ハウツー

iPhoneが充電できない時どうすればいい?対処法と考えられる原因もご紹介!

突然iPhoneが充電できなくなってしまった時は、どうすればいいのでしょうか?

そんなときに考えられる故障の原因から、それに応じた対処法をそれぞれご紹介します。

充電ができない時にまず確かめておきたいこともご紹介しているので、修理に持っていく前に確かめてみましょう。

万が一iPhone自体の修理をすることになった時の金額の目安もご紹介しています。

場合によっては無料で交換することもできます。

無料交換してもらえるか、当てはまるかどうか確かめてみましょう。

iPhoneが充電できない原因は?

今まで普通に充電ができたのに、突然iPhone充電ができなくなってしまった。

充電ケーブルが悪いのか、本体が悪いのか原因がわからないものです。

充電できない時にどのような原因が考えられるのか見ていきましょう。

水没して正しく電気が通らない

iPhoneが充電できない時に考えられるのは水没した可能性です。

水没してしまうと、水が本体やコネクタ部分に溜まってしまい電気が通らないという場合もあります。

例え水の中にiPhoneを落としてなかったとしても、雨の日に濡れたり、汗などで水没することもあります。

接触不良で充電できない

充電ケーブルではなく、iPhoneの差込口、コネクタ部分の接触が悪くなっている場合が考えられます。

接触不良で充電できない場合はイヤホンも使えません。

イヤホンは使える場合は、接触不良ではないので、イヤホンを指してみて確かめるとわかりやすいです。

純正ケーブルを使っていない

100均で購入した安い充電コードはすぐに壊れてしまいます。

また、純正ケーブルでないものを使っていると、最初は使えていても突然使えなくなってしまうこともあります。

非純正ケーブルは場合によっては、全く使えないこともあります。

iPhoneは純正ケーブルを使うようにしましょう。

安く売られている非純正のものはいつ壊れてもおかしくないものだと考えておきましょう。

充電ケーブルが断線していないか?

充電できないのはケーブルが断線している可能性があります。

ケーブル断線は目に見えてケーブルがちぎれたりめくれたりしていればわかりやすいです。

断線は時には、目には見えない場合もあります。

中で断線している場合はわかりません。

他にケーブルがある場合は他のケーブルで充電してみましょう。

スポンサーリンク

他のケーブルがない場合は、イヤホンを指してみましょう。

イヤホンは使える状態であれば、ケーブルが断線している可能性が高いです。

水没したiPhoneの充電できない時どうすればいい?

iPhoneを水没させたことが原因で、充電できない状態になってしまった時はどうすればいいのか?

水没した時に行っておきたい対処法をご紹介します。

これらの対処法を試しても改善されない場合は、修理に依頼することをおすすめします。

充電口に水分が入っていないか確認する

充電口のコネクタに水分が入ってしまっているのかもしれません。

充電できない時は、まず水分が中に入っていないか確認しましょう。

目で見ただけではわからないので、綿棒を入れて水分を吸わせましょう。

水分を吸わせるのでこねくり回すのではなく、中に入れてしばらく置いておきましょう。

水分を吸収することができます。

綿棒で水分を取ったら、しばらく置いておきましょう。

その後再度試してみましょう。

iPhoneカバーを外す

まず水没した時に最初に行ってほしいのが、カバーを外すことです。

充電できないなどの原因が起きる前から、水没したことがわかっているのであればカバーを外して乾かすことが必要です。

カバーをつけた状態で乾かしてしまうと、カバーと本体の接触部分の水分が中々飛びません。

iPhoneを裸の状態にしましょう。

本体の湿気を吸わせる

水没させてしまったら、本体の湿気を吸わせていきます。

データが飛ぶ可能性もあるので、SIMカードを抜きます。

SIMカードの水分も拭いながら、その箇所の湿気も吸わせます。

中身はタオルなどで吸い取り、本体全体は新聞紙などでくるむと湿気を吸い取れます。

シリカゲルを使うのも効果的です。

接触不良で充電できない時どうすればいい?

