ハウツー

もしもiPhoneのマイクが故障したらどうすればいいのか?その確認法と対処法を紹介

iPhoneには通話用と広域用で複数のマイクが搭載されています。

どれも重要な役割を持っており、そのマイクがうまく動作しないと音割れなどの症状が起きてしまうのです。

もしかしたらiPhoneのマイクが故障してしまったのかもしれないと思ったときの確認法や、その対処法について紹介していきます。

iPhoneに搭載されているマイクについて

マイクが故障したときの対処法について知る前に、iPhoneのマイクにはどのような役割があるのかを知っておきましょう。

どのマイクが機能しないのかによって症状も異なるため、マイクについて知ることで確認・対処もスムーズに出来ます。

通話用マイクについて

iPhoneの通話用マイクは、その名の通り電話などでの通話で使います。

自分が口に出した声を通話用マイクが拾い、処理をして通話相手に届けるのです。

通話用マイクが機能しない場合、自分だけでその方法を確認するのは難しく、通話相手がいて初めてその問題を確認できます。

通話をしているときに相手へ音声が届かない、もしくは聞き取りにくいと言われたときは、通話用マイクが故障している可能性があります。

それ以外にも通話障害に繋がる原因はありますが、他の人との通話で問題がないのかなどで早めに確認すると良いでしょう。

広域用マイクについて

広域用マイクはiPhoneの背面に搭載されているもので、周囲の音を拾う役割があります。

それだけではなく通話時の声も拾い、通話時のノイズをできる限り排除するためにも使われているのです。

動画を撮影するときに使うためのマイクと考えている人も多いのですが、実はノイズキャンセリングにも使われているマイクになります。

広域用マイクが機能しない場合は、通話時にノイズが乗ったり撮影した動画の音声に異常が確認できたりします。

もしかしたら故障しているのかもしれないと思ったら、まずは動画撮影を試してみると良いです。

マイクが故障していたらどうすれば良いのか

iPhoneのマイクが故障していた場合は、一体どのように対処すれば良いのかについて紹介していきます。

応急処置的な方法もあれば本格的な対処法もあるので、iPhoneのマイクに異常が出たときにはぜひ参考にしてください。

通話用マイクが故障したときの対処法

通話用マイクが故障した場合は、いくつかの対処法があります。

まず、うまく通話が出来ないときにはスピーカーモードを使うことです。

原理は通話用ではなく広域用マイクに切り替えるだけですが、故障しているのが通話用マイクだけならひとまず通話は出来るようになります。

スピーカーモード以外の方法では、イヤフォンマイクを接続しての通話があります。

あらかじめイヤフォンマイクを用意する必要はありますが、スピーカーマイクよりも高音質での会話が可能です。

iPhoneの純正イヤフォンにはマイク機能があるので、音楽を聴かない人でも万が一のために持ち歩いておけば安心できます。

広域用マイクが故障したときの対処法

広域用マイクが故障したときは、残念ながら応急処置的な対処法がありません。

代用できる方法がないので、修理に出すしかないのです。

スポンサーリンク

ただしいきなり修理に出すのではなく、汚れなどが原因ではないのかは確認しておきましょう。

iPhoneのマイクはとても小さなもので、わずかなゴミでもその動作に大きな影響を与える場合があります。

汚れや異物が付着していることでマイクの動作がおかしくなることもあるので、まずは汚れなどが付着していないのかをしっかり確認してください。

広域用マイクは前面と背面の2か所にあるので、両方ともチェックすると良いです。

iPhoneのマイクで音割れがするときにチェックする方法

マイクが故障するときには、全く音を拾わなくなってしまう場合もあれば、音割れが発生するようになる場合もあります。

ここでは音割れがするときには何が原因なのか、その場合は何をすれば良いのかを紹介していきます。

音割れの原因を確認

音楽を聴いているときに音割れがする場合は、マイクが故障している可能性があります。

音を鳴らすのはスピーカーなのでマイクは関係ないのではと考えている人もいますが、iPhoneの広域用マイクはノイズキャンセリングに使われているので、うまく処理が出来ず音割れが起きてしまうこともあるのです。

