ハウツー

iPhoneをメルカリやラクマで売る時に覚えておきたいコト

iPhone 13をお得にゲットしよう!

iPhone 13/mini/Pro/Pro Maxをお得に手に入れるなら、「ソフトバンク」が断然おすすめ!

トクするサポート+を利用すれば、なんと約半額で購入することが可能です。

最新のiPhone 13シリーズをお得にゲットしちゃいましょう☆

使わなくなったiPhoneはメルカリやラクマなどのフリマアプリに出品することをおすすめします。

買取業者に下取りしてもらうという手もありますが、iPhoneはコアなファンが多いことからフリマアプリに出品することで相場より高く売れることも少なくないのです。

新しい端末はもちろんのこと古いものもiPhoneなら買い手がつきやすいですから、使わず眠らせてしまうのであればフリマアプリに出品してお小遣いに変えていった方がずっとお得です。

まずは一度買取業者に査定してもらおう

iPhoneをフリマアプリに出品するとなった場合でも、まずは一度買取業者に査定をお願いしてみましょう。

業者の査定でどれくらいの値が付くかを知っておくことはフリマアプリに出品する上で損をしないようにするためにもとても大切なことです。

プロの判断でどれくらいの値が付くかを知っておくとより賢い出品が叶うでしょう。

相場価格を知ることは大切

出品を考えているiPhoneが相場においてどれくらいの価格で取引されるものなのかを把握しておかないと、せっかく価値のあるiPhoneを安売りして損してしまったり本来ならスムーズに買い手がつくところを見当違いな高額な価格に設定していつまでたっても売れないというようなことが出てきます。

買取業者が付ける値段はフリマアプリに出品する際にも基準となるものですから、簡単でも良いので一度査定を行ってもらうと良いでしょう。

iPhoneは各携帯キャリアでも下取りを行っているので専門業者に限らずこちらに持ち込んで査定してもらうのもおすすめです。

価格が付かなかったとしてもiPhoneなら出品すれば売れることが多い

もし買取業者に査定を依頼して買取不可、価格が付かなかった場合でも、iPhoneであればフリマアプリに出品することで買い手を見つけられる可能性があります。

iPhoneはコアなファンが多く、ジャンク品でも良いから手に入れたいという人が多いため、特に値段が付かないというような場合は買取業者に引き取ってもらうよりフリマアプリに出品した方が有意義なことが多いです。

価格が付かなかったのでジャンク品として引き取って貰ったというようなことをしてしまわないよう気をつけましょう。

業者の査定額だけでなく端末の人気も参考にして価値を見極めることが大切

業者に査定して出してもらった金額は相場価格として大いに参考にしていくべきですが、iPhoneは業者が安く見積もった端末であってもコアなファンには高値で売れるものが多いのでこの点についてはよく覚えておきましょう。

特にiPhone SEなどは根強い人気を誇りながらもすでに市場には中古でもあまり品物が出回っていないため、フリマアプリなどでも人気は高いです。

査定価格を鵜呑みにしてしまうと損をすることもありますから、所有している端末がiPhoneにおいてどれくらいの人気を有しているかといったことも良く調べて把握しておけるようにしましょう。

フリマアプリに出品する際のポイント

iPhoneをフリマアプリに出品する際、ただ写真を載せて紹介文をつけてアップすれば良いということではありません。

フリマアプリは出品の際のちょっとした工夫で買い手がスムーズに見つかるかや相場より高く売れるかといったことに大きな違いが出てきます。

損をしないためにも種ピンのコツについてはしっかり学んでおくようにしましょう。

解りやすい画像をつける

出品をする際に写真は不可欠ですが、その際の写真はできるだけ解りやすい画像を心がけましょう。

周りに余計なものが映らないようiPhoneだけを撮影することはもちろん、全体像や画面、各ボタンなどをアップで映したものも合わせて載せるのがおすすめです。

写真は出品する商品についてダイレクトに目に飛び込んでくる情報であり、買い手にしても実物の状態はできるだけ把握したいと考えるのが当然ですので、解りやすい画像がついている商品ほど、購入を検討している人にはよくチェックしてもらうことができます。

逆に写真による情報が少ないとどんなものか解らないからとスル―されてしまいやすいので気を付けてください。

キズなどがある場合にも隠すことなく解りやすい写真を載せることが大切です。

質問が来ないように情報はできるだけ詳細に

フリマアプリでは出品した商品について閲覧者がコメントで質問をすることができます。

質問がくるということは購入を検討してくれている人がいるということなので悪いことではありませんが、色々な質問に対応していると手間がかかりますしいちいち対応をしていたらキリがありませんから、見ている側に「どうなんだろう?」と思われることの無いよう先手を打って商品情報に詳細を記載しておくことは大切です。

