ハウツー

iPhoneの機種変更でLINEの引継ぎができない!対策方法を知りたい!

iPhoneの機種変更では、LINEの引継ぎが上手くできずに失敗してしまうことがあります。

理由はたくさんありますが、ウッカリしたために失敗するケースが多いようです。

ここでは、LINEの引継ぎに失敗する理由にはどのようなものが多いのか、その場合の復元方法やエラー回復方法についてご紹介しましょう。

失敗しないための準備は念入りに

iPhoneの機種変更で新しい端末を手に入れても、LINEの引継ぎが失敗してしまうと、ガッカリしてしまいます。

失敗しないためには、機種変更前の端末で、余念なく準備しておくことをおすすめします。

LINEのIDとパスワードを確認

LINEの引継ぎでは、LINE IDとパスワードが必要不可欠です。

LINEを長く使っている人の中には、パスワードが未登録のままという人がいるので要注意です。

パスワードが未登録だと、LINEのデータ引継ぎに失敗する原因となるため、機種変更の前にパスワードを登録しておきましょう。

Facebookとの連携もオススメ

LINEは、電話番号とリンクすることができる他、Facebookと連携することも可能です。

もしもパスワードを忘れてしまったり、万が一の時にLINEを復元できないと困るという人は、機種変更の前にFacebookと連携させておくと良いでしょう。

連携させたくない人は、後からいつでも解除ができるので、LINE引継ぎの時だけ一時的に連携させるという方法もアリです。

よくある失敗例1:パスワードを忘れた!

LINEの引継ぎには、パスワードが必要です。

忘れてしまった場合には、再設定しなければならず、登録しているメールアドレスにパスワード変更案内メールを送ってもらい、復元作業を行います。

メールが来ない!どうすればよい?

LINEのパスワード復元メールは、登録されているEメールアドレスに送られてきます。

メールが来ないという場合には、迷惑フォルダに振り分けられていないかどうかを確認してみてください。

現在有効ではないメールアドレスを使っていたとか、メールアドレスのパスワードも忘れたからアクセスできないという場合には、LINEの問題報告フォームで相談するという方法がおすすめです。

よくある失敗例2:ログイン制限がかかった!

LINEでは、悪用を防ぐためにアカウント認証に複数回失敗すると、ログイン制限がかかる仕組みになっています。

1時間程度待てば制限解除

LINEのログイン制限は、何もしなくても1時間程度すれば自然と解除されます。

そのため、1時間ぐらい待ってから再トライすると良いでしょう。

その他にも、LINEのトーク画面からキャッシュデータの削除によってキャッシュをクリアにしたり、iPhoneの再起動などによってログイン制限を解除できることもあります。

よくある失敗例3:認証メッセージが来ない!

LINEのデータ引継ぎでは、登録した電話番号もしくはEメールへ、認証番号が送られてきます。

認証できなければデータの引継ぎはできないため、メッセージが来ないというのは大きな不安要素ではないでしょうか。

電話接続で認証番号をゲットする

メッセージやEメールによる認証が不安という人は、電話接続で認証番号を聞くという方法もあります。

この方法なら、電話番号さえ間違っていなければ認証番号を確実にゲットできるでしょう。

回線を切り替えてみる

Wi-Fi回線で認証メールが来ない時には、回線を切り替えて4GとかLTEにすることで、認証メールが届くということがあります。

スポンサーリンク

逆もしかりです。

どうしても認証できない時には?

待てど暮らせど認証番号がどこにも送られ来ないという時には、最後の手段としてFacebook経由でログインするという方法がおすすめです。

よくある失敗例4:トーク履歴の引継ぎに失敗

LINEのトーク履歴は、iPhoneならiCloudにバックアップを取り、アンドロイドならGoogle Driveにバックアップを取り、それらを復元します。

バックアップを取らずにLINEのデータ引継ぎ作業で自動的に復元できるわけではないので注意してください。

iCloudのアカウントは同一であること

機種変更前のスマホがiPhoneなら、バックアップはiCloudにとることになります。

この時、iCloudに同じアカウントでログインしていることが復元のための条件となるので注意しましょう。

アカウント名が違う場合には、エラーが発生して復元できません。

電波状況でエラーが出ることも

電波状況がイマイチの時の時には、データのダウンロード中にエラーが発生している可能性があります。

電波状況が安定している所で再トライしてみてください。

よくある失敗例5:LINEポイントを引き継げない!

iPhoneの機種変更では、LINEポイントのようにお金まわりのデータもしっかりと引き継ぎたいものです。

しかし、上手く引き継げないというトラブルを抱える人はたくさんいます。

LINEポイントはOSが変わると引き継げない

LINEポイントは、機種変更前のスマホがiPhoneの場合に限り、引継ぎが可能です。

アンドロイドOSからiPhoneへの機種変更では、残念ながら引き継ぐことはできません。

機種変更前に使い切ってしまうことをおすすめします。

よくある失敗例6:スタンプがなくなった!

LINEのデータ引継ぎでは、スタンプや着せ替えなどのデータも引き継ぐことができます。

しかし、移行方法はプロフィールの引継ぎ方法とは異なります。

無料で再ダウンロードできる

スタンプや着せ替えなどのデータは、LINEアプリのマイスタンプから、再ダウンロードすることによって復元します。

購入した有料スタンプや着せ替えなどは、機種変更による引継ぎならコストはかからず、無料で再ダウンロードできます。

よくある失敗例7:友達の数が少ないような気がする!

LINEアカウントを新規作成すると、電話帳に登録されている人なら友達の自動追加機能を使えば復元できますが、そうでない人は消えてしまいます。

消えたLINE友を復元することはできる?

LINEでしかつながっていなかった友達が消えてしまうと、焦ってしまいます。

復元方法は、LINE IDで復元する方法と、電話番号検索による復元方法とがあります。

どちらも分からないという場合には、残念ながら道でばったり偶然出会った時にもう一度聞くしかないでしょう。

LINEの問題報告フォームを活用しよう

LINEのデータ引継ぎに失敗してしまい、どうやっても復元できない、という場合には、あきらめて新規アカウントを作成する前に、LINEの問題報告フォームから相談してみてください。

本人確認できればデータ移行できる可能性はあり

LINEの問題報告フォームを使って相談すると、ケースバイケースで対応してもらうことができます。

本人確認ができれば、消滅したとあきらめかけていたデータを復元することも可能かもしれません。

スポンサーリンク

機種変更によるLINEデータ引継ぎは慎重に

iPhoneの機種変更をすると、新しい端末を使えることが嬉しくてワクワクしますが、LINEアプリのデータ引継ぎにもしっかりと注意を払って失敗しないように策を練りたいものです。

作業自体はそれほど難しくはないものの、ウッカリするとデータ引継ぎに失敗して、それまでの履歴が消えてしまったり、お友達がいなくなる、なんてトラブルが起こりかねません。

データ引継ぎにおいては、慎重に準備をした上で行いたいものです。

関連記事