ハウツー

【保存版】au版iPhoneのSIMロックを解除する方法とその手順

格安スマホに興味があるけど、どうも乗り換えの方法がわからない、という声は携帯ショップでもよく聞く相談です。

実はこの格安スマホ、SIMロック解除という方法さえ知っていれば、難しいことでもありませんし、むしろ政府はこのSIMロック解除を推奨しています。

今回はauユーザーがSIMロック解除によってより快適なスマートフォンライフを送るための方法を徹底解説していきます。

是非ともSIMロック解除の正しい知識を身に着けてみてください。

変化する国内のスマートフォン事情

SIMロック解除というワードを聞いたことのある方も多いでしょう。

2015年5月に総務省が発表した「SIMロック解除に関するガイドライン」により、国内のスマートフォン事情は大きく変わりました。

以前は「変えられない事」が当たり前だった

2015年以前の日本では、携帯会社を変更しようと思ったら端末を変更することが当たり前でした。

どの会社でも使用できるように設定してある端末(=白ロム)は裏技的に扱われていたものです。

その状況を変えたのが、上記ガイドラインです。

スマホはリユースの時代

ガイドラインの発表により、2015年以降に発売されたスマートフォンは、基本的にSIMロックの解除が義務付けられました。

そのため、現在流通しているスマートフォンの多くは、ユーザーが任意でSIMロックを解除し、好みのSIMカードを使用してスマートフォンを使用することができるようになっています。

今や、スマートフォンもリユースの時代なわけです。

auのiPhoneでSIMロック解除をするやり方は?

auでは、2015年5月以降に発売された端末であれば、購入してから101日目以降であることを条件に、SIMロック解除することができます。

ただしこれは、分割払いで端末を購入している場合で、一括購入している場合はこの日数を満たす必要はありません。

SIMロックを解除する方法は他の会社と同じく、2つの方法があります。

具体的な方法①

一つ目がauショップに行き、店頭で手続きする方法です。

この方法は機械に弱い方でも行うことができるというメリットがあります。

とにかく店頭まで行けばあとはショップ店員さんが行ってくれます。

ただし、手数料として、3,300円(税込)がかかってしまいます。

具体的な方法②

もう一つの方法は、ネット上から手続きする方法で、auでは、My auから行うことができます。

全ての手続きを自分で行わなければならないので、多少の知識が必要となりますが、店頭へ足を運ぶ手間と手数料がかかりませんので、可能であればこちらを選ぶといいでしょう。

My auからの手続き方法

手順1/コードの確認

まず必要になるのがIMEIコードと呼ばれる15桁の数字です。

SIMロック解除にはこの番号が必要になるので、確認しましょう。

操作方法としてはまず、設定アプリの一般タブから情報をタップ。

このページには様々な数値が並んでいますが、その中からIMEIコードを確認し、メモするようにしてください。

スポンサーリンク

手順2/My auにログイン

続いてMy auにログインします。

ブラウザから「My au」を検索してもたどり着けますが、スマートフォンでしたら初期設定アプリの中にMy auが入っているものも多いので、そちらからアクセスすると早いでしょう。

My auログインのページ

手順3/あとはロック解除するだけ

ログイン後、「SIMロック解除のお手続き」に進みますと、先ほどのIMEIコードを入力する画面になりますので、メモを元に入力してください。

解除理由をリストから選択し、「この内容で申し込む」をタップすると手続き終了です。

最後に「手続き完了。SIMロック解除手続きを完了しました」のメッセージを確認できれば、完了です。

本人でなくてもOK

auの特徴としては、SIMロック解除は契約者本人でなくても出来る、という事が挙げられます。

そのため、SIMロック解除がされていない解約後の端末を中古で購入し、購入後にSIMロック解除を行うという事も視野に入れることができるのです。

中古iPhoneのSIMロック解除

では、中古のiPhoneのSIMロックを解除するにはどうしたらいいのでしょうか?

