ハウツー

iPhoneに実装された触覚タッチってどんな機能?LINEとの関連性も調べよう

iOSは更新されるごとに画期的な機能が追加されるため、多くのユーザーが心待ちにしています。

iOS13から実装された主な機能の1つは「触覚タッチ」です。

この機能を使うことでiPhoneの各アプリが使いやすくなるだけでなく、LINEのメッセージ機能も大きな影響を及ぼすと考えられています。

では、触覚タッチ機能が持つ強みや魅力に関してユーザーの視点から考察していきましょう。

触覚タッチとは?

触覚タッチは英語のHapticTouchを和訳したもので、iPhoneのディスプレイを長押しすることで、アプリのサブメニューを表示させたり、プレビューを見ることができたりするものです。

メニューが表示されたときにタッチすると、ボタンを押下した時のような反応が返ってくることからこの名前が付けられました。

この新機能はiPhoneだけでなくiPadにも導入されています。

3D Touchとは違うの?

AppleではiPhone 6s以降のモデルに「3D Touch」という機能を搭載させて注目を浴びました。

これはディスプレイそのものを指で強く押し込むことにより、サブメニューを表示させるなど複数の機能が使用できるというもので、iPhone Xに至るまで搭載されています。

ただし、3D Touch機能を実現するためには各端末に「Taptic Enigine」と呼ばれる特殊なパーツを組み込む必要があり、これが端末の販売価格高騰を招く原因となっていました。

触覚タッチは画面を押し込む必要がなく、長押しをすることで自動的にサブメニューへのアクセスが可能です。

特殊パーツも不要となるため、AppleではiPhone 11以降の端末に関して3D Touchは搭載させず、触覚タッチをメインとして普及させていくという方向性を発表しています。

触覚タッチを活用するメリットとは

触覚タッチを利用すると、各アイコンをタップしアプリを開かなくても、アプリ内の機能を利用できるようになります。

タッチによって表示されるサブメニューから複数の操作ができ、アプリが立ち上がるまでの待つ必要がなくなるわけですから、1つ1つの作業時間を短縮することにつながるわけです。

例えば、電話のアイコンを長押しすると、最近の通話履歴や連絡先の検索などのサブメニューがすぐに表示されます。

カメラのアイコンで触覚タッチを使うと、セルフィーやビデオ撮影などのモードを一発で立ち上げることが可能です。

こうしたショートカット機能の充実は効率を重視する人にとって大変うれしいポイントということができるでしょう。

iPhoneで使うための環境

出荷時点で触覚タッチを搭載しているiPhone端末は未だ限られており、iPhone XシリーズではiPhone XRのみとなっています。

iPhone 11ではノーマルモデルの他、iPhone 11 ProおよびiPhone 11 Pro Maxにも搭載済みです。

ただし、iOSのバージョンを13にアップデートすることによって、iPhone 6s以降のモデルであればいずれもこの新機能を活用することができます。

触覚タッチ機能は常時ONになっており、切り替えなどでOFFにすることができません。

ただ、コンテンツおよびサブメニューの表示までに要する時間に関しては、設定機能から「速い」「遅く」の切り替えが可能となっています。

触覚タッチとLINEの関係

触覚タッチの持つサブメニュー表示機能を多くのLINEユーザーが歓迎しています。

その背景として、「触覚タッチを利用することで既読マークを付けることなく本文のチェックができる」という点が挙げられるでしょう。

どうやって既読マークを回避するのか

LINEのトークリストを開くと、未読メッセージの数が緑色の円と白抜きの数字で表示されます。

スポンサーリンク

普通にタップすると、メッセージが表示されて既読が付いてしまうので意味がありません。

そこで見たいトークを長押しすると、プレビュー画面が開かれて「通知オフ」「既読にする」など4つの項目が表示されます。

あくまでプレビューなので、既読マークは付きません。一方で、相手のメッセージをすべて閲覧することが可能なのです。

この既読をつけない裏技を使うためには、iOSのバージョンが13になっていることに加えて、LINEのバージョンも9.16.5以降になっている必要があります。

触覚タッチを搭載している端末なのにプレビュー画面が表示されないというケースでは、LINEのバージョン情報をチェックしてみましょう。

触覚タッチはiPhoneの操作性をさらに向上させる新機能

触覚タッチを活用することで、各アプリへのアクセス効率が向上するので、iPhoneの操作性は一層向上していくことでしょう。

また、LINEの既読回避に代表されるように、今後さまざまなアプリにおいて触覚タッチのオリジナリティ溢れる活用法が考え出されていくと期待されており、iPhoneの持つポテンシャルをさらに高める新機能として引き続き注目です。

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事