イヤホンも使えない、本体の接触不良が判明した時にはどうすればいいのか?

接触不良で充電できない時にやっておきたい対処法を見ていきましょう。

充電コネクタに何か詰まっていないか確認する

充電コネクタに何か詰まっていないかを確認しましょう。

埃が詰まっていたり、何かのカスが入っていることもあります。

スポンサーリンク

意外とコネクタ部分には小さなゴミが詰まりやすいので、それが邪魔して充電できないのかもしれません。

充電コネクタに何か詰まっていないか、爪楊枝で優しく確認しましょう。

グイグイ押してしまうと反対に傷つけてしまうことにもなるので、優しく扱いましょう。

コネクタのピンが折れていないか確認する

充電コネクタの中には、よく見るとわかるのですがピンがあります。

肉眼ではわかりにくいので、虫眼鏡やルーペなどで確認するのがおすすめです。

ピンが折れていると、それが原因で電気が伝わらない可能性があります。

ピンが折れているのを確認したら、自分で戻すのは難しいので修理に出すことをおすすめします。

綿棒でコネクタを綺麗にする

コネクタの中は意外とゴミが溜まっていると前述したように、コネクタの中は汚れやすいです。

汚れがついているとそれが充電の邪魔をしている可能性もあります。

綿棒でコネクタの中を綺麗にしましょう。

綿棒で拭きとるだけでも、綿棒が黒くなってしまうこともあります。

汚れを確実に取りたい方は除光液を綿棒に含ませて掃除するといいです。

除光液はネイルを落とす力があるように、頑固な汚れも落とす効果があります。

除光液は乾きやすいので、水が溜まってしまう心配もありません。

つけすぎに注意して、少し綿棒を濡らすくらいにつけましょう。

iPhoneが充電できない時に試したいこと

iPhoneが充電できない時、水没した時や原因がわからない時に試しておきたいことがあります。

iPhone本体の様子がおかしい時も充電できない場合があるので、本体の状態をチェックする必要があります。

iPhoneを再起動する

iPhoneが固まっていたり、システムがおかしいと充電できないこともあります。

再起動することで、iPhoneの状態を整えられます。

iPhoneを初期化する

何をしても直らない場合は、最終手段として初期化をしましょう。

初期化をすると全てのデータが消えてしまうので、必ず先にバックアップをしてください。

初期化して時間を置いてから充電してみましょう。

充電コードを指して様子を見る

充電できない時、iPhoneが固まってしまっていたり、何かが原因で反応が遅れることもあります。

指した時は充電マークが表示されなくても、時間が経つと充電できている場合もあります。

充電コードを指したまま数十分しばらく様子を見てみましょう。

スポンサーリンク

改善されない場合は修理に出そう

自分で色々試しても充電できない状態が続く場合は修理に出しましょう。

専門家に見てもらうことで修理が必要かどうかの最終判断もしてもらえます。

気になる修理金額は?

充電できない場合の修理金額はどうなるのか気になるところです。

充電できない場合、充電のコネクタ部分が故障している場合はまるごと交換になります。

Apple Storeで正規に修理してもらう時の金額を見てみましょう。

保証期間内なら無料交換できる

Appleでの正規修理であれば、1年間の保証期間内であれば無料でまるごと交換してくれます。

ただし、この場合画面割れなどがあると無料で交換してもらえない可能性もあります。

AppleCare期間内なら安価で交換できる

まるごと交換するとなるとやはり金額は高くつきます。

最新のiPhone XS Maxだと73,244円かかってしまいます。

機種変更するか迷う金額です。

しかし、Apple Careの期間内であれば一律12,744円で交換してくれます。

iPhoneが充電できない時は原因を探ってみよう!

iPhoneが充電できない原因は様々です。

まずは原因を探るところから始めてください。

本体が壊れているのか、ケーブルが壊れているのかがわかります。

本体が壊れている場合は修理に出すのが先決です。大事なiPhoneを守りましょう。

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事