格安スマホ/SIM

格安SIMでiPhoneを使うのがお勧め!その訳とは?

どんどん進化するiPhone。

iPhoneを既に使っている人だけでなく、これから使おうと思っている人も多いです。

最新のiPhoneを手に入れたいけれど、値段が高くて手が出ない…。

そんな悩みを解決してくれる方法はあるのでしょうか。

格安SIMでiPhoneを使えば願いが叶うかもしれません。

格安SIMでiPhoneを使おう

iPhoneを利用する方法はいくつかあります。

それは、大手携帯電話会社でiPhoneを購入して利用する、これまで使っていたiPhoneを格安SIMで運用する、SIMフリーiPhoneや中古iPhoneを購入して格安SIMや大手携帯電話会社の契約で運用するといった方法です。

携帯キャリアでiPhoneを購入するメリット

NTTドコモ、au、ソフトバンクで機種変更や新規契約する場合には、最新のiPhoneを購入して利用することもできます。

一見シンプルに見えますが、ネックになるのが毎月の維持費です。

総務省による規制が行われる前は、月々サポートや月割といった割引サービスがあったので、維持費が安く済みました。

総務省による規制で安く買えなくなった

総務省による規制が行われ、端末と回線を抱き合わせて販売する方法にメスが入り、これまでのように月額の通信料金から毎月の分割代金を割引く販売方法が禁止になったので、いわゆる実質0円などの方法で販売することは難しくなりました。

携帯キャリアで購入すると割高に

大手携帯電話会社は知恵を絞って、例えば分割回数を延長し、2年後に端末を買い取ることでiPhoneを購入しやすくする制度を設けましたが、そこにもメスが入れられる状況になっています。

そのため、毎月の通信料金にiPhoneの分割代金を加えると、支払額がかつてよりも高くなってしまったという人が続出しています。

規制は道半ば

それなら何のための国の規制なのだと憤慨する人が増えています。

それもそのはず、もともとは端末の割引やMNPによる新規顧客の囲い込みの際に行うキャッシュバックを無くして、その原資を通信料から割り引かせるという目的が、正直なところまだ実現できてはいないからです。

携帯キャリアで購入するのはお金の無駄

大手携帯電話会社の割引施策に制限が入り、割安なプランではデータ通信量が少ないという現状を考えると、大手携帯電話会社でiPhoneを購入するというのは、かなりお金の無駄になってしまう可能性が高いです。

格安SIMでiPhoneを運用するメリット

そこでおすすめしたいのが、格安SIM(MVNO)でiPhoneを運用する方法です。

格安SIMの魅力は、大手携帯電話会社の半額以下でデータ通信などが利用できること。

毎月6,000円~10,000円の費用を支払っているとすれば、通信費を1,500円~2,000円以内に抑えることができ、しかもデータ通信量も大手よりも多くなります。

浮いた費用で好きなiPhoneを購入できる

これがなぜiPhoneを持つのに有利なのかというと、毎月の通信料金が抑えられる分、そのお金をiPhoneの購入資金に充てることができるからです。

これならiPhoneの上位機種を狙えるようになるかもしれないので、欲しかったあの機種を手に入れるチャンスになります。

希望に合ったプランが選べる

格安SIMによるiPhoneの運用方法を知っておけば、自分の希望に合ったプランを契約し、新しい機種に乗り換えることもできるようになります。

具体的にどうすれば、格安SIMでiPhoneを利用することができるのでしょうか。

今手元にあるiPhoneで利用する

もし既にiPhoneを利用しているのであれば、そのiPhoneで格安SIMが利用できます。

注意したいのは、格安SIMで利用する場合、iPhoneが格安SIMの回線に対応しているかどうかです。

スポンサーリンク

キャリアから購入したiPhoneの場合、同じ回線を利用している格安SIMなら通信が可能です。

SIMカードを差し替えればOK

例えばNTTドコモに対応しているiPhoneの場合、NTTドコモ回線を利用したMVNOのSIMを差すことで利用できます。

同じようにau、ソフトバンクもそれぞれの回線を利用しているMVNOのSIMであれば、そのままSIMカードを差し替えて利用することが可能です。

SIMロック解除で利用する

今持っているiPhoneにSIMロックがかけられている場合、上記の方法で対応できますが、SIMロック解除することで、他の回線のMVNOも利用できます。

SIMロック解除を行なうには、条件を満たしておく必要がありますが、一旦解除してしまえば、世界中で利用できるので大変便利です。

iPhoneの対応バンド数は群を抜いて多い

世界中で利用できるようになるとお話ししましたが、実はiPhoneの対応バンド数はアンドロイドスマホと比較しても群を抜いて多いのが特徴的です。

対応バンド数が多ければ多いほど、対応する携帯電話会社が増えるのですが、日本で購入したiPhoneも対応バンド数はグローバルモデルと同じです。

SIMロック解除は最強

つまりSIMロック解除さえしてしまえば、iPhoneは日本国内のすべての携帯電話会社のSIMカードを読み込めるのは言うまでもありません。

例えばdocomoで購入したiPhoneをソフトバンクやau回線で使用することも簡単にできてしまいます。

SIMロック解除はどこでする?

