ハウツー

iPhoneの寿命は何年ぐらい?故障したら買い替えたほうが良い?

iPhoneはスマホの中でも人気が高く、端末購入でも比較的高額な機種がズラリとラインナップされています。

しかし一度購入すれば半永久的に使えるというわけではありません。

iPhoneの寿命は何年ぐらいなのかを知っていれば、機種変更のタイミングをつかみやすくなるのではないでしょうか。

Appleの公式見解による寿命

iPhoneを製造販売しているAppleによると、快適にiPhoneを使うためには3年ぐらいで買い替えるのが良いのだとか。

これが、Appleの公式見解となっています。

2年を過ぎると割引がなくなる

携帯キャリアによってサービスや割引の内容は異なりますが、iPhoneの端末購入の際に割引制度を利用する人は多く、毎月の利用料金や端末の分割払いによる負担がある程度軽減されます。

しかし、2年を過ぎるとこうした割引制度が終了するなどして、毎月のスマホ利用料金が高くなってしまうことは少なくありません。

そのため、なんだかスマホ料金が高いな、買い替えようかな、と思うのかもしれません。

バッテリーの減りが早くなる?

iPhoneを2年ぐらい使っていると、なんとなくバッテリーの減りが早くなったような気がするという人はたくさんいます。

使い方によって異なるものの、ヘビーユースする人はiPhoneのバッテリーにかかる負担も大きいため、バッテリーそのものの交換が必要になるケースもあります。

こうしたメンテが必要になってくると、そろそろiPhoneを機種変更しようかな、と考えるものです。

本当に3年で買い替えが必要なのか?

Appleの公式見解では、iPhoneの買い替えは3年がベストとなっていますが、決して寿命が3年というわけではありません。

必要なメンテをすれば3年以上でも問題なく使えている人はたくさんいますし、不具合が出たり故障したりするまでは使いたいというユーザーも多いのです。

実質的な買い替えは5年ぐらい

iPhoneを大切に使っているユーザーの多くは、実質的な買い替えは大体5年ぐらいとなっています。

もちろん、大切に取り扱えばもう少し長く使うことは可能ですが、このぐらい使うと不具合が出てきたり、故障のリスクが高くなったりするのかもしれません。

端末購入代金が高額な機種が多いiPhoneだからこそ、不具合や故障するまではずっと使い続けたいというユーザーが多いということなのでしょう。

iPhoneを買い替えるタイミングとは?

iPhoneは、どのようなタイミングで買い替えを検討するのが良いのでしょうか?

ある程度のタイミングを知っていれば、手持ちのiPhoneの寿命を全うできるでしょう。

バッテリーの減りがとても早い時

多くのiPhoneユーザーが買い替えを検討するタイミングには、バッテリーの減りがとても早くなってしまった時があります。

朝はバッテリー残量が100%だったのに、何も使わないのにランチタイムには残量が30%になってしまった、という時には、そろそろiPhoneの買い替え時かなと考えることができるでしょう。

しかし、バッテリーの減りが早くても、必ずしもiPhoneの寿命がやってきたというわけではありません。

バッテリーを交換すれば、バッテリーの減りの速さは解消できます。

すぐに買い替えるのが嫌な人は、バッテリー交換を検討するのも良いでしょう。

iOSのアップデートができなければ寿命

iPhoneでは、定期的にAppleから発表される新しいiOSへのバージョンアップが必要となります。

しかし、iPhone機種が古くなるとOSのバージョンアップに対応しないというケースが出てきます。

スポンサーリンク

iPhoneの故障でなければ、古い機種でもAppleがサービスを提供しているiPhoneなら最新のOSにバージョンアップすることはできます。

もしもできなくなったら、それはiPhoneの寿命と考えてよいでしょう。

起動に時間がかかる

iPhoneの寿命が近くなると、以前ではサクサクっとできていた操作の一つ一つに時間が長くかかるようになってきます。

アプリを立ち上げる度に時間がかかるのでは、精神的にイライラするかもしれません。

もしも、このイライラがつのってきたら、そろそろiPhoneの買い替えを検討しても良い時期なのかもしれません。

アプリが使えなくなった時

iPhoneにインストールするアプリは、それぞれ対応するOSやスマホ機種が異なります。

アプリによってどこまで古いOSや機種に対応するかという点は異なるものの、以前ではヘビーユースしていたアプリがサービス終了で使えなくなってしまったという時には、そろそろ手持ちのiPhoneも買い替え時なのかもしれません。

ボタンが押しにくくなった時

iPhoneの寿命が近づくと、ボタンが押しにくくなったりして操作性が低下してきます。

軽くタッチすればよいはずなのに、指に力を入れて押さなければ感知してくれないような場合には、そろそろiPhoneの買い替え時を検討したほうが良いでしょう。

iPhoneの寿命をのばす方法ってある?

iPhoneの寿命は、普段からどんな風に使っているのかによって変わります。

少しでも寿命を長く伸ばしたい時には、どんな使い方をしたらよいのでしょうか?

充電中には使用しない

iPhoneを充電している時でも使用することはできますし、充電中ならバッテリー残量を気にすることなく使えるので、あえて充電しながら動画を見る、なんていう人はいるかもしれません。

しかし、iPhoneの寿命を延ばすという点においては、充電中の使用は控えたほうが良いのです。

充電しながらiPhoneを使うと、本体に大きな負荷がかかって熱くなり、バッテリーの劣化を速めてしまいます。

高温の場所で保管しない

iPhoneを過剰使用していなくても、夏の車内のような高温の場所で保管するのは避けたほうが良いでしょう。

iPhoneは精密機器なので、気温が高くなりすぎるとオーバーヒートしてしまいます。

夏の車内以外でも、直射日光があたる窓際にiPhoneを置いたり、炎天下の屋外に放置したりするのはやめましょう。

充電はこまめにしたほうがベター

iPhoneの充電については、こまめにするとバッテリーの持ちが悪くなるという都市伝説があります。

しかし、iPhoneの寿命を延ばすという点では、充電はできるだけこまめにするのがおすすめです。

ただし、しっかり充電したあとは、ずっと充電器に繋ぎっぱなしは避けたほうが良いでしょう。

充電器に繋ぎっぱなしの状態では、iPhoneに大きな負荷がかかってしまうため、寿命が短くなってしまいます。

iPhoneは早めに手放す人も多い

iPhoneを購入する際には、各キャリアから提供されている端末割引や分割払いを利用しているユーザーはたくさんいます。

分割払いが終了するまで待たなくても、手持ちのiPhoneを売却することで分割払いの残債をカバーできるなら、早めに手放して新しいiPhoneを手にするという人も少なくありません。

買い替えのタイミングは、端末の不具合や故障をきっかけにするだけでなく、毎月かかる経済的な負担も考慮した上で決めたいものです。

iPhoneは大切に使って寿命を延ばそう

iPhoneの寿命は、使い方によって変わります。

スポンサーリンク

Appleの公式見解では3年での買い替えがおすすめとなっているものの、大切に使えば4年~5年不具合や故障することなく使えるというユーザーはたくさんいます。

寿命を長くするためには、普段から充電環境や保管環境に気を付けるとと良いでしょう。

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事