スポンサーリンク

サイズ、色、どこで購入してどれくらい使ったか、傷はあるかなど自分が買い手だった場合に気になるポイントなどを考えて細かく情報を記載しておきましょう。

詳細の情報を載せておけばおくほど質問がくる可能性を下げ無駄な手間を省くことができます。

キズやマイナスポイントについても詳しく明記

キズや汚れなど商品のマイナスポイントになる部分についてはあまり記載したくないと思うかもしれませんが、フリマアプリにおいては商品のマイナスになる部分を隠して出品、取引を行ってしまうと後々に買い手につけてもらう出品者評価がマイナスとなるので気をつけましょう。

キチンと記載すべき情報を隠したり嘘をついて出品をすると最悪フリマアプリの運営側から出品を停止されてしまうことになります。

必要なことはプラス面もマイナス面もしっかり記載することがフリマアプリのルールであるため、この点についてはよく心得ておかなければなりません。

なぜ売ることにしたのかも書いておこう

買い手側からすればその商品がどうして出品されるのかというのも気になるポイントです。

どうしてiPhoneを出品することにしたかという理由も商品説明に簡潔でよいので記載しておくと買い手側はより安心して購入を検討してくれるようになりますから、必ず明記しておきましょう。

機種変更をして使わなくなった、景品で貰ったが使わないなど理由はそれぞれでしょうが、どんな理由であっても書いておくことに意味があります。

あまりにも状態の良い商品が何の説明も無しに安く出品されていると偽物なのではと買い手に敬遠されてしまいますので、そういったことが無いようにするためにも出品の理由について記載しておくことは大切です。

値下げ交渉の可否についても明記

フリマアプリにおいてはコメント欄で値下げ交渉が可能かと尋ねてくる人も少なくありません。

特にiPhoneのような人気アイテムにおいては少しでも安く手に入れようと値下げ交渉を持ちかけられるのは当然ですし、いちいち対応をしていたのでは手間ですので予め商品情報に値下げ交渉の可否については明記しておきましょう。

ただ値下げ交渉可能と明記してしまうと足元を見てしつこく食い下がってくるような人も現れますので、基本的には値下げ交渉は不可と書いておいた方が面倒な手間は省けます。

値下げ交渉可とするならば希望の販売価格の最低ラインで出品をしてしまった方が賢いとも言えますから、よく考えて可否を明記してください。

出品する際は正式な商品名で

どんない良い商品を出品したとしても、購入を検討している人に見つけてもらうことができなければ意味がありません。

フリマアプリに出品をする際はどれだけ閲覧してもらえるかということも大切なので、出品の際には必ず正式な商品名で登録していく必要があります。

欲しいものを探す際は当然商品の正式名称で検索をかけますから、そこにヒットしなければせっかくの出品も無駄になってしまうのです。

iPhoneの場合はカタカナでは無くきちんと綴りでiPhone、世代を入力しヒットに繋がっていくようにしていきましょう。

また新品、中古、美品、ジャンク品など関連付けて検索されるようなワードも合わせて盛り込んでいくとより多くの人に出品アイテムを閲覧してもらうことができます。

損しないために大切なのは良心的な出品の心がけ

フリマアプリには買取業者の査定額通りに手放すよりもiPhoneを高く売ることができる可能性が眠っているため、少しでも良い金額で出品、取引を終えたいと考えるのが当然です。

しかしだからといって相場から大きく外れた価格に設定したり嘘をついて出品したりすると買い手が見つからなかったり違反報告を受けて出品停止に追い込まれたりしてしまいます。

損をせずより有意義に出品していくためには欲を出さずに良心的な出品を心がけることが何よりも大切なので、よく覚えておきましょう。

後々のトラブルにも繋がるため嘘を書くのは絶対にダメ

少しでも損をしないようにしたいと考えると出品時の商品情報をより魅力的に捉えてもらえるよう記載したくなるものですが、だからといって嘘を書いてはいけません。

商品情報に嘘を描いて誤解を招いたまま取引をしてしまうと、買い手に商品が渡った際にほぼ必ずといってよいほどトラブルが起こります。

商品を返品されたり出品者情報の評価でコメントされたり、フリマアプリ側からペナルティを課せられるとも限りませんので気をつけましょう。

一度信頼を失ってしまうと後々の出品にも大きな影響を及ぼすことになるため、商品情報は嘘偽りなく正しい情報を記載していかなければなりません。

スポンサーリンク

同じ商品がどれくらいの価格で出品されているかも参考に

フリマアプリには多くのiPhoneが出品されているので、自分が出品を考えているiPhoneと同スペックのアイテムがどれくらいの価格で出品されているかということもしっかりチェックしておきましょう。