SIMロック解除は各キャリアのサイトで行うことをお勧めします。

キャリアショップの店頭窓口でもSIMロック解除手続きは可能ですが、その場合3,300円(税込)程度の手数料がかかってしまいます。

キャリアのサイトでSIMロック解除すれば、手数料は無料ですぐに解除できるので大変便利です。

MVNOの対応状況に注意

SIMロック解除したiPhoneを格安SIMで運用する場合に気を付けたいのが、MVNOの対応状況です。

MVNOによって、iPhoneの対応状況が異なりますので、利用する前にiPhoneの動作確認が行われているかをチェックするようにしてください。

SIMフリーiPhoneを手に入れる

SIMフリーiPhoneを手に入れて格安SIMで利用する方法もあります。

SIMフリーiPhoneはApple storeで購入できます。

SIMフリーというのはdocomoやソフトバンクでiPhoneを購入する場合とは異なり、最初からSIMロックがかけられていないiPhoneのことを指します。

日本の特殊な事情

日本は特殊な国で、SIMロックがあらかじめかけられたスマートフォンを販売する数少ない国です。

Apple storeで販売するiPhoneはグローバルモデルなので、携帯電話会社に縛られることはありません。

格安SIMのSIMカードを差してAPN設定(プロファイル設定)を済ませればすぐに利用できます。

格安SIMとセットでiPhoneを購入する

MVNOの中には端末を販売しているところもあります。

少しずつですが、iPhoneを取り扱う会社も増えています。

もしほしい端末がMVNOで販売しているのであれば、そこから購入するという方法もあります。

この場合、いくつかの注意点を覚えておいてください。

MVNOでiPhoneを購入する際の注意点

MVNOで販売するiPhoneには、いわゆるリファービッシュ品や、日本国内ではなく海外で販売されたiPhoneを再販しているものもあります。

スポンサーリンク

これらの端末は新品ではないので、傷などがある場合もあるとのことです。

完璧に近いiPhoneを手に入れたい場合は不向きかもしれません。

選べる機種が限られる

選べる機種が限られるというデメリットもあります。

最新のiPhoneを手に入れたいと思っても、MVNOで取り扱いがなければ購入できないので、この点も注意が必要だといえるでしょう。

まずはオンラインショップをチェックして、気に入った機種があるかどうかを確認してください。

SIMフリーが基本

MVNOで販売するiPhoneはSIMフリーが基本です。

SIMフリーiPhoneについては前述の通りで、対応バンド数が多いので、様々な携帯電話会社に対応しています。

キャリアで購入するよりも優位なのはこの点です。

中古iPhoneを購入する

中古ショップで中古iPhoneを購入するという方法もあります。

中古ショップで購入する場合のメリットとして、定価よりも割安な価格でiPhoneを手に入れられるという点があります。

でも中古なので、誰かがすでに使用したものを使うというのはちょっと…という人もいるかもしれません。

未使用品を狙おう

中古ショップで販売するiPhoneには、中古品のほかに未使用品のiPhoneもあります。

未使用品というのはテストで電源を入れた程度のiPhoneで、品質は新品と変わりありません。

しかも新品よりも割安な価格で購入できることを考えると、こちらのほうがねらい目かもしれません。

保証が残っているものもある

未使用品を購入する場合、Appleの保証がまだ残っているものもあります。

Appleケアを付帯できる場合もあるので、まずはショップで確認してみるとよいでしょう。

保証がないものも店舗保証があります。

店舗保証は故障時の全額返金というのが一般的です。

複数のショップを比較しよう

中古iPhoneを購入する際、複数の中古ショップを比較することをお勧めします。

同じiPhoneでも値段に差があるので、もしかしたらお得な値段で購入できるかもしれません。

キャンペーンなどをチェックしてみるのもいいと思います。

格安SIMへの乗り換えでiPhoneをゲット!

iPhoneを格安SIMで利用する方法を紹介してきました。

大手キャリアから格安SIMへ乗り換えることで、毎月の携帯料金を抑えられるだけでなく、安くなった分を新しいiPhone購入費用に充てることができます。

もしかしたらこれまではiPhoneは高いのであきらめていた人もいるかもしれませんが、格安SIMへの乗り換えでiPhoneを手に入れられる可能性が高くなると思います。

最新のiPhoneを手に入れることも視野に入ってくる人や、ワンランク上のiPhoneを購入できる人もいるかもしれません。

スポンサーリンク

格安SIMは新たな可能性を引き出してくれます。

格安SIMについての理解をしっかり深めておけば、お得にしかも自分の希望に合ったプランを契約することもできます。

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事