中古のiPhoneの場合、上記の方法とは異なってきます。

というのも、中古端末のSIMロック解除には、店頭での手続きが必須となっているのです。

オンラインだと本人確認ができないため、としており、今のところは仕方がないようです。

SIMロック解除が完了しているかどうかの確認方法は?

簡単な方法

続いて気になるのが、「本当にSIMロック解除が完了しているのか?」という所。

実はこの確認もひと手間かかります。

まずは簡単なやり方から。このやり方を行えるのは、今まで使用していたSIMカードとは違うSIMカードを持っている場合です。

この場合は簡単ですね。違うSIMカードをスマートフォンに挿してみて、使用できればSIMロック解除が完了しています。

違うSIMカードを持っていなかったら

今使っているSIMカード以外のカードを持っていない場合はどうしたらいいのでしょう。

この場合もしっかりとやり方はあります。

まずはiPhoneをバックアップし、消去→復元の操作を行ってください。

SIMロック解除が成功していれば、「iPhoneのロックが解除されました」という表示がされます。

この表示が出ればロック解除成功です。

SIMロック解除のメリット

SIMロック解除にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

分かりやすいメリットとしては、格安SIMを使用することができる事でしょう。

多くの方もこのメリットを享受するためにSIMロック解除を行っているはずです。

海外旅行時にも力を発揮する

SIMロック解除のメリットの大きなものとしては、海外旅行時があります。

スポンサーリンク

海外旅行の際、どうしても携帯電話が必要な際は現地で使える端末をレンタルして使用するという事が多かったのですが、実はこれもSIMフリー端末であれば、現地の携帯会社のSIMカードを手に入れるだけで日本と同じ端末を使用することができるようになるのです。

SIMロック解除のデメリット

ではSIMロック解除をした時のデメリットはあるのでしょうか。

基本的には、SIMロックを解除してしまっても、以前使っていたSIMカードを使用することは可能ですので、デメリットは無いということがいえます。

しかし、強いてデメリットを挙げようとすると意外と多くのデメリットがあるのです。

データ消失の危険

初めに挙げられるのが、データ消失の危険です。

こちらはSIMロック解除の際にも必ず確認されることですが、SIMロック解除の過程でのデータ消失については、完全にユーザーの責任の中になるという事です。

もちろんしっかりとバックアップを取ることで対策は出来ますが、注意が必要です。

格安SIMは速度が遅い事がある

格安SIMは値段競争と共にユーザーも増え、時間帯によっては通信速度が大きく遅くなることがあります。

これは格安SIMの会社によっても差が出てくる話になりますので、事前の調査が必須になります。

後で後悔しないためにも、しっかりと確認した上で契約をしましょう。

キャリアのサービスが使えない

当たり前の話ですが、キャリアの行っていたサービスも使えなくなります。

大きなところではキャリアメールが使えなくなります。

auで言えば、「@ezweb.ne.jp」や「au.com」で終わるメールですね。

ラインが普及してからはキャリアメールを使っていない方も増えているようですが、使っている方は要注意です。

ちなみに、格安SIMに移行後は、Gメールやヤフーメールなどのフリーメールをメインアドレスにする方が多いようです。

SIMロック解除のメリットとデメリットをしっかりと見極めよう

iPhoneのSIMロック解除は、その気になれば意外と簡単に行えるものであるが、メリットと共にデメリットも存在する、という事をお分かりいただけたのではないでしょうか。

多くの方はSIMロック自体の意味が分からず、何となく敬遠されているようですが、実は正しく行えば、今よりも安価でスマートフォンを使用することができるようになるのがSIMロック解除です。

しっかりとその仕組みを理解した上で、必要に応じて行ってみましょう。

適切に行えば、今以上に快適なスマートフォンライフを送れるようになるでしょう。

iPhone 13を買うなら「楽天モバイル」がおすすめ



楽天モバイルなら、iPhone 13を安くお得に購入できます。

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」で購入すると、月々たったの2,058円。
最新のiPhoneが約半額で買えちゃいます!
さらに初めてのプラン申し込み&他社から乗り換え(MNP)なら最大30,000ポイント還元されます。

iPhone 13を安く買うなら今がチャンスです!

関連記事