ハウツー

iPhoneの機種変更でLINEの引継ぎをしたい!失敗しないための移行のコツ

スマホを新しいiPhoneへ機種変更をする際には、これまで使っていたLINEのデータも新しいiPhoneへ引き継ぎたいものです。

機種変更前のスマホがiPhoneなのかアンドロイドなのかによって引継ぎ可能なデータは異なりますし、データの種類によっても移行方法が異なります。

ここでは、失敗しやすい原因と対策をご紹介しましょう。

LINEデータを引き継ぐ際に必ず必要なもの

機種変更前のスマホがiPhoneでもアンドロイドでも、LINEの引継ぎをする際には必ず必要となるものがあります。

それは、LINEのIDとパスワードです。

指紋認証や顔認証の人は要注意

LINEのIDは普段から使っているので忘れたという人は少ないかもしれませんが、指紋認証や顔認証などでログインしている人にとっては、パスワードは覚えていないという人がいるかもしれません。

パスワードがなければLINEの引継ぎはできません。

パスワード未登録の場合もアリ

現在では、LINEの新規アカウントを作成する際には、IDとパスワードを設定することが必須となっています。

しかし以前からLINEを使っていた人の中には、パスワードの登録をしなくても使えていたという人がたくさんいます。

パスワードが未登録の場合には、引継ぎ前にパスワードを登録してください。

未登録の状態では、LINEの引継ぎはできません。

電話番号とEメールアドレス

LINEの引継ぎでは、登録している電話番号が必要となります。

複数のスマホを使っている人は、どの電話番号を登録していたのか分からなくなっている可能性があるため、きちんと確認しておきましょう。

古い電話番号を登録したままLINEを使っていた人の中には、電話番号が抹消されてしまったためにLINEの引継ぎができなくなったというケースがあります。

電話番号が有効なものであることも確認して下さい。

引継ぎできるデータは?

iPhoneへの機種変更に伴って引継ぎできるLINEのデータは、機種変更前のスマホがiPhoneなのかアンドロイドなのかによって異なります。

iPhoneでもアンドロイドでも引き継げるデータ

iPhoneでもアンドロイドOSのスマホからでも共通して引き継げるデータには、プロフィールの情報やお友達・グループリスト、購入したスタンプやタイムラインに投稿した内容などがあります。

LINEのKeepに保存している画像や動画などのファイルも、引き継ぐことができます。

iPhoneからiPhoneへの機種変更のみ引き継げるデータ

機種変更前のスマホがiPhoneの場合には、上記のデータに加えて、LINEポイントやLINE Payの残高、またLINE Outにチャージしていたコールクレジットなども引き継ぐことができます。

お金関係のデータなので、アンドロイドOSからの引継ぎができないという点に不満を感じるユーザーは多いのですが、アンドロイドOSからiPhoneへの引継ぎの場合には、ポイントや残高を全て使い切ってからの引継ぎをおすすめします。

LINE連動のアプリやゲームはどうなる?

LINEに連動している楽しいアプリやゲーム、また占いなどのサービスを利用している人は、どこまで引き継げるのか、気になるものです。

LINE連動のアプリやサービスは、iPhoneからiPhoneへの機種変更のみ、引継ぎが可能です。

OSが変わってしまうと引き継げないので注意しましょう。

トーク履歴は引き継げるのか?

過去のトーク履歴は、iPhoneからiPhoneへの機種変更なら、LINEのトーク履歴として引き継げます。

ただし、他のデータと同じ方法で引き継げるわけではなく、一度クラウド上に履歴を保存した上で、機種変更した新しいiPhoneへトーク履歴を

スポンサーリンク

ダウンロードする、という方法となります。

アンドロイドからの機種変更ではNG

トーク履歴は、アンドロイドからiPhoneへの機種変更では、LINEのトーク履歴という形式で引き継ぐことはできません。

しかしこの場合、Google Driveにテキスト形式で保存することが可能です。

機種変更で電話番号が変わる場合はどうする?

iPhoneの機種変更で、電話番号が変わる人は、新しいiPhoneのLINE設定画面で、以前の電話番号にリンクしていたLINEのデータを現在の新しいiPhoneにリンクさせるための作業が必要です。

電話番号は現在のものと以前のもの両方が必要

iPhoneの電話番号が変わっても同じLINEデータを引き継ぎたい時には、新しい電話番号と以前使っていた電話番号の両方が必要となります。

最初に新しい電話番号でLINEアカウントを作り、以前の電話番号とリンクしているデータを引き継ぐという作業をする事によって、電話番号が変わっても以前と同じようにLINEを楽しむことができます。

知らない名前が表示された、これ誰?

iPhoneの機種変更で与えられた電話番号は、もしかしたら以前に他の誰かが使っていた電話番号という可能性があります。

もしもその人がLINEユーザーだったとしたら、LINEの引継ぎ作業の時に電話番号を入力した時に、LINEはその人なのか別人なのかを自動的に判断することができないため、その人の名前が表示されるのです。

オカルト的な現象が起こっているわけではないので安心してください。

そんな時には、「私のアカウントではありません」を選択すれば、問題ありません。

最初に全部を設定しないことも大切

LINEのデータ引継ぎでは、少しでもユーザーの手間を省略するべく、初期設定の段階で質問形式で大体の設定が終了できる仕組みになっています。

どんな機能を設定できるかというと、年齢確認やお友達自動追加設定、位置情報の設定などがあります。

お友達自動追加設定は要注意

お友達自動追加設定をONにしてしまうと、iPhoneの電話帳に登録されている人でLINEも利用している人は、自動的にLINEのお友達として追加されてしまいます。

iPhoneの電話帳には、職場の上司や取引先の担当者なども登録されていることがありますから、自動的にLINEのお友達になってしまうというのは心配なものです。

お友達の追加は、最初に自動で行わなくても、後から一人一人を吟味しながら追加することが可能です。

自動追加設定はとりあえずOFFにしておいた方が安心かもしれません。

位置情報もOFFが安心

LINEでは、よりサービスを便利に使いこなすために、位置情報機能がついています。

位置情報機能をONにすることで便利になることはありますが、自分の位置情報が相手に知られてしまうという点では、プライバシーに関して不安が残るかもしれません。

そんな時には、位置情報機能もOFFにしておくと良いでしょう。

後からいつでもONに切り替えることはできるので、迷ったらとりあえずOFFがおすすめです。

年齢確認は何に必要?

LINEでは、年齢確認を行うことによって、LINE IDによる検索が可能となります。

18歳以上なら誰でもLINE IDによる人物検索ができるわけですが、検索されたくない人なら、年齢確認を行わずにOFFのままにしておけばよいでしょう。

LINEのデータ移行では前回の設定を記録しておくのもオススメ

iPhoneの機種変更に伴うLINEのデータ移行では、作業自体はそれほど難しいわけではありません。

しかし、初期設定の時に急いで全ての機能を設定してしまおうと急ぐと、ウッカリ意図しない設定で後から後悔することになりかねません。

そうしたトラブルを避けるためには、データの移行には何が必要なのか、どんな手順で行うかを理解した上で、冷静に設定することをおすすめします。

スポンサーリンク
関連記事