相場に見合わない価格設定をしてしまうと検索で見かけてくれた人に高いからという理由で一発で選択肢から除外されてしまいます。

ある程度平均的な価格の中で設定をしていくことで商品情報までしっかり目を通してもらうことが叶いますから、出品の際は良心的な価格に設定するというのも非常に大切なことなのです。

価格は一番シビアな問題ですから、いくらに設定するかは慎重に考えていってください。

コメント欄での対応は丁寧に印象良く

出品した商品にコメントで質問がつくことは珍しくありませんが、書きこまれた質問とその回答については他の閲覧者も目にすることができるので、丁寧に印象良く対応していきましょう。

どのようなやりとりをしているかによって出品者に対する様々なイメージを持たれてしまうので気を付けてください。

態度が悪かったり神経質な対応してしまうと当然印象は良くありませんし、あまり下手に出てしまっても甘くみられてしつこく値下げ交渉に食い下がられてしまうことがあります。

質問者以外の人の目にも留まるということを心得て、適度に丁寧な対応をとっていけるようにしましょう。

フリマアプリなら相場より高く売ることも夢じゃない

スマホの中でもiPhoneは非常に人気が高い商品であるため、新しいものについてはもちろん古い端末についても一定の価値が見込め、個人間の取引であるフリマアプリを利用すれば相場より高値で売ることも夢ではありません。

ジャンク品として処分してもらったり引き出しの肥やしとして眠らせてしまえばそれで終わりですが、上手に出品すればよいお小遣いに化けてくれますから、意欲を持って売りに出していきましょう。

市場に出回っていない人気の古い端末こそ狙い目

iPhoneは各世代の機種に根強いファンがいますが、特にすでに市場に出回っていない世代のファンは中古でも喉から手が出るほど欲しいという人が少なくありません。

特にSEなどはiPhone歴代最高傑作と高く評価する人が多く、中古品を買ってでも使い続けたいという人は多いです。

中古品でも備品でバッテリーの状態が良ければ一万円以上のお金を出しても欲しいという人もいるくらいなので、古い機種だからと単純な価値で判断して安売りしてしまうことの無いよう気をつけましょう。

バッテリーが寿命であっても自分で取り替えて使うという人もいますから、電源が入るのであればいくら古い機種であっても価値を見込むことはできます。

オークションサイトなどでもリサーチをしておこう

iPhoneは単純な機械的価値の他に熱い支持者からの付加価値を見込むこともできる商品なので、フリマアプリに出品する際にも価格設定には悩んでしまいがちです。

根強い人気を誇る機種であれば中古でも一定以上の価値を見込むことができるため、安易に安く価格を設定すると大変な損をしてしまいます。

賢くフリマアプリに出品していくにはオークションサイトを参考にするのも良いでしょう。

オークションサイトにてどれくらいの状態の商品にどれくらいの値が付いているかをチェックすれば買い手側が出してくれる金額の目星をつけやすいですから、ぜひフリマアプリに出品する前に一度調べてみることをおすすめします。

買取業者に売る前に一度フリマアプリに出品するのもおすすめ

買取業者に査定してもらい値段がつくのであればそのまま下取りしてもらっても問題はありませんが、フリマアプリに出品すればより高値で買い取ってもらえる可能性もありますから、一度ラクマやメルカリに出品し様子を見てみるのも良いでしょう。

査定してもらった金額以上の価格をつけて出品すれば相場より高く売れるチャンスを得られますし、売れなかった場合は買取業者に元の査定額で下取りしてもらえば良いだけなので損はありません。

相場より千円、二千円程度の上乗せくらいであれば案外スマートに買い手がみつかります。

最新機種や美品であれば、より一層需要は高く、あっという間に取引が成立するでしょう。

iPhoneは上手に出品すれば買取業者に下取りしてもらうよりお得

フリマアプリを上手に利用すればiPhoneは買取業者に下取りしてもらうよりもずっとお得に売ることができます。

根強いファンが多くジャンク品でも自分で直して使いたいという人もいるくらいですから、買取業者に下取り不可とされてしまったり極端に古い端末であったとしても諦めずにフリマアプリを利用して出品してみてください。

ジャンク品と判断されたものであってもフリマアプリなら数千円の値段が付くこともあるため、中古のiPhoneの価値は未知数とも言えます。

スポンサーリンク

思わぬ価値が付くことも珍しくありませんから、所持しているiPhoneが世間でどれくらい人気があるものか、どれくらいの価格で取引されているかといったことを良くリサーチして売りに出してみましょう。

出品の際に心得ておくべき注意点をしっかり把握しておけば、初心者でもスムーズに良い取引を済ませることができます。

iPhone 13を買うなら「ソフトバンク」がおすすめ



ソフトバンクオンラインショップなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

トクするサポート+を適用すると、月々たったの2,415円。
最新のiPhoneを約半額で手に入れましょう!
さらに今ならiPhone 12を安く買えるチャンスです!

関連記事