ハウツー

iPhoneにLINEをインストールできない?その原因と対策は?

iPhoneにLINEをインストールできない!ということがたまにあります。

これは、iPhoneに不具合があるわけでもなければ、LINEに問題があるわけでもなく、インストールしようとしている環境に問題があることが多いものです。

ここでは、インストールできない原因と対策方法をご紹介しましょう。

インターネットに接続されているか?

iPhoneにLINEをインストールする際には、インターネットに接続されていることが必要不可欠な条件となります。

まずは接続環境をチェックすることから始めましょう。

インターネット接続は安定していることが重要

iPhoneがインターネットに接続されていない場合には、まず接続した上でもう一度インストールできるか試みてください。

接続されているはずなのにインストールできないという場合には、接続が不安定な可能性が考えられます。

公衆Wi-Fiは、インターネットに接続できていても不安定なことが多いため、LINEなどのアプリのインストールには適した環境ではありません。

公衆Wi-Fiは、たくさんの人が接続しているので、安定度という点ではイマイチなのです。

家庭のWi-Fiや4GLTEへの接続がベスト

iPhoneにLINEをインストールする際には、Wi-Fiでインターネットに接続するなら、職場や自宅の安定したWi-Fi環境を利用するのがおすすめです。

自宅のWi-Fiは、接続している端末数が少ない上にプライベートなネット環境なので、落ち着いてインストール作業ができるというメリットもあります。

Wi-Fi環境でなければ、契約している携帯キャリアの4GLTE接続を利用するのがおすすめです。

この場合、データ通信量が発生するため、あらかじめ理解しておきましょう。

通信速度制限は大丈夫?

多くの人のiPhoneには、毎月どのぐらいのデータ通信量が使えるのか、上限が設定されています。

もしも外出先で映画を見たり、アプリをたくさんダウンロードしたなど、身に覚えはないでしょうか?

通信制限がかかってしまうと、翌月まで残念ながらキャリア回線の速度はずっと遅いままで耐えなければいけません。

LINEのインストールも、翌月までお預けとなります。

携帯キャリアに不具合はない?

あまり一般的な事態ではありませんが、たまに携帯キャリアのサーバーがダウンしているために、インターネットに接続できないという場合があります。

まったくつながらないということはなくても、アプリのインストールには適していないほどの低速度となってしまうため、もしも携帯キャリアのサーバーがダウンしていると、残念ながら回復するのを待つしかありません。

Twitterをチェックしよう

携帯キャリアのサーバーがダウンしているというような情報は、Twitterなどで他の人が情報を共有してくれることが多いものです。

そのため、携帯キャリアの不具合かどうかはTwitterをチェックすれば確認できます。

LINEに不具合が生じている可能性もアリ

LINE側のシステム不調などによって、LINEのインストールができないだけでなく、LINEが全く使えないという事態がたまに起こります。

この場合にも、Twitterなどで検索してみると、不具合が起きているのが自分だけなのか、それとも他の人も同じようなトラブルを抱えているのかが分かるでしょう。

アプリストアは合っている?

iPhoneにインストールするアプリは、Apple Storeでラインアップされているものでなければいけません。

Google Playで取り扱っているアプリは、アンドロイドOS用のアプリなので、iPhoneにインストールすることはできません。

スポンサーリンク

LINEのインストールはApple Storeから直接

iPhoneのSafariからLINEのリンク経由でアプリをインストールしたいけれどインストールできないという人は、Apple StoreからLINEを直接インストールしてみてください。

ストレージ容量が足りない

LINEのアプリをインストールできない理由の一つに、iPhoneに十分なストレージ容量がないという原因が考えられます。

設定画面で容量チェック

iPhoneの設定画面から、ストレージ容量をチェックしてみましょう。

もしもストレージ容量が上限ギリギリになってきたら、使っていないアプリを削除したり、iPhoneに保存している画像や動画をパソコンやクラウドなどiPhone以外の場所に移すなどして、スマホ内のストレージ容量を確保する必要があります。

どのぐらいの容量が必要?

LINEの初期インストールでは、それほど多くのストレージ容量は必要ありません。

しかし、使い始めるとデータが急激に蓄積されていくため、ストレージ容量は余裕をたっぷり持たせたうえでインストールするのがおすすめです。

iPhoneのOSは最新?

LINEアプリは、iPhoneのOSが常に最新状態に対応しています。

そのため、iPhoneのOSが細心のものでなければ、インストールできない可能性があります。

iPhoneOSのアップデートは簡単

iPhoneのOSは、常に最新のバージョンであるのがベストです。

アップデートの方法は簡単で、iPhoneの設定画面に、OSのバージョンアップが必要な場合には通知が入っているはずです。

それをタップしてあげると、自動的に最新バージョンのiPhone OSがインストールできます。

OSのアップデートにはネット環境が必要

iPhone OSをアップデートをする際には、インターネットに接続していることが必要不可欠です。

ネット環境は安定している必要があるため、公衆Wi-Fiは避けたほうが良いでしょう。

iPhoneのバッテリー残量も要チェック

iPhoneのバッテリー残量が少ないと、インターネットに接続していてもアップデートできないことがあるので注意してください。

もしも充電ケーブルがすぐそばにある場合には、ケーブルに接続した状態でアップデートするのが良いでしょう。

iPhoneを再起動してみるのも効果的

LINEアプリを一度削除して、もう一度再インストールする場合などには、iPhoneも再起動した上で再インストールするのがおすすめです。

そうすることによって、アプリを削除した際に不要なデータが一掃できるので、再インストールの際にインストールできないという事態が起こりにくくなります。

iPhoneの復元直後は要注意

iPhoneをバックアップから復元する際にLINEも合わせて復元したい場合には、iPhoneの復元作業が修了した時点で、一度再起動した上でLINEのインストールを行いましょう。

iPhoneの復元作業では、OSがたくさんの処理をこなしているため、そこにLINEアプリのインストール作業を追加してしまうと、処理しきれずにパンク状態になってしまうことがあります。

LINEのインストールできない原因は解決策を見つけやすい

iPhoneにLINEアプリをインストールできない時には、パニックにならず、まず考えられる原因を一つずつチェックしていきましょう。

安定したネット環境かどうか、iPhone側のストレージ容量など受け入れ態勢は整っているのかなど、一つ一つをチェックすることによって、原因が分かることが多いものです。

原因が分かれば対応方法もおのずと見えてくるでしょう。

関連記事