が入った時に行うべき初期対処方法

iPhoneを使っていると、画面に縦線が現れる場合があります。

多くの場合突然出始め、症状によってはずっと縦線が出ているような場合もあります。

液晶画面に縦線が入っていると非常に使いづらいため、早く改善したい症状です。

そこでここでは縦線が出る原因と対応方法についてご紹介します。

画面の不具合で多い縦線

iPhoneの不具合の中で最も多いのが、液晶周りの不具合です。

iPhoneを始めとしたスマートフォンはほぼ全面が液晶画面になっているため、ちょっと落としただけでもひび割れや縦線などの不具合につながってしまいます。

液晶周りの不具合の中でひび割れに次いで多いのが縦線不具合となっています。

なぜ液晶画面に縦線が出るのか

液晶画面の縦線には、大きく分けて白黒の縦線が入っている場合と何らかの色がついたカラフルな縦線が入っている場合の二通りがあります。

液晶画面に縦線が出る原因としては、iPhoneを落としてしまった時の衝撃など外的要因によるものと、ソフトウェアのバグなどの内的要因に分けられ、それぞれの症状によって縦線の出方が変わります。

縦線が白黒の場合

液晶画面の縦線が白黒の場合に考えられる原因としては、iPhoneのソフトウェアに何らかの不具合が発生していることによる症状が考えられます。

ソフトウェアの不具合によってチップから液晶画面へ正常に信号が送られていないようなケースが想定されます。

白黒の縦線であれば必ずソフトウェアの不具合という訳ではありませんが、その可能性は高いと言えます。

縦線がカラフルの場合

液晶画面の縦線がカラフルな場合に考えられる原因としては、ソフトウェアではなく物理的な要因によって発生している症状が考えられます。

例えばiPhoneを落下させてしまいiPhone本体に衝撃が加わることによって、液晶画面に微小な亀裂が入っている場合や、液晶画面を駆動させているICチップが破損している場合などが考えられます。

iPhoneの液晶画面の不具合のほとんどは物理的な要因で発生しています。

縦線を自力で直す方法

iPhoneの画面に出ている縦線は、症状次第では自力で直すことが出来る場合があります。

自力で直すことが出来る可能性があるのは、白黒の縦線が入っている場合、つまりソフトウェアの不具合による症状の場合です。

縦線を直す方法としては、iPhoneの再起動と初期化の2つがありますが、まずはiPhoneの再起動を行って症状の改善が見られない場合は初期化を行いましょう。

iPhoneの再起動方法

iPhoneを再起動することによって、端末の状態が一度リセットされソフトウェアの不具合が改善し縦線が直る場合があります。

再起動の方法はiPhoneの機種によって異なり、iPhone 6s以前の物理ホームボタンのあるiPhoneの場合はホームボタンと電源を同時に長押しする事で再起動が可能です。

iPhone 7については、電源ボタンとボリュームを下げるボタンを同時に長押しする事で再起動が可能です。

iPhone 8以降の場合は、ボリュームを上げるボタンを1度押して離し、ボリュームを下げるボタンを1度押して離し、電源ボタンを約10秒長押しすると再起動が可能です。

iPhoneの初期化を行う(準備)

iPhoneの再起動でも縦線の症状が改善しない場合は、iPhoneの初期化を行います。

iPhoneの初期化を行うと、データが全て消去されてしまいますので、初期化前にデータのバックアップを取っておきましょう。

iPhoneのバックアップは、iCloudを使う方法と、パソコンのiTunesを使う方法の二つがあります。

スポンサーリンク

iCloudについては、無料であれば容量が5GBしか保存できませんので、iPhoneを丸ごとバックアップする場合はパソコンのiTunesを使う方法をおすすめします。

iTunesをインストールしたパソコンにiPhoneを接続し、iTunesを立ち上げて、コンピュータにバックアップを行います。

iPhoneの初期化を行う(初期化実行)

iPhoneのバックアップが出来たら、実際にiPhoneの初期化を行います。

初期化の手順としては、iPhoneの設定⇒一般⇒リセットの順に進み、「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。

そして「iPhoneを消去」をタップすると初期化がスタートします。

初期化は短時間で終わり、初期化が終わればiPhoneを初めて立ち上げた際に出るアクティベーション画面となります。

再起動や初期化でも縦線が直らない場合

再起動や初期化でも縦線が直らない場合は、ソフトウェアの問題ではなくハードウェアの問題である可能性が高くなります。

ハードウェアの問題である場合は、自力で直すことは不可能になりますので、修理店への持ち込みが必要となります。

Appleの修理サービス店舗に持ち込む

修理を申し込む場合、最も信頼できるのがAppleの正規サービスプロバイダ、またはApple Store直営店に持ち込みを行う方法です。

Apple公認の修理方法ですので、安心して修理依頼が出来ます。

修理依頼はAppleのホームページから申し込みを行った上で該当の店舗へ持ち込みとなります。

その店舗で修理が行える場合もあれば、Appleのリペアセンターに送られて修理が行われる場合もあります。

もし店舗で修理が可能な症状であった場合は最短で即日修理が完了します。

但し地方では店舗数が少ないため予約がなかなか取れないというデメリットもあります。

Appleリペアセンターに直接配送する

店舗への持ち込みではなく、Appleのリペアセンターに直接配送する方法もあります。

この場合も店舗持ち込みと同様、Appleのホームページから申し込みを行います。

ホームページから申し込みを行う際に配送業者が集荷に来る日時を指定できます。

費用はホームページでの申し込み時に表示され、費用の支払いについてはクレジットカードもしくは代金引換の選択が可能です。

店舗に持ち込む必要がありませんので、持ち込みよりも簡単に修理が可能というメリットがある一方、必ず配送となるため店舗修理よりも時間がかかってしまうというデメリットがあります。

iPhone修理業者に修理してもらう

近くにiPhoneの修理を行ってくれる業者の店舗がある場合、そちらで修理を行うのも手です。

一般的にはAppleの正規修理に比べ費用を抑える事が可能で、加えて店舗で即日修理が出来る可能性が高いため、急いでいる場合や出先で壊れてしまった場合などに重宝します。

Appleの正規サービスプロバイダなどに比べて店舗数も多い為、すぐに修理してもらえる可能性も高くなります。

縦線は放置すると悪化する可能性がある

もし縦線が出る場合は、出来るだけ早く自力で直す、もしくは修理店での修理を行いましょう。

縦線が出たまま使っていると、縦線が悪化して広がったり、最悪の場合液晶画面での操作が出来なくなったりする場合があります。

症状が軽微であれば修理費用も抑えられる可能性がありますので、そのまま放置しないようにしましょう。

スポンサーリンク

まずは自力で直るかトライ

液晶画面に縦線が出る場合、端末によっては修理をしようとすると数万円という修理費用が掛かってしまいますが、自力で直すことが出来れば余計な出費もありません。

縦線の症状が出た場合はまずは自力で直るかを試したうえで、どうしても直らない場合は早めに修理を行ってください。

関連記事