ハウツー

iPhoneにLINEをインストールする際の注意点とは?

iPhoneを機種変更すると、それに伴ってLINEのアカウントを別のiPhoneに引継ぎをしたり、アカウントを新規作成するなどの作業が必要となります。

ここでは、iPhoneにLINEをインストールしてアカウントを作成する際の、注意点や知っておくと便利なポイントをいくつかご紹介しましょう。

LINEのアカウント新規作成は3種類

LINEのアカウントを持っていない人が新規作成する際には、3通りの方法があります。

電話番号を使った認証

最もベーシックなアカウント新規作成方法と言えば、電話番号を使って認証を行うという方法ではないでしょうか。

LINEのアカウントを作成する際に、電話番号と本人所有のスマホであることを確認するため、LINEが登録した電話番号に認証番号をテキストで送ってきます。

その番号をLINEに入力することによって認証確認作業が完了し、LINEの新規アカウントが作成できます。

この方法は、他にSNSをしていない人でも登録しやすい方法ですし、LINEを仕事などに使いたい人にもおすすめの方法です。

Facebookと連携させる方法

LINEを使うのは初めてだけれどFacebookのアカウントは持っているという人なら、FacebookログインでLINEアカウントを新規作成することができます。

この場合、Facebookのアカウント作成時に登録した氏名や写真などのプロフィールが、そのままLINEのプロフィールとして使うことができます。

パソコンから登録することも可能

LINEには、スマホのアプリの他にPC版もあります。

スマホは持っていないけれどLINEを使いたいという人や、パソコンでLINEを使いたいという人にとっては、この方法がおすすめです。

PC版LINEは、LINEの公式ページからソフトをダウンロードして、パソコンにインストールすることで使用が可能となります。

WEBのみのサービスではないので注意してください。

友達追加機能には要注意

LINEをインストールして新規にアカウント作成する場合、お友達自動追加機能を使うと、すでに電話帳に登録されている連絡先の人がLINEを使っている場合には、自動的にLINEのお友達として追加することができます。

電話帳に登録されている連絡先が、もしも全員仲良しのお友達でLINEでもつながりたいと考えている人なら、問題はないでしょう。

しかし、職場の上司や取引先など、LINEというプライベートなツールとは切り離したいという人も、iPhoneの電話帳には登録されていることが多いものです。

友達自動追加機能を回避する方法

お友達自動追加機能を使うと、その相手が職場の上司でも取引先の人でも関係なく、電話帳に載っている人でLINEアカウントを持っている人なら、自動的にLINE登録されてしまいます。

その事態を避けるためには、iPhoneの電話帳に登録された連絡先の頭に、「#」を付ければOKです。

つまり、電話帳に「山田さん」と登録している人なら、「#山田さん」としておけば、LINEの自動お友達追加機能からは対象外となります。

自動追加機能を使わない方法もアリ

LINEのお友達自動追加機能は、必ず使わなければいけない機能ではありません。

新規アカウント設定画面の中では、LINEから「自動追加機能を使いますか?」と聞いてきますが、「今は登録しない」という選択肢もあります。

そうすれば、マイペースで登録したい人を手作業で登録することができるので安心です。

「友達自動追加」と「追加を許可」の違い

LINEの「友達自動追加機能」がONになっていると、自分のiPhoneの電話帳に登録している人がLINEユーザーだった場合には、自動的にLINEのお友達リストに登録されます。

一方、「追加を許可」という機能をONにしていると、自分を電話帳に登録している人のLINEのお友達リストに、自分がお友達として追加されることを許可するという意味になるため、相手のLINEに自分が知らないうちにお友達として追加されることになります。

はっきりとお互いに納得した上でLINEのお友達になりたい場合には、どちらもOFFにしておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

LINEの年齢確認とは?

LINEで新規アカウントを作成する際には、18歳以上かどうかの年齢確認を行います。

年齢確認をすると、LINE上でお友達を検索できるようになるため、ネットワークが一気に広がるでしょう。

LINEに電話番号をリンクしたくない時はどうする?

LINEの新規アカウント作成方法には、電話番号による認証で行う場合の他に、Facebook認証、そしてPC版を使ったEメール認証などの方法があります。

もしもiPhoneの電話番号をLINEとリンクさせたくない時には、電話番号認証ではなく、Facebookアカウントと連携させる方法がおすすめです。

Facebook経由のアカウント作成で必要な情報

Facebook経由でLINEアカウントを新規作成した場合でも、本人確認ができる情報の登録が必要となります。

その方法として、iPhoneの電話番号を登録するか、Eメールアドレスを登録するかのどちらかを設定できます。

もしも電話番号を使いたくない人は、Eメールを登録しておけば問題ないでしょう。

知らない人からメッセージを受け取りたくない時

LINEの新規アカウントを作成すると、時として知らない人からメッセージが送られてくることがあります。

そんな時にはどのように対応したら良いのでしょうか?

特定の相手をブロックする

全く身に覚えがない人ではなく、別れた彼氏からメッセージを受け取りたくない、なんて時におすすめの方法ですが、LINEの友達一覧機能を使うと、相手をブロックすることができます。

LINE ID検索されないようにする

LINEには、LINE IDを使って相手を検索できる便利な機能がついています。

しかし、友達でもないのに勝手にLINE IDを検索されてしまい、知らない人からメッセージが送られてくることがあります。

こうした嫌な経験をしないためには、LINEの設定画面で「IDの検索を許可」という機能をOFFにしておきましょう。

こうすれば、LINE IDで検索されても、あなたのIDが表示される心配はありません。

LINE IDは本名orニックネーム

LINE IDは、本名を使っても良いですし、ニックネームで登録することもできます。

もしも仕事などでLINEを使う場合には、本名の方が使いやすいというメリットはあるものの、個人情報の流出という不安を感じる人はいるかもしれません。

そのため、プライベートな友達や仲間としかLINEを使わないという人なら、あえて本名を使う必要はなく、ニックネームでもOKではないでしょうか。

本名かニックネームを決める際には、どんな時に使うことが多いのかをシミュレーションした上で決めましょう。

簡単に新規アカウント作成ができるLINEだから注意して使いたい

LINEの新規アカウントを作ることは、時間もかからずに簡単に作業ができます。

iPhoneの電話番号とリンクさせなくても、Facebook経由で新規アカウントを作成すればEメールを登録するだけでOKですし、PC版でアカウントを作ることも可能です。

簡単に利用できるLINEだからこそ、プライバシー保護という点を意識しながら慎重に使いたいものです。

関連記事