音楽を聴いているときに音割れが起きるなら、別の曲を聴いてみてください。

曲によってはビットレートが低いことで音割れが起きる場合があります。

音の周波数によって起きる場合もありますが、それも含めて確認するため複数の曲を聴くと効果的です。

ヘッドフォンやイヤフォンもチェック

音楽を聴いているときの音割れはマイクが原因になる場合もありますが、音を出す側に問題が起きている場合もあります。

スピーカーだったらイヤフォンを使ってみる、イヤフォン・ヘッドフォンを使っているならスピーカーに切り替えてみるなど、音を出す方法を変えてみてください。

イコライザー設定をしているから音割れが起きる場合もあります。

以前に設定をしたまま忘れている人もいるので、こちらも忘れずチェックしましょう。

このように音割れが起きている場合は、マイクとスピーカー(イヤフォン)の両方を確認する必要があります。

通話時に聞き取りづらいと言われたときのチェック方法

通話時に相手から「声が聞き取りづらい」と言われてしまうときには、通話用マイクに問題が起きている可能性があります。

その際にはどのようにチェックすれば良いのか、その対処方法も含めて紹介していきます。

使い方に問題がないのかチェック

iPhoneで通話をしているときに相手へ声がうまく届かないときは、自分の使い方が原因になっている場合もあります。

持ち方によってマイクが塞がれてしまい、うまく相手へ音声が届けられなくなっていることがあるのです。

スマホケースや保護フィルムの影響でマイクが塞がれていることもあるので注意しましょう。

他にもイヤフォンジャックに異物が入っている場合や、Bluetoothの接続状態によって問題が起きている場合があります。

もちろん本体起因の場合もあるので、各所をチェックする間にiPhoneの再起動をすると良いです。

他にも使用するアプリを変えるなど、マイクの動作をチェックする方法はいくつもあります。

ボイスメモを使ってマイクの動作をチェック

iPhoneに最初からインストールされているアプリの中に「ボイスメモ」があります。

スポンサーリンク

これはその名前の通り音声でメモをとれるものなので、マイクの機能チェックをする場合におすすめです。

標準でインストールされているアプリなので、誰でも使えるところもポイントです。

通常は「便利ツール」に入っているこのアプリですが、使い方がとても簡単です。

ボイスメモを起動したら、画面中央にある赤い録音ボタンを押すだけです。

そこで何か喋ってみて、サイドボタンを押すだけです。

これで音声が録音できるのかをチェックしてみてください。

iPhoneのマイクが壊れていたらどうなるのか

普段からSNSなどで連絡を取る方法がメインの人なら、iPhoneのマイクが壊れていてもそれほど困ることはありません。

その故障が原因で、他にも問題が見つかる箇所が増えていく可能性はあります。

そうなる前に専門家に見てもらって修理してもらう方法が一番です。

トラブルの原因はマイクだけとは限らない

色々と動作をチェックしてみた結果、マイクに原因があるとわかっても安心は出来ません。

マイク自体には問題がなく、本体の基盤に問題が起きている場合もあります。

こうなると基板を交換する必要が出てきます。

基板やスピーカーに問題が起きる原因として、iPhoneを水没させてしまった場合などがあります。

水没させてしまって乾かしても、時間の経過とともにiPhoneの調子が悪くなっていく場合があります。

その仮定のひとつで、マイクが上手く動作しなくなることがあるのです。

濡れた手でマイクやスピーカーに触れてしまい、そのまま使い続けても起きることがあるので注意しましょう。

自分で修理しようとせず専門家へ依頼しよう

お店で修理をしてもらうと高額な修理費用が発生するので、できればそれは避けたいと考えている人は多いです。

しかし素人が分解しても壊す可能性が高いだけで、問題の解決は難しいです。

Appleでの修理は高いから抵抗があるなら、非正規店へ依頼するのもひとつの方法です。

Appleでの修理サービスを利用する

iPhoneのスピーカートラブルが起きた場合は、AppleCareを利用して修理をしてもらう方法があります。

いわゆるメーカーサポートになりますが、AppleCare+でも2年間のサービスとなっているので注意してください。

メーカー正規のサービスという安心感はありますが、料金が高いことや完了まで時間がかかるというデメリットもあります。

非正規店での修理も検討する価値あり

ダイワンテレコム」のように即日修理に対応している非正規店では、格安でiPhoneの修理をしてくれます。

ダイワンテレコムは業界最長の6か月補償も付いているので、安心してiPhoneを預けられます。

できるだけ早くiPhoneを直したい人にもおすすめなので、iPhoneのマイクが故障したときは、ダイワンテレコムなどの非正規店の利用も検討してみてください。

スポンサーリンク

異常を感じたら早めに対処すること

iPhoneを使っていてマイクの異常を感じたら、できるだけ早く対応するようにしてください。

「たまたま調子が悪かった」「気のせい」などの理由で問題を先送りする人もいますが、症状が悪化してしまうこともあるのです。

基盤の問題だった場合、症状が悪化すると突然起動不可になることもあります。

そうなる前にしっかりバックアップを取って、専門家に見てもらうようにしましょう。

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事